HOME農業総合支援機構からのお知らせ公募情報

公募情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年4月21日

いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』募集中!

ためしてナットク!
いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』受講者募集について
~農業入門 楽しくおいしく農業を学ぼう!~

1 趣旨
「いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など、様々なカリキュラムを実施しています。
平成23年度より開講した「駅前アカデミー」は、農業に興味や関心があるものの気軽に学ぶ機会のない方や、日中は働いているため時間が取れない方などを対象に、平日の夜に駅前で行う農業入門講座です。本年度は以下のとおり開講します。

2 参加者
農業に興味や関心があり、知識や情報を得たい方
日中は働いているが農業を学ぶ機会がほしい方 など
定員:各講座50名

3 内容

  開催日 講座名 講師
第1回 6/7(水) 野菜をおいしく食べよう! つぐま たかこ 氏(野菜ソムリエPro)
第2回 6/14(水) この虫なんの虫? 八尾 充睦 氏(石川県農林総合研究センター 主任研究員)
第3回 6/21(水) 知ってる?野菜のおもしろさ 小田桐 悌二 氏(元いしかわ耕稼塾講師)
第4回 6/28(水) 品種改良のふしぎ 村濱 稔 氏(石川県農林総合研究センター 研究主幹)
第5回 7/5(水) 農業の基本は土づくり! 塩口 直樹 氏((株)JAアグリライン石川 技術顧問)
第6回 7/12(水) 作物の病気を知ろう! 森川 千春 氏(石川県農林総合研究センター 主幹)


※講義には、簡単な実習や実験などを取り入れることにより、講義内容を十分納得して学んでいただきます。

 

4 時間 午後7時~午後8時30分(1時間30分)
         (※初回と最終回はオリエンテーションのため午後9時頃まで)

5 会場 石川県女性センター2階 大会議室  (金沢市三社町1-44)     

6 受講料 無料

7 主催 石川県、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構

8 申込方法等
駅前アカデミー申込書
受講申込書を提出。6回全ての講座を受講する方を優先しますが、6回の講座の中から好みの講座を選択しての受講も可能です。

 (2)募集期間 平成29年4月21日(金)~5月19日(金)

 (3)申込み・問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:八田、小森、山際
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F
 TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
E-mail:info@inz.or.jp URL:http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年4月17日

いしかわの農業学ぼうコース~夏期コース~ 募集中!

1 趣 旨

 農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼう夏期コース」を開催します。


2 募集対象者及び定員

農業に関心を持ち、農業を理解しようとする県民の方々

50組×2人程度(100名程度)

※3回の日程すべてに参加可能の方に限ります。

※1人での参加、1組3人以上(ご家族など)でも参加可能です。

※これまでに、夏期コースに参加された方はご遠慮ください。

※応募者多数の場合は、予定より早く募集を締め切らせていただくこともあります。


3 コースの概要

1)場所 河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)

※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。

2)時間 午前9時30分~11時30分

3)内容 種まきや収穫などの農作業体験

4)日程

1回目 5月28日(日) コマツナ播種、トウモロコシ播種、エダマメ定植など

2回目 6月25日(日) コマツナ収穫、トウモロコシ畑の除草など

3回目 8月 6日(日) トウモロコシ収穫、エダマメ収穫

※開催日及び内容は、気象条件や生育状況等により変更となる場合があります。

※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で、作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。

※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。


4 参加費  1組 1,000円(第1回の受付時にお支払いください。)


5 申込手続

1)申込方法

いしかわ農業総合支援機構までFAXまたは葉書でお申し込みください。

FAX番号 076-225-7622

夏期コース参加申込書

2)申込期間  4月17日(月)~5月16日(火)


お問い合わせ先

公益財団法人いしかわ農業総合支援機構

担当 窪田(くぼた)、八田(はった)、浅沼(あさぬま)

〒920-8203  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F

TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622 

URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年1月27日

平成28年度首都圏農林水産物魅力発信事業に係る事業委託者の募集について

(公財)いしかわ農業総合支援機構では、首都圏農林水産物魅力発信事業の実施に際し、業務を行う事業者を選定するため企画提案を募集します。詳細については、公募要領をご覧ください。

○応募期間 平成29年1月27日(金)~平成29年2月9日(木) 17時必着
 ・公募要領
 ・応募申請書
 ・業務委託仕様書

○お問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:田村
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年1月19日

【3/7~3/16開催】平成28年度「農業インターンシップ(事前研修)」研修生を募集します!

1.趣 旨
 都市生活者の石川県能登地域での就農・定住に向けたきっかけづくりとして、能登での農作業研修を体験したい方を募集します。
 まずは10日間の「事前研修」を体験していただき、その後、面談等を経た上で、最大9ヵ月間の「本研修」への切り替えや、現地での移住・就農に向けたサポートを受けられます。

2.対象者
原則、石川県外居住の方で、石川県(特に能登地域)での新規就農を志向する方

3.研修概要
◆◆◆[STEP1]事前研修◆◆◆
日程:2017年3月7日(火)~16日(木)(10日間)
内容:農家での農作業体験、視察研修 等
※事前研修に参加した方のみ、本研修に参加することができます
応募締切:2017年2月17日(金) ※詳しくはお問い合わせください
◆◆◆[STEP2]本研修◆◆◆
日程:2017年7月~2018年3月(最大9ヶ月)
内容:農家での農作業体験、視察研修、座学 等
※事前研修に参加した方のみ、本研修に参加することが出来ます

4.募集人数
10名程度

5.参加費
◆事前研修
[参加者負担]JR金沢駅または能登空港までの往復交通費
[主催者負担]現地での宿泊費(食事代含む)、傷害保険等
◆本研修
[参加者負担]研修中の宿泊、食事、移動に要する経費
[主催者負担]研修実費、傷害保険等

6.申込方法
インターン募集チラシ もご覧になった上で、以下どちらかの方法でお申し込みください。
(1)研修参加申込書をメール、FAX又は郵送により、(公財)いしかわ農業総合支援機構まで送付して下さい。
(2)農林漁業専門求人サイト「第一次産業ネット」内の募集ページからお申し込みください。

7.募集締切
平成29年2月17日(金) ※詳しくはお問い合わせください

8.研修生の決定
書類審査、面談を行った上で、受入農家を決定します。
※面談の際には履歴書をご準備ください。

9.問合せ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:小森、廣田
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
Tel 076-225-7621 Fax 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月12日

「地産地消受注懇談会2016秋」の来場者募集について

石川県と(公財)いしかわ農業総合支援機構では、地産地消に関心の高い県内の商工業者と農林漁業者にマッチングの場を提供する「地産地消受注懇談会2016秋」を開催します。
今回も、県内の農林漁業者など約50団体がブース出店する予定で、また、県内料理人による旬の食材(ジビエ・さつまいも)を使った料理の試食提供もございます。
ぜひご来場ください。

・日 時:平成28年11月10日(木) 12:30~16:00
・会 場:石川県地場産業振興センター 本館1F 大ホール
・対象者:石川県内の商工業者ほか(食品製造・販売・飲食業者等)
なお、募集概要と申込については、下記のチラシ兼申込書をダウンロードください。

チラシ兼申込書

◎お問い合わせ、お申込み先
(公財)いしかわ農業総合支援機構
「地産地消受注懇談会」担当:青木、林
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月 7日

「商品紹介シート」について(「地産地消受注懇談会2016秋」の出展者向け)

11月10日(木)開催の「地産地消受注懇談会2016秋」の出展者向けに「商品紹介シート」様式を掲載いたします。 必要に応じて下記のシートをダウンロードしてご利用ください。

商品紹介シート(Excel)
商品紹介シートの記入方法(PDF)

◎お問い合わせ、お申込み先

 (公財)いしかわ農業総合支援機構
「地産地消受注懇談会」担当:青木、林
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年9月28日

「おいしい!いしかわレシピコンテスト~石川の郷土料理をもっと気軽に食べよう~」レシピ募集!

石川県にはたくさんの郷土料理があることをご存知ですか。
地域の祭りや伝統行事とともに古くから受け継がれてきた郷土料理。最近では郷土料理を食べる機会が減りましたが、そんなちょっぴり地味な郷土料理をあなたのアイディアで新しい料理に変身させてみませんか?

●テーマ●
石川県の郷土料理を現代風にアレンジしたオリジナル料理であって、家庭で気軽につくれる料理
(どの郷土料理をアレンジするかは自由)

●応募対象●
石川県内の調理専門学校、高等学校の学生 ※グループまたは個人の募集とします。

●条件●
① 石川県産の食材を使用するように努めること
② 材料は4人分で2,000円以内であること
③ 60分以内に作れる料理であること

●審査●
① 一次審査:書類選考(12月)
② 二次審査:審査員による試食(1月頃) ※事務局でレシピを再現します。

●審査基準●
・ 県産食材の良さが生かされていること
・ 手軽に効率よく短時間で作れる工夫がされているか
・ アイディア、オリジナリティがあるか
・ 郷土料理と新しいアイディアがうまく融合しているか

●応募方法●
応募用紙に必要事項をご記入の上、「おいしい!いしかわレシピコンテスト」実行委員会までメール(info@inz.or.jp)または郵送にて送付ください。
応募用紙は(公財)いしかわ農業総合支援機構のホームページ(http://www.inz.or.jp/)からダウンロードできます。

●応募締切日●
平成28年11月30日(水) 当日消印有効

レシピ募集チラシ

レシピ応募用紙

●お問合せ・お申込み先●
いしかわ食推進協議会 「おいしい!いしかわレシピコンテスト」実行委員会
担当:青木、山﨑
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構内
TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622 E-mail:info@inz.or.jp
URL:http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年9月20日

「地産地消受注懇談会2016秋」の出展者募集について

今般、県及びいしかわ農業総合支援機構では、地産地消に関心の高い県内の商工業者と県内の農林漁業者が直接懇談する場を提供する「地産地消受注懇談会2016秋」を開催することとしており、その出展者を下記のとおり募集します。北陸新幹線が開業し、県産食材はこれまで以上に求められています。この機会にぜひご出展ください。 

1 募集概要
(1)募集対象  石川県内の農林漁業者、生産者グループ、農業生産法人
        県産食材を活用した加工品を製造・販売している加工業者など
(2)募集内容及び規模  出展ブース数 50名・団体程度
(3)出展料    無料
(4)募集締切  平成28年9月30日(金)
 
2 応募方法
    チラシ兼出展申込書に必要事項を記入の上、郵送またはファックスで応募ください。
         (応募先) 公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
           TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
       
「チラシ兼申込用紙」
 
 「地産地消受注懇談会2016秋」概要
(1)日時  平成28年11月10日(木) 12:30~16:00
(2)場所  石川県地場産業振興センター 本館1階 大ホール
(3)主催  石川県、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構(INATO)
(4)共催  公益財団法人石川県産業創出支援機構(ISICO)
(5)内容  ①出展者による農林水産物及びその加工品の展示・紹介
       ②参加者による情報交換、懇談及び個別商談
            ③商品評価・相談コーナーにおける加工等の専門家による相談受付
          ・商品改良、パッケージ等について専門家からアドバイスを受けたい事業者を対象とします。
          ・土産物の新商品開発の相談もお受けします。
          ・専門家には6次産業化プランナーを予定しています。
          ・あらかじめ相談予約された方を優先します。
 
◎お問い合わせ、お申込み先

 (公財)いしかわ農業総合支援機構
「地産地消受注懇談会」担当:青木、林
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年9月 8日

【募集終了】いしかわ耕稼塾「6次産業化研修・初級コース」研修生の募集について

1 趣 旨
 昨今、農業者の加工・販売分野への進出や商工業者との連携など、いわゆる農業の6次産業化が注目されていますが、継続した取り組みを実現するためには、農業者自らが流通・販売や取引等に関する知識やリスク等を理解しておく必要があります。
 この度、当機構では、昨年度に引き続き、農業経験が比較的浅い農業者や就農希望者等を対象として、流通・販売やマーケティング等に関する基礎知識や取組事例等について、座学や現地視察により体系的に学ぶ研修を行うこととし、その研修生を募集します。

2 募集対象及び募集人数
【募集対象】
6次産業化に関心のある農業者(新規就農者を含む)
県、市町、JA等関係機関・団体の指導者
【募集人数】
A,B班 各15名程度
(希望者が多い場合は、抽選となります。また、コースは希望どおりにならない場合があります。)

3 研修の概要(詳細はカリキュラム(案)を参照)

【研修期間】  平成28年10月 ~ 平成28年11月(計4回)
【研修内容(予定)】
・講義:6次産業化の意義、流通・販売の現状と課題、マーケティングの必要性 ほか
・視察:6次産業化事例、流通・販売事例 ほか
 A班:加賀地域の事例を視察
 B班:能登地域の事例を視察
【研修場所】  石川県農林総合研究センター ほか

4 受講料 無料 (ただし、事例視察等で参加費が必要となる場合があります。)

5 申込手続き
【申込書類】:参加申込書
※ファイルが開けない場合は電話ください
【申込期間】:平成28年9月9日(金)~9月30日(金)まで
【申込方法】:郵送、FAX、E-mailにより事務局まで提出願います。
【事務局・担当】:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:宮代(みやしろ)、北間、横山
920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

6 受講者の決定   10月上旬までに受講者を決定し、カリキュラムの詳細とともに通知します。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年9月 1日

いしかわの新しいお米「石川65号」 名称募集!

石川県農林総合研究センターで育成したお米の新品種が、平成29年の秋にデビューします。

9年の歳月をかけて大切に育てられた新しいお米にステキな名前を付けませんか?

現在、名称を募集しています。

皆さま、奮ってご応募下さい!

 

【米新品種名称募集ページ】

http://www.pref.ishikawa.lg.jp/nousan/65go/index.html           

 

応募締切 平成28年10月31日(月)

 

280830 INATO用トップ画像案1.png

 

280830 INATO用トップ画像案2.png

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年8月25日

いしかわ耕稼塾「需要対策型野菜づくり研修」(第2回) の開催について

市場動向や需要者のニーズに応える農産物生産を推進するため「需要対応型野菜づくり研修」を開催いたします。
講師は、流通のプロや市場ニーズに対応した農産物づくりを行っている篤農家が務め、実需者が求める野菜や品種など最新のニーズについて伝授してもらいます。興味がある方は、是非、ご参加下さい。

(1)日 時 平成28年10月27日(木)13:15~16:30

(2)会 場 木村農産(白山市木津町)
      福来園(野々市市中林)

(3)テーマ 「市場ニーズや消費者を意識した商品づくり」

(4)講 師 ①木村農産 木村 博美 氏
       ・市場ニーズを捉えた品目での野菜栽培や農産物加工に取り組む
      ②福来園 福田 康浩 氏
       ・都市近郊の消費者ニーズに応える農業経営

(5)定 員 20名

(6)集合場所・出発時間 石川県地場産業振興センター新館前 13:15出発
           (研修は、バスでの移動になります)

(7)受講料  無料

(8)参加申込 申込書に必要事項をご記入の上、10月17日(月)までに、機構へ提出願います。

開催要領
2需要対応型野菜づくり研修(開催要領).docx

申込書
申込書(野菜づくり第2回).docx

旅程表
旅程表(野菜づくり第2回).docx

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年7月18日

【募集終了:定員に達しました】いしかわの農業法人見学バスツアー(7月31日)

【石川県の農業法人を知るチャンス!!】
 農業法人で働くことの魅力を感じてもらうため、いしかわの農業法人見学バスツアーを開催します。
 企業から話を直接聞けるだけでなく、実際の現場で農作業等を体験・見学できる内容となっております。
 農業法人への就職や石川県農業に関心のある方は、是非、この機会にご参加ください。

1 開催日時  平成28年7月31日(日)9:30~16:00

2 訪問先
(1)有限会社 中本農園(白山市)
 100棟を超えるハウスと露地で、こまつなやほうれんそうなどを栽培している。有機質肥料をたっぷり使用した土づくりを行い、使用する農薬の量は通常の3割減。冬季は和歌山県でも小松菜を栽培し、通年出荷できる体制を整えている。
中本農園(表紙・決め手).jpg
(2)株式会社 ぶどうの木(金沢市)
レストラン経営、洋菓子類製造販売、ブライダル事業などを手がける。ただしその原点は、昭和25年に植えられた1本のぶどうの木から。6千坪の葡萄園のなかにたたずむケーキショップや雑貨店、レストランはひとつの街並みを成し、夏から秋にかけては50数種類の多彩なぶどうを求める多くの人で賑わう。
160731budounoki.jpg

(3)農事組合法人 河北潟ホリ牧場(内灘町)
 約80年前から、金沢近郊で乳牛を飼育してきた地元密着のホリ牧場は、美味しく、安全な牛乳作りを目指している。同牧場の直営店「夢ミルク館」では、ソフトクリームなど、搾りたての新鮮なミルクをたっぷり使った美味しい乳製品を味わうことができ、その他、動物たちとのふれ合いなどを楽しめる。
160731hori.jpg

3 当日のスケジュール
 9:30 金沢駅集合
 9:45 金沢駅出発
10:20 (有)中本農園【野菜の収穫体験】
12:00 (株)ぶどうの木【販売店の見学・昼食】
14:30 河北潟干拓地【大規模ほ場の見学】
14:00 (農)河北潟ホリ牧場
16:00 金沢駅到着・解散

4 応募締切  平成28年7月20日(水)

5 募集定員  15名程度

6 応募資格  概ね40歳未満、農業経験不問。ただし石川県外からの移住希望者を優先します

7 申込方法  下記の参加申込書をファックスまたはメールにて提出ください。表示できない方は直接お電話ください。
参加申込書

8 お問合せ・お申込み先
 (公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:小林(こばやし)、廣田(ひろた)、窪田(くぼた)
  TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622 E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年6月30日

「百貨店商品づくりセミナー」の開催について

(公財)いしかわ農業総合支援機構では、商品づくりに意欲のある生産者、加工業者のみなさんを対象に、三越伊勢丹バイヤーとの共同による県産食材を使った商品開発、商品改良の機会となるよう、「百貨店商品づくりセミナー」を開催します。
昨秋開催時には、「商品の魅力を整理する際のポイントが分かった」、「商品開発を進める上でアドバイスをもらうことができた」など、大変好評をいただきました。
前回とは異なるバイヤーが講師を務めますので、今回もぜひご参加ください。

・日 時:平成28年7月28日(木)
      ①セミナー   10時~11時
      ②商品評価会 14時~16時30分

・会 場:石川県地場産業振興センター 本館2階 第2会議室

・対象者:①セミナー   百貨店と連携した商品づくりに関心のある農林水産業者、
           加工業者、農業法人協会会員、こだわり生産者ネットワーク会員、
           JA担当者、6次産業化・トライアルコース受講生 など
    ②商品評価会 受注懇談会出展事業者 ほか

なお、募集概要と申込については、下記のチラシ兼申込書をダウンロードください。

 

チラシ兼申込書

 

お問い合わせ、お申込み先
(公財)いしかわ農業総合支援機構
「百貨店商品づくりセミナー」担当:山﨑、木瀬、青木
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年6月30日

いしかわ耕稼塾「他産業連携による革新技術習得研修(低コスト水稲直播モデル確立、環境制御型施設園芸モデル確立の取組等)」の研修生募集について

1.目 的
  「いしかわ耕稼塾」の一環として、意欲ある農業者や農業法人を対象として、コマツ等の他産業の
 収益力向上に向けた取り組みや革新的なプロジェクトに関する研修及び実習を行うことで、農業者の
 資質向上と各プロジェクトの実用化につなげることを目的とします。

2.開催日 平成28年8月5日(金)13:30~16:30

3.会 場 石川県農林総合研究センター2階 第4会議室
      (金沢市才田町戊295-1)

4.対象者 農業法人等の代表者・従業員

5.内 容 「製造業」の観点から見たコスト低減や収益向上についての考え方  
      ・低コスト水稲直播モデル確立(多機能ブルドーザ等)の取組
      ・環境制御型施設園芸モデル確立(地下水空調装置等)の取組 
      ・現地視察 等

6.講 師 (株)小松製作所粟津工場 
      生産技術部 農業/林業支援グループ 主幹 竹原 宣博 氏
      生産技術部 農業/林業支援グループ 主幹 三谷 典夫 氏

7.定 員 25名程度

8.受講料 無料

9.申込手続き
 (1)申込書類 受講申込書
 (2)申込締切 平成28年7月29日(金)
 (3)申込方法 FAXまたはメールにて受講申込書を下記までご提出ください
 (4)申込先
  〒920-8203 
  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
   (公財)いしかわ農業総合支援機構 (担当:寺西、北間、松本)
   TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
   E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年6月29日

「地産地消受注懇談会2016夏」の来場者募集について

石川県と(公財)いしかわ農業総合支援機構では、地産地消に関心の高い県内の商工業者と農林漁業者にマッチングの場を提供する「地産地消受注懇談会2016夏」を開催します。
今回も、県内の農林漁業者など約50団体がブース出店する予定で、また、食コーディネーターによる旬の野菜を使った料理の試食提供もございます。
ぜひご来場ください。

・日 時:平成28年7月28日(木) 12:30~16:00

・会 場:石川県地場産業振興センター 本館1F 大ホール

・対象者:石川県内の商工業者ほか(食品製造・販売・飲食業者等)

なお、募集概要と申込については、下記のチラシ兼申込書をダウンロードください。

 

チラシ兼申込書

 

お問い合わせ、お申込み先
(公財)いしかわ農業総合支援機構
「地産地消受注懇談会」担当:青木、林
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年6月19日

いしかわ耕稼塾「他産業連携による革新技術習得研修(コマツのノウハウを活用した課題発見研修)」の研修生募集について

1.目 的
 近年、農業法人の経営規模の拡大が進む中、客観的な分析に基づき経営目標を立て、実現するための経営体制の構築が必要とされています。
 こうした中、製造業では従来から、経営目標の達成に向け、現状把握のためのデータ収集、問題点の把握、対策立案等のノウハウが蓄積されています。
 本研修では、コマツから講師を招き、農業者がこれらのノウハウを習得することで、経営の効率化等につながる課題発見力の向上を目指します。

2.開催日
 【第1回】平成28年7月19日(火)13:00~17:00
 【第2回】平成28年8月 8日(月)13:00~17:00
 【第3回】平成28年11月24日(木)13:00~17:00

3.会 場 
 石川県地場産業振興センター(金沢市鞍月2丁目20番地)
 【第1回】本館3階 第6研修室
 【第2回】本館3階 第8会議室
 【第3回】本館3階 第8会議室

4.対象者 
 農業法人等の代表者・従業員
 (※3回の研修のいずれも参加できる方、過去の受講者は2回目からの参加も可)

5.内 容 
 【第1回:講義】
  ・現状把握、問題点の把握、対策立案の進め方
  ・データの取扱い方法
  
 【第2回:ワークショップ】
  ・各自社内の課題発見の演習

  <研修生の課題発見の一例>
   のとてまりの規格外の発生原因(サイズが小さい、変形等)別に発生割合をデータ化し、
   発生割合の多い原因について湯煎的に根本原因を検討

 【第3回:実践結果の発表】
  ・各自社内での取組結果の発表

6.講 師 コマツ コマツウェイ総合研修センタ講師
7.定 員 12名程度
8.受講料 無料

9.申込手続き
 (1)申込書類 受講申込書
 (2)申込締切 平成28年7月12日(火)
 (3)申込方法 FAXまたはメールにて受講申込書を下記までご提出ください
 (4)申込先
  〒920-8203 
  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
   (公財)いしかわ農業総合支援機構 (担当:寺西、北間、松本)
   TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622  
   E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年6月 6日

「商品紹介シート」について(「地産地消受注懇談会2016夏」の出展者向け)

7月28日(木)開催の「地産地消受注懇談会2016夏」の出展者向けに「商品紹介シート」様式を掲載いたします。
必要に応じて下記のシートをダウンロードしてご使用ください。

「商品紹介シート」(Excel)
「商品紹介シート作成のてびき」(Excel)


お問い合わせ、お申込み先

(公財)いしかわ農業総合支援機構

「地産地消受注懇談会」担当:青木、林

〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F

TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 

URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp


▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年5月26日

【募集終了しました】平成28年度「農業インターンシップ」研修生を募集します!

1.趣 旨
 都市生活者の石川県奥能登地域での就農・定住に向けたきっかけづくりとして、能登での農作業研修を体験したい方を募集します。
 まずは10日間程度の「事前研修」を体験していただき、その後、面談等を経た上で、約6~9ヵ月間の「本研修」への切り替えや、現地での移住・就農に向けたサポートを受けられます。

2.対象者
原則、石川県外居住の方で、石川県(特に能登地域)での新規就農を志向する方

3.研修概要
◆◆◆[STEP1]事前研修◆◆◆
日程:2016年6月14日(火)~23日(木)(10日間)
内容:農家での農作業体験、視察研修 等
※事前研修に参加した方のみ、本研修に参加することができます
応募締切:2016年6月上旬 ※詳しくはお問い合わせください
◆◆◆[STEP2]本研修◆◆◆
日程:2016年7月上旬~2017年3月下旬(6~9ヶ月程度)
内容:農家での農作業体験、視察研修、座学 等
※事前研修に参加した方のみ、本研修に参加することが出来ます

4.募集人数
10名程度

5.参加費
◆事前研修
[参加者負担]JR金沢駅または能登空港までの往復交通費
[主催者負担]現地での宿泊費(食事代含む)、傷害保険等
◆本研修
[参加者負担]研修中の宿泊、食事、移動に要する経費
[主催者負担]研修実費、傷害保険等

6.申込方法

募集チラシもご覧になった上で、以下どちらかの方法でお申し込みください。

(1)研修参加申込書をメール、FAX又は郵送により、(公財)いしかわ農業総合支援機構まで送付して下さい。

(2)農林漁業専門求人サイト「第一次産業ネット」内の募集ページからお申し込みください。

http://www.sangyo.net/job/detail/3926/


7.募集締切

平成28年6月上旬 ※詳しくはお問い合わせください


8.研修生の決定

書類審査、面談を行った上で、受入農家を決定します。

※面談の際には履歴書をご準備ください。


9.問合せ先

(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:小森、廣田

石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階

Tel 076-225-7621 Fax 076-225-7622

Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/


 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年5月26日

【募集終了しました】平成28年度いしかわ耕稼塾「実践科」研修生を募集します

1 趣 旨
 近年、新規就農者数は増加傾向にあるものの、非農家出身が約9割を占めており、農業に関する基礎的な知識や技術の習得機会を経ずに就農し、営農定着に苦慮する場合が見受けられる。
 このため、就農後1年程度以下の経験の浅い者を対象に、農業に関する基礎的な知識を幅広く習得することを目的とした研修を実施し、実践的な能力を高めることにより、農業の担い手の育成・定着を促進する。

2 受講対象
農業教育を受けていない就農後1年程度以内の農業経験の浅い者
(農業法人・参入企業の栽培担当者、農家子弟も含む)

3 研修の概要 

目 的 農業に関する基礎的な知識を幅広く習得し、今後の営農・業務に活かす
募集人員 金沢会場、能登会場  各30名程度
研修期間

平成28年6月~29年3月 全57コマ(能登は55コマ)
1コマ=3時間(午前9:00~12:00、午後13:00~16:00)
※各回、2コマ(9~16時)を基本に実施

研修日 (金沢会場)原則・毎週火曜日、
(能登会場)原則・毎週火または金曜日
研修内容

【作物栽培基礎】栽培学基礎(水稲、野菜)、栽培管理実習(果樹、ほか)
【病害虫・土壌】病害虫防除基礎、土壌肥料学基礎
【農業機械】農業機械整備・実習、大型特殊免許(農耕車限定)取得、刈払機
【経営】農業簿記基礎
【加工・6次化】6次産業化研修(初級)、農産加工実習
【その他】日本農業技術検定3級受験、開放セミナー、県内農家視察研修 等

参考

研修場所 ・金沢会場:石川県農林総合研究センター、河北潟農業研修館など
・能登会場:石川県農林総合研究センター、(同左)能登駐在など
その他

・教材等の実費を徴収することがあります
・過去に実践科を受講した方は「農業即応技術研修」にお申し込みください

※ 研修日程は以下を参照ください。調整中の講義もあります、ご了承ください。
実践科【金沢】研修予定
実践科【能登】研修予定

4 申込手続き
(1)申込書類: 受講申込書
(2)申込締切:平成28年6月上旬頃まで
(3)申込方法:郵送またはFAX、メールにて受講申込書を下記までご提出ください
(4)申込先:
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (担当:廣田、金森 )
TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年5月 9日

平成28年度県産食材販路開拓推進事業に係る業務委託事業者の募集について

 (公財)いしかわ農業総合支援機構では、県産食材販路開拓推進事業の実施に際し、業務を行う事業者を選定するため企画提案を募集します。詳細については、公募要領をご覧ください。


○応募期間 平成28年5月9日(月)~平成28年5月25日(水)17時必着

公募要領(PDF)

業務委託仕様書(PDF)

応募申請書等(WORD)

業務執行結果報告書等(WORD)

○問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:木瀬、田村
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail kise@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年5月 6日

「地産地消受注懇談会2016夏」の出展者募集について

今般、県及びいしかわ農業総合支援機構では、地産地消に関心の高い県内の商工業者と県内の農林漁業者が直接懇談する場を提供する「地産地消受注懇談会2016夏」を開催することとしており、その出展者を下記のとおり募集します。北陸新幹線が開業し、県産食材はこれまで以上に求められています。この機会にぜひご出展ください。 

1 募集概要
(1)募集対象  石川県内の農林漁業者、生産者グループ、農業生産法人
        県産食材を活用した加工品を製造・販売している加工業者など
(2)募集内容及び規模  出展ブース数 50名・団体程度
(3)出展料    無料
(4)募集締切  平成28年5月27日(金)
 
2 応募方法
    チラシ兼出展申込書に必要事項を記入の上、郵送またはファックスで応募ください。
         (応募先) 公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
           TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
       
「チラシ兼出展申込書」
 
 「地産地消受注懇談会2016夏」概要
(1)日時  平成28年7月28日(木) 12:30~16:00
(2)場所  石川県地場産業振興センター 本館1階 大ホール
(3)主催  石川県、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構(INATO)
(4)共催  公益財団法人石川県産業創出支援機構(ISICO)
(5)内容  ①出展者による農林水産物及びその加工品の展示・紹介
       ②参加者による情報交換、懇談及び個別商談
            ③商品評価・相談コーナーにおける加工等の専門家による相談受付
          ・商品改良、パッケージ等について専門家からアドバイスを受けたい事業者を対象とします。
          ・土産物の新商品開発の相談もお受けします。
          ・専門家には6次産業化プランナーを予定しています。
          ・あらかじめ相談予約された方を優先します。
 
◎お問い合わせ、お申込み先

 (公財)いしかわ農業総合支援機構
「地産地消受注懇談会」担当:青木、林
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年5月 2日

【募集終了しました】平成28年度いしかわ耕稼塾「農業即応技術研修」研修生の募集について

1 趣 旨
 近年、新規就農者数は増加傾向にあるものの、非農家出身が約9割を占めており、農業に関する基礎的な知識や技術の習得機会を経ずに就農し、営農定着に苦慮する場合が見受けられる。
 このため、就農後5年程度までの経験の浅い者を対象に、生産現場で直面する課題に適切に対応できる技術の習得を目的とした研修を実施し、即応能力を高めることにより、農業の担い手の育成・定着を促進する。

2 受講対象
農業教育を受けていない就農後5年以内の農業経験の浅い者
(農業法人・参入企業の栽培担当者、農家子弟、実践科・予科修了生も含む)

3 研修の概要 

目 的 各農場・農園で問題となっている生育不良や病害虫等に対応できる農業者の育成を目指す
募集人員 金沢会場、能登会場  各10名程度
研修期間

平成28年6月~2月 全54コマ(能登は55コマ)
1コマ=3時間(午前9:00~12:00、午後13:00~16:00)
※各回、2コマ(9~16時)を基本に実施

研修日 2~3日/月の講義・実習
研修内容

Ⅰ 必修講座 14コマ(能登15コマ)
(1)実習4コマ(能登5コマ)
【金沢会場】 以下のうち、1作目を選択して受講[2コマ×2日]
・水稲栽培の基礎実習(穂肥・刈取診断など)
・野菜栽培の基礎実習(生育診断・試験栽培など)
・果樹栽培の基礎実習(収穫・剪定など)
【能登会場】 野菜栽培の基礎実習[1コマ×5日]
(2)講義10コマ[2コマ×5日]

Ⅱ 選択講座 40コマ(希望者のみ受講)
大型特殊(農耕車限定)免許取得、農業簿記、農業経営力養成講座、
次世代農業人交流大会、農産加工実習、県外先進経営体視察 等

研修場所 ・金沢会場:石川県農林総合研究センター、河北潟農業研修館など
・能登会場:石川県農林総合研究センター、能登駐在所研修館など
その他

教材等の実費を徴収することがある

※日程などの詳細は下記カリキュラムを参照ください

■「農業即応技術研修」カリキュラム【金沢会場】
■「農業即応技術研修」カリキュラム【能登会場】

4 申込手続き
(1)申込書類: 受講申込書
(2)申込締切:平成28年5月27日(金)まで
(3)申込方法:郵送またはFAX、メールにて受講申込書を下記までご提出ください
(4)申込先:
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (担当:金森、廣田 )
TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年4月22日

平成28年度 いしかわ耕稼塾『6次産業化研修・トライアルコース』 募集中!

 1 趣 旨
昨今、1次産業としての農業から2次、3次産業への事業拡大が注目されている。
そこで、農産物加工品開発におけるマーケティングや商品コンセプト等の6次産業化における基本知識を習得し、専門家等の評価や需要者のニーズを踏まえた商品開発及び改良を行い、6次産業化を実践できる農業者等を育成するとともに、アンテナショップなど首都圏で販売できる加工品ラインアップの充実を図る。

2 対象者
所有する農産物加工品(既存商品)を改良したいと考えている、または新たな加工品を開発し、アンテナショップなど首都圏で販売したいと考えている、農業者、農業法人等従業員、JA職員等10名程度

3 研修の概要(別添カリキュラム参照)

研修期間 平成28年6月下旬~平成29年3月中旬
研修日 全10回程度(13:30~17:00)
研修内容(予定)

商品づくりのノウハウを学び、既存商品の改良・試作・販売まで行う
「農産物加工品づくりの実践的な研修カリキュラム」

○講義:マーケティング・商品戦略・衛生管理・食品表示について
○演習:市場調査、商品の分析手法について
○演習:既存商品の改良または商品開発
(※専門家派遣の利用可、改良費は実費負担)
○調査:専門家による商品の評価
○実践:改良品の店頭販売(モニター調査)
販売店舗 カジマートエムザ店(金沢市)
いしかわ百万石物語・江戸本店(東京都)

研修場所 地場産業振興センター、i-bird ほか

  トライアル研修カリキュラム(案)  研修チラシ

4 留意事項
1)商品の改良費用は、受講者の実費負担となります。
2)現在、既存商品のない方も、研修で自社商品の開発に取り組んで頂きたいので、研修参加申込書の「新たに作りたい農産物加工品」欄に、構想案をご記入下さい。

5 申込手続き
研修参加申込書を平成28年6月13日(月)までに、郵送、FAX、E-mailにより担当(林、青木、小森)まで、提出願います。  

  開催要領申込み書(WORD)

6 問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:林、青木、小森
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年4月22日

【募集終了しました】ためしてナットク!いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』

ためしてナットク!
いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』受講者募集について
~農業入門 楽しくおいしく農業を学ぼう!~

1 趣旨
「いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など、様々なカリキュラムを実施しています。
平成23年度より開講した「駅前アカデミー」は、農業に興味や関心があるものの気軽に学ぶ機会のない方や、日中は働いているため時間が取れない方などを対象に、平日の夜に駅前で行う農業入門講座です。本年度は以下のとおり開講します。

2 参加者
農業に興味や関心があり、知識や情報を得たい方
日中は働いているが農業を学ぶ機会がほしい方 など
定員:各講座50名

3 内容

  開催日 講座名 講師
第1回 6/1(水) 野菜を育てよう! 小田桐 悌二(元いしかわ耕稼塾講師)
第2回 6/8(水) この虫なんの虫? 八尾 充睦(石川県農林総合研究センター 主任研究員)
第3回 6/15(水) 作物の病気を知ろう! 森川 千春(石川県農林総合研究センター 主幹)
第4回 6/22(水) 農業の基本は土づくり 塩口 直樹((株)JAアグリライン石川 技術顧問)
第5回 6/29(水) 野菜をおいしく食べよう! つぐま たかこ(野菜ソムリエ)
第6回 7/6(水) 品種改良のふしぎ 村濱 稔(石川県農林総合研究センター 専門研究員)


※講義には、簡単な実習や実験などを取り入れることにより、講義内容を十分納得して学んでいただきます。

 

4 時間 午後7時~午後8時30分(1時間30分)
         (※初回と最終回はオリエンテーションのため午後9時頃まで)

5 会場 石川県女性センター4階 コンベンション室  (金沢市三社町1-44)     

6 受講料 無料

7 主催 石川県、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構

8 申込方法等
(1)申込方法
        駅前アカデミー申込書
受講申込書を提出。6回全ての講座を受講する方を優先しますが、6回の講座の中から好みの講座を選択しての受講も可能です。

 (2)募集期間 平成28年4月22日(金)~5月20日(金)

 (3)申込み・問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:小森、窪田
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F
 TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
E-mail:info@inz.or.jp URL:http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年4月19日

【募集終了しました】いしかわの農業学ぼうコース~8日間コース~

 

1 趣旨

 いしかわ農業総合支援機構では、農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼうコース」を開催しております。
今回は、土づくり・育苗管理・施肥・防除等、野菜栽培の基礎技術について、8日間の講義と実習で学んでいただく「いしかわの農業学ぼう8日間コース」を開講するにあたり、参加者の募集を行います。

2 募集対象者及び定員

 農業の基礎的な知識と技術を取得し、本格的に野菜栽培に取り組もうと考えている県民の方々  

 25組(1組につき2人まで)

※8回全てに参加できる方に限ります。
※これまで「学ぼう8日間コース」に参加された方はご遠慮下さい。
※農薬等を使用するので小さなお子様の参加はご遠慮下さい。
※応募者多数の場合は、予定より早く募集を締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要

(1)場所  河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
                   ※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。
(2)時間  9時30分~11時30分
(3)内容  土づくり、育苗、施肥、防除技術などの講義と実習
(4)日程

  開催日 研修内容
講義 実習
第1回 5月29日(日) 播種、定植について コマツナ播種、エダマメ定植、金時草定植など
第2回 6月12日(日) 野菜づくりについて① 夏野菜の栽培現地講習会
第3回 6月19日(日) 防除について コマツナ収穫、金時草除草、ネギ土入れ
第4回

8月7日(日)

土づくり、施肥について エダマメ収穫、金時草収穫、ネギ土寄せ
第5回 8月21日(日) 育苗管理について ハクサイ播種、定植準備
第6回 9月4日(日) 被覆資材について ホウレンソウ播種、ダイコン播種など
第7回 10月9日(日) 野菜づくりについて② ホウレンソウ収穫、ハクサイ追肥など
第8回 11月13日(日) 堆肥づくりについて

ダイコン収穫、ハクサイ収穫、ネギ収穫など

※開催日・内容は、気象条件・生育状況等により変更となる場合があります。
※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。
※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。
 

4 参加料

    1組 2,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込み

  (1)申込方法
          いしかわ農業総合支援機構まで電話又はFAXで申込みください。
          電話番号 076-225-7621 FAX 076-225-7622
 

    8日間コース申込書(PDF)

   ※郵便番号、住所、氏名、年齢、連絡先をお知らせください。
 

     (2)申込み期間  4月18日(月)~5月12日(木)
 

お問い合せ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:窪田(くぼた)、小林(こばやし)、廣田(ひろた)
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
Tel 076-225-7621  Fax 076-225-7622
Mail:info@inz.or.jp  URL:http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年4月19日

【募集終了しました】いしかわの農業学ぼうコース~夏期コース~

1 趣 旨

 農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼう夏期コース」を開催します。


2 募集対象者及び定員

農業に関心を持ち、農業を理解しようとする県民の方々
50組(100名程度)
※3回の日程すべてに参加可能の方に限ります。    
※1人での参加、1組3人以上(ご家族など)でも参加可能です。
※応募者多数の場合は、予定より早く募集を締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要

1)場所 河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。

2)時間 午前9時30分~11時30分

3)内容 種まきや収穫などの農作業体験

4)日程

1回目 5月29日(日) コマツナ播種、エダマメ定植、金時草定植・挿し木、ネギ定植
2回目 6月19日(日) コマツナ収穫、エダマメ・金時草除草、ネギ土入れ
3回目 8月 7日(日) エダマメ収穫、金時草収穫、ネギ土寄せ

※開催日及び内容は、気象条件や生育状況等により変更となる場合があります。
※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で、作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。
※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。


4 参加費  1組 1,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込手続

1)申込方法
いしかわ農業総合支援機構まで電話又はFAXでお申し込みください。

電話番号 076-225-7621
FAX番号 076-225-7622

学ぼう夏コース(PDF)

2)申込期間  4月18日(月)~5月12日(木)


お問い合わせ先
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
担当 窪田(くぼた)、小林(こばやし)、廣田(ひろた)
〒920-8203  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622 
URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年4月18日

【終了しました】 平成28年度 農業人材確保・定住促進事業に係る移住・就農UIターン強化事業の委託事業者の募集について

  (公財)いしかわ農業総合支援機構では、平成28年度 農業人材確保・定住促進事業の実施に際し、移住・就農UIターン強化事業の委託事業者を募集します。詳細については公募要領をご参照ください。
 詳細については公募要領をご参照ください。

 応募締切:平成28年4月27日(水)17時必着

 公募要領(PDF)

 応募申請書様式(WORD)


問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:小林
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年2月17日

「石川県産食材の販路開拓研修会」参加者募集!

石川県産食材の新たな販路開拓を希望する方、食材の各種展示会や商談会へ出展しようと思っている方々を対象に、首都圏等における流通動向や実需者の目を惹くディスプレイ方法などを学ぶ機会として「石川県産食材の販路開拓研修」を開催いたします。研修は、ブース出展をイメージしたディスプレイ演習等、実践を想定した内容となっています。
参加を希望される方はチラシをご覧の上、3月7日(月)までに当機構へ申込み下さい。

研修: 石川県産食材の販路開拓研修会
     ~首都圏等での流通動向と魅力的なディスプレイ~

日時: 平成28年3月9日(水)13:30より
       
場所: 石川県庁 8階 802会議室(金沢市鞍月1-1)

※詳細はチラシをご覧下さい。

販路開拓研修会チラシ.pdf

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年2月17日

県産農林水産物海外販路開拓PR資料作成業務委託に係る企画提案の募集について

 (公財)いしかわ農業総合支援機構では、県産農林水産物海外販路開拓PR資料作成業務を行う事業者を選定するため企画提案を募集します。詳細については、公募要領をご覧ください。


○応募期間 平成28年2月17日(水)~平成28年2月26日(金)17時必着

公募要領(PDF)

業務委託仕様書(PDF)

企画提案書(WORD)

○問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:横山、田村
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail y-yoko@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年1月18日

いしかわ耕稼塾「第3回 特別講座~市場ニーズに応える農産物生産~」参加者募集!

金沢市中央卸売市場と連携し、市場動向や需要者のニーズに応える農産物生産を推進するため「特別講座」を開催いたします。
講師は、金沢市中央卸売市場の第一線で活躍している流通のプロが務め、実需者が求める野菜や品種など最新のニーズについて伝授してもらいます。
ニーズに応える野菜づくりの事例として、白山市の黒澤農場さんへ視察にいきます。興味がある方は、是非、ご参加下さい。


(1)日 時  平成28年2月19日(金)14:00~16:00

(2)会 場  株式会社マルエー元菊店(金沢市元菊町)
         有限会社黒澤農場(白山市黒瀬町)

(3)テーマ  「買い手を意識した商品づくり」

(4)講 師  ①株式会社マルエー 店舗ご担当者様
          ・顧客ニーズに対応した商品提案
         ②有限会社黒澤農場 取締役専務 黒澤 与典 氏
          ・市場との連携によるニーズに応える野菜づくり

(5)定 員  45名

(6)集合場所・出発時間  石川県地場産業振興センター新館前 13:45出発
                  (研修は、バスでの移動になります)

(7)受講料  無料

(8)参加申込 申込書に必要事項をご記入の上、2月12日(金)までに、機構へ提出願います。


開催要領   申込書   旅程

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年1月13日

農業インターンシップ事前研修 研修生の募集について(平成28年3月開催)

1.目 的
都市生活者の石川県奥能登地域での就農・定住に向けたきっかけづくりとして、奥能登地域での短期の農作業研修を体験したい方を募集します。

2.対象者  主に石川県外居住の方で、石川県での新規就農を志向する方

3.研修概要
(1)期 間  平成28年3月9日(水)~18日(金)
(2)場 所  奥能登地域(珠洲市、輪島市、穴水町、能登町)
(3)内 容  農家での農作業体験(水稲、野菜、果樹等)
(4)スケジュール(予定)
[1日目]     オリエンテーション、農家との顔合わせ
[2~4日目]   受入農家(1件目)での農作業研修
[5日目]     休み
[6日目]     地域視察・交流
[7~9日目]   受入農家(2件目)での農作業研修
[10日目]    面談、解散
(5)その他  事前研修終了後、面談・選考を経て本研修(6ヶ月程度、平成28年6月頃開始予定)に参加、又は、石川県内の農業法人に就業することも可能です。

4.募集人数
10名程度

5.参加費
無料
※ただし、JR金沢駅又は能登空港までの往復交通費は参加者の自己負担となります。
※研修中の宿泊、食事、移動に要する経費は当機構で負担します。

6.申込方法
(1)研修参加申込書をFAX又は郵送により、(公財)いしかわ農業総合支援機構まで 送付して下さい。
募集チラシ   研修参加申込書

7.募集締切
平成28年2月19日(金)

8.研修生の決定
書類審査、面談を行った上で、2月下旬に研修生と受入農家を決定します。
※面談の際には履歴書をご準備ください。

9.問合せ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:金曽、岡部
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
Tel 076-225-7621 Fax 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月21日

平成28年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について (2次募集)

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

 2 募集対象・目的
県内で就農を希望する方で入塾時(平成28年4月1日時点)に59歳未満の方(但し、予科は64歳未満まで)  

区 分 対象および目的 募集人員
予 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します。 20名程度
本 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します。 10名程度
専 科 自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者)を対象に、研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します。 若干名

  ※研修の詳しい内容や日程については、下記の「募集要項」を参考にして下さい。
※本科生および専科生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。(詳しくは当機構の担当者までお問合せ下さい。)

3 申込手続
(1)申込書類:①入塾申込書(写真を添付したもの)
        ②作文(題:「私が目指す農業経営」 800字以内)
(2)申込期限:平成28年1月22日(金)必着
(3)申込方法:下記まで郵送またはお持ち下さい。
(4)申込先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 (いしかわ耕稼塾 担当:金曽、小林、金森)
       〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F

募集要項(PDF) 募集チラシ(PDF).pdf

申込書類(PDF版) 申込書類(WORD版)

4 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成28年1月下旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成28年2月上旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

5 お問い合わせ先
不明な点などは、(公財)いしかわ農業総合支援機構へお問合せ下さい。
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構(いしかわ耕稼塾 担当:金曽、小林、金森)
TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
HP:http://www.inz.or.jp/  E-mail:info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月19日

農地中間管理事業にかかる借受希望者の公表について

(公財)いしかわ農業総合支援機構では、農地中間管理事業にかかる借受希望者の募集を実施しました。

応募者の詳細については、農地の借受を希望する方(受け手)へ内の借受希望一覧をご覧ください。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月11日

いしかわ耕稼塾「コマツのノウハウを活用した課題発見研修」研修生募集について

1.目 的

近年、農業法人の経営規模の拡大が進む中、客観的な分析に基づき経営目標を立て、実現するための経営体制の構築が必要とされています。
こうした中、製造業では従来から、経営目標の達成に向け、現状把握のためのデータ収集、問題点の把握、対策立案等のノウハウが蓄積されています。
本研修では、コマツから講師を招き、農業者がこれらのノウハウを習得することで、経営の効率化等につながる課題発見力の向上を目指します。

2.開催日  【第1回】平成27年12月18日(金)13:00~17:00
       【第2回】平成28年 1月25日(月)13:00~17:00

3.会 場  石川県地場産業振興センター(金沢市鞍月2丁目20番地)
       【第1回】新館5階 第13研修室
       【第2階】本館2階 第2会議室

4.対象者  農業法人等の代表者・従業員
       ※2回の研修のいずれも参加できる方

5.内 容  【第1回:講義】
        ・現状把握、問題点の把握、対策立案の進め方
        ・データの取扱い方法
       【第2回:ワークショップ】
        ・各自社内の課題発見の演習、発表

        ※研修生の課題発見の一例
         のとてまりの規格外の発生原因(サイズが小さい、変形等)別に発生割合をデータ化し、発生割合の多い
         原因について優先的に根本原因を検討

6.講 師  コマツ コマツウェイ総合研修センター講師

7.定 員  12名程度

8.受講料  無料

9.締 切  11月20日(金)必着

10.お問い合わせ、お申込み先

 (公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:加藤、北間、横山
 〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
 TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
 URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

コマツ課題発見研修参加申込書

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月11日

いしかわ耕稼塾「第2回 特別講座~市場ニーズに応える農産物生産~」参加者募集!

金沢市中央卸売市場と連携し、市場動向や需要者のニーズに応える農産物生産を推進するため「特別講座」を開催いたします。
講師は、金沢市中央卸売市場の第一線で活躍している流通のプロが務め、実需者が求める野菜や品種など最新のニーズについて伝授してもらいます。
今回は、市場の見学と篤農家の米林利榮氏のほ場視察を行います。興味がある方は、是非、ご参加下さい。

(1)日 時  平成27年12月2日(水)5:30~10:00

(2)研修先  ・丸果石川中央青果株式会社 市場見学・春野菜市場ニーズ

        ・久米農園 米林 利榮氏 秋冬野菜ほ場視察

(3)受講料  500円(朝食代 当日徴収)

(4)対 象  いしかわ耕稼塾専科・本科・予科生、いしかわ耕稼塾修了生等

(5)定 員  40名

(6)集合場所・時間  石川県地場産業振興センター西高グラウンド横駐車場 5:15出発

            (研修は、バスでの移動になります)

(7)参加申込 申込書に必要事項をご記入の上、11月24日(火)までに、機構へ提出願います。


開催要領   申込書   日程表   集合場所

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月15日

「地産地消受注懇談会2015秋」の来場者募集について

石川県と(公財)いしかわ農業総合支援機構では、地産地消に関心の高い県内の商工業者と農林漁業者にマッチングの場を提供する「地産地消受注懇談会2015秋」を開催します。
今回も、県内の農林漁業者など約50団体がブース出店する予定で、また、野菜ソムリエによる旬の野菜を使った料理の試食提供もございます。
ぜひご来場ください。

・日 時:平成27年11月17日(火) 12:30~16:00

・会 場:石川県地場産業振興センター 本館1F 大ホール

・対象者:石川県内の商工業者ほか(食品製造・販売・飲食業者等)

なお、募集概要と申込については、下記のチラシ兼申込書をダウンロードください。

 

チラシ兼申込書

 

お問い合わせ、お申込み先
(公財)いしかわ農業総合支援機構
「地産地消受注懇談会」担当:素都(そつ)、林
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月 9日

平成28年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

 2 募集対象・目的
県内で就農を希望する方で入塾時(平成28年4月1日時点)に59歳未満の方(但し、予科は64歳未満まで)  

区 分 対象および目的 募集人員
予 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します。 40人程度
本 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します。 16人程度
専 科 自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者)を対象に、研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します。 8人程度

  ※研修の詳しい内容や日程については、下記の「募集要項」を参考にして下さい。
※本科生および専科生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。(詳しくは当機構の担当者までお問合せ下さい。)

3 申込手続
(1)申込書類:①入塾申込書(写真を添付したもの)
        ②作文(題:「私が目指す農業経営」 800字以内)
(2)申込期限:平成27年12月1日(火)必着
(3)申込方法:下記まで郵送またはお持ち下さい。
(4)申込先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 (いしかわ耕稼塾 担当:金曽、小林、金森)
       〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F

・募集要項(PDF)
・申込書類(PDF版)
・申込書類(WORD版)

4 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成27年12月上旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成27年12月中旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

5 お問い合わせ先
不明な点などは、(公財)いしかわ農業総合支援機構へお問合せ下さい。
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構(いしかわ耕稼塾 担当:金曽、小林、金森)
TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
HP:http://www.inz.or.jp/  E-mail:info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月 7日

「商品紹介シート」について(「地産地消受注懇談会2015秋」の出展者向け)

11月17日(火)開催の「地産地消受注懇談会2015秋」の出展者向けに「商品紹介シート」様式を掲載いたします。
必要に応じて下記のシートをダウンロードしてご使用ください。

「商品紹介シート」(Excel)
「商品紹介シート作成のてびき」(Excel)

お問い合わせ、お申込み先
(公財)いしかわ農業総合支援機構
「地産地消受注懇談会」担当:素都(そつ)、林
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月 6日

いしかわ耕稼塾「特別講座~市場ニーズに応える農産物生産~」参加者募集!

金沢市中央卸売市場と連携し、市場動向や需要者のニーズに応える農産物生産を推進するため「特別講座」を開催いたします。
講師は、金沢市中央卸売市場の第一線で活躍している流通のプロが務め、実需者が求める野菜や品種など最新のニーズについて伝授してもらいます。
市場への出荷に興味がある方は、是非、ご参加下さい。

(1)日 時  平成27年10月14日(水)13:30~15:30

(2)会 場  農林総合研究センター 1階 第1、2会議室(住所:金沢市才田町戊295-1)
       
(3)講 座  テーマ:「地場野菜に期待すること」

        講 師:丸果石川中央青果株式会社 営業開発部 部長 山本智氏

(4)受講料  無料

(5)対 象  いしかわ耕稼塾専科・本科・予科生、いしかわ耕稼塾修了生等

(6)参加申込 申込書に必要事項をご記入の上、10月9日(金)までに、機構へ提出願います。


※詳細は開催要領をご覧下さい。

開催要領   申込書

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年9月17日

首都圏の有名シェフに会える「石川の農業が主役2015」参加者募集!

首都圏で食材にこだわった料理を提供している料理人との意見交換会を開催します。
レストラン「ジャン・シュルピス」料理長を始め、「ザ・ペニンシュラ東京」荒木料理長、「ジュエルロブション」渡辺料理長、「銀座レカン」高良料理長といった有名店のシェフが勢揃いします。
この機会を利用し、首都圏への販路開拓を目指してみてはいかがでしょうか?

・日時:10月5日(土)11:00~14:00

・会場:プレミナンス(金沢市北安江4-8-31)

・内容:話題提供「フランスの農業とレストランの関わり方」 料理長 ジャン・シュルピス

    意見交換「生産者のこだわりとシェフの求める食材」 シェフ3名と生産者4名

・注意:送迎バスをご利用下さい。お車は指定駐車場(別添の車線部分)に止めて下さい。

・申込:9月30日(水)清水まで



※詳細は開催要領をご覧下さい。

農業が主役開催要領   駐車場位置

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年9月15日

石川県が育てた梨の新品種 名称募集!

石川県農林総合研究センターにおいて、梨の新品種が生まれました。

16年の歳月をかけて大切に育てられた梨にステキな名前を付けませんか?

現在、名称を募集しています。

皆さま、奮ってご応募下さい!

 

【梨新品種名称募集ページ】

http://www.pref.ishikawa.lg.jp/nousan/nashi/meisyoubosyuu.html           

 

応募締切 平成27年10月31日(土)

 

RIMG0144.JPG

 

n1.jpg

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年9月11日

「地産地消受注懇談会2015秋」の出展者募集について

今般、県及びいしかわ農業総合支援機構では、地産地消に関心の高い県内の商工業者と県内の農林漁業者が直接懇談する場を提供する「地産地消受注懇談会2015秋」を開催することとしており、その出展者を下記のとおり募集します。北陸新幹線の開業後、県産食材はこれまで以上に求められています。この機会にぜひご出展ください。 

1 募集概要
(1)募集対象  石川県内の農林漁業者、生産者グループ、農業生産法人
         県産食材を活用した加工品を製造・販売している加工業者など
(2)募集内容及び規模  出展ブース数 50名・団体程度
(3)出展料    無料
(4)募集締切  平成27年10月2日(金)
 
2 応募方法
    チラシ兼出展申込書に必要事項を記入の上、郵送またはファックスで応募ください。
         (応募先) 公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
           TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
       
「チラシ兼申込用紙」
 
 「地産地消受注懇談会2015秋」概要
(1)日時  平成27年11月17日(火) 12:30~16:00
(2)場所  石川県地場産業振興センター 本館1階 大ホール
(3)主催  石川県、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構(INATO)
(4)共催  公益財団法人石川県産業創出支援機構(ISICO)
(5)内容  ①出展者による農林水産物及びその加工品の展示・紹介
       ②参加者による情報交換、懇談及び個別商談
            ③商品評価・相談コーナーにおける加工等の専門家による相談受付
          ・商品改良、パッケージ等について専門家からアドバイスを受けたい事業者を対象とします。
          ・土産物の新商品開発の相談もお受けします。
          ・専門家には6次産業化プランナーを予定しています。
          ・あらかじめ相談予約された方を優先します。
 
◎お問い合わせ、お申込み先

 (公財)いしかわ農業総合支援機構
「地産地消受注懇談会」担当:素都(そつ)、林
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年9月10日

「FCP展示会・商談会シート作成研修会」 参加者募集

 「商品を売りたい」そんな思いは誰しも持つもの。そのためには、商品を買いたいと思わせる事ができる資料として、「FCP展示会・商談会シート」を用意することが重要になってきます。
 そこで、商談等の際に活用される「FCP展示会・商談会シート」の作成研修会を開催します。このシートは、首都圏等で開催される展示会や商談会でも多く採用されております。県内でも「地産地消受注懇談会」や「いしかわ百万石マルシェ」、「県産食材の加工品評価会」のエントリーシートに採用されております。
 今回は、希望された方(先着12名)には、個別指導を実施いたしますので、この機会を利用し、バイヤー等の目を惹く魅力的なシートを完成させて下さい。
 参加を希望される方は、チラシを一読の上、FAXまたはメールにて10月2日(金)までに、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構へお申込み下さい。

【チラシ】FCP展示会・商談会シート作成研修会


○問い合わせ先
いしかわ食のモデル地域育成協議会(事務局:(公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:清水、林)
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年9月 7日

いしかわの農業法人見学会の参加者募集について(10月10日、10月17日)

【石川県の農業法人を知るチャンス!!】
 農業法人で働くことの魅力を感じてもらうため、いしかわの農業法人見学会を開催します。
 今回の見学会では、〈加賀コース〉、〈能登コース〉の2コース開催し、各訪問企業の現場において企業説明を受けるだけでなく、実際に参加者に農作業等を体験していただくプログラムとなっております。
 農業法人への就職や石川県農業に関心のある方は、是非、この機会にご参加ください。

1 開催概要
 《加賀コース》
  (1)開催日時 平成27年10月10日(土) 10:00~16:30
  (2)集合   9時45分 金沢駅西口団体バス乗り場
  (3)訪問先  (有)かわに、(株)六星、(有)三共農園

 《能登コース》
  (1)開催日時 平成27年10月17日(土) 9:30~17:00
  (2)集合   9時15分 金沢駅西口団体バス乗り場
  (3)訪問先  (有)グリーンアース杉浦、(株)OkuruSky、能登ワイン(株)

2 申込について
  (1)募集定員 各コース15名程度
  (2)応募資格 農業経験は問いませんが農業に関心のある方(概ね40歳未満)
  (3)応募締切 平成27年10月2日(金)
  (4)申込方法 下記の参加申込書を記入の上、FAXまたはメールにて提出

  ・案内チラシ(加賀)   ・案内チラシ(能登)   ・参加申込書(WORD)   参加申込書(PDF)

3 お問合せ・お申込み先
 (公財)いしかわ農業総合支援機構 耕稼塾・新規就農支援グループ
                        担当:金曽(かねそ)、岡部(おかべ)
  TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622 E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年8月21日

いしかわ耕稼塾「6次産業化研修・初級コース」研修生の募集について

1 趣 旨

 昨今、農林水産業者の加工・販売分野への進出や商工業者との連携など、いわゆる農林水産業の6次産業化が注目されていますが、継続した取り組みを実現するためには、農林水産業者自らが流通・販売や取引等に関する知識やリスク等を理解しておく必要があります。
 この度、当機構では、昨年度に引き続き、農業経験が比較的浅い農業者等を対象として、流通・販売やマーケティング等に関する基礎知識や取組事例等について、座学や現地視察により体系的に学ぶ研修を行うこととし、その研修生を募集します。

2 募集対象及び募集人数

  6次産業化に関心のある農業者(新規就農者を含む)
   県、市町、JA等関係機関・団体の指導者
     募集人数:20人程度(募集が多い場合は、抽選となります)

3 研修の概要(別添カリキュラム(案)を参照)

研修期間

平成27年10月 ~ 平成27年11月(計4回)

研修内容
(予定)
○講義:6次産業化の意義、流通・販売の現状と課題、マーケティングの必要性 ほか
○視察:6次産業化事例、流通・販売事例 ほか
研修場所 石川県農林総合研究センター ほか 

カリキュラム(案)

4 受講料

     無料 (ただし、事例視察等で参加費が必要となる場合があります。)

5 申込手続き

    (1) 申込書類: 研修参加申込書    ※様式は当機構HPからダウンロードできます。

    (2) 申込期間:平成27年8月21日(金)~9月17日(木)まで

    (3) 申込方法:郵送、FAX、E-mailにより事務局まで提出願います。

    (4) 事 務 局:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:平谷、北間、松本
            920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
            TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
            URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

6 受講者の決定

  9月下旬までに受講者を決定し、カリキュラムの詳細とともに通知します。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年8月 3日

農地中間管理事業にかかる借受希望者の募集について

(公財)いしかわ農業総合支援機構では、農地中間管理事業にかかる借受希望者の募集を開始しました。 農用地等の借受を希望する方は、農用地等借受申出書に必要事項を記載の上、該当の市町に提出願います。

応募締切:平成27年9月1日(火)

詳細については、以下の貸付事務取扱要領をご覧ください。また、不明な点については、市町またはJAの担当窓口にお問い合わせください。

 

貸付事務取扱要領(PDF)

募集様式(Excel) 

募集様式(PDF)

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年7月31日

中部ふるさと名物創出支援プロジェクトの募集開始

 中部経済産業局の補助事業として株式会社中日アド企画が実施する「中部ふるさと名物創出支援プロジェクト」がスタートしました。

 このプロジェクトは、石川県を含む中部5県の魅力的な「ふるさと名物」となる、「食」、「ものづくり(伝統工芸品を含む)」の2分野の商品を製造、販売する事業者(各県10事業者)が募集し、専門家による商品のブラッシュアップ、首都圏での試験販売、展示会への合同出展など通じて、販路開拓を支援するものです。

 各県、各分野の意欲ある事業者と接する機会にもなりますので、関心がある、支援を受けたい方は、下記のサイトをご覧になり各自でご応募ください。申込締め切り 8月7日(金)

 http://www.chubu-furusato.jp

 

<プロジェクトに関するお問い合わせ先>

中部ふるさと名物創出支援プロジェクト

運営事務局(株式会社中日アド企画)  担当:嶋貫、長谷川

460-0001愛知県名古屋市中区三の丸1--2 中日新聞社北館5階

TEL052-239-1226FAX052-239-1227

 

<農林水産物の6次産業化に関する相談・お問い合わせ先>

(公財)いしかわ農業総合支援機構
販路開拓・6次産業化支援グループ  担当:林、横山、山﨑

TEL076-225-7621E-mailinfo@inz.or.jp

 

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年7月15日

「地産地消受注懇談会2015夏」の来場者募集について

石川県と(公財)いしかわ農業総合支援機構では、地産地消に関心の高い県内の商工業者と農林漁業者にマッチングの場を提供する「地産地消受注懇談会2015夏」を開催します。
今回は、県内の農林漁業者など約50団体がブース出店する予定で、シェフによる県産夏野菜を使った料理の試食提供もございます。
ぜひご来場ください。

・日 時:平成27年7月28日(火) 12:30~16:00

・会 場:石川県地場産業振興センター 本館 大ホール

・対象者:石川県内の商工業者ほか(食品製造・販売・飲食業者等)

なお、募集概要と申込については、下記のチラシ兼申込書をダウンロードください。

 

チラシ兼申込書

 

お問い合わせ、お申込み先
(公財)いしかわ農業総合支援機構
「地産地消受注懇談会」担当:素都(そつ)、林
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年7月 7日

「商品紹介シート」について(「地産地消受注懇談会2015夏」の出展者向け)

7月28日(火)開催の「地産地消受注懇談会2015夏」の出展者向けに「商品紹介シート」様式を掲載いたします。
必要に応じて下記のシートをダウンロードしてご使用ください。

「商品紹介シート」(Excel)
「商品紹介シート作成のてびき」(Excel)

お問い合わせ、お申込み先
(公財)いしかわ農業総合支援機構
「地産地消受注懇談会」担当:素都(そつ)、林
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年7月 6日

「地産地消受注懇談会2015夏」の出展者募集について(開始時間の変更あり)

今般、県及びいしかわ農業総合支援機構では、地産地消に関心の高い県内の商工業者と県内の農林漁業者が直接懇談する場を提供する「地産地消受注懇談会2015夏」を開催することとしており、その出展者を下記のとおり募集します。北陸新幹線の開業後、県産食材はこれまで以上に求められています。この機会にぜひご出展ください。 

1 募集概要
(1)募集対象  石川県内の農林漁業者、生産者グループ、農業生産法人
         県産食材を活用した加工品を製造・販売している加工業者など
(2)募集内容及び規模  出展ブース数 50名・団体程度
(3)出展料    無料
(4)募集締切  平成27年6月26日(金)
 
2 応募方法
    チラシ兼出展申込書に必要事項を記入の上、郵送またはファックスで応募ください。
         (応募先) 公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
           TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
       
「チラシ兼申込用紙」
 
 「地産地消受注懇談会2015夏」概要
(1)日時  平成27年7月28日(火) 12:30~16:00
(2)場所  石川県地場産業振興センター 本館1階 大ホール
(3)主催  石川県、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
(4)共催  公益財団法人石川県産業創出支援機構(ISICO)
(5)内容  ①出展者による農林水産物及びその加工品の展示・紹介
       ②参加者による情報交換、懇談及び個別商談
            ③商品評価・相談コーナーにおける加工等の専門家による相談受付
          ・商品改良、パッケージ等について専門家からアドバイスを受けたい事業者を対象とします。
          ・土産物の新商品開発の相談もお受けします。
          ・専門家には6次産業化プランナーを予定しています。
          ・あらかじめ相談予約された方を優先します。
 
◎お問い合わせ、お申込み先

 (公財)いしかわ農業総合支援機構
「地産地消受注懇談会」担当:素都(そつ)、林
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年6月25日

農業インターンシップ 研修生の募集について(平成27年7月から開催)

1.趣 旨
都市生活者の石川県奥能登地域での就農・定住に向けたきっかけづくりとして、奥能登地域での短期の農作業研修(事前研修)を体験したい方を募集します。事前研修終了後は、手当を受けながら研修が出来る6ヶ月間本研修への切り替えや、現地での就農・移住をサポートします!

2.対象者  主に石川県外居住の方で、石川県での新規就農を志向する方

3.研修概要
◆◆◆[STEP1]事前研修◆◆◆
日程:2015年7月7日(火)~16日(木)(7~10日間)※事業体によって異なります
内容:受け入れ先農家での短期の農作業体験や、視察研修を行います
※事前研修は本研修の導入という位置づけです。
応募締切:2015年6月26日(金) ※締切後も随時受付

 ◆◆◆[STEP2]本研修◆◆◆
日程:2015年7月30日(木)~12月中旬(6ヶ月程度)
内容:受け入れ先農家での農作業や、視察研修、座学での勉強会などを行います
手当:最大で140,000円/月の研修手当の支給を受けながら、奥能登地域での暮らしと農業の仕事を体験することができます。
※本研修への参加には、事前研修への参加が前提となります。

4.募集人数
2名程度

5.参加費
◆事前研修
インターンにつき無給
[参加者負担]JR金沢駅または能登空港までの往復交通費
[主催者負担]現地での宿泊費(食事代含む)、現地での研修場所への移動費

  ◆本研修
  研修手当:月額140,000円(最大)
・研修中の宿泊、食事、移動に要する経費は自己負担です。
・住宅手配、修繕に係る経費などは市町負担です。

6.申込方法
(1)研修参加申込書をFAX又は郵送により、(公財)いしかわ農業総合支援機構まで送付して下さい。
募集チラシ   研修参加申込書

(2)農林漁業専門求人サイト「第一次産業ネット」内の募集ページからお申し込みください。

7.募集締切
平成27年6月26日(金) ※締切後も随時募集

8.研修生の決定
書類審査、面談を行った上で、7月下旬に研修生と受入農家を決定します。
※面談の際には履歴書をご準備ください。

9.問合せ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:金曽(かねそ)、岡部
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
Tel 076-225-7621 Fax 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年6月17日

いしかわ耕稼塾 『企画管理力向上セミナー』研修生募集

いしかわ耕稼塾 「企画管理力向上セミナー」の開催について
~魅力ある農業経営体を目指すための労務管理・人材育成~

1 趣旨
経営の多角化や規模拡大を目指す経営体にとって、雇用労働力は必要不可欠であります。しかし、多くの経営体は雇用経験が浅いため、雇用主として必要な人事・労務管理の知識や、人材育成にかかる手法の習得などが喫緊の課題となっております。
このため、「いしかわ耕稼塾」では、農業経営体の幹部及び管理者を目指す方を対象に、雇用をする上で必要となる保険制度や、年間雇用を目指した労務管理や就業規則、被雇用者のモチベーション向上方法などを学ぶ「企画管理力向上セミナー」を開催します。

2 募集対象・定員
    規模拡大・多角化等を目指す農業経営体の幹部又は管理者を目指す方
    定員:各会場とも15名程度

3 研修概要
(1)日時

   
金沢会場
(14~17時)
能登会場
(14~17時)
テーマ
第1回 7月29日(水) 7月30日(木) 被雇用者のモチベーション向上
(必要性、手法、コミュニケーションの取り方など)
第2回 8月 5日(水) 8月 6日(木)
第3回 1月13日(水) 1月14日(木) 人事・労務管理の実際
(役割と原則、法規、就業規則、トラブル事例など)
第4回 1月20日(水) 1月21日(木)
第5回 1月27日(水) 1月28日(木)
第6回 2月 3日(水) 2月 4日(木)
特別セミナー 2月10日(水)14時~17時経営者・指導者向け接遇マナー
(指導するにあたって大切なこと)

 

(2)場所

      
金沢会場 能登会場
第1~2回 (株)石川県IT総合人材育成センター2階
 セミナー室C
(金沢市鞍月2丁目1番地)    
奥能登農林総合事務所3階
農林会議室
(輪島市三井町洲衛10部11番1)
第3~6回(株)石川県IT総合人材育成センター2階
 セミナー室B
(金沢市鞍月2丁目1番地)
特別セミナー地場産業振興センター内を予定(決定次第連絡します)

 

(3)講師

                           
会場 講師
第1~2回金沢・能登 (株)人材情報センター 奥野 肇 氏
第3~6回金沢吉田社会保険労務士事務所 吉田 純一 氏
能登※調整中
特別セミナー金沢・能登(合同)オフィスワン 中川 真由美 氏

4 受講料 無料

5 申込手続き
(1)提出書類:別紙の参加申込書のとおり(様式は当機構HPからダウンロードできます)

申込書(PDF)   申込書(WORD)

(2)締め切り:平成27年7月21日(火)まで(定員に達し次第、締め切ります)

(3)提出方法:郵送、FAX、E-mailにより事務局まで提出願います。

(4)事務局:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:廣田、岡部
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年6月10日

研修ファシリテート業務委託事業者の募集について 募集終了

 (公財)いしかわ農業総合支援機構では、新規就農・経営継承総合支援事業のうち技術習得支援事業(地域中核教育機関)の実施に際し、研修コーディネート業務の委託事業者を募集します。
 詳細については公募要領をご参照ください。

 応募締切:平成27年6月15日(月)17時必着

 公募要領(PDF)

 応募申請書様式(WORD)


問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:小林
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年6月 2日

平成27年度いしかわ耕稼塾「農業即応技術研修」研修生の募集について

<趣旨>
近年、新規就農者数は増加傾向にあるものの、非農家出身が約9割を占めており、農業に関する基礎的な知識や技術の習得機会を経ずに就農し、営農定着に苦慮する場合が見受けられる。
このため、就農後5年程度までの経験の浅い者を対象に、生産現場で直面する課題に適切に対応できる技術の習得を目的とした研修を実施し、即応能力を高めることにより、農業の担い手の育成・定着を促進する。

<受講対象>
農業教育を受けていない就農後5年以内の農業経験の浅い者
(農業法人・参入企業の栽培担当者、農家子弟も含む)

<研修の概要>

        
目的

各農場・農園で問題となっている生育不良や病害虫等に対応できる農業者の育成を目指す

   
募集人員

金沢会場、能登会場   各10名程度

研修期間    

平成27年6月~12月 全30コマ(予定)
※1コマ3時間単位
(午前9:00~12:00、午後13:00~16:00)
※各回、2コマ(9~16時)を基本に実施

   
研修日    

2~3日/月の講義・実習

   
研修内容

【共通講座】
病害虫防除の基礎、土壌・肥料の基礎、農業機械の安全操作やメンテナンス、
農業簿記(経営分析含む)、県外先進経営体視察 等

<選択講座> 最低1科目を受講
①水稲栽培の基礎(実習:穂肥・刈取診断など)
②野菜栽培の基礎(実習:生育診断・試験栽培など)
③果樹栽培の基礎(実習:収穫・剪定など)
※能登会場は「野菜栽培の基礎」のみ実施

◆上記の講義・実習の他、研修生の栽培作物の持込やほ場巡回等を実施予定

研修場所

(金沢会場)石川県農林総合研究センター、河北潟農業研修館など
(能登会場)石川県農林総合研究センター、(同左)能登駐在など

その他 教材等の実費を徴収することがある

  ※日程などの詳細は別紙カリキュラム参照 

「農業即応技術研修」カリキュラム(案)【金沢会場】

「農業即応技術研修」カリキュラム(案)【能登会場】

<申込み手続き>
(1)申込書類 : 農業即応技術研修申込書
(2)募集期間 : 平成27年6月1日(月)~6月24日(水)
(3)申込方法 : 郵送又はFAX、メールにて受講申込書を下記までご提出下さい。
(4)事務局 : (公財)いしかわ農業総合支援機構 担当 金森、金曽
〒920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年5月27日

平成27年度日本の食魅力再発見・利用促進事業のうち食のモデル地域育成事業に係る事業委託者の募集について

 いしかわ食のモデル地域育成協議会(事務局:(公財)いしかわ農業総合支援機構)では、平成27年度日本の食魅力再発見・利用促進事業のうち食のモデル地域育成事業の実施に際し、業務を行う事業者を選定するため企画提案を募集します。詳細については、公募要領をご覧ください。

○応募期間 平成27年5月27日(水)~平成27年6月16日(火)17時必着

公募要領(PDF)

企画提案書(WORD)

業務結果報告書(WORD)

業務委託仕様書(WORD)


○問い合わせ先
いしかわ食のモデル地域育成協議会(事務局:(公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:清水、林)
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年5月22日

平成27年度「地域農業支援人づくり事業」研修受入農業経営体の二次採択結果について

 地域農業支援人づくり事業の2次採択結果をお知らせします。


地域農業支援人づくり事業

採択経営体一覧(PDF)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年5月14日

平成27年いしかわ耕稼塾6次産業化研修・トライアルコース開催要領

 1 趣 旨
昨今、1次産業としての農業から2次、3次産業への事業拡大が注目されている。
そこで、農産物加工品開発におけるマーケティングや商品コンセプト等の6次産業化における基本知識を習得し、専門家等の評価や需要者のニーズを踏まえた商品開発及び改良を行い、6次産業化を実践できる農業者等を育成するとともに、アンテナショップなど首都圏で販売できる加工品ラインアップの充実を図る。

2 対象者
所有する農産物加工品(既存商品)を改良したいと考えている、または新たな加工品を開発し、アンテナショップなど首都圏で販売したいと考えている、農業者、農業法人等従業員、JA職員等10名程度

3 研修の概要(別添カリキュラム参照)

研修期間 平成27年6月下旬~平成28年3月中旬
研修日 全10回程度(13:00~17:00)
研修内容(予定)

商品づくりのノウハウを学び、既存商品の改良・試作・販売まで行う
「農産物加工品づくりの実践的な研修カリキュラム」

○講義:マーケティング・商品戦略・衛生管理・食品表示について
○演習:市場調査、商品の分析手法について
○演習:既存商品の改良または商品開発
     (※専門家派遣の利用可、改良費は実費負担)
○調査:専門家による商品の評価
○実践:改良品の店頭販売(モニター調査)
     売店舗 カジマートエムザ店(金沢市)
     いしかわ百万石物語・江戸本店(東京都)

研修場所 i-BIRD ほか

  トライアル研修カリキュラム(案)  研修チラシ 

4 留意事項
 1)商品の改良費は、受講者の実費負担となります。
 2)現在、既存商品のない方も、研修で自社商品の開発に取り組んで頂きたいので、研修参加申込書の「新たに作りたい農産物加工品」欄に、構想案をご記入下さい。

5 申込手続き
  研修参加申込書を平成27年6月15日(月)までに、郵送、FAX、E-mailにより担当(林、山﨑)まで、提出願います。  

  開催要領申込書(WORD)

6 問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:林、山﨑
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年5月11日

平成27年度地域農業支援人づくり事業研修受入農業経営体の二次募集について 募集締切

【対象】
農業への就業に意欲のある未就職卒業者・求職者等を雇用し、求職者が働きながら農業に必要な技術・知識を習得できる研修を行う受入経営体に対して人件費と研修費を助成します。

【募集内容及び募集件数】
内容:研修生の農業技術・経営管理手法の円滑な習得のため、OJT及びOFF-JT研修を組み合わせて指導実施
募集件数:10件程度

【研修期間】
平成27年6月~平成28年3月

【主な応募要件】
1 対象者
認定農業者、農業参入企業等の農業を営む経営体又は農業協同組合
2 雇用契約の締結
新規雇用研修者と10ヶ月以内(平成28年3月31日まで)の雇用契約を締結すること
(雇用保険、労働者災害補償保険への加入が必須)
3 その他
農業従事経験原則5年以上の研修責任者(経営者本人を含む)を配置すること

【支援内容】
新規雇用研修者の人件費:月額153,000 円(上限額、雇用保険料・労災保険料含む)
※研修にかかる経費も別途支給します。

【募集期間】
平成27年5月11日(月)~5月20日(水)17:00まで(必着)

【応募方法】
申請書類をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、持参もしくは郵送にて(公財)いしかわ農業総合支援機構に1部提出して下さい。
※応募後、(公財)いしかわ農業総合支援機構で採択の選考をいたします。
※採択内定後、公共職業安定所(ハローワーク)に求人申込を行って下さい。

公募要領(PDF)

【提出書類】応募申請書兼実施画書(様式1号)(WORD)

【提出書類】研修計画書(様式2号)(WORD)

【提出書類】応募申請書兼実施画書(様式1号)(PDF)

【提出書類】研修計画書(様式2号)(PDF)

【記入例】応募申請書兼実施画書(様式1号)
【記入例】研修計画書(様式2号)

 

【お問い合せ・応募先】
(公財)いしかわ農業総合支援機構
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
ホームページアドレス URL http://www.inz.or.jp/ Eメールアドレス info@inz.or.jp
受付時間:9:00~17:00(月~金)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年5月11日

平成27年度県産食材販路開拓推進事業に係る業務委託事業者の募集について

 (公財)いしかわ農業総合支援機構では、県産食材販路開拓推進事業の実施に際し、業務を行う事業者を選定するため企画提案を募集します。詳細については、公募要領をご覧ください。


○応募期間 平成27年5月11日(月)~平成27年5月28日(木)17時必着

公募要領(PDF)

企画提案書(WORD)

業務結果報告書(WORD)

業務委託仕様書(WORD)

○問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:清水、林
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年5月 7日

農業インターンシップ 研修生の募集について(平成27年6月から開催)募集締切

1.趣 旨
都市生活者の石川県奥能登地域での就農・定住に向けたきっかけづくりとして、奥能登地域での短期の農作業研修(事前研修)を体験したい方を募集します。事前研修終了後は、手当を受けながら研修が出来る6ヶ月間本研修への切り替えや、現地での就農・移住をサポートします!。

2.対象者  主に石川県外居住の方で、石川県での新規就農を志向する方

3.研修概要
 ◆◆◆[STEP1]事前研修◆◆◆
 日程:2015年6月2日(火)~11日(木)(7~10日間)※事業体によって異なります
 内容:受け入れ先農家での短期の農作業体験や、視察研修を行います
    ※事前研修は本研修の導入という位置づけです。
 応募締切:2015年5月22日(金)

 ◆◆◆[STEP2]本研修◆◆◆
 日程:2015年6月25日(木)~12月中旬(6ヶ月程度)
 内容:受け入れ先農家での農作業や、視察研修、座学での勉強会などを行います
 手当:最大で140,000円/月の研修手当の支給を受けながら、奥能登地域での暮らしと農業の仕事を体験することができます。
    ※本研修への参加には、事前研修への参加が前提となります。

4.募集人数
 4名程度

5.参加費
 ◆事前研修
  インターンにつき無給
  [参加者負担]JR金沢駅または能登空港までの往復交通費
  [主催者負担]現地での宿泊費(食事代含む)、現地での研修場所への移動費

  ◆本研修
    研修手当:月額140,000円(最大)
  ・研修中の宿泊、食事、移動に要する経費は自己負担です。
  ・住宅手配、修繕に係る経費などは市町負担です。

6.申込方法
(1)研修参加申込書をFAX又は郵送により、(公財)いしかわ農業総合支援機構まで送付して下さい。
  募集チラシ  研修参加申込書

(2)農林漁業専門求人サイト「第一次産業ネット」内の募集ページからお申し込みください。

7.募集締切
 平成27年5月22日(金) (定員に達し次第募集終了)

8.研修生の決定
 書類審査、面談を行った上で、5月下旬に研修生と受入農家を決定します。
 ※面談の際には履歴書をご準備ください。

9.問合せ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:金曽(かねそ)、岡部
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
Tel 076-225-7621 Fax 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年4月24日

ためしてナットク!いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』 募集中

ためしてナットク!
いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』受講者募集について
~農業入門 楽しくおいしく農業を学ぼう!~

1 趣旨
「いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など、様々なカリキュラムを実施しています。
平成23年度より開講した「駅前アカデミー」は、農業に興味や関心があるものの気軽に学ぶ機会のない方や、日中は働いているため時間が取れない方などを対象に、平日の夜に駅前で行う農業入門講座です。本年度も以下のとおり開講しますので、受講生を募集します。

2 参加者
農業に興味や関心があり、知識や情報を得たい方
日中は働いているが農業を学ぶ機会がほしい方 など
定員:各講座50名

3 内容

  開催日 講座名 講師
第1回 6/3(水) いしかわの郷土食 新澤 祥恵(北陸学院大学短期大学部教授)
第2回 6/10(水) 野菜を育てよう! 小田桐 悌二(元いしかわ耕稼塾講師)
第3回 6/17(水) 身近にみられる昆虫たち 富沢 章(石川むしの会会長)
第4回 6/24(水) 農業の基本は土づくり 塩口 直樹((株)JAアグリライン石川 技術顧問)
第5回 7/1(水) 品種改良のふしぎ 村濱 稔(石川県農林総合研究センター 専門研究員)
第6回 7/8(水) 野菜をおいしく食べよう! つぐま たかこ(野菜ソムリエ)


※講義には、簡単な実習や実験などを取り入れることにより、講義内容を十分納得して学んでいただきます。

 

4 時間 午後7時~午後8時30分(1時間30分)
         (※初回と最終回はオリエンテーションのため午後9時頃まで)

5 会場 石川県女性センター2階 大会議室  (金沢市三社町1-44) 
         (※最終回のみ、会場は同センター4階コンベンション室にて開催)
     

6 受講料 無料

7 主催 石川県、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構

8 申込方法等
(1)申込方法
        駅前アカデミー申込書
受講申込書を提出。6回全ての講座を受講する方を優先しますが、6回の講座の中から好みの講座を選択しての受講も可能です。

 (2)募集期間 平成27年4月24日(金)~5月27日(水)

 (3)申込み・問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:廣田、岡部
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F
 TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
E-mail:info@inz.or.jp URL:http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年4月20日

いしかわの農業学ぼうコース~8日間コース~募集終了

 

1 趣旨

  いしかわ農業人材機構では、農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼうコース」を開催しております。
今回は、土づくり・育苗管理・施肥・防除等、野菜栽培の基礎技術について、8日間の講義と実習で学んでいただく「いしかわの農業学ぼう8日間コース」を開講するにあたり、参加者の募集を行います。

2 募集対象者及び定員

 農業の基礎的な知識と技術を取得し、本格的に野菜栽培に取り組もうと考えている県民の方々  

 25組(1組につき2人まで)

※8回全てに参加できる方に限ります。
※これまで「学ぼう8日間コース」に参加された方はご遠慮下さい。
※農薬等を使用するので小さなお子様の参加はご遠慮下さい。
※応募者多数の場合は、予定より早く募集を締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要

(1)場所  河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
                   ※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。
(2)時間  9時30分~11時30分
(3)内容  土づくり、育苗、施肥、防除技術などの講義と実習
(4)日程

  開催日 研修内容
講義 実習
第1回 5月24日(日) 播種、定植について エダマメ定植、金時草定植・挿し木、コマツナ播種、サトイモ定植
第2回 6月14日(日) 野菜づくりについて① 夏野菜の現地講習
第3回 6月28日(日) 防除について コマツナ収穫、エダマメ・金時草除草
第4回

8月2日(日)

土づくり、施肥について エダマメ・金時草収穫
第5回 8月23日(日) 育苗管理について ハクサイ播種、定植準備
第6回 9月6日(日) 被覆資材について ホウレンソウ・ダイコン播種、ハクサイ定植
第7回 10月18日(日) 野菜づくりについて② 秋冬野菜の現地講習、ホウレンソウ収穫、ハクサイ追肥など
第8回 11月22日(日) 堆肥づくりについて

ダイコン・ハクサイ・サトイモ収穫

※開催日・内容は、気象条件・生育状況等により変更となる場合があります。
※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。
※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。
 

4 参加料

    1組 2,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込み

  (1)申込方法
          いしかわ農業総合支援機構まで電話又はFAXで申込みください。
          電話番号 076-225-7621 FAX 076-225-7622
 

    8日間コースちらし   8日間コース申込書

   ※郵便番号、住所、氏名、年齢、連絡先をお知らせください。
 

     (2)申込み期間  4月20日(月)~5月14日(木)
 

お問い合せ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:金森(かなもり)、金曽(かねそ)、小林(こばやし)、
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
Tel 076-225-7621  Fax 076-225-7622
Mail:info@inz.or.jp  URL:http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年4月20日

いしかわの農業学ぼうコース~夏期コース~募集終了

1 趣 旨

 農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼう夏期コース」を開催します。


2 募集対象者及び定員

 農業に関心を持ち、農業を理解しようとする県民の方々
50組(100名程度)
※3回の日程すべてに参加可能の方に限ります。    
※1人での参加、1組3人以上(ご家族など)でも参加可能です。
※応募者多数の場合は、予定より早く募集を締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要

 1)場所 河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。

2)時間 午前9時30分~11時30分

 3)内容 種まきや収穫などの農作業体験

 4)日程

1回目 5月24日(日) エダマメ定植、金時草定植・挿し木、コマツナ播種
2回目 6月28日(日) コマツナ収穫、エダマメ・金時草除草
3回目 8月 2日(日) エダマメ・金時草収穫

   ※開催日及び内容は、気象条件や生育状況等により変更となる場合があります。
※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で、作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。
※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。


4 参加費  1組 1,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込手続

 1)申込方法
いしかわ農業総合支援機構まで電話又はFAXでお申し込みください。

 電話番号 076-225-7621
FAX番号 076-225-7622

学ぼうコースちらし(PDF) 学ぼうコース申込用紙(PDF)

 2)申込期間  4月20日(月)~5月14日(木)


お問い合わせ先
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
担当 金森(かなもり)、金曽(かねそ)、小林(こばやし)、
〒920-8203  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622 
URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年3月20日

平成27年度地域農業支援人づくり事業研修受入農業経営体の採択結果について

 地域農業支援人づくり事業の採択結果をお知らせします。


地域農業支援人づくり事業

採択経営体一覧(PDF)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年3月 2日

平成27年度地域農業支援人づくり事業研修受入農業経営体の募集について 募集終了

【対象】
農業への就業に意欲のある未就職卒業者・求職者等を雇用し、求職者が働きながら農業に必要な技術・知識を習得できる研修を行う受入経営体に対して人件費と研修費を助成します。

【募集内容及び募集件数】
内容:研修生の農業技術・経営管理手法の円滑な習得のため、OJT及びOFF-JT研修を組み合わせて指導実施
募集件数:25件程度

【研修期間】
平成27年4月~平成28年3月

【主な応募要件】
1 対象者
認定農業者、農業参入企業等の農業を営む経営体又は農業協同組合
2 雇用契約の締結
新規雇用研修者と1年以内(平成28年3月31日まで)の雇用契約を締結すること
(雇用保険、労働者災害補償保険への加入が必須)
3 その他
農業従事経験原則5年以上の研修責任者(経営者本人を含む)を配置すること

【支援内容】
新規雇用研修者の人件費:月額153,000 円(上限額、雇用保険料・労災保険料含む)
※研修にかかる経費も別途支給します。

【募集期間】
平成27年3月2日(月)~3月13日(金)17:00まで(必着)

【応募方法】
申請書類をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、持参もしくは郵送にて(公財)いしかわ農業総合支援機構に1部提出して下さい。
※応募後、(公財)いしかわ農業総合支援機構で採択の選考をいたします。
※採択内定後、公共職業安定所(ハローワーク)に求人申込を行って下さい。

公募要領(PDF)

【提出書類】応募申請書兼実施画書(様式1号)(WORD)

【提出書類】研修計画書(様式2号)(WORD)

【提出書類】応募申請書兼実施画書(様式1号)(PDF)

【提出書類】研修計画書(様式2号)(PDF)

【記入例】応募申請書兼実施画書(様式1号)
【記入例】研修計画書(様式2号)

 

【お問い合せ・応募先】
(公財)いしかわ農業総合支援機構
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
ホームページアドレス URL http://www.inz.or.jp/ Eメールアドレス info@inz.or.jp
受付時間:9:00~17:00(月~金)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年2月17日

農業インターンシップ事前研修 研修生の募集について(平成27年3月開催) 募集終了

1.目 的
都市生活者の石川県奥能登地域での就農・定住に向けたきっかけづくりとして、奥能登地域での短期の農作業研修を体験したい方を募集します。

2.対象者  主に石川県外居住の方で、石川県での新規就農を志向する方

3.研修概要
(1)期 間  平成27年3月10日(火)~19日(木)
(2)場 所  奥能登地域(輪島市、珠洲市、穴水町、能登町)
(3)内 容  農家での農作業体験(水稲、野菜、果樹等)
(4)スケジュール(予定)
  [1日目]     オリエンテーション、農家との顔合わせ
  [2~4日目]   受入農家(1件目)での農作業研修
  [5日目]     地域視察・交流
  [6日目]     休み
  [7~9日目]   受入農家(2件目)での農作業研修
  [10日目]    面談、解散
(5)その他  事前研修終了後、面談・選考を経て本研修(6ヶ月程度、平成27年6月開始予定)に参加、又は、能登の農業法人に就業することも可能です。

4.募集人数
  10名程度

5.参加費
  無料
  ※ただし、JR金沢駅又は能登空港までの往復交通費は参加者の自己負担となります。
  ※研修中の宿泊、食事、移動に要する経費は当機構で負担します。

6.申込方法
(1)研修参加申込書をFAX又は郵送により、(公財)いしかわ農業総合支援機構まで 送付して下さい。
   募集チラシ   研修参加申込書
(2)農林漁業専門求人サイト「第一次産業ネット」内の募集ページからお申し込みください。

7.募集締切
  随時募集中(定員に達し次第募集終了)

8.研修生の決定
  書類審査、面談を行った上で、2月下旬に研修生と受入農家を決定します。
  ※面談の際には履歴書をご準備ください。

9.問合せ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:吉田、岡部
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
Tel 076-225-7621 Fax 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年2月 9日

平成26年度「地域農業人づくり事業(H27前倒し分)」研修受入農業経営体の採択結果について

 地域農業人づくり事業(H27前倒し分)の採択結果をお知らせします。


地域農業人づくり事業(H27前倒し分)

採択経営体一覧(PDF)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年2月 9日

「防ごう 異物混入! ~本当にあったこわーい話と対策~」 参加者募集終了

1 開催主旨
6次産業化の取組が加速している中、県内農林漁業者が作る農林水産加工品においてもより安全安心な食品が求められています。
最近では、大手ファーストフードメーカーやカップ麺メーカーの事故が大きく報じられるなど、異物混入は加工品を製造・販売するものにとって企業の存亡にもかかわる大きな問題となりえます。
このような事故を未然に防止するための注意点について、異物混入対策や衛生管理に携わってきた講師をお招きし、事例を交えて分かりやすくご説明いただきます。

2 開催概要
(1) 日 時  平成27年3月3日(火)14:00~15:30
(2) 場 所  農林総合研究センター2F 第4会議室
         (金沢市才田町戊295-1
(3) 主 催  公益財団法人いしかわ農業総合支援機構、石川県生活研究グループ連絡協議会
(4) 対象者  県内農林漁業者、農産加工グループ、農林漁業関係機関、食品製造業者等商工業者、一般消費者など。先着50名

(5) 内容と日程
13:30 開場
14:00 開会
主催者あいさつ
講演会 講師:株式会社 高澤品質管理研究所 高澤 秀行氏
15:30 意見交換
16:00 閉会

(6) 参加費  無料

(7) 申込方法 
当機構ホームページより申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお申し込み下さい。
参加申込書(PDF)

(8) 募集締切
平成27年2月25日(水)

(9) 問合せ先
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年2月 2日

農地中間管理事業にかかる借受希望者の募集について 募集終了

(公財)いしかわ農業総合支援機構では、農地中間管理事業にかかる借受希望者の募集を開始しました。 農用地等の借受を希望する方は、農用地等借受申出書に必要事項を記載の上、該当の市町に提出願います。

応募締切:平成27年3月3日(火)

詳細については、以下の貸付事務取扱要領をご覧ください。また、不明な点については、市町またはJAの担当窓口にお問い合わせください。

 

貸付事務取扱要領(PDF)

募集様式(Excel) 

募集様式(PDF)

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年1月26日

農地中間管理事業にかかる借受希望者の公表について

(公財)いしかわ農業総合支援機構では、農地中間管理事業にかかる借受希望者の募集を実施しました。

応募者の詳細については、農地の借受を希望する方(受け手)へ内の借受希望一覧をご覧ください。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年1月 9日

平成26年度「地域農業人づくり事業(H27前倒し分)」研修受入農業経営体の募集について 募集終了

【対象】
農業への就業に意欲のある未就職卒業者・求職者等を雇用し、求職者が働きながら農業に必要な技術・知識を習得できる研修を行う受入経営体に対して人件費と研修費を助成します。

【募集内容及び募集件数】
内容:研修生の農業技術・経営管理手法の円滑な習得のため、OJT及びOFF-JT研修を組み合わせて指導実施
募集件数:20件程度

【研修期間】
平成27年3月~平成28年2月

【主な応募要件】
1 対象者
認定農業者、農業参入企業等の農業を営む経営体又は農業協同組合
2 雇用契約の締結
新規雇用研修者と1年以内(平成28年2月29日まで)の雇用契約を締結すること
(雇用保険、労働者災害補償保険への加入が必須)
3 その他
農業従事経験原則5年以上の研修責任者(経営者本人を含む)を配置すること

【支援内容】
新規雇用研修者の人件費:月額153,000 円(上限額、雇用保険料・労災保険料含む)
※研修にかかる経費も別途支給します。

【募集期間】
平成27年1月9日(金)~1月23日(金)17:00まで(必着)

【応募方法】
申請書類をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、持参もしくは郵送にて(公財)いしかわ農業総合支援機構に1部提出して下さい。
※応募後、(公財)いしかわ農業総合支援機構で採択の選考をいたします。
※採択内定後、公共職業安定所(ハローワーク)に求人申込を行って下さい。

公募要領(PDF)

【提出書類】応募申請書兼実施画書(様式1号)(WORD)

【提出書類】研修計画書(様式2号)(WORD)

【提出書類】応募申請書兼実施画書(様式1号)(PDF)

【提出書類】研修計画書(様式2号)(PDF)

【記入例】応募申請書兼実施画書(様式1号)
【記入例】研修計画書(様式2号)

 

【お問い合せ・応募先】
(公財)いしかわ農業総合支援機構
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
ホームページアドレス URL http://www.inz.or.jp/ Eメールアドレス info@inz.or.jp
受付時間:9:00~17:00(月~金)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月19日

平成27年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について(2次募集) 募集終了

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

2 募集区分・目的 

区 分 目 的
予 科 週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します
本 科 月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します
専 科 研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します

 3 募集対象・人員
県内で就農を希望する方で就農時に60歳未満の方(但し、予科は65歳未満まで) 

区 分 対 象 者 募集人員
予 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者 25名程度
本 科 10名程度
専 科 自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者) 若干名

 4 研修の概要
【予 科】 

区 分 予 科
研修期間 平成27年4月~平成28年3月
研修日

毎週水曜日か土曜日のいずれか(それぞれ 9:00~15:00頃) 約40回

研修部門 野 菜
研修内容

実習:(1)共同作業による研修用ほ場(ハウス、露地)における栽培実習
(2)個別作業による研修用ほ場(露地)での栽培実習
講義:実習作物についての栽培方法及び就農に必要な基礎知識の講義
その他:流通・販売に関する講義や就農希望者を対象としたフォローアップ研修

研修場所 石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

無料 但し、テキスト等は自己負担(3,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

  【本 科】  

区 分 本 科
研修期間 平成27年4月~平成28年3月
研修日 月~金曜日(8:30~17:15) 約240日間
研修部門 野菜・花き・果樹・水稲・畜産
研修内容

実習:(1)石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」での共同作業による栽培技術等の実習(野菜)
(2)石川県農林総合研究センター・畜産試験場等での栽培(飼養)技術等の実習(花き・果樹・水稲・畜産)
(3)農家派遣研修
(4)農業機械研修
講義:作物栽培、土壌肥料、営農計画作成、農業簿記等の農業経営に必要な基礎知識の講義(毎週水曜日)
その他:先進農家視察、流通・販売に関する講義 

研修場所

実習:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町) 花き・水稲・果樹
"  いしかわ耕稼塾研修ほ場(河北郡津幡町字湖東) 野菜
"  砂丘地農業研究センター(かほく市内日角) 果樹(ぶどう)
"  畜産試験場(羽咋郡宝達志水町坪山) 畜産
講義:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町)

費用負担

無料 但し、テキスト、トラクター研修費用等は自己負担(20,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

※本科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。

(詳細は別紙参照)

 

【専 科】 

区 分 専 科
研修期間

平成27年4月~平成28年3月

研修日 毎日(ただし、自己の経営判断による)
研修部門 野菜
研修内容 実習:(1)ハウス1棟(6m×40m)及び露地(20a)における栽培実習
(2)直売所等での販売実習
その他:流通・販売に関する講義(希望者のみ)
研修場所 石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

10,000円/月の負担金(農業機械のリース料等相当分)
小農具(鍬など)、種苗、肥料、資材等は自己負担

※専科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。

(詳細は別紙参照)
※専科研修生は、本科の講義が受講できます。

 

5 申込手続
(1)申込書類:①入塾申込書(写真を添付したもの)1通、②作文(題:「私が目指す農業経営」800字以内)
(2)申込期限:平成27年2月3日(火)必着
(3)申込方法:下記まで郵送または持参
(4)申込先:〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:吉田、清水、東谷 )

募集要領・入塾申込書 

募集要項(PDF)

青年就農給付金(準備型)

申込書類(申込書及び作文(PDF))

申込書類(申込書及び作文(WORD))

 

6 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成27年2月上旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成27年2月中旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

 

7 お問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:清水、東谷、吉田)
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月28日

平成27年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について 募集終了

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

2 募集区分・目的  

区 分 目 的
予 科 週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します
本 科 月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します
専 科 研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します

 3 募集対象・人員
県内で就農を希望する方で就農時に60歳未満の方(但し、予科は65歳未満まで)  

区 分 対 象 者 募集人員
予 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者 40人程度
本 科 16人程度
専 科 自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者) 8人程度

 4 研修の概要
【予 科】  

区 分 予 科
研修期間 平成27年4月~平成28年3月
研修日

毎週水曜日か土曜日のいずれか(それぞれ 9:00~15:00頃) 約40回

研修部門 野 菜
研修内容

実習:(1)共同作業による研修用ほ場(ハウス、露地)における栽培実習
(2)個別作業による研修用ほ場(露地)での栽培実習

講義:実習作物についての栽培方法及び就農に必要な基礎知識の講義

その他:流通・販売に関する講義や就農希望者を対象としたフォローアップ研修

研修場所 石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

無料 但し、テキスト等は自己負担(3,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

  【本 科】  

区 分 本 科
研修期間 平成27年4月~平成28年3月
研修日 月~金曜日(8:30~17:15) 約240日間
研修部門 野菜・花き・果樹・水稲・畜産
研修内容

実習:(1)石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」での共同作業による栽培技術等の実習(野菜)
(2)石川県農林総合研究センター・畜産試験場等での栽培(飼養)技術等の実習(花き・果樹・水稲・畜産)

(3)農家派遣研修

(4)農業機械研修

講義:作物栽培、土壌肥料、営農計画作成、農業簿記等の農業経営に必要な基礎知識の講義(毎週水曜日)

その他:先進農家視察、流通・販売に関する講義 

研修場所

実習:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町) 花き・水稲・果樹
"  いしかわ耕稼塾研修ほ場(河北郡津幡町字湖東) 野菜

"  砂丘地農業研究センター(かほく市内日角) 果樹(ぶどう)

"  畜産試験場(羽咋郡宝達志水町坪山) 畜産

講義:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町)

費用負担

無料 但し、テキスト、トラクター研修費用等は自己負担(20,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

※本科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。
(詳細は別紙参照)

【専 科】 

区 分 専 科
研修期間

平成27年4月~平成28年3月

研修日 毎日(ただし、自己の経営判断による)
研修部門 野菜
研修内容 実習:(1)ハウス1棟(6m×40m)及び露地(20a)における栽培実習
(2)直売所等での販売実習

その他:流通・販売に関する講義(希望者のみ)
研修場所 石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

10,000円/月の負担金(農業機械のリース料等相当分)
小農具(鍬など)、種苗、肥料、資材等は自己負担

※専科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。
(詳細は別紙参照)
※専科研修生は、本科の講義が受講できます。

5 申込手続
(1)申込書類:入塾申込書(写真を添付したもの)1通、作文(題:「私が目指す農業経営」800字以内)
(2)申込期限:平成26年12月2日(火)必着
(3)申込方法:下記まで郵送または持参
(4)申込先:〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:吉田、清水、東谷 )

募集要領・入塾申込書

募集要項(PDF)
青年就農給付金(準備型)
申込書類(申込書及び作文(PDF))
申込書類(申込書及び作文(WORD))

6 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成26年12月上旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成26年12月中旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

7 お問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:清水、東谷、吉田)
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月25日

農地中間管理事業にかかる借受希望者の募集について募集終了

(公財)いしかわ農業総合支援機構では、農地中間管理事業にかかる借受希望者の募集を開始しました。 農用地等の借受を希望する方は、農用地等借受申出書に必要事項を記載の上、該当の市町に提出願います。

応募締切:平成26年12月25日(木)

詳細については、以下の貸付事務取扱要領をご覧ください。また、不明な点については、市町またはJAの担当窓口にお問い合わせください。

 

貸付事務取扱要領(PDF)

募集様式(Excel) 

募集様式(PDF)

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月17日

「参入法人・企業雇用確保促進事業」研修受入農業経営体の募集について 募集終了

【対象】
農業参入する法人・企業等がまとまった耕作放棄地の解消や未然防止を図るために必要な人材を雇用し、営農に必要な技術習得などの研修を行う経営体に対して人件費と研修費を助成します。

【募集内容及び募集件数】
内容:耕作放棄地の解消や未然防止を図るために必要な人材の農業技術・経営管理手法の円滑な習得のため、OJT及びOFF-JT研修を組み合わせて指導実施
募集件数:26件程度

【実施期間】
平成26年12月以降1年間

【主な応募要件】
1 対象者
  認定農業者、農業参入企業等の農業を営む経営体
2 耕作放棄地の解消
  目標年度(H27)までに概ね3ha以上又は3,000千円以上の販売金額の増加を見込める農地面積の拡大を行うこと。
  このうち、20%程度を耕作放棄地の解消(未然防止※を含む)で面積を確保すること。
  ※「未然防止」とは、中山間地域(県指定)及びGIAHS(世界農業遺産)認定地域で、参入する法人・企業等が耕作をしなければ耕作放棄地となる可能性がある農地とする。
3 雇用契約の締結
  新規雇用研修者と雇用契約を締結すること
  (雇用保険、労働者災害補償保険への加入が必須)

【支援内容】
新規雇用研修者の人件費:月額153,000円(上限額、雇用保険料・労災保険料含む)
※研修にかかる経費も別途支給します。

【受付期間】
平成26年11月17日(月)~11月28日(金)17:00まで(必着)

【応募方法】
申請書類をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、持参もしくは郵送にて(公財)いしかわ農業総合支援機構に1部提出して下さい。
※応募後、(公財)いしかわ農業総合支援機構で採択の選考をいたします。
※採択内定後、公共職業安定所(ハローワーク)に求人申込を行って下さい。

募集要領(PDF)
応募申請書及び別記様式1号(WORD) 応募申請書及び別記様式1号(PDF)
別記様式2号(WORD) 別記様式2号(PDF)
別記様式3号(WORD) 別記様式3号(PDF)
【記入例】応募申請書及び別記様式1号
【記入例】別記様式2号
【記入例】別記様式3号

【お問い合せ・応募先】
(公財)いしかわ農業総合支援機構
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
ホームページアドレス URL http://www.inz.or.jp/ Eメールアドレス info@inz.or.jp

受付時間:9:00~17:00(月~金)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月13日

農林水産業基幹技術開発トライアル事業について

1.主旨
石川県、(公財)いしかわ農業総合支援機構では、農林水産業の生産性向上につながる技術の研究・開発に対し、(株)小松製作所、(株)北國銀行から資金提供の申し出を受け、「農林水産業基幹技術開発トライアル事業」を創設し、作業の効率化などを図る基幹技術開発(※)に対して支援することとしました。

(※)基幹技術開発・・・製品を構成する上で、核となる技術や組成原理等であり、既存製品との差

   別化を図る要素となる重要部品(システムを含む)の試作開発

 本事業では、県内中小企業者等の技術・ノウハウを活用し、個々の課題を解決する実践的な技術開発を促進することにより、農林水産業の収益性向上を図るとともに、県内企業のビジネスチャンスを拡大することを目的としています。

 本事業は、事業主体の利便性を考慮し、随時提案を募集しておりますので、ご興味をお持ちの方は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

 

2.事業内容

 農林水産業基幹技術開発トライアル事業

対象事業 基幹技術の研究開発
事業主体 県内農林水産業者と県内企業等から構成されるコンソーシアム
研究費 1件あたり上限300万円(原則)
対象経費

①設備備品費(50万円以上)、②材料・消耗品費、③旅費、④謝金、⑤賃借料、⑥外注費、⑦委託費、⑧その他の経費(理事長特認)、⑨一般管理費(10%)

※人件費については、原則対象外としますが、IT関係など、ソフト開発については、対象経費として計上可能となる場合があります。

募集期間 随時受付

事業概要(PDF)

 

3.審査  プレゼンテーションによる審査等を実施

 

4.問い合わせ先
 (公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:寺西
 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
 TEL(076)225-7621 FAX(076)225-7622
 URL http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月11日

「地産地消 受注懇談会2014秋」の来場者募集について 募集終了

 県と(公財)いしかわ農業総合支援機構では、来る11月27日(木)に地産地消に関心の高い県内の商工業者と農林漁業者が懇談するマッチングの場を提供する「地産地消受注懇談会2014秋」を地場産業振興センターにて開催することとしており、その来場者を募集します。
 今回は、50団体近くの農林漁業者と商工業者が青果品や農産加工品等の多種多様の商品を出品する予定です。
 また、今回のあらたな取り組みとして、出展食材を使ったシェフによるお料理(試食)の提供もいたしますので、奮ってご来場いただきたく、お願い申し上げます。
 なお、募集概要と申込方法については、下記のチラシ兼申込用紙をご参照下さい。

チラシ兼申込用紙

 

お問い合わせ、お申込み先
(公財)いしかわ農業総合支援機構
「地産地消受注懇談会」担当:青木、塗茂(ぬしも)
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月11日

「商品紹介シート」について(「地産地消 受注懇談会2014秋」の出展者向け)

11月27日(木)開催の「地産地消 受注懇談会2014秋」の出展者向けに「商品紹介シート」様式を掲載いたします。
必要に応じて下記のシートをダウンロードしてご使用ください。

「商品紹介シート」様式(Excel)

お問い合わせ、お申込み先
(公財)いしかわ農業総合支援機構
「地産地消受注懇談会」担当:青木、塗茂(ぬしも)
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月16日

平成26年度首都圏農林水産物魅力発信事業(アンテナショップにおける県産農林水産関連商品の販売情報の収集・分析業務)の委託事業者の公募結果について

 標記の件について、委託事業者を決定しましたので、お知らせします。

委託事業者:(株)アットソリューションズ(東京都中央区)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月 6日

「地産地消受注懇談会2014秋」の参加者募集について 募集終了

 今般、県及び公益財団法人いしかわ農業総合支援機構では、地産地消に関心の高い県内の商工業者と県内の農林漁業者が直接懇談する場を提供する「地産地消受注懇談会2014秋」を開催することとしており、その出展者を下記のとおり募集します。
なお、今回は出展者の中から希望に応じて、出展する食材を県内シェフに調理いただいた料理試食を提供することとしていますので、奮って出展いただきたく、お願い申し上げます。 

1 募集概要
(1)募集対象  石川県内の農林漁業者、商工業者(食品製造など)
(2)募集内容及び規模  出展ブース数 50名・団体程度
   【出展のタイプ】 
①県内シェフの料理試食付きブース(ブース数限定)
   出展食材を県内シェフに調理いただき料理試食を提供します。
②通常ブース(料理試食なし)
※①、②ともに商談シートの作成が必要
③来場のみの参加
 
(3)募集締切  県内シェフの料理試食を希望する方 平成26年10月17日(金)
          料理試食が不要の方           平成26年10月24日(金)
 
2 応募方法
    別添のチラシ兼出展申込書に必要事項を記入の上、ファックスで応募ください。
         応募先 公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 
         TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
        ○チラシ兼申込用紙
 
 「地産地消受注懇談会2014秋」概要
(1)日時  平成26年11月27日(木) 12:30~16:00
(2)場所  石川県地場産業振興センター 本館1階 大ホール
(3)主催  石川県、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
(4)共催  公益財団法人石川県産業創出支援機構(ISICO)
(5)内容  ①出展者による農林水産物及びその加工品の展示・紹介
        ②参加者による情報交換、懇談及び個別商談
            ③商品評価・相談コーナーにおける加工等の専門家による相談受付
         ・商品改良、パッケージ等について専門家からアドバイスを受けたい事業者を対象。
         ・専門家には6次産業化プランナーを予定しています。
         ・あらかじめ相談予約された方を優先します。
    
 

お問い合わせ、お申込み先
(公財)いしかわ農業総合支援機構
「地産地消受注懇談会」担当:青木、塗茂(ぬしも)
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月 3日

研修コーディネート業務の委託事業者の公募結果について

 平成26年度新規就農・経営継承総合支援事業のうち技術習得支援事業(地域中核教育機関)研修コーディネート業務について、下記のとおり委託事業者を決定しましたので、お知らせします。

 

 委託事業者:(株)ヒューマンラボ(大阪府大阪市)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年9月24日

平成26年度首都圏農林水産物魅力発信事業に係る事業委託者の募集について 募集終了

 (公財)いしかわ農業総合支援機構では、首都圏農林水産物魅力発信事業の実施に際し、業務を行う事業者を選定するため企画提案を募集します。詳細については、公募要領をご覧ください。

○応募期間 平成26年9月24日(水)~平成26年10月7日(火)17時必着

公募要領(PDF)

応募申請書(WORD)


○問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:青木、林
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年9月19日

研修コーディネート業務委託事業者の募集について 募集終了

 (公財)いしかわ農業総合支援機構では、新規就農・経営継承総合支援事業のうち技術習得支援事業(地域中核教育機関)の実施に際し、研修コーディネート業務の委託事業者を募集します。
 詳細については公募要領をご参照ください。

 応募締切:平成26年10月3日(金)17時必着

 公募要領(PDF)

 応募申請書(WORD)


問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:金曽
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年9月12日

平成26年度日本の食魅力再発見・利用促進事業のうち食のモデル地域育成事業に係る業務委託事業者の募集について 募集終了

 いしかわ食のモデル地域育成事業では、日本の食魅力再発見・利用促進事業のうち食のモデル地域育成事業の実施に際し、業務を行う事業者を選定するため企画提案を募集します。詳細については公募要領、応募申請書、業務委託仕様書をご覧ください。


○応募期間 平成26年9月12日(金)~平成26年9月30日(火)17時必着

公募要領(PDF)

応募申請書(WORD)

業務委託仕様書


○問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:清水、林、青木
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年9月10日

次世代農業人実践的技術習得支援事業での委託事業者の募集について 募集終了

 (公財)いしかわ農業総合支援機構では、次世代農業人実践的技術習得支援事業の実施に際し、耕作放棄地再生実証業務の委託事業者を募集します。詳細については、公募要領をご覧ください。

○応募締切 平成26年9月17日(水)17時必着

公募要領(PDF) 
申請様式(WORD)

○問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:野村、松本、栂
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL(076)225-7621 FAX(076)225-7622
URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年9月 4日

いしかわ耕稼塾「6次産業化研修・初級コース」研修生の募集について 募集終了

1 趣 旨

  昨今、農林水産業者の加工・販売分野への進出や商工業者との連携など、いわゆる農林水産業の6次産業化が注目されていますが、継続した取り組みを実現するためには、農林水産業者自らが流通・販売や取引等に関する知識やリスク等を理解しておく必要があります。
この度、当機構では、昨年度に引き続き、農業経験が比較的浅い農業者等を対象として、流通・販売やマーケティング等に関する基礎知識や取組事例等について、座学や現地視察により体系的に学ぶ研修を行うこととし、その研修生を募集します。

2 募集対象及び募集人数

  6次産業化に関心のある農業者(新規就農者を含む)
   県、市町、JA等関係機関・団体の指導者
     募集人数:20人程度(募集が多い場合は、抽選となります)

3 研修の概要(別添カリキュラム(案)を参照)

研修期間

平成26年10月 ~ 平成26年11月(計4回)

研修内容
(予定)
○講義:6次産業化の意義、流通・販売の現状と課題、マーケティングの必要性 ほか
○視察:6次産業化事例、流通・販売事例 ほか
研修場所 石川県農林総合研究センター、石川県健康の森 ほか 

6次産業化研修・初級コースカリキュラム 

4 受講料

     無料 (ただし、事例視察等で参加費が必要となる場合があります。)

5 申込手続き

    (1) 申込書類: 研修参加申込書    ※様式は当機構HPからダウンロードできます。

    (2) 申込期間:平成26年9月4日(木)~9月25日(木)まで

    (3) 申込方法:郵送、FAX、E-mailにより事務局まで提出願います。

    (4) 事 務 局:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:平谷、吉田
              〒920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
              TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
             URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

6 受講者の決定

  9月下旬までに受講者を決定し、カリキュラムの詳細とともに通知します。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年7月16日

平成26年度農業インターンシップ研修生の募集について

1.目 的
都市生活者の石川県奥能登地域での就農・定住に向けたきっかけづくりとして、能登での約6ヶ月間の農作業研修を体験したい方を募集します。

2.対象者  主に石川県外居住の方で、石川県での新規就農を志向する方

3.研修内容

農業インターンシップ研修
研修期間 7月~12月中旬(約6カ月程度)
研修受入農家

(有)ファーマー(輪島市):水稲、原木しいたけ等

(有)すえひろ(珠洲市):水稲、大納言小豆、かぼちゃ等

研修内容

・農家での農作業体験(水稲、野菜など)
・座学、視察研修 等

参加費等

・最大で月14万円の研修手当を支給
※研修集合場所までの交通費は自己負担
※研修中の宿泊、食事、移動に要する経費は自己負担(宿泊施設は斡旋します)
※研修中の事故やけがは、当機構が加入する傷害保険の範囲内で保障します


※前年度の様子や詳しくはこちらへ

4.申込方法

  研修参加申込書をFAX又は郵送により、(公財)いしかわ農業総合支援機構まで送付して下さい。

  研修参加申込書  募集チラシ

5.募集締切   平成26年7月31日(木)※定員に達し次第募集終了

6.研修生の決定

  書類審査、面談(東京、大阪など)等を行った上で、順次選考します。
※面談の際には履歴書をご準備ください。

7.問合せ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:吉田、岡部
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
Tel 076-225-7621 Fax 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年7月 2日

いしかわ耕稼塾 『企画管理力向上セミナー』研修生募集について募集終了

いしかわ耕稼塾 「企画管理力向上セミナー」~魅力ある農業経営体を目指すための労務管理・人材育成~の研修生募集について

1 趣旨
近年、経営の多角化や規模拡大を目指す経営体が増加していますが、これら経営体の多くは、雇用労働力を必要としています。 しかし、農業においては、雇用経験が浅くまた、天候や季節による作業の集中など農業の特異性があることから、雇用を考慮した魅力ある安定した経営体質づくりや複雑・多様な労務管理への対応が求められております。
このため、「いしかわ耕稼塾」では、経営の維持・発展に必要な心構えや労力配分などについて、農業経営体の幹部及び管理者を目指す者を対象に「企画管理力向上セミナー ~魅力ある農業経営体を目指すための労務管理・人材育成~」を開講します。
このセミナーでは、具体的に雇用をする上で、必要となる保険制度や年間雇用を目指した労務管理や就業規則、被雇用者のモチベーション向上などについて研修を実施します。

2 募集対象・定員
    規模拡大・多角化等を目指す農業経営体の幹部又は管理者を目指す者
    定員:30名程度(金沢会場20名、能登会場10名程度)

3 研修の概要
(1)開催日時
 

金沢会場 能登会場 備考
第1回 7月16日(水) 7月18日(金) 人事・労務管理の実際
第2回 7月23日(水) 7月25日(金)    "
第3回 7月30日(水) 8月1日(金)    "
第4回 8月6日(水) 8月8日(金)    "
特別セミナー 未定
第5回 11月5日(水) 11月14日(金) 被雇用者のモチベーション向上
第6回 11月12日(水) 11月21日(金)   "
第7回

11月19日(水)

11月28日(金)   "
第8回 11月26日(水) 12月5日(金)   "

※時間については、金沢会場18:00~21:00、能登会場16:00~19:00  
※特別セミナーの日程は、別途調整

(2)研修内容

 

項目 内容
講義内容 人事・労務管理の実際(第1~4回) 役割と原則、法規、就業規則、トラブル事例等
被雇用者のモチベーション向上(第5~8回) 必要性、手法、コミュニケーションの取り方等
魅力ある経営体を目指して 雇用する上で必要となるポイント など

 

(3)研修場所
金沢会場:石川県地場産業振興センター(金沢市鞍月2丁目1番地)
能登会場:奥能登行政センター(輪島市三井町洲衛10部11番1)

4 受講料 無料

5 申込手続き
(1)申込方法:研修参加申込書に記入の上、郵送、FAX、E-mail により事務局まで提出してください。 

   募集要項(PDF)    
申込書(PDF)    申込書(WORD)

(2)申込期間:平成26年7月9日(水)まで(定員に達し次第、締め切ります)

(3)事務局:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:前田、岡部
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月20日

「地産地消受注懇談会2014夏」の参加者募集について募集終了

 今般、県及び公益財団法人いしかわ農業人材機構では、地産地消に関心の高い県内の商工業者と県内の農林漁業者が直接懇談する場を提供する「地産地消受注懇談会2014夏」を開催することとしており、その参加者を下記のとおり募集します。
通常の出展ブースの他に、商談意欲が高くその準備が整う農林漁業者等向けの「特別ブース」や、加工技術の悩みや商品改良へのアドバイスが受けられる「商品評価・相談コーナー」を設置しますので、奮ってご参加いただきたく、お願い申し上げます。 

1 募集概要
(1)募集締切  平成26年7月3日(木)
(2)募集対象  石川県内の農林漁業者、商工業者(食品製造・販売・飲食業者等)
(3)募集内容及び規模  
①農林漁業者 ブース出展の募集     50名・団体程度
②商工業者  来場及びブース出展の募集 70団体・企業以上
【参加のタイプ】
①特別ブースへの出展
→ 販路開拓や食材調達等に意欲が高い事業者
  (※ 事前に商品ごとの商談シートの作成が必要になります)
②一般ブースへの出展
③来場のみの参加
※商品評価・相談コーナーでの相談
→ 商品改良、パッケージ等について専門家からアドバイスを受けたい事業者
         ・専門家には、6次産業化プランナーを予定
      ・あらかじめ相談時間帯を調整する予定ですが、①、②のいずれかのタイプに申し込みいただいた方を優先します。
 
2 応募方法
    別添の参加申込書に必要事項を記入の上、ファックスで応募下さい。
         応募先 公益財団法人いしかわ農業人材機構 TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
        ○申込用紙
 
 「地産地消受注懇談会2014夏」概要
(1)日時  平成26年7月23日(水) 12:30~16:00
(2)場所  石川県地場産業振興センター 新館1階 コンベンションホール
(3)主催  石川県、公益財団法人いしかわ農業人材機構
(4)共催  公益財団法人石川県産業創出支援機構(ISICO)
(5)内容   
    ①出展者による商品、農林水産物及びその加工品の展示・紹介
    ②参加者による情報交換、懇談及び個別商談
    ③商品評価・相談コーナーにおける食品加工等の専門家による相談受付
    
 

お問い合わせ、お申込み先

 (公財)いしかわ農業人材機構
「地産地消受注懇談会」担当:塗茂(ぬしも)、西野
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月17日

平成26年度「地域農業人づくり事業」研修受入農業経営体の採択結果について

 地域農業人づくり事業の採択結果をお知らせします。


地域農業人づくり事業

採択経営体一覧(PDF)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月13日

就業面談用ビデオを制作しませんか?(募集)

雇用をお考えの皆様へ
 就業面談会等において、来場者に自社をPRするためのビデオを制作しませんか。
 ビデオは、制作会社が取材・制作します。約2分間のビデオに、経営内容や就農希望者に向けたメッセージ等を織り込みます。
 なお、制作に係る費用として、1社・経営体当たり約5万円をご負担いただきます。 納品は9~10月の予定をしています。
 制作を希望する方は、別添チラシをご覧の上、6月23日(月)までに当機構へお申し込み下さい。お待ちしております。

 詳細や申込方法については、こちらのチラシをご覧下さい。


<お問い合わせ先>
(公財)いしかわ農業人材機構  担当:岡部
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月13日

平成26年度いしかわ耕稼塾「農業技術力向上研修」研修生の募集について募集終了

<趣旨>
近年の新規就農者(農家子弟や雇用就農者を含む)の中には、農業に関する基礎的な知識や技術の習得機会を経ずに就農し、営農定着に苦慮する場合が見受けられる。
そこで、就農後5年程度までの経験の浅い者を対象に、営農に直結した基礎知識や技術習得研修を行うことにより農業の担い手としての定着を図る。

<受講対象>
(1)新規に就農して5年未満程度の農業経験の浅い者(農家子弟を含む)
  ※ただし、いしかわ耕稼塾「本科」及び「実践科」修了生は除く。
(2)「農の雇用事業」など、雇用事業を活用する農業経営体に雇用されている従業員

<研修の概要>

研修内容

 就農を開始して間もない者が直面する、病害虫や生育障害などの課題解決に向け、営農に直結した基礎知識や技術の習得を目指す。また、経営の多角化に向けた、6次産業化、農商工連携の取組事例などについて視察・研修する。

<共通講座>
病害虫防除の基礎------現地で病害虫の発生がある場合は持参
土壌肥料の基礎---------現地より土壌をサンプリングして持参
農業機械の安全操作やメンテナンス------実際にトラクターの耕起や農機のメンテナンスを実施
農業簿記(経営分析含む)-----農業簿記と経営分析の手法などを習得
社会人としてのマナー-----上司や顧客対応時に必要なマナーなどを習得

<専門講座>最低1科目を受講
水稲栽培概論(穂肥、刈取の摘期など)
野菜栽培概論(生育診断、接ぎ木など)
果樹栽培概論(収穫、剪定など)
※講義の他、稲体や野菜の持ち込みや農林総合研究センターの圃場にて生育診断や管理実習を実施

<選択講座>
日本農業技術検定受検、6次産業化の基礎、県立大学特別講座 など

研修期間

平成26年7月から平成27年2月まで  計30~50回程度(選択内容による)

募集人数 20人程度
研修日 2~6回/月の講義・演習(現地視察)
研修場所 石川県農林総合研究センター、石川県地場産業振興センター など
その他 教材等の実費を徴収することがある

  ※日程などの詳細は別紙カリキュラム参照 

「農業技術力向上実践ゼミ」カリキュラム(案)

<申込み手続き>
雇用事業を活用して雇用を行っている農業経営体及び研修を希望する農業経営体は、研修受講申込を(公財)いしかわ農業人材機構へ提出する。
(1)申込書類 : 農業技術力向上研修申込書
 ※様式は当機構HPからダウンロードできます。
(2)申込期間 : 平成26年6月13日(金)~6月27日(金)まで
(3)申込方法 : 必要事項を記入の上、郵送又はFAXで事務局あてに提出願います。
(4)事務局 : (公財)いしかわ農業人材機構 担当 清水、前田
〒920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年5月30日

平成26年度「地域農業人づくり事業」研修受入農業経営体の募集について 募集終了

【対象】
農業への就業に意欲のある未就職卒業者・求職者等を雇用し、求職者が働きながら農業に必要な技術・知識を習得できる研修を行う受入経営体に対して人件費と研修費を助成します。

【募集内容及び募集件数】
内容:研修生の農業技術・経営管理手法の円滑な習得のため、OJT及びOFF-JT研修を組合せて指導実施
募集件数:25件程度

【研修期間】
平成26年7月~平成27年6月

【主な応募要件】
1 対象者
認定農業者、農業参入企業等の農業を営む経営体又は農業協同組合
2 雇用契約の締結
新規雇用研修者と1年以内(平成27年6月30日まで)の雇用契約を締結すること
(雇用保険、労働者災害補償保険への加入が必須)
3 その他
農業従事経験原則5年以上の研修責任者(経営者本人を含む)を配置すること

【支援内容】
新規雇用研修者の人件費:月額153,000 円(上限額、雇用保険料・労災保険料含む)
※研修にかかる経費も別途支給します。

【受付期間】
平成26年5月30日(金)~6月13日(金)17:00まで(必着)

【応募方法】
申請書類をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、持参もしくは郵送にて(公財)いしかわ農業人材機構に1部提出して下さい。
※応募後、(公財)いしかわ農業人材機構で採択の選考をいたします。
※採択内定後、公共職業安定所(ハローワーク)に求人申込を行って下さい。 

公募要領(PDF)
応募申請書及び別記様式1号(WORD) 応募申請書及び別記様式1号(PDF)
応募申請書及び別記様式2号(WORD) 応募申請書及び別記様式2号(PDF)
【記入例】応募申請書及び別記様式1号 【記入例】応募申請書及び別記様式2号


【お問い合せ・応募先】
(公財)いしかわ農業人材機構
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
ホームページアドレス URL http://www.inz.or.jp/ Eメールアドレス info@inz.or.jp
受付時間:9:00~17:00(月~金)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年5月20日

【参加しませんか?】人材機構からいしかわ暮らしの情報満載の移住セミナーに参加します!(5月31日・東京)

 石川県での就農にご興味ある方、是非参加しませんか?
当日は人材機構スタッフが石川県における就農に関するセミナーを行うほか、相談ブースも設けます。
関東近辺にお住まいの方、是非ご参加の上、石川県の就農について検討してみませんか?


◆ 日時  平成26年5月31日(土) 17:30~20:00


◆ 場所  ふるさと暮らし情報センター東京
        (東京都千代田区有楽町2-10-1  東京交通会館6階)


◆ 参加費  無料


◆ その他の詳細や申込方法については、こちらをご覧下さい。


皆様のご参加、心よりお待ちしております。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年5月13日

石川なないろ~I☆M☆J~に入りませんか?(メンバー募集)

 【趣 旨】
 近年、女性農業者は、女性ならではの「感性」を生かし、新たな事業展開や様々な商品開発、販路拡大等で活躍の場が増えております。
 特に、若手女性農業者は、今後の活躍を期待されておりますが、その一方で、「もっと情報が欲しい」、「同世代の知り合いが少なく、横の繋がりが欲しい」という声も聞かれます。
 このため、女性農業者による県内各地での活動紹介や研修会の開催などの情報提供、ワーキンググループ活動への参加の呼びかけなどを行い、その活動の中で、各々からの自由な意見発表や行動を促すことにより、女性農業者の企画力や自立性の醸成に寄与することを目的としたネットワークを設立いたします。

 【ネットワークの概要】
(1)対象者 : 趣旨に賛同する石川県内の女性農業者など
(2)募集時期 : 加入・脱退は随時受付
(3)名称 : ネットワーク参加希望者から募集(キックオフイベントで決定)
(4)事業内容 : ・各種情報提供、情報共有(メーリングリスト、Facebook等の活用)
            ・情報交換会の開催 など
(5)会費 : (原則)無料
(6)その他 : ネットワークの規約についてはネットワークの名称が確定後、制定します。

 【申込方法】
以下の加入申込書に記入の上、FAX、E-mailで事務局まで提出して下さい。
※加入申込書の内容については、個人の情報を遵守し本ネットワーク以外の目的には使用致しません。

石川なないろ~I☆M☆J~加入申込書

 【事務局】
(公財)いしかわ農業人材機構 担当:西野、清水
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622  E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年5月 1日

ためしてナットク!いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』 募集終了

ためしてナットク!
いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』受講者募集について
~農業入門 楽しくおいしく農業を学ぼう!~

このたびは、いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』にお申し込みいただき、ありがとうございました。
定員に達しましたので、募集終了とさせていただきました。

1 趣旨
「いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など、様々なカリキュラムを実施しています。
平成23年度より開講した「駅前アカデミー」は、農業に興味や関心があるものの気軽に学ぶ機会のない方や、日中は働いているため時間が取れない方などを対象に、平日の夜に駅前で行う農業入門講座です。本年度も以下のとおり開講しますので、受講生を募集します。

2 募集対象・定員
農業に興味や関心があり、知識や情報を得たい方
日中は働いているが農業を学ぶ機会がほしい方 など
定員:各講座50名

3 内容

  開催日 講座名 講師
第1回 6/4(水) 農業のあれこれ 津川 久孝 氏((公財)いしかわ農業人材機構 参事)
第2回 6/11(水) 野菜を育てよう! 小田桐 悌二 氏(元いしかわ耕稼塾講師)
第3回 6/18(水) 農業の基本は土づくり 塩口 直樹 氏((株)JAアグリライン石川 技術顧問)
第4回 6/25(水) 品種改良のふしぎ 村濱 稔 氏(石川県農林総合研究センター 専門研究員)
第5回 7/2(水) 作物の病気を診る 森川 千春 氏(石川県農林総合研究センター 主幹)
第6回 7/9(水) 野菜をおいしく食べよう! つぐま たかこ 氏(野菜ソムリエ)


※講義には、簡単な実習や実験などを取り入れることにより、講義内容を十分納得して学んでいただきます。

 

4 時間 午後7時~午後8時30分(1時間30分)
         (※初回と最終回はオリエンテーションのため午後9時頃まで)

5 会場 石川県女性センター 大会議室  (金沢市三社町1-44) ※駐車場あり
         (※初回のみ、会場は同センター、コンベンション室にて開催)
     

6 受講料 無料

7 主催 石川県、公益財団法人いしかわ農業人材機構

8 申込方法等
(1)申込方法
        受講申込書
受講申込書を提出。6回全ての講座を受講する方を優先しますが、6回の講座の中から好みの講座を選択しての受講も可能です。

 (2)募集期間 平成26年5月1日(木)~5月30日(金) (定員に達したため、募集を終了)

 (3)申込み・問い合わせ先
(公財)いしかわ農業人材機構 担当:清水、西野
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F
 TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
E-mail:info@inz.or.jp URL:http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年4月18日

いしかわの農業学ぼうコース~8日間コース~募集締切

 

1 趣旨

  いしかわ農業人材機構では、農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼうコース」を開催しております。
今回は、土づくり・育苗管理・施肥・防除等、野菜栽培の基礎技術について、8日間の講義と実習で学んでいただく「いしかわの農業学ぼう8日間コース」を開講するにあたり、参加者の募集を行います。

2 募集対象者及び定員

 農業の基礎的な知識と技術を取得し、本格的に野菜栽培に取り組もうと考えている県民の方々  

 25組(1組につき2人まで)

※8回全てに参加できる方に限ります。
※これまで「学ぼう8日間コース」に参加された方はご遠慮下さい。
※農薬等を使用するので小さなお子様の参加はご遠慮下さい。
※応募者多数の場合は、予定より早く募集を締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要

(1)場所  河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
                   ※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。
(2)時間  9時30分~11時30分
(3)内容  土づくり、育苗、施肥、防除技術などの講義と実習
(4)日程

  開催日 研修内容
講義 実習
第1回 5月25日(日) 播種、定植について エダマメ定植、金時草定植・挿し木、コマツナ播種
第2回 6月8日(日) 野菜づくりについて① 夏野菜の現地講習
第3回 6月29日(日) 防除について コマツナ収穫、エダマメ・金時草除草
第4回

8月3日(日)

土づくり、施肥について エダマメ・金時草収穫、キャベツ播種
第5回 8月17日(日) 育苗管理について ハクサイ播種、定植準備
第6回 9月7日(日) 被覆資材について ホウレンソウ・ダイコン播種、ハクサイ定植、キャベツ追肥
第7回 10月12日(日) 野菜づくりについて② 秋冬野菜の現地講習、ホウレンソウ収穫、ハクサイ追肥
第8回 11月30日(日) 堆肥づくりについて

ダイコン・ハクサイ・キャベツ収穫

※開催日・内容は、気象条件・生育状況等により変更となる場合があります。
※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。
※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。
 

4 参加料

    1組 2,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込み

  (1)申込方法
          いしかわ農業人材機構まで電話又はFAXで申込みください。
          電話番号 076-225-7621 FAX 076-225-7622
 

       農業学ぼう8日間コース申込書(PDF)    農業学ぼう8日間コース申込書(WORD)

   ※郵便番号、住所、氏名、年齢、連絡先をお知らせください。
 

     (2)申込み期間  4月18日(金)~5月15日(木)
 

お問い合せ先
(公財)いしかわ農業人材機構 担当:金曽(かねそ)、平谷(ひらたに)、高見(たかみ)
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
Tel 076-225-7621  Fax 076-225-7622
Mail:info@inz.or.jp  URL:http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年4月18日

いしかわの農業学ぼうコース~夏期コース~募集締切

picture20140513.jpg


1 趣 旨

 農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼう夏期コース」を開催します。


2 募集対象者及び定員

 農業に関心を持ち、農業を理解しようとする県民の方々
50組(100名程度)
※3回の日程すべてに参加可能の方に限ります。    
※1人での参加、1組3人以上(ご家族など)でも参加可能です。
※応募者多数の場合は、予定より早く募集を締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要

 1)場所 河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
  ※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。

 2)時間 午前9時30分~11時30分

 3)内容 種まきや収穫などの農作業体験

 4)日程

  1回目 5月25日(日) エダマメ定植、金時草定植・挿し木、コマツナ播種
  2回目 6月29日(日) コマツナ収穫、エダマメ・金時草除草
  3回目 8月 3日(日) エダマメ・金時草収穫

   ※開催日及び内容は、気象条件や生育状況等により変更となる場合があります。
※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で、作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。
※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。


4 参加費  1組 1,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込手続

 1)申込方法
 いしかわ農業人材機構まで電話又はFAXでお申し込みください。

 電話番号 076-225-7621
 FAX番号 076-225-7622

 申込用紙(PDF)   申込用紙(WORD)

 2)申込期間  4月18日(金)~5月15日(木)


お問い合わせ先
公益財団法人いしかわ農業人材機構
担当 金曽(かねそ)、平谷(ひらたに)、高見(たかみ)
〒920-8203  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622 
URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年2月12日

農業インターンシップ短期研修生の募集について(平成26年3月開催)募集終了

1.目 的
   都市生活者の石川県奥能登地域での就農・定住に向けたきっかけづくりとして、奥能登地域での短期の農作業研修を体験したい方を募集します。

2.対象者  主に石川県外居住の方で、石川県での新規就農を志向する方

3.研修概要
(1)期間 平成26年3月11日(火)~20日(木)
(2)場所 奥能登地域(輪島市、珠洲市、穴水町、能登町)
(3)内容 農家での農作業体験(水稲、野菜等)
(4)スケジュール(予定)
   [1日目]    オリエンテーション、農家との顔合わせ
   [2~4日目] 受入農家(1件目)での農作業研修
   [5日目]    先輩研修生との交流、地域視察
   [6日目]        休み
   [7~9日目] 受入農家(2件目)での農作業研修
   [10日目]     面談、解散
(5)その他 能登での就農を希望する者は、短期研修終了後、面談・選考を経て長期研修に参加することも可能です(6ヶ月程度・平成26年5月開始予定)。

4.募集人数 8名程度

5.参加費 無料
       ※ただし、能登空港までの往復交通費は参加者の自己負担となります。
       ※現地での宿泊費は当機構で負担します。

6.申込方法
(1)研修参加申込書をFAX又は郵送により、(公財)いしかわ農業人材機構まで送付して下さい。

○チラシ(PDF) ○参加申込書(WORD) ○参加申込書(PDF)

(2)農林漁業専門求人サイト「第一次産業ネット」内の募集ページからお申込みください。

7.募集締切 平成26年2月21日(金)※延長しました

8.研修生の決定
  書類審査、面談(東京、大阪など)等を行った上で、順次選考します。
   ※面談の際には履歴書をご準備ください。

9.問合せ先
 (公財)いしかわ農業人材機構 担当:金田、西野
 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
 Tel 076-225-7621 Fax 076-225-7622
 Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年2月 7日

「起業型農業人材雇用創造事業」(26年前倒し分)の採択結果について

起業型農業人材雇用創造事業(26年前倒し分)の採択結果をお知らせします。

採択経営体一覧(PDF)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年1月 8日

平成26年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について(2次募集)募集締切

1 趣 旨
  「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

2 募集区分・目的 

区 分目 的
予 科週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します
本 科月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します
専 科研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します

 3 募集対象・人員
   県内で就農を希望する方で就農時に60歳未満の方(但し、予科は65歳未満まで) 

区 分対 象 者募集人員
予 科就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者20人程度
本 科若干名
専 科自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者)若干名

 4 研修の概要
【予 科】 

区 分予 科
研修期間平成26年4月~平成27年3月
研修日

毎週水曜日か土曜日のいずれか(それぞれ 9:00~15:00頃) 約40回

研修部門野 菜
研修内容

実習:(1)共同作業による研修用ほ場(ハウス、露地)における栽培実習
    (2)個別作業による研修用ほ場(露地)での栽培実習
講義:実習作物についての栽培方法及び就農に必要な基礎知識の講義
その他:流通・販売に関する講義や就農希望者を対象としたフォローアップ研修

研修場所石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

無料 但し、テキスト等は自己負担(3,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

  【本 科】  

区 分本 科
研修期間平成26年4月~平成27年3月
研修日月~金曜日(8:30~17:15) 約240日間
研修部門野菜・花き・果樹・水稲・畜産
研修内容

実習:(1)石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」での共同作業による栽培技術等の実習(野菜)
    (2)石川県農林総合研究センター・畜産試験場等での栽培(飼養)技術等の実習(花き・果樹・水稲・畜産)
    (3)農家派遣研修
    (4)農業機械研修
講義:作物栽培、土壌肥料、営農計画作成、農業簿記等の農業経営に必要な基礎知識の講義(毎週水曜日)
その他:先進農家視察、流通・販売に関する講義 

研修場所

実習:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町) 花き・水稲・果樹
     "  いしかわ耕稼塾研修ほ場(河北郡津幡町字湖東) 野菜
     "  砂丘地農業研究センター(かほく市内日角) 果樹(ぶどう)
     "  畜産試験場(羽咋郡宝達志水町坪山) 畜産
講義:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町)

費用負担

無料 但し、テキスト、トラクター研修費用等は自己負担(20,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

※本科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。
(詳細は別紙参照)

【専 科】 

区 分専 科
研修期間

平成26年4月~平成27年3月

研修日毎日(ただし、自己の経営判断による)
研修部門野菜
研修内容実習:(1)ハウス1棟(6m×40m)及び露地(20a)における栽培実習
    (2)直売所等での販売実習
その他:流通・販売に関する特別講義(希望者のみ)
研修場所石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

10,000円/月の負担金(農業機械のリース料等相当分)
小農具(鍬など)、種苗、肥料、資材等は自己負担

※専科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。
(詳細は別紙参照)
※専科研修生は、本科の講義が受講できます。

5 申込手続
 (1)申込書類:①入塾申込書(写真を添付したもの)1通、②作文(題:「私が目指す農業経営」800字以内)
 (2)申込期限:平成26年2月5日(水)必着
 (3)申込方法:下記まで郵送または持参
 (4)申込先:〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
          (公財)いしかわ農業人材機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:吉田、東谷、清水 )

募集要領・入塾申込書

募集要項(PDF)
青年就農給付金(準備型)
申込書類(申込書及び作文(PDF))
申込書類(申込書及び作文(WORD))

6 研修生の決定
  第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成26年2月上旬に郵送で通知します。
  第二次審査:平成26年2月中旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

7 お問い合わせ先
  (公財)いしかわ農業人材機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:吉田、東谷、清水)
  〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
  TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
  URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年1月 6日

「起業型農業人材雇用創造事業」(26年前倒し分)への農業経営体の募集について募集締切

【対象】
  起業(新分野進出)により新規作目や加工等多角化等の取組を行うため、求職者等を新規に雇用し、研修生として農業の基本的な知識・技術等のOFF-JT研修受講を促す意欲的な農業経営体に対して、人件費を助成する。

【募集内容及び募集件数】
  内容:起業(新分野進出)に伴う10年以内の取組のため求職者等を雇用し、研修生として農業の基本的な知識・技術等のOFF-JT研修受講を促すこと。
  件数:40件程度

【事業期間】
 委託契約締結日から平成26年3月31日まで。
 ただし、平成26年度も新規雇用者を継続して雇用し、事業を実施する場合、雇用期間の通算1年以内(平成25年度の期間を含む)を上限に、予算の範囲内で再契約できるものとする。なお、失業者等の新規雇用は平成25年度中に開始すること。

【主な応募要件】
 1 対象者
   新規就農者、認定農業者、農業参入企業等の農業を営む経営体又は農業協同組合のうち、石川県内に農業生産拠点を持ち、かつ本拠地が起業時から県内に所在し、起業(新分野進出)から10年以内であること。
 2 雇用契約の締結
   新規雇用研修者と1年間の有期雇用または、期間の定めの無い雇用契約を締結すること
    (雇用保険、労働者災害補償保険への加入が必須)

【支援内容】
  新規雇用研修者の人件費:月額1人につき153,000 円(上限額、雇用保険料・労災保険料の事業主負担分含む)

【募集期間】
 平成26年1月6日(月)~24日(金)17:00まで(必着)

【応募方法】
 実施計画書様式1号及び様式2号をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、持参もしくは郵送にて(公財)いしかわ農業人材機構に1部提出して下さい。
  ※応募後、採択の選考をいたします。
  ※採択内定後、公共職業安定所(ハローワーク)に求人の申込みを行って下さい。

公募要領(PDF)
【提出書類】実施計画書(様式1号)(WORD)
【提出書類】実施計画書(様式2号)(WORD)
【提出書類】実施計画書(様式1号)(PDF)
【提出書類】実施計画書(様式2号)(PDF)
【記入例】実施計画書(起業)
【記入例】実施計画書(新分野)
【記入例】業務計画書(様式2号)
【参考】提出書類参考一覧

【お問い合せ・応募先】
  (公財)いしかわ農業人材機構
  〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
  TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
  ホームページアドレス URL http://www.inz.or.jp/ Eメールアドレス info@inz.or.jp
  受付時間:月曜日から金曜日の9:00~17:00まで

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ