HOME農業総合支援機構からのお知らせいしかわ耕稼塾

いしかわ耕稼塾

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年4月21日

【募集終了】いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』

ためしてナットク!
いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』受講者募集について
~農業入門 楽しくおいしく農業を学ぼう!~

1 趣旨
「いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など、様々なカリキュラムを実施しています。
平成23年度より開講した「駅前アカデミー」は、農業に興味や関心があるものの気軽に学ぶ機会のない方や、日中は働いているため時間が取れない方などを対象に、平日の夜に駅前で行う農業入門講座です。本年度は以下のとおり開講します。

2 参加者
農業に興味や関心があり、知識や情報を得たい方
日中は働いているが農業を学ぶ機会がほしい方 など
定員:各講座50名

3 内容

  開催日 講座名 講師
第1回 6/7(水) 野菜をおいしく食べよう! つぐま たかこ 氏(野菜ソムリエPro)
第2回 6/14(水) この虫なんの虫? 八尾 充睦 氏(石川県農林総合研究センター 主任研究員)
第3回 6/21(水) 知ってる?野菜のおもしろさ 小田桐 悌二 氏(元いしかわ耕稼塾講師)
第4回 6/28(水) 品種改良のふしぎ 村濱 稔 氏(石川県農林総合研究センター 研究主幹)
第5回 7/5(水) 農業の基本は土づくり! 塩口 直樹 氏((株)JAアグリライン石川 技術顧問)
第6回 7/12(水) 作物の病気を知ろう! 森川 千春 氏(石川県農林総合研究センター 主幹)


※講義には、簡単な実習や実験などを取り入れることにより、講義内容を十分納得して学んでいただきます。

 

4 時間 午後7時~午後8時30分(1時間30分)
         (※初回と最終回はオリエンテーションのため午後9時頃まで)

5 会場 石川県女性センター2階 大会議室  (金沢市三社町1-44)     

6 受講料 無料

7 主催 石川県、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構

8 申込方法等
駅前アカデミー申込書
受講申込書を提出。6回全ての講座を受講する方を優先しますが、6回の講座の中から好みの講座を選択しての受講も可能です。

 (2)募集期間 平成29年4月21日(金)~5月22日(月)

 (3)申込み・問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:八田、小森、山際
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F
 TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
E-mail:info@inz.or.jp URL:http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月21日

平成29年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集(二次)について

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

2 募集対象・目的
県内で就農を希望する方で入塾時(平成29年4月1日時点)に59歳未満の方
(但し、予科は64歳未満まで)

【予科】
就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します。
(募集人数:20人程度)
【本科】
就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します。
(募集人数:10人程度)
【専科】
自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者)を対象に、研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します。
(募集人数:若干名)
※研修の詳しい内容や日程については、H29募集要項(2次募集).pdfを参考にして下さい。
※本科生および専科生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。(詳しくは当機構の担当者までお問合せ下さい。)

3 申込について
(1)申込書類
①入塾申込書(写真を添付したもの)
②作文(題:「私が目指す農業経営」 800字以内)
申込書類のダウンロードはこちらから
H29申込書(二次募集).doc
H29申込書(二次募集).pdf
(2)申込期限:平成29年1月25日(水)必着
(3)申込方法:下記まで郵送またはお持ち下さい。
(4)申込先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 (いしかわ耕稼塾 担当:金森、窪田、小林)
       〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F

4 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成29年2月初旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成29年2月上旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

5 お問い合わせ先
不明な点などは、(公財)いしかわ農業総合支援機構へお問合せ下さい。
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構(いしかわ耕稼塾 担当:金森、窪田、小林)
TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
HP:http://www.inz.or.jp/  E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月14日

【募集中】いしかわ耕稼塾「開放セミナー」の開催について

1 趣旨
いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、平日の夜間に駅前で農業を気軽に学ぶための入門講座、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など様々なカリキュラムを実施しています。
今般、一般県民や就農希望者の方々に農業をもっと知っていただく、関心を持っていただく、あるいは職業としての農業について理解を深めていただくためのセミナーを開催しますので、お気軽にご参加ください。

2 主催
石川県、(公財)いしかわ農業総合支援機構

3 日程
平成29年1月14日(土)~2月11日(土)毎週土曜日(全5回)
14:00~16:00(受付13:30~)

4 場所
石川県庁 行政庁舎19階展望ロビー 交流コーナー(石川県金沢市鞍月1丁目1番地)  県庁へのアクセス・駐車場
※無料駐車場があります。

5 詳細日程 (詳しくは「いしかわ耕稼塾開放セミナーチラシ」をご覧下さい)

日時 演題 講師

 

1月14日(土)

 

14:00~16:00

すべてはひとつの出会いからはじまる

~醸造用ぶどうの可能性~

(株)OkuruSky

代表取締役 村山 智一 氏

 

1月21日(土)

 

14:00~16:00

身は一代、名は末代

~イネを育て、イネに育てられ~

(有)たけもと農場

専務取締役 竹本 彰吾 氏

 

1月28日(土)

 

14:00~16:00

想いをカタチに

~農業女子からのメッセージ~

畑の国のアリス 農業女子いしかわ

 

2月4日(土)

 

14:00~16:00

白山麓白峰の恵みと食文化

白山ろく民俗資料館

館長 山口 一男 氏

 

2月11日(土)

14:00~16:00

誰かのためではなく、あなたのために

 

~小規模だからこそ出来ること~


(有)川端鮮魚

取締役 川端 海富理 氏

6 その他
参加無料、定員各100名(先着順)
※セミナー当日は、先着順で席についていただきます。参加者が多いときは、立ち見になる場合がありますので、ご了承ください。 

7 申込み
準備の都合がありますので、参加ご希望の方は、参加用紙に必要事項をご記入の上、FAX又はEメールにていしかわ農業総合支援機構まで送付してください。(当日の追加参加も可)

 

参加申込書(PDF)

  

参加申込書(WORD)

 


8 問い合わせ先
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構  担当:金森、廣田、田畠
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月10日

【募集終了】労務管理や人材育成について学ぶセミナーを開催します

 1 趣旨

 経営の多角化や規模拡大を目指す農業経営体にとって、雇用労働力は必要不可欠である。しかし多くの経営体は雇用経験が浅いため、雇用主として必要な人事・労務管理の知識や、人材育成にかかる手法の習得などが喫緊の課題となっている。

 このため、「いしかわ耕稼塾」では、農業経営体の幹部及び管理者を目指す方を対象に、雇用をする上で必要となる保険制度や、年間雇用を目指した労務管理や就業規則、被雇用者のモチベーション向上方法などを学ぶ「企画管理力向上セミナー」を開催する。

 

2 募集対象・定員

  規模拡大・多角化等を目指す農業経営体の幹部又は管理者を目指す方

   定員:各会場とも15名程度  ※ 過去に受講・修了した方も対象

   ※ 各会場とも申込みが5名を下回った場合は中止とします

 

3 研修概要

 (1) 金沢コース(場所:地場産業振興センター新館第13研修室)

 

日程 内容
第1回

1月17日(火)

13~16時

被雇用者のモチベーション向上研修(1)

場の空気を作る方法や、若手とのコミュニケーションをとり、やる気にするための会話について学びます。

第2回

1月24日(火)

13~16時

被雇用者のモチベーション向上研修(2)

外発的動機付けと内発的動機付けの違い、燃える集団、フロー集団の理解とそれに導く手法について学びます。

第3回

1月31日(火)

13~16時

被雇用者のモチベーション向上研修(3)

やる気をなくしたとき、落ち込んだときの対処方法について学びます。

第4回

2月7日(火)

13~16時

被雇用者のモチベーション向上研修(4)

シンプルでかつモチベーションの基本である、ほめる/任せる/承認する、を学習します。

第5回

2月14日(火)

13~16時

労務管理の理論と実務(1)

労働法、労働契約、就業規則の基本を学びます。

第6回

2月21日(火)

13~16時

労務管理の理論と実務(2)

入社から退職までの労務管理について、理論と具体的な実務を学びます。

第7回

2月28日(火)

13~16時

経営者・指導者向けマナー研修

ビジネスは良好な人間関係を築くことが大切です。ビジネスマナーをはじめ、コミュニケーション力や効果的な話し方など、人間関係力を身につけます。

 
(2) 能登コース(第1回のみ金沢開催なので注意)
 
日時場所内容
第1回

2月28日(火)

13~16時

地場産業振興センター新館

第13研修室

経営者・指導者向けマナー研修

ビジネスは良好な人間関係を築くことが大切です。ビジネスマナーをはじめ、コミュニケーション力や効果的な話し方など、人間関係力を身につけます。

第2回

3月7日(火)

10:30~

16:30

奥能登行政センター(能登空港)3階

農林会議室

被雇用者のモチベーション向上研修

・若手とコミュニケーションするための会話について学びます。

・外発的動機付けと内発的動機付けの違い、燃える集団であるフロー集団の理解とそれに導く方法について学びます。

・権限委譲と承認の効果について学びます。

第3回

3月14日(火)

10:30~

16:30

奥能登行政センター(能登空港)3

農林会議室

労務管理の理論と実務

・労働法、労働契約、就業規則の基本を学びます。

・入社から退職までの労務管理について、理論と具体的な実務を学びます。

 
(3) 講師
  被雇用者のモチベーション向上研修・・・・・(株)人材情報センター 奥野 肇 氏
  労務管理の理論と実務・・・・・・・・・・・・・・・・吉田社会保険労務士事務所 吉田 純一 氏
  経営者・指導者向けマナー研修・・・・・・・・・オフィスワン 中川 真由美 氏
 
4 受講料  無料
 
5 申込手続き
(1) 提出書類:参加申込書(wordファイルです。うまくダウンロードできない場合はご一報ください。)
(2) 締め切り:平成28年12月20日(火)まで(定員に達し次第、締め切ります)
(3) 提出方法:郵送、FAX、E-mailのいずれかにより事務局まで提出願います。
(4) 事 務 局:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:廣田、金森、加藤
        〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 県地場産業振興センター新館4階
        TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622  
        URL:http://www.inz.or.jp/  E-mail:info@inz.or.jp
 

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月27日

「いしかわの農業学ぼう冬期コース」大根寿しづくりを開催しました!

 11月22日(火)、26日(土)、27日(日)の3日間にかけて、大根寿しの下漬け、甘酒づくり、本漬けを行いました。
 ※「甘酒づくり」は番外編として希望者のみ参加していただきました。

<11月22日(火)下漬け>
・皮をむいた大根を適度なサイズに切り分け、下漬け用の桶に切った大根と塩を入れ、重石を載せ、4~5日間塩漬けします。大根は歯ごたえを残すために少し大きめに切ります。
161122daikonzushi
161122daikonzushi2

<11月26日(土)甘酒づくり>
・炊いたご飯にお湯を入れ、適温になったところで、糀を投入し混ぜ合わせます。その後、炊飯ジャーで保温し出来上がりを待ちます。待つ間、にんじんや昆布などを刻んで明日の準備をします。
・身欠きニシンは、米のとぎ汁に浸けて戻します。
・大根寿しでは、硬めの甘酒を使います。
161126daikonzushi
161126daikonzushi2

<11月26日(日)本漬け>
・桶の中に大根やニシン、人参等の具材と甘酒を一緒に漬け込んでいきます。
・全ての材料を漬け込み、最後に落とし蓋をし、重しを載せて完成です!食べ頃は4~5日後となります。美味しい大根寿しになりましたか?
161127daikonzushi

☆農業学ぼうコースは今回の大根寿しづくりが最終回でした。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月13日

11月13日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の8日間・秋冬期コースを開催しました

 今回は、8日間・秋冬期コースの方を対象に、
①ハクサイ収穫
②ダイコン収穫
③ネギ収穫
④ホウレンソウの収穫
を実施しました。
 8日間コースの講義は、「堆肥づくりについて」でした。

161113ハクサイ収穫06.JPG
ハクサイは、概ね順調に生育して、今日がちょうど収穫適期でした。

161113ダイコン収穫01.JPG
ダイコンは、間引き後は雨が少なく、追肥がうまく効かずに小さくなってしまいました。

161113洗い04.JPG
ダイコンは収穫後、冷たい水で土を洗い流しました。

161113ネギ収穫10.JPG
ネギの収穫は、大半の方が初めてだったと思います。

8日間コース、秋期コース、冬期コースは、農作業は本日で終了です。
おつかれさまでした。

大根寿し作りに参加される方は、次回は11月22日(火)です。
場所は、農林総合研究センター「ふれあいのいえ」(金沢市才田町戊295-1)ですので、お間違えなく!!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月 8日

【募集終了】平成29年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

2 募集対象・目的
県内で就農を希望する方で入塾時(平成29年4月1日時点)に59歳未満の方
(但し、予科は64歳未満まで)

【予科】
就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します。
(募集人数:40人程度)
【本科】
就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します。
(募集人数:16人程度)
【専科】
自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者)を対象に、研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します。
(募集人数:8人程度)
※研修の詳しい内容や日程については、募集要項を参考にして下さい。
※本科生および専科生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。(詳しくは当機構の担当者までお問合せ下さい。)

3 申込について
(1)申込書類
①入塾申込書(写真を添付したもの)
②作文(題:「私が目指す農業経営」 800字以内)
申込書類のダウンロードはこちらから
ワードファイル
PDFファイル
(2)申込期限:平成28年11月30日(火)必着
(3)申込方法:下記まで郵送またはお持ち下さい。
(4)申込先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 (いしかわ耕稼塾 担当:金森、窪田、小林)
       〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F

4 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成28年12月上旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成28年12月中旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

5 お問い合わせ先
不明な点などは、(公財)いしかわ農業総合支援機構へお問合せ下さい。
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構(いしかわ耕稼塾 担当:金森、窪田、小林)
TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
HP:http://www.inz.or.jp/  E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月10日

10月9日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の8日間・秋冬期コースを開催しました!

 今回は、8日間・秋冬期コースの方を対象に、
①ハクサイ除草、
②ダイコン間引き・除草・追肥、
③ネギ除草・追肥、
④ホウレンソウの収穫を実施しました。
 8日間コースの講義は、「秋野菜の栽培管理について」です。

161009はくさい除草
はくさいは、場所によっては台風で株が飛ばされてしまいました。

161009だいこん
だいこんは間引き。4株を1株に選抜します。

161009ネギ除草
ねぎの株間に雑草がいっぱい。手で丁寧に除草します。

161009ほうれんそう
ほうれんそうはちょうど良い大きさになっていました。

次回は11月13日(日)です。
いよいよ、だいこん・はくさい・ねぎを収穫します。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年9月 8日

【募集終了】いしかわ耕稼塾「6次産業化研修・初級コース」研修生の募集について

1 趣 旨
 昨今、農業者の加工・販売分野への進出や商工業者との連携など、いわゆる農業の6次産業化が注目されていますが、継続した取り組みを実現するためには、農業者自らが流通・販売や取引等に関する知識やリスク等を理解しておく必要があります。
 この度、当機構では、昨年度に引き続き、農業経験が比較的浅い農業者や就農希望者等を対象として、流通・販売やマーケティング等に関する基礎知識や取組事例等について、座学や現地視察により体系的に学ぶ研修を行うこととし、その研修生を募集します。

2 募集対象及び募集人数
【募集対象】
6次産業化に関心のある農業者(新規就農者を含む)
県、市町、JA等関係機関・団体の指導者
【募集人数】
A,B班 各15名程度
(希望者が多い場合は、抽選となります。また、コースは希望どおりにならない場合があります。)

3 研修の概要(詳細はカリキュラム(案)を参照)

【研修期間】  平成28年10月 ~ 平成28年11月(計4回)
【研修内容(予定)】
・講義:6次産業化の意義、流通・販売の現状と課題、マーケティングの必要性 ほか
・視察:6次産業化事例、流通・販売事例 ほか
 A班:加賀地域の事例を視察
 B班:能登地域の事例を視察
【研修場所】  石川県農林総合研究センター ほか

4 受講料 無料 (ただし、事例視察等で参加費が必要となる場合があります。)

5 申込手続き
【申込書類】:参加申込書
※ファイルが開けない場合は電話ください
【申込期間】:平成28年9月9日(金)~9月30日(金)まで
【申込方法】:郵送、FAX、E-mailにより事務局まで提出願います。
【事務局・担当】:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:宮代(みやしろ)、北間、横山
920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

6 受講者の決定   10月上旬までに受講者を決定し、カリキュラムの詳細とともに通知します。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年9月 7日

9月4日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の8日間・秋冬期コースを開催しました!

 今回は、8日間・秋冬期コースの方を対象に、①ダイコンの播種、②ハクサイの移植、③ホウレンソウの播種を実施しました。
 8日間コースの講義は、「被覆資材について」です。

160904開会式02.JPG
秋期コース・冬期コースは今日が初回です。当機構の髙山専務が開講の挨拶を行いました。

160904講義.JPG
講義では、マルチの種類などについて学びました。

160904ダイコン07.JPG
だいこんの播種。小さな種を、3粒ずつ、6カ所に播きました。

160904ハクサイ09.JPG
はくさいの定植。4カ所に植えました。定植後は、事務局でたっぷり水をあげました。

160904ホウレンソウ02.JPG
ほうれんそうの播種。「ごんべえ」と呼ばれる播種機を押して播きました。

次回は10月9日(日)です。ホウレンソウ収穫、ダイコン間引き、ハクサイ追肥、ネギ土寄せ・・・作業が盛りだくさんです。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年8月25日

いしかわ耕稼塾「需要対策型野菜づくり研修」(第2回) の開催について

市場動向や需要者のニーズに応える農産物生産を推進するため「需要対応型野菜づくり研修」を開催いたします。
講師は、流通のプロや市場ニーズに対応した農産物づくりを行っている篤農家が務め、実需者が求める野菜や品種など最新のニーズについて伝授してもらいます。興味がある方は、是非、ご参加下さい。

(1)日 時 平成28年10月27日(木)13:15~16:30

(2)会 場 木村農産(白山市木津町)
      福来園(野々市市中林)

(3)テーマ 「市場ニーズや消費者を意識した商品づくり」

(4)講 師 ①木村農産 木村 博美 氏
       ・市場ニーズを捉えた品目での野菜栽培や農産物加工に取り組む
      ②福来園 福田 康浩 氏
       ・都市近郊の消費者ニーズに応える農業経営

(5)定 員 20名

(6)集合場所・出発時間 石川県地場産業振興センター新館前 13:15出発
           (研修は、バスでの移動になります)

(7)受講料  無料

(8)参加申込 申込書に必要事項をご記入の上、10月17日(月)までに、機構へ提出願います。

開催要領
2需要対応型野菜づくり研修(開催要領).docx

申込書
申込書(野菜づくり第2回).docx

旅程表
旅程表(野菜づくり第2回).docx

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年8月21日

8月21日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の8日間コースを開催しました!

 今回は、8日間コースの方を対象に、「育苗管理について」講義を行い、その後、①ハクサイの播種、②ほ場準備の説明を実施しました。

160821講義01.JPG
本日の講義のテーマは「育苗管理について」です。育苗の目的や資材の種類、管理上の注意点を学びました。

160821播種前説明09.JPG
講義の後は外に出て、実際にセルトレーを用いて、培土の詰め方等、播種の一連の作業について学びました。

160821播種06.JPG
説明の後は、実際にハクサイの播種作業をしました。生分解性のポットに土を詰めて、小さな種を1粒ずつ播きました。

160821ほ場準備10.JPG
予定では苦土石灰の散布作業をする予定でしたが、あまりに暑いので、ほ場準備や育苗管理について、実物を見ながらの説明会となりました。

暑い中、お疲れ様でした!次は9月4日(日)です!


※お願い※
20160612parking
研修館正面に駐車する際は、バック&斜め駐車にご協力ください。ただし後ろに側溝がありますので、下がりすぎないようご注意ください。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年8月 7日

8月7日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の8日間・夏期コースを開催しました!

 今回は、8日間・夏期コースの方を対象に、①エダマメの収穫、②金時草の収穫、③ねぎ土寄せ(8日間のみ)を実施しました。
 8日間コースの講義は、「土づくりについて」です。

160807kougi.JPG
講義では、土壌の種類や肥料成分などについて学びました。

160807エダマメ収穫_夏01.JPG
エダマメ収穫作業です。適期はやや過ぎてしまいましたが、たくさん実りました。

160807エダマメ収穫_夏17.JPG
余計な葉は落として持ち帰ります。こういう作業を「調整」と言います。

160807金時草収穫_夏06.JPG
金時草は除草しながら収穫しました。

160807ネギ土寄せ01.JPG
ねぎは小さいため、根を傷めぬよう軽く土寄せしました。

160807専務挨拶05.JPG
夏期コースは本日で最終回のため、当機構の髙山専務から挨拶しました。
おつかれさまでした!!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年7月24日

(募集終了)いしかわの農業学ぼう冬期コース

1 趣 旨
いしかわ農業総合支援機構では、農作物の種まきから収穫・加工までの様々な農作業体験を通して、農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の皆様に農業への関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において「いしかわの農業学ぼうコース」を開催いたします。
今回、種まきや収穫などの農作業や農産物加工を体験できる「いしかわの農業学ぼう冬期コース」を開講しますので、お気軽にご参加ください。

2 募集対象者及び定員
農業に興味や関心を持っている県民の方
25組(50人程度)
※5回全てに参加出来る方に限ります。
※1人での参加、3人以上での参加も可能
※応募者多数の場合は、予定より早く締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要
1)会場 河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾ほ場・・・津幡町字湖東395(地図)
2)時間 午前9時30分~11時30分
3)内容 種まきから収穫などの農作業体験、大根寿し作り体験
4)日程
1回目 9月 4日(日) ダイコン・ホウレンソウ種まき、ハクサイ植え付け、ねぎ土寄せ
2回目10月 9日(日) ホウレンソウ収穫、ダイコン間引き、ハクサイ追肥、ねぎ土寄せ
3回目11月13日(日) ダイコン・ハクサイ・ねぎ収穫
4回目11月22日(火) 大根寿し下漬け
(11月26日(土)に希望者のみを対象とした「甘酒づくり」を予定しています)
5回目11月27日(日) 大根寿し本漬け
※開催日及び内容は、気象条件や生育状況等により変更となる場合があります。

4 参加費  1組 2,000円(第1回目の受付時にお支払いください。)

5 申込手続

  1)申込方法
いしかわ農業総合支援機構まで電話又はFAXでお申し込みください。 
電話番号  076-225-7621
FAX番号  076-225-7622
募集チラシ  H28冬期コース

2)申込期間  7月22日(金)~8月23日(火)

お問い合わせ先
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構  担当 窪田、廣田、小林
〒920-8203  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 
石川県地場産業振興センター新館4F
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622 
E-mail:info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年7月24日

(募集終了)いしかわの農業学ぼう秋期コース

1 趣 旨
いしかわ農業支援機構では、農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の皆様に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において「いしかわの農業学ぼうコース」を開催いたします。
今回、種まきや収穫などの農作業を体験できる「いしかわの農業学ぼう秋期コース」を開講しますので、お気軽にご参加ください。

2 募集対象者及び定員
農業に興味や関心を持っている県民の方
25組(50人程度)
※3回全てに参加出来る方に限ります。
※1人での参加、3人以上での参加も可能。
※応募者多数の場合は、予定より早く締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要
1)場所 河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾ほ場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
2)時間 午前9時30分~11時30分
3)内容 種まきかや収穫などの農作業体験
4)日程
1回目  9月 4日(日) ダイコン・ホウレンソウ種まき、ハクサイ植え付け、ねぎ土寄せ
2回目 10月 9日(日) ホウレンソウ収穫、ダイコン間引き、ハクサイ追肥、ねぎ土寄せ
3回目 11月13日(日) ダイコン・ハクサイ・ねぎ収穫
※開催日及び内容は、気象条件や生育状況等により変更となる場合があります。

4 参加費  1組 1,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込手続
1)申込方法
いしかわ農業総合支援機構まで電話又はFAXでお申し込みください。
電話番号  076-225-7621
FAX番号  076-225-7622
(参考)   H28秋期コース募集チラシ

2)申込期間  7月22日(金)~ 8月23日(火)

お問い合わせ先

公益財団法人いしかわ農業総合支援機構

担当 窪田、廣田、小林

〒920-8203  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F

TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622 

URL http://www.inz.or.jp/



 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年6月30日

いしかわ耕稼塾「他産業連携による革新技術習得研修(低コスト水稲直播モデル確立、環境制御型施設園芸モデル確立の取組等)」の研修生募集について

1.目 的
  「いしかわ耕稼塾」の一環として、意欲ある農業者や農業法人を対象として、コマツ等の他産業の
 収益力向上に向けた取り組みや革新的なプロジェクトに関する研修及び実習を行うことで、農業者の
 資質向上と各プロジェクトの実用化につなげることを目的とします。

2.開催日 平成28年8月5日(金)13:30~16:30

3.会 場 石川県農林総合研究センター2階 第4会議室
      (金沢市才田町戊295-1)

4.対象者 農業法人等の代表者・従業員

5.内 容 「製造業」の観点から見たコスト低減や収益向上についての考え方  
      ・低コスト水稲直播モデル確立(多機能ブルドーザ等)の取組
      ・環境制御型施設園芸モデル確立(地下水空調装置等)の取組 
      ・現地視察 等

6.講 師 (株)小松製作所粟津工場 
      生産技術部 農業/林業支援グループ 主幹 竹原 宣博 氏
      生産技術部 農業/林業支援グループ 主幹 三谷 典夫 氏

7.定 員 25名程度

8.受講料 無料

9.申込手続き
 (1)申込書類 受講申込書
 (2)申込締切 平成28年7月29日(金)
 (3)申込方法 FAXまたはメールにて受講申込書を下記までご提出ください
 (4)申込先
  〒920-8203 
  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
   (公財)いしかわ農業総合支援機構 (担当:寺西、北間、松本)
   TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
   E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年6月21日

6月19日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の8日間・夏期コースを開催しました!

 今回は、8日間・夏期コースの方を対象に、①コマツナの収穫または除草、②エダマメの土寄せ、③金時草の摘心・除草を実施しました。
 8日間コースの講義は、「病害虫防除について」です。

160619講義07.JPG
講義では、農薬の使い方や農薬に頼らない防除方法について学びました。

160619コマツナ20.JPG
ちょっと小さいコマツナでしたが、収穫作業です。

160619エダマメ&金時草04.JPG
エダマメの土寄せは、株の根本に土を寄せることで、新しい根っこを生やし生育を促します。「摘心(てきしん)」とは、金時草の先端の芽を摘む作業で、枝の脇にある芽を伸ばします。


慣れない鍬作業でしたが、上手に出来たでしょうか?次は8月7日(日)の予定です!


※お知らせ※
19日にコマツナを収穫しなかった皆様へ
6月26日(日)にコマツナの収穫を行います。
作業時間は、9~12時です。
受付・駐車場誘導はございませんので、気をつけてお越し下さい。
コマツナのハウスにスタッフがいますので、お声かけの上、収穫作業を行って下さい。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年6月19日

いしかわ耕稼塾「他産業連携による革新技術習得研修(コマツのノウハウを活用した課題発見研修)」の研修生募集について

1.目 的
 近年、農業法人の経営規模の拡大が進む中、客観的な分析に基づき経営目標を立て、実現するための経営体制の構築が必要とされています。
 こうした中、製造業では従来から、経営目標の達成に向け、現状把握のためのデータ収集、問題点の把握、対策立案等のノウハウが蓄積されています。
 本研修では、コマツから講師を招き、農業者がこれらのノウハウを習得することで、経営の効率化等につながる課題発見力の向上を目指します。

2.開催日
 【第1回】平成28年7月19日(火)13:00~17:00
 【第2回】平成28年8月 8日(月)13:00~17:00
 【第3回】平成28年11月24日(木)13:00~17:00

3.会 場 
 石川県地場産業振興センター(金沢市鞍月2丁目20番地)
 【第1回】本館3階 第6研修室
 【第2回】本館3階 第8会議室
 【第3回】本館3階 第8会議室

4.対象者 
 農業法人等の代表者・従業員
 (※3回の研修のいずれも参加できる方、過去の受講者は2回目からの参加も可)

5.内 容 
 【第1回:講義】
  ・現状把握、問題点の把握、対策立案の進め方
  ・データの取扱い方法
  
 【第2回:ワークショップ】
  ・各自社内の課題発見の演習

  <研修生の課題発見の一例>
   のとてまりの規格外の発生原因(サイズが小さい、変形等)別に発生割合をデータ化し、
   発生割合の多い原因について湯煎的に根本原因を検討

 【第3回:実践結果の発表】
  ・各自社内での取組結果の発表

6.講 師 コマツ コマツウェイ総合研修センタ講師
7.定 員 12名程度
8.受講料 無料

9.申込手続き
 (1)申込書類 受講申込書
 (2)申込締切 平成28年7月12日(火)
 (3)申込方法 FAXまたはメールにて受講申込書を下記までご提出ください
 (4)申込先
  〒920-8203 
  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
   (公財)いしかわ農業総合支援機構 (担当:寺西、北間、松本)
   TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622  
   E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年6月19日

6月17日(金)に平成28年度「いしかわ耕稼塾」開講式を開催しました!

6月17日(金)に、「いしかわ耕稼塾」8期生の開講式が行われました。

はじめめに、いしかわ耕稼塾名誉塾長である谷本正憲石川県知事と、丸山利輔いしかわ耕稼塾塾長より激励の言葉を賜りました。
160617知事挨拶.JPGのサムネール画像
160617塾長激励.JPGのサムネール画像


研修生を代表して本科生の中野聖太さんが誓いのことばを述べ、決意を新たにしました。
160617誓い.JPG

開講式後、研修生代表と知事及び塾長が、研修にむけての意欲や目標について懇談しました。
最後に、各コース研修生と知事及び名誉塾長と記念撮影を行いました。

スキルアップコース研修生
160617スキル.JPG

マネジメントコース研修生
160617マネジ.JPG

専科・本科研修生
160617専科本科.JPG

実践科研修生
160617実践科.JPG

予科研修生
160617予科.JPG

一年間の講義を通じて、技術・知識の習得だけでなく、仲間づくりにも励んでもらえればと思います。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年6月12日

6月12日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の8日間コースを開催しました!

 今回は、8日間コースの方を対象に、事前にいただいた質問への回答を1時間ほど行い、その後、①ねぎの補植&水やり、②コマツナの除草を実施しました。
 学ぼうコースの中でも地道な作業でしたが、皆さんのおかげで無事終えることができました。

20160612kougi
本日の講義では、皆さんの疑問・質問にお答えしました

20160612negi
ねぎの数が足りないところに、予備の苗を手で植え、じょうろでたっぷり水やり。

20160612komatsuna
コマツナはイネ科の雑草が大繁殖(除草剤をまいていません)。手で草をとり、コマツナ救出!

暑い中、作業お疲れ様でした!次は6月19日(日)です!


※お願い※
20160612parking
研修館正面に駐車する際は、バック&斜め駐車にご協力ください。ただし後ろに側溝がありますので、下がりすぎないようご注意ください。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年6月 6日

生育状況:「いしかわの農業学ぼう夏期コース&8日間コース」(6月5日)

5月29日(日)に播種・定植した「夏期コース」と「8日間コース」のほ場の様子をお知らせします。

現在のコマツナの生育は、このとおり。
160605komatsuna_zentai
芽が出ました。よく見ると草も・・・。

そして、露地のほ場。
ねぎは、雨が少ないので辛そうです。何度か水やりをしています。
DSC_0718.jpgのサムネール画像

160605edamame_and_kinjisou
エダマメと金時草は元気です。

では、8日間コースの方は6月12日(日)、夏期コースの方は6月19日(日)にお会いしましょう!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年5月31日

5月29日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の夏期コース、8日間コースを開催しました!

 今回は、①金時草苗の植え付け作業、②金時草の挿し木作業、③コマツナの種まき作業、④ねぎ苗の植え付け作業を行い、8日間コースでは野菜の播種・定植に関する講義を併せて実施しました。
 汗ばむくらいの陽気でしたが、参加された皆さんは真剣に作業に取り組んでおられました。収穫が楽しみですね!

 これから野菜の生育状況等について、機構HPに随時更新していきますので、ぜひご覧下さい!

20160529takayamasenmu
髙山専務の挨拶で学ぼうコースが始まりました!(8日間コース)

20160529kougi
第1回目の講義は、「播種、定植について」(8日間コース)

20160529kinjisou_teishoku
金時草の苗を植え付け、大きくなあれ(夏期・8日間コース)

20160529kinjiou_cut
はさみを使って金時草を切り分け、どこを切り取ろうか相談中(夏期・8日間コース)

20160529komatsuna
コマツナは器械を押して種まき、ちょっと押しにくいかな(夏期・8日間コース)

20160529edamame
エダマメの植え付け、優しく優しく・・・(夏期・8日間コース)

20160529negi
ねぎは器械を引いて植え付け、意外と重たい・・・(夏期・8日間コース)

暑い中、作業お疲れ様でした!ではまた次回!!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年5月26日

【募集終了しました】平成28年度いしかわ耕稼塾「実践科」研修生を募集します

1 趣 旨
 近年、新規就農者数は増加傾向にあるものの、非農家出身が約9割を占めており、農業に関する基礎的な知識や技術の習得機会を経ずに就農し、営農定着に苦慮する場合が見受けられる。
 このため、就農後1年程度以下の経験の浅い者を対象に、農業に関する基礎的な知識を幅広く習得することを目的とした研修を実施し、実践的な能力を高めることにより、農業の担い手の育成・定着を促進する。

2 受講対象
農業教育を受けていない就農後1年程度以内の農業経験の浅い者
(農業法人・参入企業の栽培担当者、農家子弟も含む)

3 研修の概要 

目 的 農業に関する基礎的な知識を幅広く習得し、今後の営農・業務に活かす
募集人員 金沢会場、能登会場  各30名程度
研修期間

平成28年6月~29年3月 全57コマ(能登は55コマ)
1コマ=3時間(午前9:00~12:00、午後13:00~16:00)
※各回、2コマ(9~16時)を基本に実施

研修日 (金沢会場)原則・毎週火曜日、
(能登会場)原則・毎週火または金曜日
研修内容

【作物栽培基礎】栽培学基礎(水稲、野菜)、栽培管理実習(果樹、ほか)
【病害虫・土壌】病害虫防除基礎、土壌肥料学基礎
【農業機械】農業機械整備・実習、大型特殊免許(農耕車限定)取得、刈払機
【経営】農業簿記基礎
【加工・6次化】6次産業化研修(初級)、農産加工実習
【その他】日本農業技術検定3級受験、開放セミナー、県内農家視察研修 等

参考

研修場所 ・金沢会場:石川県農林総合研究センター、河北潟農業研修館など
・能登会場:石川県農林総合研究センター、(同左)能登駐在など
その他

・教材等の実費を徴収することがあります
・過去に実践科を受講した方は「農業即応技術研修」にお申し込みください

※ 研修日程は以下を参照ください。調整中の講義もあります、ご了承ください。
実践科【金沢】研修予定
実践科【能登】研修予定

4 申込手続き
(1)申込書類: 受講申込書
(2)申込締切:平成28年6月上旬頃まで
(3)申込方法:郵送またはFAX、メールにて受講申込書を下記までご提出ください
(4)申込先:
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (担当:廣田、金森 )
TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年5月 2日

【募集終了しました】平成28年度いしかわ耕稼塾「農業即応技術研修」研修生の募集について

1 趣 旨
 近年、新規就農者数は増加傾向にあるものの、非農家出身が約9割を占めており、農業に関する基礎的な知識や技術の習得機会を経ずに就農し、営農定着に苦慮する場合が見受けられる。
 このため、就農後5年程度までの経験の浅い者を対象に、生産現場で直面する課題に適切に対応できる技術の習得を目的とした研修を実施し、即応能力を高めることにより、農業の担い手の育成・定着を促進する。

2 受講対象
農業教育を受けていない就農後5年以内の農業経験の浅い者
(農業法人・参入企業の栽培担当者、農家子弟、実践科・予科修了生も含む)

3 研修の概要 

目 的 各農場・農園で問題となっている生育不良や病害虫等に対応できる農業者の育成を目指す
募集人員 金沢会場、能登会場  各10名程度
研修期間

平成28年6月~2月 全54コマ(能登は55コマ)
1コマ=3時間(午前9:00~12:00、午後13:00~16:00)
※各回、2コマ(9~16時)を基本に実施

研修日 2~3日/月の講義・実習
研修内容

Ⅰ 必修講座 14コマ(能登15コマ)
(1)実習4コマ(能登5コマ)
【金沢会場】 以下のうち、1作目を選択して受講[2コマ×2日]
・水稲栽培の基礎実習(穂肥・刈取診断など)
・野菜栽培の基礎実習(生育診断・試験栽培など)
・果樹栽培の基礎実習(収穫・剪定など)
【能登会場】 野菜栽培の基礎実習[1コマ×5日]
(2)講義10コマ[2コマ×5日]

Ⅱ 選択講座 40コマ(希望者のみ受講)
大型特殊(農耕車限定)免許取得、農業簿記、農業経営力養成講座、
次世代農業人交流大会、農産加工実習、県外先進経営体視察 等

研修場所 ・金沢会場:石川県農林総合研究センター、河北潟農業研修館など
・能登会場:石川県農林総合研究センター、能登駐在所研修館など
その他

教材等の実費を徴収することがある

※日程などの詳細は下記カリキュラムを参照ください

■「農業即応技術研修」カリキュラム【金沢会場】
■「農業即応技術研修」カリキュラム【能登会場】

4 申込手続き
(1)申込書類: 受講申込書
(2)申込締切:平成28年5月27日(金)まで
(3)申込方法:郵送またはFAX、メールにて受講申込書を下記までご提出ください
(4)申込先:
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (担当:金森、廣田 )
TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年4月22日

【募集終了しました】ためしてナットク!いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』

ためしてナットク!
いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』受講者募集について
~農業入門 楽しくおいしく農業を学ぼう!~

1 趣旨
「いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など、様々なカリキュラムを実施しています。
平成23年度より開講した「駅前アカデミー」は、農業に興味や関心があるものの気軽に学ぶ機会のない方や、日中は働いているため時間が取れない方などを対象に、平日の夜に駅前で行う農業入門講座です。本年度は以下のとおり開講します。

2 参加者
農業に興味や関心があり、知識や情報を得たい方
日中は働いているが農業を学ぶ機会がほしい方 など
定員:各講座50名

3 内容

  開催日 講座名 講師
第1回 6/1(水) 野菜を育てよう! 小田桐 悌二(元いしかわ耕稼塾講師)
第2回 6/8(水) この虫なんの虫? 八尾 充睦(石川県農林総合研究センター 主任研究員)
第3回 6/15(水) 作物の病気を知ろう! 森川 千春(石川県農林総合研究センター 主幹)
第4回 6/22(水) 農業の基本は土づくり 塩口 直樹((株)JAアグリライン石川 技術顧問)
第5回 6/29(水) 野菜をおいしく食べよう! つぐま たかこ(野菜ソムリエ)
第6回 7/6(水) 品種改良のふしぎ 村濱 稔(石川県農林総合研究センター 専門研究員)


※講義には、簡単な実習や実験などを取り入れることにより、講義内容を十分納得して学んでいただきます。

 

4 時間 午後7時~午後8時30分(1時間30分)
         (※初回と最終回はオリエンテーションのため午後9時頃まで)

5 会場 石川県女性センター4階 コンベンション室  (金沢市三社町1-44)     

6 受講料 無料

7 主催 石川県、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構

8 申込方法等
(1)申込方法
        駅前アカデミー申込書
受講申込書を提出。6回全ての講座を受講する方を優先しますが、6回の講座の中から好みの講座を選択しての受講も可能です。

 (2)募集期間 平成28年4月22日(金)~5月20日(金)

 (3)申込み・問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:小森、窪田
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F
 TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
E-mail:info@inz.or.jp URL:http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年4月19日

【募集終了しました】いしかわの農業学ぼうコース~8日間コース~

 

1 趣旨

 いしかわ農業総合支援機構では、農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼうコース」を開催しております。
今回は、土づくり・育苗管理・施肥・防除等、野菜栽培の基礎技術について、8日間の講義と実習で学んでいただく「いしかわの農業学ぼう8日間コース」を開講するにあたり、参加者の募集を行います。

2 募集対象者及び定員

 農業の基礎的な知識と技術を取得し、本格的に野菜栽培に取り組もうと考えている県民の方々  

 25組(1組につき2人まで)

※8回全てに参加できる方に限ります。
※これまで「学ぼう8日間コース」に参加された方はご遠慮下さい。
※農薬等を使用するので小さなお子様の参加はご遠慮下さい。
※応募者多数の場合は、予定より早く募集を締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要

(1)場所  河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
                   ※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。
(2)時間  9時30分~11時30分
(3)内容  土づくり、育苗、施肥、防除技術などの講義と実習
(4)日程

  開催日 研修内容
講義 実習
第1回 5月29日(日) 播種、定植について コマツナ播種、エダマメ定植、金時草定植など
第2回 6月12日(日) 野菜づくりについて① 夏野菜の栽培現地講習会
第3回 6月19日(日) 防除について コマツナ収穫、金時草除草、ネギ土入れ
第4回

8月7日(日)

土づくり、施肥について エダマメ収穫、金時草収穫、ネギ土寄せ
第5回 8月21日(日) 育苗管理について ハクサイ播種、定植準備
第6回 9月4日(日) 被覆資材について ホウレンソウ播種、ダイコン播種など
第7回 10月9日(日) 野菜づくりについて② ホウレンソウ収穫、ハクサイ追肥など
第8回 11月13日(日) 堆肥づくりについて

ダイコン収穫、ハクサイ収穫、ネギ収穫など

※開催日・内容は、気象条件・生育状況等により変更となる場合があります。
※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。
※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。
 

4 参加料

    1組 2,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込み

  (1)申込方法
          いしかわ農業総合支援機構まで電話又はFAXで申込みください。
          電話番号 076-225-7621 FAX 076-225-7622
 

    8日間コース申込書(PDF)

   ※郵便番号、住所、氏名、年齢、連絡先をお知らせください。
 

     (2)申込み期間  4月18日(月)~5月12日(木)
 

お問い合せ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:窪田(くぼた)、小林(こばやし)、廣田(ひろた)
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
Tel 076-225-7621  Fax 076-225-7622
Mail:info@inz.or.jp  URL:http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年4月19日

【募集終了しました】いしかわの農業学ぼうコース~夏期コース~

1 趣 旨

 農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼう夏期コース」を開催します。


2 募集対象者及び定員

農業に関心を持ち、農業を理解しようとする県民の方々
50組(100名程度)
※3回の日程すべてに参加可能の方に限ります。    
※1人での参加、1組3人以上(ご家族など)でも参加可能です。
※応募者多数の場合は、予定より早く募集を締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要

1)場所 河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。

2)時間 午前9時30分~11時30分

3)内容 種まきや収穫などの農作業体験

4)日程

1回目 5月29日(日) コマツナ播種、エダマメ定植、金時草定植・挿し木、ネギ定植
2回目 6月19日(日) コマツナ収穫、エダマメ・金時草除草、ネギ土入れ
3回目 8月 7日(日) エダマメ収穫、金時草収穫、ネギ土寄せ

※開催日及び内容は、気象条件や生育状況等により変更となる場合があります。
※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で、作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。
※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。


4 参加費  1組 1,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込手続

1)申込方法
いしかわ農業総合支援機構まで電話又はFAXでお申し込みください。

電話番号 076-225-7621
FAX番号 076-225-7622

学ぼう夏コース(PDF)

2)申込期間  4月18日(月)~5月12日(木)


お問い合わせ先
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
担当 窪田(くぼた)、小林(こばやし)、廣田(ひろた)
〒920-8203  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622 
URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月21日

平成28年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について (2次募集)

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

 2 募集対象・目的
県内で就農を希望する方で入塾時(平成28年4月1日時点)に59歳未満の方(但し、予科は64歳未満まで)  

区 分 対象および目的 募集人員
予 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します。 20名程度
本 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します。 10名程度
専 科 自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者)を対象に、研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します。 若干名

  ※研修の詳しい内容や日程については、下記の「募集要項」を参考にして下さい。
※本科生および専科生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。(詳しくは当機構の担当者までお問合せ下さい。)

3 申込手続
(1)申込書類:①入塾申込書(写真を添付したもの)
        ②作文(題:「私が目指す農業経営」 800字以内)
(2)申込期限:平成28年1月22日(金)必着
(3)申込方法:下記まで郵送またはお持ち下さい。
(4)申込先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 (いしかわ耕稼塾 担当:金曽、小林、金森)
       〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F

募集要項(PDF) 募集チラシ(PDF).pdf

申込書類(PDF版) 申込書類(WORD版)

4 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成28年1月下旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成28年2月上旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

5 お問い合わせ先
不明な点などは、(公財)いしかわ農業総合支援機構へお問合せ下さい。
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構(いしかわ耕稼塾 担当:金曽、小林、金森)
TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
HP:http://www.inz.or.jp/  E-mail:info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月16日

いしかわ耕稼塾「開放セミナー」の開催について 参加者募集

1 趣旨
いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、平日の夜間に駅前で農業を気軽に学ぶための入門講座、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など様々なカリキュラムを実施しています。
今回は、一般県民や就農希望者の方々に農業をもっと知っていただく、関心を持っていただく、あるいは職業としての農業について理解を深めていただくためのセミナーを開催しますので、お気軽にご参加ください。

2 主催
石川県、(公財)いしかわ農業総合支援機構

3 日程
平成28年1月16日(土)~2月13日(土)毎週土曜日(全5回)
14:00~16:00(受付13:30~)

4 場所
石川県庁 行政庁舎19階展望ロビー 交流コーナー(石川県金沢市鞍月1丁目1番地)  県庁へのアクセス・駐車場
※無料駐車場があります。

5 詳細日程 

日時 演題 講師

1月16日(土)

14:00~16:00

「地域に根ざした新たな農業経営を目指して」

~奥能登地域での内浦アグリサービスの挑戦~

(有)内浦アグリサービス

取締役 瀬爪 忠 氏

1月23日(土)

14:00~16:00

「加賀野菜の産地をつなぐ」

松本農園

松本 充明 氏

1月30日(土)

14:00~16:00

「能登のうちごはんを次世代に伝える」

農家レストランむろたに

室谷 加代子 氏

2月6日(土)

14:00~16:00

「加賀・能登の食文化」

北陸大学

教授 長谷川 孝徳 氏

2月13日(土)

14:00~16:00

「農家に出来ること 農家だから出来ること」

(有)のむら農産

常務取締役 野村 佳史 氏

6 その他
参加無料、定員各100名(先着順)
※セミナー当日は、先着順で席についていただきます。参加者が多いときは、立ち見になる場合がありますので、ご了承ください。 

7 申込み
準備の都合がありますので、参加ご希望の方は、参加用紙に必要事項をご記入の上、FAX又はEメールにていしかわ農業総合支援機構まで送付してください。(当日の追加参加も可)

 

参加申込書(PDF)   参加申込書(WORD)

 

8 問い合わせ先
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構  担当:平谷、寺西、山﨑
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月15日

「いしかわの農業学ぼう冬期コース」大根寿しづくりを開催しました!

 11月24日(火)、28日(土)、29日(日)の3日間にかけて、大根寿しの下漬け、甘酒づくり、本漬けを行いました。
 ※「甘酒づくり」は番外編として希望者のみ参加していただきました。

<11月24日(火)下漬け>
・皮をむいた大根を適度なサイズに切り分け、下漬け用の桶に切った大根と塩を入れ、重石を載せ、4~5日間塩漬けします。

10.JPG 20.JPG

<11月28日(土)甘酒づくり>
・炊いたご飯にお湯を入れ、適温になったところで、糀を投入し混ぜ合わせます。その後、炊飯ジャーで保温し出来上がりを待ちます。
・大根寿しでは、硬めの甘酒を使います。

30.JPG 40.JPG

<11月29日(日)本漬け>
・桶の中に大根やニシン、人参等の具材と甘酒を一緒に漬け込んでいきます。
・全ての材料を漬け込み、最後に落とし蓋をし、重しを載せて完成です!食べ頃は4~5日後となります。美味しい大根寿しになりましたか?

50.JPG 60.JPG

☆農業学ぼうコースは今回の大根寿しづくりが最終回でした。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月17日

11月15日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の秋期・冬期コース(第3回)、8日間コース(第8回)を開催しました!

今回は、ダイコンとハクサイの収穫作業と8日間コースでは堆肥づくりについての講義を併せて行いました。
残念ながら、雨空の下での収穫作業になりました。

1.JPG
秋コースと8日間コースは、今回で最終回でした。楽しんで頂けたでしょうか?

2.JPG
今回の8日間コースの講義は「堆肥づくりについて」でした。
秋の落ち葉を集めてみて、堆肥づくりにチャレンジしてみて下さい。

3.JPG
ダイコンを収穫しました。大きく育っていましたか???

4.JPG
土で汚れているダイコンを水洗い。農家さんも出荷するときは、一本、一本洗っています。

5.JPG
ハクサイを収穫中。虫くいの葉っぱは、畑ではがしておきます。

6.JPG
収穫物がコンテナいっぱいになりました。運ぶのも一苦労!収穫作業は力がいりますね。

今回で、秋コースと8日間コースはおしまいです。ご参加ありがとうございました!!
次回は、冬コースのだいこん寿しづくりが始まります。会場は「ふれいあいの家」になりますので、お間違えのないように!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月19日

10月18日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の秋期・冬期コース(第2回)、8日間コース(第7回)を開催しました!

今回は、①ホウレンソウの収穫、②ダイコンの間引き作業、③露地ほ場の除草を行い、8日間コースでは野菜づくりについての講義を併せて行いました。
秋晴れの農作業日和になりました。露地の野菜もすくすく育ち、収穫が楽しみです。

1.JPG
今回の8日間コースの講義は「野菜づくりについて②」でした。
日頃の野菜づくりのお悩みは解決しましたか?

2.JPG
ホウレンソウの根っこを切って、収穫中。スーパーに並んでいるホウレンソウも、農家さんがひとつひとつ根っこを切っているのです。

3.JPG
「間引き」とは、3粒播いた種を一株にするため、残りの株を抜く作業です。
作業が遅かったためか(種まきから3週間後が作業適期になります)、一足先に小さなダイコンが収穫できました。

次回は、ダイコン&ハクサイの収穫です。収穫物がてんこ盛りになる予定ですので、段ボール箱を準備して来て下さいね!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月 9日

平成28年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

 2 募集対象・目的
県内で就農を希望する方で入塾時(平成28年4月1日時点)に59歳未満の方(但し、予科は64歳未満まで)  

区 分 対象および目的 募集人員
予 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します。 40人程度
本 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します。 16人程度
専 科 自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者)を対象に、研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します。 8人程度

  ※研修の詳しい内容や日程については、下記の「募集要項」を参考にして下さい。
※本科生および専科生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。(詳しくは当機構の担当者までお問合せ下さい。)

3 申込手続
(1)申込書類:①入塾申込書(写真を添付したもの)
        ②作文(題:「私が目指す農業経営」 800字以内)
(2)申込期限:平成27年12月1日(火)必着
(3)申込方法:下記まで郵送またはお持ち下さい。
(4)申込先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 (いしかわ耕稼塾 担当:金曽、小林、金森)
       〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F

・募集要項(PDF)
・申込書類(PDF版)
・申込書類(WORD版)

4 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成27年12月上旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成27年12月中旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

5 お問い合わせ先
不明な点などは、(公財)いしかわ農業総合支援機構へお問合せ下さい。
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構(いしかわ耕稼塾 担当:金曽、小林、金森)
TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
HP:http://www.inz.or.jp/  E-mail:info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年9月24日

生育状況:「いしかわの農業学ぼう秋期・冬期コース&8日間コース」(9月24日)

現在までの生育状況をお届けします。
露地では、播種後は雨が続き、活着(苗が根付くこと)や発芽は順調でした。

1.JPG
播種より1週間後のダイコンです。

2.JPG
こちらはハクサイの苗の様子。雨が強くて土に埋まり気味です。

3.JPG
ホウレンソウも芽が出てきたところです。

昼は晴れ、夜は肌寒く、作物にとっては最適な気候が続いています!
ホウレンソウは多少バラツキがありますが順調に発芽し、ダイコン・ハクサイはどんどん生育しています♪

4.jpg5.jpg6.jpg
9月24日のホウレンソウ、ダイコン、ハクサイのようす。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年9月 7日

9月6日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の秋期・冬期コース(第1回)、8日間コース(第6回)を開催しました!

9月6日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の秋期・冬期コースの1回目、8日間コースの6回目を開催しました!

今回は、①ハクサイ苗の植え付け作業、②ダイコンの種まき作業、③ホウレンソウの種まき作業を行い、8日間コースでは農業の被覆資材に関する講義を併せて行いました。
雨の中の作業になりましたが、お野菜にとっては恵みの雨になったと思います。

1.JPG
今回の8日間コースの講義は「被覆資材について」でした。

2.JPG
雨が本格的に降ってきた中、ハクサイ苗を植え付けしていました。

3.JPG
測り棒を使ってダイコンの種を播いています。

4.JPG
播種機を使ってホウレンソウの種を播いています。
ハウスの左側半分しか種まきしなかったのは、なぜでしょうか。次回をお楽しみに!

これから野菜の生育状況等について、機構HPに随時更新していきますので、ぜひご覧ください!
雨の中の作業、お疲れ様でした!ゆっくり休んで、次回も元気に参加して下さいね☆

【事務連絡】
8月23日の学ぼう8日間コースの参加者でミニハクサイの苗を持って行っていない方、苗の引き取りをお願いします。平日9:00~17:00の間は河北潟農業研修館が開いておりますので、時間内にご自由に引き取りに来て下さい。引き取りの際は、事務室へお声かけお願いします。受け渡し期間は、9月11日(金)までとさせて頂きます。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年9月 2日

「いしかわの農業学ぼうコース」秋期・冬期・8日間コースにむけての準備中です。

9月6日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」秋期・冬期・8日間コースを開催するため準備を行いました。
ホウレンソウの種まき用のハウスの準備です。
1.JPG
前回(8月23日)の8日間コースで、苦土石灰を散布したハウスです。

2.JPG
まずは、草むしりをします。畑をきれいにします。

3.JPG
ハウスの中がきれになったら、肥料を散布します。
ホウレンソウを大きく育てるための栄養です。

4.JPG
機械で、土と肥料を混ぜます。同時に、土を盛って「畝(うね)」を立てます。

5.JPG
畑の準備ができました。こちらに、当日、ホウレンソウの種まきを行います。

6.JPG
外の畑には、ハクサイの苗を植える予定です。雨が続いて畑の準備はまだできていません。

7.JPG
前回の8日間コースで種まきをしたミニハクサイです。
バッチリ芽が出てきました。
それでは、9月6日(日)にお会いしましょう。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年8月24日

8月23日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の8日間コース(第5回)を開催しました!

8月23日(日)に「いしかわの農業学ぼう8日間コース」の第5回を実施しました。
今回は、育苗管理に関する講義とハクサイの種まき作業を行って頂きました!

IMG_7357.JPG
今回の講義は「育苗管理について」でした!

IMG_7426.JPG
ミニハクサイの種まき作業。次回の9月6日には、芽が出ているでしょうか?楽しみです。

IMG_7465.JPG
最後は、露地の畑のお手入れ。サトイモも大きく育っています。

野菜の生育状況等については、機構HPに随時更新していきますので、ご確認ください!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年8月24日

いしかわの農業学ぼう秋期コース募集 募集終了!

1 趣 旨
いしかわ農業支援機構では、農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の皆様に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において「いしかわの農業学ぼうコース」を開催いたします。
今回、種まきや収穫などの農作業を体験できる「いしかわの農業学ぼう秋期コース」を開講しますので、お気軽にご参加ください。

2 募集対象者及び定員
農業に興味や関心を持っている県民の方
25組(50人程度)
※3回全てに参加出来る方に限ります。
※1人での参加、3人以上での参加も可能。
※応募者多数の場合は、予定より早く締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要
1)場所 河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾ほ場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
2)時間 午前9時30分~11時30分
3)内容 種まきかや収穫などの農作業体験
4)日程
1回目  9月 6日(日) ダイコン・ホウレンソウ種まき、ハクサイ植え付け
2回目 10月18日(日) ホウレンソウ収穫、ダイコン間引き、ハクサイ追肥
3回目 11月15日(日) ダイコン・ハクサイ収穫
※開催日及び内容は、気象条件や生育状況等により変更となる場合があります。

4 参加費  1組 1,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込手続
1)申込方法
いしかわ農業総合支援機構まで電話又はFAXでお申し込みください。
電話番号  076-225-7621
FAX番号  076-225-7622   

   チラシ兼申込書(秋期コース)

2)申込期間  7月24日(金)~ 8月25日(火)
    ※応募者多数につき、締め切らせていただきます!

お問い合わせ先
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
担当 金森、小林、金曽
〒920-8203  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622 
URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年8月21日

いしかわ耕稼塾「6次産業化研修・初級コース」研修生の募集について

1 趣 旨

 昨今、農林水産業者の加工・販売分野への進出や商工業者との連携など、いわゆる農林水産業の6次産業化が注目されていますが、継続した取り組みを実現するためには、農林水産業者自らが流通・販売や取引等に関する知識やリスク等を理解しておく必要があります。
 この度、当機構では、昨年度に引き続き、農業経験が比較的浅い農業者等を対象として、流通・販売やマーケティング等に関する基礎知識や取組事例等について、座学や現地視察により体系的に学ぶ研修を行うこととし、その研修生を募集します。

2 募集対象及び募集人数

  6次産業化に関心のある農業者(新規就農者を含む)
   県、市町、JA等関係機関・団体の指導者
     募集人数:20人程度(募集が多い場合は、抽選となります)

3 研修の概要(別添カリキュラム(案)を参照)

研修期間

平成27年10月 ~ 平成27年11月(計4回)

研修内容
(予定)
○講義:6次産業化の意義、流通・販売の現状と課題、マーケティングの必要性 ほか
○視察:6次産業化事例、流通・販売事例 ほか
研修場所 石川県農林総合研究センター ほか 

カリキュラム(案)

4 受講料

     無料 (ただし、事例視察等で参加費が必要となる場合があります。)

5 申込手続き

    (1) 申込書類: 研修参加申込書    ※様式は当機構HPからダウンロードできます。

    (2) 申込期間:平成27年8月21日(金)~9月17日(木)まで

    (3) 申込方法:郵送、FAX、E-mailにより事務局まで提出願います。

    (4) 事 務 局:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:平谷、北間、松本
            920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
            TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
            URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

6 受講者の決定

  9月下旬までに受講者を決定し、カリキュラムの詳細とともに通知します。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年8月19日

いしかわの農業学ぼう冬期コース募集 募集終了!

1 趣 旨
いしかわ農業総合支援機構では、農作物の種まきから収穫・加工までの様々な農作業体験を通して、農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の皆様に農業への関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において「いしかわの農業学ぼうコース」を開催いたします。
今回、種まきや収穫などの農作業や農産物加工を体験できる「いしかわの農業学ぼう冬期コース」を開講しますので、お気軽にご参加ください。

2 募集対象者及び定員
農業に興味や関心を持っている県民の方
25組(50人程度)
※5回全てに参加出来る方に限ります。
※1人での参加、3人以上での参加も可能
※応募者多数の場合は、予定より早く締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要
1)会場 河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾ほ場・・・津幡町字湖東395(地図)
2)時間 午前9時30分~11時30分
3)内容 種まきから収穫などの農作業体験、大根寿し作り体験
4)日程
1回目  9月6日(日) ダイコン・ホウレンソウ種まき、ハクサイ植え付け
2回目10月18日(日) ホウレンソウ収穫、ダイコン間引き、ハクサイ追肥
3回目11月15日(日) ダイコン・ハクサイ収穫
4回目11月24日(火) 大根寿し下漬け
5回目11月29日(日) 大根寿し本漬け
※開催日及び内容は、気象条件や生育状況等により変更となる場合があります。

4 参加費  1組 2,000円(第1回目の受付時にお支払いください。)

5 申込手続

  1)申込方法
   いしかわ農業総合支援機構まで電話又はFAXでお申し込みください。 
   電話番号  076-225-7621
   FAX番号  076-225-7622
     
     チラシ兼申込書(冬期コース)

2)申込期間  7月24日(金)~8月25日(火)
    ※応募者多数につき、締め切らせていただきます!

お問い合わせ先
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構  担当 金森、小林、金曽
〒920-8203  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 
石川県地場産業振興センター新館4F
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622 
E-mail:info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年8月 3日

8月2日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の夏期コース、8日間コースを開催しました!

今回は、エダマメと金時草の収穫、8日間コースでは併せて「土づくりと施肥」についての講義を行いました。
暑い中、また雑草が生い茂る中での作業となりましたが、皆さん楽しく収穫ができたようで良かったです!
夏期コースは今回で最後となりますが、9月からは秋期コースと冬期コースがスタートしますので、引き続きHPをご覧ください♪

IMG_7271.JPG
【8日間コース】今回の講義は「土づくりと施肥について」でした!

R0019285.JPG

R0019298.JPG
【夏期コース・8日間コース】
キンジソウとエダマメいっぱい収穫できましたか???

エダマメの方はやや小ぶりでしたので、8月9日(日)に収穫日を設けます。
9:30~11:30の間は、研修館のトイレを使えるようにしておきます。
当日は受付は行いませんので、各自、自分の番号の札より奥のエダマメを収穫して下さい。
葉っぱや根っこなどのゴミは、畑へ置いておいて下さい。農道や溝には捨てないで下さい!!
本日と同様に、暑くなると思われますので、水分と帽子は忘れずに!

それでは、暑い中、お疲れ様でした!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年7月 3日

6月28日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の夏期コース、8日間コースを開催しました!

今回は、コマツナの収穫、8日間コースでは併せて「農薬の正しい使い方」について講義を行いました。
連日の雨で、露地の草むしりは中止でしたが、ハウスの中のコマツナは大豊作!
収穫は楽しんでいただけたでしょうか?

1.JPG
今回の講義は「農薬の正しい使い方」でした!

2.JPG
大きくなったコマツナを一生懸命収穫しています♪

3.JPG
大きくなりすぎて、両手で引っ張らないと抜けません。

4.JPG
露地の畑は、雑草で緑色に・・・

5.JPG
エダマメに、番号札を挿しました。
農道から見て、番号札より奥が収穫場所になります。
大きくなるといいですね。

さて、恵みの雨で畑の草もぐんぐん伸びています。
7月5日(日)に、希望者のみ、草むしりの作業を行います。
(※参加連絡は不要)
研修館は、9:30~11:30の間、トイレを使用できるように開放しておきます。
夏にたくさん収穫したい方は、是非、作業に来て下さい。

ただし、前日に雨が降った場合は、中止です(水が溜まって、畑に入れません)。
作業の際は、長靴を準備してきて下さい。

それでは、次回は8月2日(日)の予定です。
作業は、金時草やエダマメの収穫です。お楽しみに!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年6月25日

生育状況:「いしかわの農業学ぼう夏期コース&8日間コース」(6月25日)

6月28日(日)は、学ぼう夏期コースと8日間コースの開催日です。
今回の作業は、コマツナの収穫です。
現在のコマツナの生育は、このとおり。
1コマツナ.JPG
大きく育ちました。
収穫用の袋とハサミは、忘れずに持ってきて下さいね。

そして、露地のほ場はこのとおり、草が生えて青いです。
2金時草.JPG
雨が降らなかったら、草むしりを頑張りましょう!

3エダマメ.JPG
エダマメもすくすく育っています。

最後に、研修館前のスペースに駐車するときの注意です。
4駐車.JPG
草で見えにくいですが、両端に側溝があります。
駐車の際は、脱輪しないよう注意して下さい。

それでは、6月28日(日)に、お会いしましょう!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年6月17日

いしかわ耕稼塾 『企画管理力向上セミナー』研修生募集

いしかわ耕稼塾 「企画管理力向上セミナー」の開催について
~魅力ある農業経営体を目指すための労務管理・人材育成~

1 趣旨
経営の多角化や規模拡大を目指す経営体にとって、雇用労働力は必要不可欠であります。しかし、多くの経営体は雇用経験が浅いため、雇用主として必要な人事・労務管理の知識や、人材育成にかかる手法の習得などが喫緊の課題となっております。
このため、「いしかわ耕稼塾」では、農業経営体の幹部及び管理者を目指す方を対象に、雇用をする上で必要となる保険制度や、年間雇用を目指した労務管理や就業規則、被雇用者のモチベーション向上方法などを学ぶ「企画管理力向上セミナー」を開催します。

2 募集対象・定員
    規模拡大・多角化等を目指す農業経営体の幹部又は管理者を目指す方
    定員:各会場とも15名程度

3 研修概要
(1)日時

   
金沢会場
(14~17時)
能登会場
(14~17時)
テーマ
第1回 7月29日(水) 7月30日(木) 被雇用者のモチベーション向上
(必要性、手法、コミュニケーションの取り方など)
第2回 8月 5日(水) 8月 6日(木)
第3回 1月13日(水) 1月14日(木) 人事・労務管理の実際
(役割と原則、法規、就業規則、トラブル事例など)
第4回 1月20日(水) 1月21日(木)
第5回 1月27日(水) 1月28日(木)
第6回 2月 3日(水) 2月 4日(木)
特別セミナー 2月10日(水)14時~17時経営者・指導者向け接遇マナー
(指導するにあたって大切なこと)

 

(2)場所

      
金沢会場 能登会場
第1~2回 (株)石川県IT総合人材育成センター2階
 セミナー室C
(金沢市鞍月2丁目1番地)    
奥能登農林総合事務所3階
農林会議室
(輪島市三井町洲衛10部11番1)
第3~6回(株)石川県IT総合人材育成センター2階
 セミナー室B
(金沢市鞍月2丁目1番地)
特別セミナー地場産業振興センター内を予定(決定次第連絡します)

 

(3)講師

                           
会場 講師
第1~2回金沢・能登 (株)人材情報センター 奥野 肇 氏
第3~6回金沢吉田社会保険労務士事務所 吉田 純一 氏
能登※調整中
特別セミナー金沢・能登(合同)オフィスワン 中川 真由美 氏

4 受講料 無料

5 申込手続き
(1)提出書類:別紙の参加申込書のとおり(様式は当機構HPからダウンロードできます)

申込書(PDF)   申込書(WORD)

(2)締め切り:平成27年7月21日(火)まで(定員に達し次第、締め切ります)

(3)提出方法:郵送、FAX、E-mailにより事務局まで提出願います。

(4)事務局:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:廣田、岡部
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年6月15日

6月14日(日)に「いしかわの農業学ぼう8日間コース(第2回)」を開催しました!

 6月14日(日)に「いしかわの農業学ぼう8日間コース」の第2回を実施しました。
 今回は、野菜づくりの基礎に関する講義とエダマメの土寄せ、金時草の摘心の作業を行って頂きました!

0614_1.JPG
今回の講義は「野菜づくりについて」でした!!

0614_2.JPG
今回の作業は、エダマメの土寄せ。クワ仕事です。

0614_3.JPG
金時草の摘心(枝の生長点を止める作業)と草むしり。

0614_4.JPG
コマツナは、発芽は疎らになってしまいましたが、大きくなってきました。

0614_5.JPG
畑に草も無くなり、次回はどれだけ枝が伸びているか楽しみです。
8日間コースの皆様、お疲れ様でした!

次回は、6月28日(日)「コマツナの収穫」の予定です。楽しみにしてて下さい♪

野菜の生育状況等については、機構HPに随時更新していきますので、ご確認ください!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年5月25日

5月24日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の夏期コース、8日間コースを開催しました!

 今回は、①金時草苗の植え付け作業、②金時草の挿し木作業、③コマツナの種まき作業を行い、8日間コースでは野菜の播種・定植に関する講義を併せて実施しました。
 参加された皆さんは暑い中頑張っておられたので、きっと良い野菜が収穫できると思います。

 これから野菜の生育状況等について、機構HPに随時更新していきますので、ぜひご覧下さい!

20150524_1.jpg
髙山専務の挨拶で学ぼうコースが始まりました!(夏期・8日間コース)

20150524_2.jpg
第1回目の講義は、「播種、定植について」でした。(8日間コース)

20150524_3.jpg
和やかな雰囲気で、金時草の苗を植え付けしています♪(夏期・8日間コース)

20150524_4.jpg
はさみを使って金時草を切り分け、ポットに挿していきます。(夏期・8日間コース)

20150524_5.jpg
コマツナの種まき作業は、暑いハウスの中で行われました!(夏期・8日間コース)

20150524_6.jpg
今回、植えられなかったエダマメです。
次回は、ほ場に植わっているので、お手入れしてくださいね。

20150524_7.jpg
次回までに大きく育っているといいですね。
暑い中、作業お疲れ様でした!ではまた次回!!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年4月24日

ためしてナットク!いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』 募集中

ためしてナットク!
いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』受講者募集について
~農業入門 楽しくおいしく農業を学ぼう!~

1 趣旨
「いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など、様々なカリキュラムを実施しています。
平成23年度より開講した「駅前アカデミー」は、農業に興味や関心があるものの気軽に学ぶ機会のない方や、日中は働いているため時間が取れない方などを対象に、平日の夜に駅前で行う農業入門講座です。本年度も以下のとおり開講しますので、受講生を募集します。

2 参加者
農業に興味や関心があり、知識や情報を得たい方
日中は働いているが農業を学ぶ機会がほしい方 など
定員:各講座50名

3 内容

  開催日 講座名 講師
第1回 6/3(水) いしかわの郷土食 新澤 祥恵(北陸学院大学短期大学部教授)
第2回 6/10(水) 野菜を育てよう! 小田桐 悌二(元いしかわ耕稼塾講師)
第3回 6/17(水) 身近にみられる昆虫たち 富沢 章(石川むしの会会長)
第4回 6/24(水) 農業の基本は土づくり 塩口 直樹((株)JAアグリライン石川 技術顧問)
第5回 7/1(水) 品種改良のふしぎ 村濱 稔(石川県農林総合研究センター 専門研究員)
第6回 7/8(水) 野菜をおいしく食べよう! つぐま たかこ(野菜ソムリエ)


※講義には、簡単な実習や実験などを取り入れることにより、講義内容を十分納得して学んでいただきます。

 

4 時間 午後7時~午後8時30分(1時間30分)
         (※初回と最終回はオリエンテーションのため午後9時頃まで)

5 会場 石川県女性センター2階 大会議室  (金沢市三社町1-44) 
         (※最終回のみ、会場は同センター4階コンベンション室にて開催)
     

6 受講料 無料

7 主催 石川県、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構

8 申込方法等
(1)申込方法
        駅前アカデミー申込書
受講申込書を提出。6回全ての講座を受講する方を優先しますが、6回の講座の中から好みの講座を選択しての受講も可能です。

 (2)募集期間 平成27年4月24日(金)~5月27日(水)

 (3)申込み・問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:廣田、岡部
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F
 TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
E-mail:info@inz.or.jp URL:http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年4月20日

いしかわの農業学ぼうコース~8日間コース~募集終了

 

1 趣旨

  いしかわ農業人材機構では、農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼうコース」を開催しております。
今回は、土づくり・育苗管理・施肥・防除等、野菜栽培の基礎技術について、8日間の講義と実習で学んでいただく「いしかわの農業学ぼう8日間コース」を開講するにあたり、参加者の募集を行います。

2 募集対象者及び定員

 農業の基礎的な知識と技術を取得し、本格的に野菜栽培に取り組もうと考えている県民の方々  

 25組(1組につき2人まで)

※8回全てに参加できる方に限ります。
※これまで「学ぼう8日間コース」に参加された方はご遠慮下さい。
※農薬等を使用するので小さなお子様の参加はご遠慮下さい。
※応募者多数の場合は、予定より早く募集を締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要

(1)場所  河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
                   ※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。
(2)時間  9時30分~11時30分
(3)内容  土づくり、育苗、施肥、防除技術などの講義と実習
(4)日程

  開催日 研修内容
講義 実習
第1回 5月24日(日) 播種、定植について エダマメ定植、金時草定植・挿し木、コマツナ播種、サトイモ定植
第2回 6月14日(日) 野菜づくりについて① 夏野菜の現地講習
第3回 6月28日(日) 防除について コマツナ収穫、エダマメ・金時草除草
第4回

8月2日(日)

土づくり、施肥について エダマメ・金時草収穫
第5回 8月23日(日) 育苗管理について ハクサイ播種、定植準備
第6回 9月6日(日) 被覆資材について ホウレンソウ・ダイコン播種、ハクサイ定植
第7回 10月18日(日) 野菜づくりについて② 秋冬野菜の現地講習、ホウレンソウ収穫、ハクサイ追肥など
第8回 11月22日(日) 堆肥づくりについて

ダイコン・ハクサイ・サトイモ収穫

※開催日・内容は、気象条件・生育状況等により変更となる場合があります。
※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。
※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。
 

4 参加料

    1組 2,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込み

  (1)申込方法
          いしかわ農業総合支援機構まで電話又はFAXで申込みください。
          電話番号 076-225-7621 FAX 076-225-7622
 

    8日間コースちらし   8日間コース申込書

   ※郵便番号、住所、氏名、年齢、連絡先をお知らせください。
 

     (2)申込み期間  4月20日(月)~5月14日(木)
 

お問い合せ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:金森(かなもり)、金曽(かねそ)、小林(こばやし)、
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
Tel 076-225-7621  Fax 076-225-7622
Mail:info@inz.or.jp  URL:http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年4月20日

いしかわの農業学ぼうコース~夏期コース~募集終了

1 趣 旨

 農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼう夏期コース」を開催します。


2 募集対象者及び定員

 農業に関心を持ち、農業を理解しようとする県民の方々
50組(100名程度)
※3回の日程すべてに参加可能の方に限ります。    
※1人での参加、1組3人以上(ご家族など)でも参加可能です。
※応募者多数の場合は、予定より早く募集を締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要

 1)場所 河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。

2)時間 午前9時30分~11時30分

 3)内容 種まきや収穫などの農作業体験

 4)日程

1回目 5月24日(日) エダマメ定植、金時草定植・挿し木、コマツナ播種
2回目 6月28日(日) コマツナ収穫、エダマメ・金時草除草
3回目 8月 2日(日) エダマメ・金時草収穫

   ※開催日及び内容は、気象条件や生育状況等により変更となる場合があります。
※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で、作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。
※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。


4 参加費  1組 1,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込手続

 1)申込方法
いしかわ農業総合支援機構まで電話又はFAXでお申し込みください。

 電話番号 076-225-7621
FAX番号 076-225-7622

学ぼうコースちらし(PDF) 学ぼうコース申込用紙(PDF)

 2)申込期間  4月20日(月)~5月14日(木)


お問い合わせ先
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
担当 金森(かなもり)、金曽(かねそ)、小林(こばやし)、
〒920-8203  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622 
URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月25日

いしかわ耕稼塾「開放セミナー」の開催について 参加者募集終了

1 趣旨
いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、平日の夜間に駅前で農業を気軽に学ぶための入門講座、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など様々なカリキュラムを実施しています。
今回は、一般県民や就農希望者の方々に農業をもっと知っていただく、関心を持っていただく、あるいは職業としての農業について理解を深めていただくためのセミナーを開催しますので、お気軽にご参加ください。

2 主催
石川県、(公財)いしかわ農業総合支援機構

3 日程
平成26年1月17日(土)~2月14日(土)毎週土曜日(全5回)
14:00~16:00(受付13:30~)

4 場所
石川県庁 行政庁舎19階展望ロビー 交流コーナー(石川県金沢市鞍月1丁目1番地)  県庁へのアクセス・駐車場
※無料駐車場があります。

5 詳細日程 

日時 演題 講師

1月17日(土)

14:00~16:00

「能登とワインとのめぐり逢い」

~能登半島をブドウ半島に・・・~

能登ワイン(株)

代表取締役 村山 隆 氏

1月24日(土)

14:00~16:00

「米の消費拡大を目指して」

(有)ばんば

代表取締役 番場 睦夫 氏

1月31日(土)

14:00~16:00

「食生活の中の郷土食」

北陸学院大学短期大学部

教授 新澤 祥恵 氏

2月7日(土)

14:00~16:00

「新幹線開業に期待する」

(有)わくわく手づくりファーム川北

代表取締役 入口 博志 氏

2月14日(土)

14:00~16:00

「新規就農者の挑戦!」

本田農園

代表 本田 雅弘 氏

6 その他
参加無料、定員各100名(先着順)
※セミナー当日は、先着順で席についていただきます。参加者が多いときは、立ち見になる場合がありますので、ご了承ください。 

7 申込み
準備の都合がありますので、参加ご希望の方は、参加用紙に必要事項をご記入の上、FAX又はEメールにていしかわ農業人材機構まで送付してください。(当日の追加参加も可)

 

参加申込書(PDF)    参加申込書(WORD)

 

8 問い合わせ先
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月19日

平成27年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について(2次募集) 募集終了

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

2 募集区分・目的 

区 分 目 的
予 科 週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します
本 科 月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します
専 科 研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します

 3 募集対象・人員
県内で就農を希望する方で就農時に60歳未満の方(但し、予科は65歳未満まで) 

区 分 対 象 者 募集人員
予 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者 25名程度
本 科 10名程度
専 科 自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者) 若干名

 4 研修の概要
【予 科】 

区 分 予 科
研修期間 平成27年4月~平成28年3月
研修日

毎週水曜日か土曜日のいずれか(それぞれ 9:00~15:00頃) 約40回

研修部門 野 菜
研修内容

実習:(1)共同作業による研修用ほ場(ハウス、露地)における栽培実習
(2)個別作業による研修用ほ場(露地)での栽培実習
講義:実習作物についての栽培方法及び就農に必要な基礎知識の講義
その他:流通・販売に関する講義や就農希望者を対象としたフォローアップ研修

研修場所 石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

無料 但し、テキスト等は自己負担(3,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

  【本 科】  

区 分 本 科
研修期間 平成27年4月~平成28年3月
研修日 月~金曜日(8:30~17:15) 約240日間
研修部門 野菜・花き・果樹・水稲・畜産
研修内容

実習:(1)石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」での共同作業による栽培技術等の実習(野菜)
(2)石川県農林総合研究センター・畜産試験場等での栽培(飼養)技術等の実習(花き・果樹・水稲・畜産)
(3)農家派遣研修
(4)農業機械研修
講義:作物栽培、土壌肥料、営農計画作成、農業簿記等の農業経営に必要な基礎知識の講義(毎週水曜日)
その他:先進農家視察、流通・販売に関する講義 

研修場所

実習:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町) 花き・水稲・果樹
"  いしかわ耕稼塾研修ほ場(河北郡津幡町字湖東) 野菜
"  砂丘地農業研究センター(かほく市内日角) 果樹(ぶどう)
"  畜産試験場(羽咋郡宝達志水町坪山) 畜産
講義:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町)

費用負担

無料 但し、テキスト、トラクター研修費用等は自己負担(20,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

※本科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。

(詳細は別紙参照)

 

【専 科】 

区 分 専 科
研修期間

平成27年4月~平成28年3月

研修日 毎日(ただし、自己の経営判断による)
研修部門 野菜
研修内容 実習:(1)ハウス1棟(6m×40m)及び露地(20a)における栽培実習
(2)直売所等での販売実習
その他:流通・販売に関する講義(希望者のみ)
研修場所 石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

10,000円/月の負担金(農業機械のリース料等相当分)
小農具(鍬など)、種苗、肥料、資材等は自己負担

※専科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。

(詳細は別紙参照)
※専科研修生は、本科の講義が受講できます。

 

5 申込手続
(1)申込書類:①入塾申込書(写真を添付したもの)1通、②作文(題:「私が目指す農業経営」800字以内)
(2)申込期限:平成27年2月3日(火)必着
(3)申込方法:下記まで郵送または持参
(4)申込先:〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:吉田、清水、東谷 )

募集要領・入塾申込書 

募集要項(PDF)

青年就農給付金(準備型)

申込書類(申込書及び作文(PDF))

申込書類(申込書及び作文(WORD))

 

6 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成27年2月上旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成27年2月中旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

 

7 お問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:清水、東谷、吉田)
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月 3日

「いしかわの農業学ぼう冬期コース」大根寿しづくりを開催しました!

 11月25日(火)、29日(土)、30日(日)の3日間にかけて、大根寿しの下漬け、甘酒づくり、本漬けを行いました。
 ※「甘酒づくり」は番外編として希望者のみ参加していただきました。

<11月25日(火)下漬け>
・皮をむいた大根を適度なサイズに切り分け、下漬け用の桶に切った大根と塩を入れ、重しを載せ、4~5日間塩漬けします。

20141203_1.jpg 20141203_2.jpg


<11月29日(土)甘酒づくり>
・ご飯を通常よりも多めの水で炊き、適温になったところで、糀を投入し混ぜ合わせます。その後、炊飯ジャーで保温し出来上がりを待ちます。

20141203_3.jpg 20141203_4.jpg


<11月30日(日)本漬け>
・桶の中に大根やニシン、人参等の具材と甘酒を一緒に漬け込んでいきます。
・全ての材料を漬け込み、最後に落とし蓋をし、重しを載せて完成です!食べ頃は4~5日後となります。美味しい大根寿しになると良いですね♪

20141203_5.jpg 20141203_6.jpg


☆農業学ぼうコースは今回の大根寿しづくりが最終回でした。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月28日

平成27年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について 募集終了

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

2 募集区分・目的  

区 分 目 的
予 科 週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します
本 科 月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します
専 科 研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します

 3 募集対象・人員
県内で就農を希望する方で就農時に60歳未満の方(但し、予科は65歳未満まで)  

区 分 対 象 者 募集人員
予 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者 40人程度
本 科 16人程度
専 科 自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者) 8人程度

 4 研修の概要
【予 科】  

区 分 予 科
研修期間 平成27年4月~平成28年3月
研修日

毎週水曜日か土曜日のいずれか(それぞれ 9:00~15:00頃) 約40回

研修部門 野 菜
研修内容

実習:(1)共同作業による研修用ほ場(ハウス、露地)における栽培実習
(2)個別作業による研修用ほ場(露地)での栽培実習

講義:実習作物についての栽培方法及び就農に必要な基礎知識の講義

その他:流通・販売に関する講義や就農希望者を対象としたフォローアップ研修

研修場所 石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

無料 但し、テキスト等は自己負担(3,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

  【本 科】  

区 分 本 科
研修期間 平成27年4月~平成28年3月
研修日 月~金曜日(8:30~17:15) 約240日間
研修部門 野菜・花き・果樹・水稲・畜産
研修内容

実習:(1)石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」での共同作業による栽培技術等の実習(野菜)
(2)石川県農林総合研究センター・畜産試験場等での栽培(飼養)技術等の実習(花き・果樹・水稲・畜産)

(3)農家派遣研修

(4)農業機械研修

講義:作物栽培、土壌肥料、営農計画作成、農業簿記等の農業経営に必要な基礎知識の講義(毎週水曜日)

その他:先進農家視察、流通・販売に関する講義 

研修場所

実習:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町) 花き・水稲・果樹
"  いしかわ耕稼塾研修ほ場(河北郡津幡町字湖東) 野菜

"  砂丘地農業研究センター(かほく市内日角) 果樹(ぶどう)

"  畜産試験場(羽咋郡宝達志水町坪山) 畜産

講義:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町)

費用負担

無料 但し、テキスト、トラクター研修費用等は自己負担(20,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

※本科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。
(詳細は別紙参照)

【専 科】 

区 分 専 科
研修期間

平成27年4月~平成28年3月

研修日 毎日(ただし、自己の経営判断による)
研修部門 野菜
研修内容 実習:(1)ハウス1棟(6m×40m)及び露地(20a)における栽培実習
(2)直売所等での販売実習

その他:流通・販売に関する講義(希望者のみ)
研修場所 石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

10,000円/月の負担金(農業機械のリース料等相当分)
小農具(鍬など)、種苗、肥料、資材等は自己負担

※専科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。
(詳細は別紙参照)
※専科研修生は、本科の講義が受講できます。

5 申込手続
(1)申込書類:入塾申込書(写真を添付したもの)1通、作文(題:「私が目指す農業経営」800字以内)
(2)申込期限:平成26年12月2日(火)必着
(3)申込方法:下記まで郵送または持参
(4)申込先:〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:吉田、清水、東谷 )

募集要領・入塾申込書

募集要項(PDF)
青年就農給付金(準備型)
申込書類(申込書及び作文(PDF))
申込書類(申込書及び作文(WORD))

6 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成26年12月上旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成26年12月中旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

7 お問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:清水、東谷、吉田)
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年9月24日

生育状況:「いしかわの農業学ぼう秋期・冬期コース&8日間コース」(9月24日)

 9月22日(月)の生育状況をお届けします。
昼は晴れ、夜は肌寒く、作物にとっては最適な気候が続いています!ダイコン、ホウレンソウは多少
バラツキはありますが順調に発芽し、ハクサイ、キャベツはどんどん生育しています♪


20140924_1.jpg 20140924_2.jpg
天候に恵まれ順調に生育しているハクサイ(上)とキャベツ(下)

20140924_3.jpg 20140924_4.jpg
種まき後に、水やりを続けて綺麗に発芽しました!ダイコン(上)とホウレンソウ(下)発芽後もどんどん生育していますよ♪

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年9月 9日

いしかわの農業学ぼう秋期・冬期コース(第1回)、8日間コース(第6回)を開催(9月7日)

 9月7日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の秋期・冬期コースの1回目、8日間コースの6回目を開催しました!
 
 今回は、①ハクサイ苗の植え付け作業、②ダイコンの種まき作業、③ホウレンソウの種まき作業を行い、8日間コースでは農業の被覆資材に関する講義を併せて行いました。
 当日は晴天にも恵まれ、皆さん汗だくになって作業をされていました。立派な野菜が収穫できると良いですね♪


20140907_1.jpg
今回の8日間コースの講義は「被覆資材について」でした。

20140907_2.jpg
畑のぬかるみに苦戦しながら、ハクサイ苗を植え付けしていました。

20140907_3.jpg
測り棒を使ってダイコンの種を播いています。

20140907_4.jpg
暑いハウスの中、播種機を使ってホウレンソウの種を播いています!

☆これから野菜の生育状況等について、機構HPに随時更新していきますので、ぜひご覧ください!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年9月 4日

いしかわ耕稼塾「6次産業化研修・初級コース」研修生の募集について 募集終了

1 趣 旨

  昨今、農林水産業者の加工・販売分野への進出や商工業者との連携など、いわゆる農林水産業の6次産業化が注目されていますが、継続した取り組みを実現するためには、農林水産業者自らが流通・販売や取引等に関する知識やリスク等を理解しておく必要があります。
この度、当機構では、昨年度に引き続き、農業経験が比較的浅い農業者等を対象として、流通・販売やマーケティング等に関する基礎知識や取組事例等について、座学や現地視察により体系的に学ぶ研修を行うこととし、その研修生を募集します。

2 募集対象及び募集人数

  6次産業化に関心のある農業者(新規就農者を含む)
   県、市町、JA等関係機関・団体の指導者
     募集人数:20人程度(募集が多い場合は、抽選となります)

3 研修の概要(別添カリキュラム(案)を参照)

研修期間

平成26年10月 ~ 平成26年11月(計4回)

研修内容
(予定)
○講義:6次産業化の意義、流通・販売の現状と課題、マーケティングの必要性 ほか
○視察:6次産業化事例、流通・販売事例 ほか
研修場所 石川県農林総合研究センター、石川県健康の森 ほか 

6次産業化研修・初級コースカリキュラム 

4 受講料

     無料 (ただし、事例視察等で参加費が必要となる場合があります。)

5 申込手続き

    (1) 申込書類: 研修参加申込書    ※様式は当機構HPからダウンロードできます。

    (2) 申込期間:平成26年9月4日(木)~9月25日(木)まで

    (3) 申込方法:郵送、FAX、E-mailにより事務局まで提出願います。

    (4) 事 務 局:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:平谷、吉田
              〒920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
              TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
             URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

6 受講者の決定

  9月下旬までに受講者を決定し、カリキュラムの詳細とともに通知します。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年8月19日

いしかわの農業学ぼう冬期コース募集締め切り

1 趣 旨
いしかわ農業総合支援機構では、農作物の種まきから収穫・加工までの様々な農作業体験を通して、農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の皆様に農業への関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において「いしかわの農業学ぼうコース」を開催いたします。
今回、種まきや収穫などの農作業や農産物加工を体験できる「いしかわの農業学ぼう冬期コース」を開講しますので、お気軽にご参加ください。

2 募集対象者及び定員
農業に興味や関心を持っている県民の方
25組(50人程度)
※5回全てに参加出来る方に限ります。
※1人での参加、3人以上での参加も可能
※応募者多数の場合は、予定より早く締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要
1)会場 河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾ほ場・・・津幡町字湖東395(地図)
2)時間 午前9時30分~11時30分
3)内容 種まきから収穫などの農作業体験、大根寿し作り体験
4)日程
1回目  9月7日(日) ダイコン・ホウレンソウ種まき、ハクサイ植え付け
2回目10月19日(日) ホウレンソウ収穫、ダイコン間引き、ハクサイ追肥
3回目11月30日(日) ダイコン・ハクサイ収穫
4回目12月 2日(火) 大根寿し下漬け
5回目12月 7日(日) 大根寿し本漬け
※開催日及び内容は、気象条件や生育状況等により変更となる場合があります。

4 参加費  1組 2,000円(第1回目の受付時にお支払いください。)

5 申込手続

  1)申込方法
   いしかわ農業総合支援機構まで電話又はFAXでお申し込みください。 
   電話番号  076-225-7621
   FAX番号  076-225-7622
     募集要領(PDF)
     申込用紙(PDF)
     申込用紙(WORD)

2)申込期間  7月25日(金)~8月26日(火)

お問い合わせ先
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構  担当 金曽、平谷
〒920-8203  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 
石川県地場産業振興センター新館4F
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622 
E-mail:info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年8月19日

いしかわの農業学ぼう秋期コース募集締め切り

1 趣 旨
いしかわ農業支援機構では、農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の皆様に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において「いしかわの農業学ぼうコース」を開催いたします。
今回、種まきや収穫などの農作業を体験できる「いしかわの農業学ぼう秋期コース」を開講しますので、お気軽にご参加ください。

2 募集対象者及び定員
農業に興味や関心を持っている県民の方
25組(50人程度)
※3回全てに参加出来る方に限ります。
※1人での参加、3人以上での参加も可能。
※応募者多数の場合は、予定より早く締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要
1)場所 河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾ほ場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
2)時間 午前9時30分~11時30分
3)内容 種まきかや収穫などの農作業体験
4)日程
1回目  9月 7日(日) ダイコン・ホウレンソウ種まき、ハクサイ植え付け
2回目 10月19日(日) ホウレンソウ収穫、ダイコン間引き、ハクサイ追肥
3回目 11月30日(日) ダイコン・ハクサイ収穫
※開催日及び内容は、気象条件や生育状況等により変更となる場合があります。

4 参加費  1組 1,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込手続
1)申込方法
いしかわ農業総合支援機構まで電話又はFAXでお申し込みください。
電話番号  076-225-7621
FAX番号  076-225-7622  

   募集要領(PDF) 

   申込用紙(PDF)
   申込用紙(WORD)

2)申込期間  7月25日(金)~ 8月26日(火)

お問い合わせ先
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
担当 金曽、平谷
〒920-8203  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622 
URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年8月18日

いしかわの農業学ぼう8日間コース(第5回)を開催(8月17日)

 8月17日(日)に「いしかわの農業学ぼう8日間コース」の第5回を実施しました。
今回は、育苗管理に関する講義とハクサイの種まき作業を行って頂きました!


20140817_1.jpg
今回の講義は「育苗管理について」でした!

20140817_2.jpg
ハクサイの種まき作業。持ち帰って参加者自身で管理してもらいます。

20140817_3.jpg
前回(8/3)種まきしたキャベツの苗。皆さん自分の苗に興味津々です♪

野菜の生育状況等については、機構HPに随時更新していきますので、ご確認ください!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年8月 4日

いしかわの農業学ぼう夏期コース(第3回)&8日間コース(第4回)を開催(8月3日)

 8月3日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の夏期コース、8日間コースを開催しました!

 今回は、エダマメと金時草の収穫、8日間コースでは併せて「土づくりと施肥」についての講義と、キャベツの種まきを行いました。
 暑い中、また雑草が生い茂る中での作業となりましたが、皆さん楽しく収穫できたようで良かったです!
 夏期コースは今回で最後となりますが、9月からは秋期コースと冬期コースがスタートしますので、引き続きHPをご覧下さい♪


20140803_1.jpg
【8日間コース】今回の講義は「土づくりと施肥について」でした!

20140803_2.jpg
【8日間コース】キャベツの種まき。植え付けまでセルトレイで育苗します。

20140803_3.jpg

20140803_4.jpg
【夏期コース・8日間コース】
残念ながらエダマメ2品種のうち、味太郎は収穫できませんでしたが、袋一杯にエダマメと金時草が収穫できたようで良かったです♪

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年7月25日

生育状況:「いしかわの農業学ぼう夏期コース&8日間コース」(7月24日)

 7月24日(木)の生育状況をお届けします。
 梅雨特有の蒸し暑い天気が続いていますが、金時草とエダマメの生育は順調です!(雑草も・・・)ただ定植したエダマメ2品種(ユキムスメ、味太郎)のうち、味太郎は収穫までもう少し時間がかかりそうです。

20140724_1.jpg
【金時草】適度な雨で葉もだいぶ開いてきました。いつでも収穫できそうです!

20140724_2.jpg  20140724_3.jpg
【エダマメ】
(左)ユキムスメ:順調に豆が大きくなっています!1週間後が楽しみです♪
(右)味太郎:まだまだ豆が小さく、もうしばらくかかりそうです。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年7月 2日

いしかわ耕稼塾 『企画管理力向上セミナー』研修生募集について募集終了

いしかわ耕稼塾 「企画管理力向上セミナー」~魅力ある農業経営体を目指すための労務管理・人材育成~の研修生募集について

1 趣旨
近年、経営の多角化や規模拡大を目指す経営体が増加していますが、これら経営体の多くは、雇用労働力を必要としています。 しかし、農業においては、雇用経験が浅くまた、天候や季節による作業の集中など農業の特異性があることから、雇用を考慮した魅力ある安定した経営体質づくりや複雑・多様な労務管理への対応が求められております。
このため、「いしかわ耕稼塾」では、経営の維持・発展に必要な心構えや労力配分などについて、農業経営体の幹部及び管理者を目指す者を対象に「企画管理力向上セミナー ~魅力ある農業経営体を目指すための労務管理・人材育成~」を開講します。
このセミナーでは、具体的に雇用をする上で、必要となる保険制度や年間雇用を目指した労務管理や就業規則、被雇用者のモチベーション向上などについて研修を実施します。

2 募集対象・定員
    規模拡大・多角化等を目指す農業経営体の幹部又は管理者を目指す者
    定員:30名程度(金沢会場20名、能登会場10名程度)

3 研修の概要
(1)開催日時
 

金沢会場 能登会場 備考
第1回 7月16日(水) 7月18日(金) 人事・労務管理の実際
第2回 7月23日(水) 7月25日(金)    "
第3回 7月30日(水) 8月1日(金)    "
第4回 8月6日(水) 8月8日(金)    "
特別セミナー 未定
第5回 11月5日(水) 11月14日(金) 被雇用者のモチベーション向上
第6回 11月12日(水) 11月21日(金)   "
第7回

11月19日(水)

11月28日(金)   "
第8回 11月26日(水) 12月5日(金)   "

※時間については、金沢会場18:00~21:00、能登会場16:00~19:00  
※特別セミナーの日程は、別途調整

(2)研修内容

 

項目 内容
講義内容 人事・労務管理の実際(第1~4回) 役割と原則、法規、就業規則、トラブル事例等
被雇用者のモチベーション向上(第5~8回) 必要性、手法、コミュニケーションの取り方等
魅力ある経営体を目指して 雇用する上で必要となるポイント など

 

(3)研修場所
金沢会場:石川県地場産業振興センター(金沢市鞍月2丁目1番地)
能登会場:奥能登行政センター(輪島市三井町洲衛10部11番1)

4 受講料 無料

5 申込手続き
(1)申込方法:研修参加申込書に記入の上、郵送、FAX、E-mail により事務局まで提出してください。 

   募集要項(PDF)    
申込書(PDF)    申込書(WORD)

(2)申込期間:平成26年7月9日(水)まで(定員に達し次第、締め切ります)

(3)事務局:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:前田、岡部
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月30日

いしかわの農業学ぼう夏期コース(第2回)&8日間コース(第3回)を開催(6月29日)

 6月29日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の夏期コース、8日間コースを開催しました!

今回は、①コマツナの収穫、②露地ほ場の除草作業、8日間コースでは併せて「病害虫防除」について講義を行いました。
曇り空の中作業をしていただきましたが、終盤には大粒の雨が降ってきて作業中断となってしまいました。それでも、ハウスの中のコマツナは皆さんの予想以上に大きくなっていて、喜んで収穫していただいたようで良かったです♪

20140629_1.jpg
今回の講義は「病害虫防除について」でした!

20140629_2.jpg
大きくなったコマツナを一生懸命収穫しています♪

20140629_3.jpg
袋いっぱいに収穫できて良かったです!

20140629_4.jpg

20140629_5.jpg
大きくなった雑草を抜くのは一苦労・・・
だけど、その分収穫が楽しみですね!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月26日

いしかわ耕稼塾「駅前アカデミー」第4回「品種改良のふしぎ」を開催(6月25日)

農業に興味や関心のある一般県民の方を対象に、平日の夜間に駅前で行う農業入門講座のいしかわ耕稼塾「駅前アカデミー」(第4回)を、県女性センターで開催しました。

今回は、県農林総合研究センター専門研究員 村濱稔氏から「品種改良のふしぎ」と題して、様々な手法を利用した品種改良の方法を分かりやすく解説いただきました。また、「ルビーロマン(ブドウ)」や「秋星(リンゴ)」、「エアリーフローラ(7色のフリージア)」等、石川県が育成した新品種の誕生秘話や県内で系統保存されている伝統野菜の選抜についても講義をしていただきました。
また、講義の中で、昨年の秋収穫され、冷蔵保存しておいた「秋の王秋(おうしゅう)」と、昨年収穫され、冷凍保存しておいた「金糸瓜」を試食しました。
次回は7月2日に「作物の病気を診る」(県農林総合研究センター主幹 森川千春氏)を開催します。


20140625_1.jpg
カラフルなスライドの村濱さんの講義が始まりました!

20140625_2.jpg
梨の試食です。

20140625_3.jpg
金糸瓜の試食は、そのままのものとドレッシングをかけたものの2種類を試食してもらいました。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月19日

いしかわ耕稼塾「駅前アカデミー」第3回「農業の基本は土づくり」を開催(6月18日)

 農業に興味や関心のある一般県民の方を対象に、平日の夜間に駅前で行う農業入門講座のいしかわ耕稼塾「駅前アカデミー」(第3回)を、県女性センターで開催しました。

 今回は、(株)JAアグリライン石川技術顧問の塩口直樹氏から「農業の基本は土づくり」と題して、土づくりの必要性、良い土の条件、堆肥施用について、石川県の代表的な土壌などの土の話、そして肥料の上手な使い方、BB肥料などの肥料の話を土壌や肥料サンプルを用いて分かりやすく解説いただきました。
 なぜ石川県では特に土づくりが重要なのか、よく分かってナットク!!
 次回は6月25日に「品種改良のふしぎ」(県農林総合研究センター専門研究員 村濱稔氏)を開催します。

20140618_1.jpg
塩口さんの講義が始まりました!

20140618_2.jpg
県内の土壌と肥料の展示です。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月18日

生育状況:「いしかわの農業学ぼう夏期コース&8日間コース」(6月17日)

 6月17日(火)の生育状況をお届けします。
露地ほ場の金時草とエダマメは順調に生育していますが、雑草も伸びてきました。
コマツナは間引き後に急激に大きくなり、今から収穫が楽しみです♪

20140618_1.jpg
【金時草】雨が少なく、やや元気がないかな?

20140618_2.jpg
【エダマメ】元気に育っています。葉を食べる虫も出てきましたよ!

20140618_3.jpg
【コマツナ】これからまた大きくなります。収穫をお楽しみに☆

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月12日

いしかわ耕稼塾「駅前アカデミー」第2回「野菜を育てよう!」を開催(6月11日)

 農業に興味や関心のある一般県民の方を対象に、平日の夜間に駅前で行う農業入門講座のいしかわ耕稼塾「駅前アカデミー」(第2回)を、県女性センターで開催しました。

今回は、元いしかわ耕稼塾講師の小田桐 悌二氏から「野菜を育てよう!」と題して、野菜の種類と利用部位(収穫する部分)の話、野菜の品種や原産地の話など、野菜栽培に関する管理作業の目的等について、実物の野菜を見ながら解説していただきました。
また、講義では、様々な品種を知ってもらうため、現在市場流通されている3品種のメロンの食べ比べを行っていただきました。
次回は6月18日に「農業の基本は土づくり」((株)JAアグリライン石川の塩口直樹氏)を開催します。

20140611_1.jpg
冒頭から珍しいレタスの登場です。

20140611_2.jpg
今回登場した野菜のラインナップです。

20140611_3.jpg
今回食べていただいたメロン3品種です。 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月12日

いしかわ耕稼塾の開校式を開催(6月11日)

 6月11日(水)にいしかわ耕稼塾開校式を開催しました。
 若手農業者向けの「経営革新スキルアップコース」や、就農を目指す「本科」コースなどの研修生約70名が集い、各自の目標に向けて決意を新たにしました。

これから1年間、共にがんばりましょう!

20140611.jpg

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月 9日

いしかわの農業学ぼう8日間コース(第2回)を開催(6月8日)

 6月8日(日)に「いしかわの農業学ぼう8日間コース」の第2回を実施しました。
 今回は、野菜づくりの基礎に関する講義と現場講習、コマツナの間引き作業を行って頂きました!


20140609_1.jpg
今回の講義は「野菜づくりについて」でした!!

20140609_2.jpg
ハウスでトマトやなす等の栽培管理について学びました。

20140609_3.jpg
金時草に付いた害虫に興味津々です。

20140609_4.jpg
1回目(5/25)に種まきしたコマツナの間引き作業を行っていただきました。

コマツナの収穫は、次回6月29日(日)ですので、楽しみにしてて下さい♪
野菜の生育状況等については、機構HPに随時更新していきますので、ご確認ください!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月 5日

いしかわ耕稼塾「駅前アカデミー」第1回「農業のあれこれ」を開催(6月4日)

 農業に興味や関心のある一般県民の方を対象に、平日の夜間に駅前で行う農業入門講座のいしかわ耕稼塾「駅前アカデミー」(第1回)を、県女性センターで開催しました。

 今回は、(公財)いしかわ農業人材機構 津川参事から「農業のあれこれ」と題して、石川県の農業の現状をデータを使いながら話をするほか、県で育成したぶどう品種の「ルビーロマン」の話など、農業に関して広く話をいたしました。
 また、講義の中で、現在流通しているぶどう3品種の食べ比べと糖度調査をいたしました。
 次回は6月11日に「野菜を育てよう」(小田桐悌二氏)を開催します。


20140606_1.jpg
髙山専務理事からの挨拶からスタートします。

20140606_2.jpg
津川参事から石川県農業の現状について話をいただきます。

20140606_3.jpg
糖度計を使い、3品種のぶどうの糖度調査を行っていただきました。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月 2日

生育状況:「いしかわの農業学ぼう夏期コース&8日間コース」(6月2日)

 6月2日(月)の生育状況をお届けします。
 適度な雨と晴天により、露地ほ場の金時草とエダマメは順調に生育しています。
 また、ハウス内のコマツナの種も綺麗に発芽しました。

20140602_1.jpg
順調に生育してる金時草です。

20140602_2.jpg
エダマメは順調に根付いたようです。

20140602_3.jpg
ハウス内のコマツナです。可愛い芽が顔を出しました♪

20140602_4.jpg
播種機を押している時に種がこぼれたのかな?密集しています!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年5月26日

5月25日(日)に「いしかわの農業学ぼうコース」の夏期コース、8日間コースを開催しました!

 今回は、①金時草苗とエダマメ苗の植え付け作業、②金時草の挿し木作業、③コマツナの種まき作業を行い、8日間コースでは野菜の播種・定植に関する講義を併せて実施しました。
 参加された皆さんは暑い中頑張っておられたので、きっと良い野菜が収穫できると思います。

 これから野菜の生育状況等について、機構HPに随時更新していきますので、ぜひご覧ください!
20140525_1.jpg
髙山専務の挨拶で学ぼうコースが始まりました!(夏期・8日間コース)

20140525_2.jpg
第1回目の講義は「播種、定植について」でした。(8日間コース)

20140525_3.jpg
和やかな雰囲気で、金時草の苗を植え付けしています♪(夏期・8日間コース)

20140525_4.jpg
はさみを使って金時草を切り分け、ポットに挿していきます。(夏期・8日間コース)

20140525_1_1.jpg
コマツナの種まき作業は、暑いハウスの中で行われました!(夏期・8日間コース)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年5月 1日

ためしてナットク!いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』 募集終了

ためしてナットク!
いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』受講者募集について
~農業入門 楽しくおいしく農業を学ぼう!~

このたびは、いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』にお申し込みいただき、ありがとうございました。
定員に達しましたので、募集終了とさせていただきました。

1 趣旨
「いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など、様々なカリキュラムを実施しています。
平成23年度より開講した「駅前アカデミー」は、農業に興味や関心があるものの気軽に学ぶ機会のない方や、日中は働いているため時間が取れない方などを対象に、平日の夜に駅前で行う農業入門講座です。本年度も以下のとおり開講しますので、受講生を募集します。

2 募集対象・定員
農業に興味や関心があり、知識や情報を得たい方
日中は働いているが農業を学ぶ機会がほしい方 など
定員:各講座50名

3 内容

  開催日 講座名 講師
第1回 6/4(水) 農業のあれこれ 津川 久孝 氏((公財)いしかわ農業人材機構 参事)
第2回 6/11(水) 野菜を育てよう! 小田桐 悌二 氏(元いしかわ耕稼塾講師)
第3回 6/18(水) 農業の基本は土づくり 塩口 直樹 氏((株)JAアグリライン石川 技術顧問)
第4回 6/25(水) 品種改良のふしぎ 村濱 稔 氏(石川県農林総合研究センター 専門研究員)
第5回 7/2(水) 作物の病気を診る 森川 千春 氏(石川県農林総合研究センター 主幹)
第6回 7/9(水) 野菜をおいしく食べよう! つぐま たかこ 氏(野菜ソムリエ)


※講義には、簡単な実習や実験などを取り入れることにより、講義内容を十分納得して学んでいただきます。

 

4 時間 午後7時~午後8時30分(1時間30分)
         (※初回と最終回はオリエンテーションのため午後9時頃まで)

5 会場 石川県女性センター 大会議室  (金沢市三社町1-44) ※駐車場あり
         (※初回のみ、会場は同センター、コンベンション室にて開催)
     

6 受講料 無料

7 主催 石川県、公益財団法人いしかわ農業人材機構

8 申込方法等
(1)申込方法
        受講申込書
受講申込書を提出。6回全ての講座を受講する方を優先しますが、6回の講座の中から好みの講座を選択しての受講も可能です。

 (2)募集期間 平成26年5月1日(木)~5月30日(金) (定員に達したため、募集を終了)

 (3)申込み・問い合わせ先
(公財)いしかわ農業人材機構 担当:清水、西野
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F
 TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
E-mail:info@inz.or.jp URL:http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年4月18日

いしかわの農業学ぼうコース~8日間コース~募集締切

 

1 趣旨

  いしかわ農業人材機構では、農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼうコース」を開催しております。
今回は、土づくり・育苗管理・施肥・防除等、野菜栽培の基礎技術について、8日間の講義と実習で学んでいただく「いしかわの農業学ぼう8日間コース」を開講するにあたり、参加者の募集を行います。

2 募集対象者及び定員

 農業の基礎的な知識と技術を取得し、本格的に野菜栽培に取り組もうと考えている県民の方々  

 25組(1組につき2人まで)

※8回全てに参加できる方に限ります。
※これまで「学ぼう8日間コース」に参加された方はご遠慮下さい。
※農薬等を使用するので小さなお子様の参加はご遠慮下さい。
※応募者多数の場合は、予定より早く募集を締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要

(1)場所  河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
                   ※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。
(2)時間  9時30分~11時30分
(3)内容  土づくり、育苗、施肥、防除技術などの講義と実習
(4)日程

  開催日 研修内容
講義 実習
第1回 5月25日(日) 播種、定植について エダマメ定植、金時草定植・挿し木、コマツナ播種
第2回 6月8日(日) 野菜づくりについて① 夏野菜の現地講習
第3回 6月29日(日) 防除について コマツナ収穫、エダマメ・金時草除草
第4回

8月3日(日)

土づくり、施肥について エダマメ・金時草収穫、キャベツ播種
第5回 8月17日(日) 育苗管理について ハクサイ播種、定植準備
第6回 9月7日(日) 被覆資材について ホウレンソウ・ダイコン播種、ハクサイ定植、キャベツ追肥
第7回 10月12日(日) 野菜づくりについて② 秋冬野菜の現地講習、ホウレンソウ収穫、ハクサイ追肥
第8回 11月30日(日) 堆肥づくりについて

ダイコン・ハクサイ・キャベツ収穫

※開催日・内容は、気象条件・生育状況等により変更となる場合があります。
※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。
※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。
 

4 参加料

    1組 2,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込み

  (1)申込方法
          いしかわ農業人材機構まで電話又はFAXで申込みください。
          電話番号 076-225-7621 FAX 076-225-7622
 

       農業学ぼう8日間コース申込書(PDF)    農業学ぼう8日間コース申込書(WORD)

   ※郵便番号、住所、氏名、年齢、連絡先をお知らせください。
 

     (2)申込み期間  4月18日(金)~5月15日(木)
 

お問い合せ先
(公財)いしかわ農業人材機構 担当:金曽(かねそ)、平谷(ひらたに)、高見(たかみ)
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
Tel 076-225-7621  Fax 076-225-7622
Mail:info@inz.or.jp  URL:http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年4月18日

いしかわの農業学ぼうコース~夏期コース~募集締切

picture20140513.jpg


1 趣 旨

 農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼう夏期コース」を開催します。


2 募集対象者及び定員

 農業に関心を持ち、農業を理解しようとする県民の方々
50組(100名程度)
※3回の日程すべてに参加可能の方に限ります。    
※1人での参加、1組3人以上(ご家族など)でも参加可能です。
※応募者多数の場合は、予定より早く募集を締め切らせていただくこともあります。

3 コースの概要

 1)場所 河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
  ※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。

 2)時間 午前9時30分~11時30分

 3)内容 種まきや収穫などの農作業体験

 4)日程

  1回目 5月25日(日) エダマメ定植、金時草定植・挿し木、コマツナ播種
  2回目 6月29日(日) コマツナ収穫、エダマメ・金時草除草
  3回目 8月 3日(日) エダマメ・金時草収穫

   ※開催日及び内容は、気象条件や生育状況等により変更となる場合があります。
※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で、作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。
※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。


4 参加費  1組 1,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込手続

 1)申込方法
 いしかわ農業人材機構まで電話又はFAXでお申し込みください。

 電話番号 076-225-7621
 FAX番号 076-225-7622

 申込用紙(PDF)   申込用紙(WORD)

 2)申込期間  4月18日(金)~5月15日(木)


お問い合わせ先
公益財団法人いしかわ農業人材機構
担当 金曽(かねそ)、平谷(ひらたに)、高見(たかみ)
〒920-8203  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622 
URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年3月 5日

平成25年度いしかわ耕稼塾 経営革新スキルアップコース ビジネスプラン発表会・意見交換会の開催について

 2月28日(金)に、第16回経営革新スキルアップコースを開催しました。
 今回はスキルアップコースの集大成とも言える、ビジネスプランの発表会・意見交換会でした。
 (一社)人財開発フォーラムの飯山理事長、金沢大学の大友先生をはじめ、過去の研修生、県の関係者の皆様を目の前に、研修生がこれまでの研修で学んだことを生かした発表をいたしました。
 発表後も多くの質疑応答や激励など、ビジネスプランを更に実現可能なものにするための言葉を沢山頂きました。


20140228_1.jpg
開会に際し、人材機構髙山専務理事よりご挨拶を頂きます。

20140228_2.jpg
トップバッターの研修生ですが、堂々とした発表でした。

20140228_3.jpg
多くの参加者の皆様にお越し頂きました。

20140228_4.jpg
途中で変身する研修生も・・・

20140228_5.jpg
少し手厳しいご意見も多々あり・・・

20140228_6.jpg

20140228_7.jpg
飯山先生、大友先生からも最後に研修生のビジネスプランに必要なこと、今後の取組みについての助言を頂きました。
今回の発表がゴールではなく、今後ビジネスプランをかなえるためにどのように進めていくかが重要です。
研修生の皆様、今後も突き進んでいきましょう!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年1月 8日

平成26年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について(2次募集)募集締切

1 趣 旨
  「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

2 募集区分・目的 

区 分目 的
予 科週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します
本 科月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します
専 科研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します

 3 募集対象・人員
   県内で就農を希望する方で就農時に60歳未満の方(但し、予科は65歳未満まで) 

区 分対 象 者募集人員
予 科就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者20人程度
本 科若干名
専 科自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者)若干名

 4 研修の概要
【予 科】 

区 分予 科
研修期間平成26年4月~平成27年3月
研修日

毎週水曜日か土曜日のいずれか(それぞれ 9:00~15:00頃) 約40回

研修部門野 菜
研修内容

実習:(1)共同作業による研修用ほ場(ハウス、露地)における栽培実習
    (2)個別作業による研修用ほ場(露地)での栽培実習
講義:実習作物についての栽培方法及び就農に必要な基礎知識の講義
その他:流通・販売に関する講義や就農希望者を対象としたフォローアップ研修

研修場所石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

無料 但し、テキスト等は自己負担(3,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

  【本 科】  

区 分本 科
研修期間平成26年4月~平成27年3月
研修日月~金曜日(8:30~17:15) 約240日間
研修部門野菜・花き・果樹・水稲・畜産
研修内容

実習:(1)石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」での共同作業による栽培技術等の実習(野菜)
    (2)石川県農林総合研究センター・畜産試験場等での栽培(飼養)技術等の実習(花き・果樹・水稲・畜産)
    (3)農家派遣研修
    (4)農業機械研修
講義:作物栽培、土壌肥料、営農計画作成、農業簿記等の農業経営に必要な基礎知識の講義(毎週水曜日)
その他:先進農家視察、流通・販売に関する講義 

研修場所

実習:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町) 花き・水稲・果樹
     "  いしかわ耕稼塾研修ほ場(河北郡津幡町字湖東) 野菜
     "  砂丘地農業研究センター(かほく市内日角) 果樹(ぶどう)
     "  畜産試験場(羽咋郡宝達志水町坪山) 畜産
講義:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町)

費用負担

無料 但し、テキスト、トラクター研修費用等は自己負担(20,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

※本科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。
(詳細は別紙参照)

【専 科】 

区 分専 科
研修期間

平成26年4月~平成27年3月

研修日毎日(ただし、自己の経営判断による)
研修部門野菜
研修内容実習:(1)ハウス1棟(6m×40m)及び露地(20a)における栽培実習
    (2)直売所等での販売実習
その他:流通・販売に関する特別講義(希望者のみ)
研修場所石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

10,000円/月の負担金(農業機械のリース料等相当分)
小農具(鍬など)、種苗、肥料、資材等は自己負担

※専科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。
(詳細は別紙参照)
※専科研修生は、本科の講義が受講できます。

5 申込手続
 (1)申込書類:①入塾申込書(写真を添付したもの)1通、②作文(題:「私が目指す農業経営」800字以内)
 (2)申込期限:平成26年2月5日(水)必着
 (3)申込方法:下記まで郵送または持参
 (4)申込先:〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
          (公財)いしかわ農業人材機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:吉田、東谷、清水 )

募集要領・入塾申込書

募集要項(PDF)
青年就農給付金(準備型)
申込書類(申込書及び作文(PDF))
申込書類(申込書及び作文(WORD))

6 研修生の決定
  第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成26年2月上旬に郵送で通知します。
  第二次審査:平成26年2月中旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

7 お問い合わせ先
  (公財)いしかわ農業人材機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:吉田、東谷、清水)
  〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
  TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
  URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ