カードローン 審査ゆるい 窓ロ

カードローン 審査ゆるい 窓ロ

カードローン 審査ゆるい 窓ロお金を借りられる方法は、WEB申込してしまうことだからです。
申込と書きましたが、すべてWEBで完結可能です。 完了するとあなたが指定した口座に直接お金が振り込まれます。
しかも、申し込み開始から振込完了するまでの時間は1時間程度です。
ですから、どのカードローンを選んだとしても店舗に向かう必要はないということです。
ただし、ここでいうカードローンというのは「モビット、アコム、プロミス」などの消費者金融系カードローンを指します。
「三井住友も銀行カードローン」のようなメガバンク系カードローンは審査の仕方なども違いますし、審査にかかる時間も最低でも1日必要としますから、即日融資等は不可能です。
カードローンといってもこのように違いがありますから注意しましょう。
では、「モビット、プロミス、アコム」を使って即日融資を利用したいと思った場合、この3社の中での選び方はどうすればよいでしょうか。
これもいたってシンプルな選び方があります。
会社に在籍確認の電話をされたくない方はモビットを選んでください。
電話確認されても問題ない方は、アコムかプロミスを選びましょう。
電話確認されても良い人がなぜアコムとプロミスになるのかについてですが、この2社は初めての申込から30日間金利ゼロのサービスを行っているからです。
このサービスはモビットにはありません。
もちろん、アコムとプロミスが会社に在籍確認の電話をするとは言っても、社名を名乗るわけではなく、個人名でかけてくれるのですが、営業職でもなければ、普通会社に電話なんて来ませんよね。
何となく悪目立ちしそうで心配だという方も多く、そのような方たちがモビットを選んでいるようです。
まとめますと、カードローンを選ぶなら、消費者金融系カードローンを選ぶ、モビット、アコム、プロミスに関しては、個人の状況で使い分けるということになります。
その他、家族にばれたら困るという悩みもあると思いますが、郵送物が一切ないのは各社共通なので安心してください。
カードローン 申込み ベストガイドとしては、店舗に行かずWEBで申し込むことが最短でなおかつ簡単だということになりますね。

カードローン 申込み ベストガイド コラム
カードローンですが、実は大きく分けて二つの種類があります。
一つは「アコム、モビット、プロミス」などの消費者金融系のカードローンです。
こちらの特徴は、即日融資が可能という点です。またWEB完結が出来るので、ネット上で申し込みから審査、振込までだれとも会わずに借り入れ可能です。
しかも、申し込みから入金までの時間は圧倒的に早く60分程度で現金を手にすることが出来てしまいます。
これに対して「三井住友銀行カードローン」などはメガバンク系カードローンと呼ばれています。
こちらに関してはそもそも規制する法律が銀行法になり、審査に関しても最低1日以上必要ですから、即日融資などは不可能です。
審査は厳しめですが通った場合融資の額が大きく出来ることが主なメリットです。
ですから、個人で気軽に利用しようとした場合消費者金融系のカードローンを使う方が大半となります。
そのうえで、モビットに関しては唯一「勤務先機への在籍確認の電話がない」ため、そのあたりを気にする方たちに非常に人気となっています。
アコムプロミスも、相談すれば電話を省略することは出来ることはありますが、その辺が心配であれば最初からモビットで申し込んだ方が早いでしょう。
ただし、モビットは大手消費者金融系では唯一「金利ゼロ期間」のサービスがありません。
アコムとプロミスはそれぞれ30日間の金利ゼロ期間があります。
それ以外のサービス等には差がないので、在籍確認が気にならない人であれば、モビットを選ぶメリットはなくなってしまいます。
在籍確認といっても個人名でかけてくれますし、配慮はしてくれますから、どちらを選ぶかは環境次第といえるでしょう。
このように、カードローンの選び方の基本を知っておけば実はそれほど迷うことはありません。
残る心配は審査が通るのかという点くらいでしょうが、例えばモビットでは匿名入力すれば10秒で借り入れ可能か分かるサービスなどもやっているので、心配な方は先に試してみると良いかもしれません。
どちらにしても、正規の審査結果も30分程度しかかかりませんが。

消費者金融も色々ありますが、基本的には上記3社で十分ですし、選び方もシンプルに、在籍確認を選ぶのか、金利ゼロを選ぶのかで問題ありません。
その他に基本的な違いはほぼありません。
カードローン 申込み ベストガイドについてでした。

▶アコムweb申込み窓ロより