HOME農業総合支援機構からのお知らせお知らせ

お知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年3月22日

【3/25@大阪、3/26@東京】農業の始め方、教えます~いしかわ移住・就農セミナー~

移住を機に農業を始めたい、農業に携わりたい。

…でも農業ってどんな作業をするの?自分でもできるかな?

農業の総合相談窓口の職員が、就農までの流れや体験メニューを紹介します。

また、移住して就農された方のトークもあります。

この機会に農業のイメージを膨らませませんか?

就農を希望されていない方の移住相談も可能ですので、是非、お越しください。

詳しくはチラシ.pdfもご参考下さい。

 

1 日程、場所、ゲストスピーカー

会場大阪東京
日程3月25日(土)13:00~16:003月26日(日)11:30~14:30
場所

大阪ふるさと暮らし情報センター

(大阪府大阪市中央区本町橋2-31シティプラザ大阪4階「温」)

NPOふるさと回帰支援センター東京

(東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階)

ゲスト

(株)営農福井(志賀町、水稲・ころ柿)

 染谷さん(埼玉県出身)

(有)グリーンアース杉浦(羽咋市、水稲)

 木村さん(岐阜県出身)

松尾栗園(輪島市、焼栗)

 松尾さん(愛知県出身)

(有)グリーンアース杉浦(羽咋市、水稲)

 岡本さん(大阪府出身

  (参考)昨年の様子

H28_3ijuseminner.JPG

H28_3ijuseminner3.JPG

2 申込み

申込書に必要事項をご記入頂きFAXいただくか、メールに必要事項を記入の上、下記申込先までお送り下さい。

3 問い合わせ・申込先
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構  担当:廣田、小森
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

 

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年3月21日

【次回3月25・26日移住就農相談会】石川県への移住・就農をお考えの方へ

  石川県への移住・就農をお考えの方へ

 当機構では、以下の日程で移住・就農のイベントを開催します。石川県での暮らしや農業について、お気軽にご相談ください。

(1)移住・就農セミナー、農業法人就職・体験説明会(参考:イシカワノオトHP

日程会場テーマ備考
 2月25日(土) ILAC東京(パソナグループ東京本社)石川県の農業法人の取組みを聞いてみよう!(外部リンク) 
 3月5日(日) 石川県地場産業振興センター本館1階大ホール いしかわ農林漁業就業合同面談会  

 160831パソナ.jpg

(2)就農相談会等(参考:新・農業人フェアHP

日程会場イベント名備考
2月18日(土)池袋サンシャインシティ新・農業人フェア2016 
3月25日(土)大阪ふるさと暮らし情報センター移住就農セミナー チラシ.pdf
3月26日(日)NPOふるさと回帰支援センター東京移住就農セミナー チラシ.pdf

 160831新農業人.JPG

(3)農業インターンシップ研修【事前研修】※終了しました

1 研修期間  3月7日(火)~16日(木)※10日間

2 場所  能登地域

3 募集対象  石川県外居住者で、石川県での新規就農を志向し、かつ概ね40歳未満の方

4 定員  10名程度 

5 募集期間  2月17日(金)締切り

6 備考  詳細は第1次産業ネットをご覧下さい。申込方法についてはお問い合わせ下さい。

 DSC09694.JPG

(参考)以下にて石川県の農業法人を紹介しています。ぜひご覧下さい。

YouTube「石川県内の農業経営体紹介」

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年2月19日

いしかわ農林漁業就業合同面談会の出展経営体が決まりました!

 先日、下記の通りお知らせいたしました3月5日(日)開催予定の「いしかわ農林漁業合同面談会」の出展経営体が決定いたしましたので、お知らせいたします。

 出展経営体一覧

※ 各経営体の求人情報については求人コーナーをご確認下さい。



 記

 石川県での農林漁業への就業に関心のある方を対象に相談会を開催します。


1.目的

県内での農業への就業を希望する方と、雇用を考えている農業法人等が個別に面談を行う場を提供し、就業希望者と農業法人等を結びつけることで、新規就農者の育成・確保および県内農業の発展を図る。あわせて、林業・漁業への就業に関心のある方を対象として、広く情報提供や就業全般の相談に応じることにより、農林漁業への就業促進・理解の向上を図る。

2.共同主催
(公財)いしかわ農業総合支援機構、石川県

3.後援
(一社)石川県農業開発公社、石川県農業会議、石川県森林組合連合会、(公財)石川県林業労働対策基金、石川県漁業協同組合

4.日時・場所
・平成29年3月5日(日) 13:00~16:00

石川県地場産業振興センター本館1階大ホール(金沢市鞍月2-1) 

5.対象者
石川県での農林漁業への就業に関心のある方

6.内容
(1)雇用を考えている農業法人等との個別面談ブースでの相談コーナー

(2)農林漁業への就業全般に関する総合相談コーナー

 ①農業を始めるための農地取得等の個別相談

 ②林業・漁業に就業するための個別相談  等


7.申込等

申込不要、入場無料、服装自由

案内チラシ(PDF)




<お問い合わせ先>

公益財団法人いしかわ農業総合支援機構

石川県地場産業振興センター新館4階(石川県金沢市鞍月2丁目20番地)

TEL 076-225-7621

URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年2月 2日

おいしい!いしかわレシピコンテスト 審査結果について

 いしかわ食推進協議会が主催する「おいしい!いしかわレシピコンテスト」二次審査が、平成29年1月24日(火)に金沢市の加藤キッチンスタジオにおいて開催されました。一次審査(書類審査)を通過した6作品について、加藤キッチンスタジオ代表の加藤氏にレシピに基づき料理を再現していただき、審査委員5名が厳正に審査した結果、各賞が決定しました。
 受賞された皆様におかれましては、おめでとうございます。
 また、本コンテストの運営に当たり、ご応募いただいた学校の皆様ほか、関係者各位に多大なご協力を賜りました。この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

審査結果

受賞作品のレシピ



▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年1月19日

【3/7~3/16開催】平成28年度「農業インターンシップ(事前研修)」研修生を募集します!

1.趣 旨
 都市生活者の石川県能登地域での就農・定住に向けたきっかけづくりとして、能登での農作業研修を体験したい方を募集します。
 まずは10日間の「事前研修」を体験していただき、その後、面談等を経た上で、最大9ヵ月間の「本研修」への切り替えや、現地での移住・就農に向けたサポートを受けられます。

2.対象者
原則、石川県外居住の方で、石川県(特に能登地域)での新規就農を志向する方

3.研修概要
◆◆◆[STEP1]事前研修◆◆◆
日程:2017年3月7日(火)~16日(木)(10日間)
内容:農家での農作業体験、視察研修 等
※事前研修に参加した方のみ、本研修に参加することができます
応募締切:2017年2月17日(金) ※詳しくはお問い合わせください
◆◆◆[STEP2]本研修◆◆◆
日程:2017年7月~2018年3月(最大9ヶ月)
内容:農家での農作業体験、視察研修、座学 等
※事前研修に参加した方のみ、本研修に参加することが出来ます

4.募集人数
10名程度

5.参加費
◆事前研修
[参加者負担]JR金沢駅または能登空港までの往復交通費
[主催者負担]現地での宿泊費(食事代含む)、傷害保険等
◆本研修
[参加者負担]研修中の宿泊、食事、移動に要する経費
[主催者負担]研修実費、傷害保険等

6.申込方法
インターン募集チラシ もご覧になった上で、以下どちらかの方法でお申し込みください。
(1)研修参加申込書をメール、FAX又は郵送により、(公財)いしかわ農業総合支援機構まで送付して下さい。
(2)農林漁業専門求人サイト「第一次産業ネット」内の募集ページからお申し込みください。

7.募集締切
平成29年2月17日(金) ※詳しくはお問い合わせください

8.研修生の決定
書類審査、面談を行った上で、受入農家を決定します。
※面談の際には履歴書をご準備ください。

9.問合せ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:小森、廣田
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
Tel 076-225-7621 Fax 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年1月17日

2月25日(土)に移住セミナー「石川県の農業法人の取組を聞いてみよう!」を開催します

【石川県の農業法人を知るチャンスです!!】
 農業法人で働くことの魅力を感じてもらうため、経営者等が取組みを紹介する移住セミナー「石川県の農業法人の取組を聞いてみよう!」(石川県農業法人説明会)を開催します。
 農業法人への就職や石川県農業に関心のある方は、是非、この機会にご参加ください。

1 開催日時  平成29年2月25日(土)13:30~16:30

2 開催場所  パソナ東京本社(東京都千代田区大手町2-6-4)

3 参加農業法人

(1)農事組合法人アグリスターオナガ(羽咋市:水稲、野菜)
平成18年に現在の代表への世代交代を機に法人化。有機質肥料による土作りにこだわり、極力農薬を使わない栽培を心がけ、主力のお米の他、メロンなどの野菜を生産している。生産物は個人客や旅館、レストラン、スーパー等に出荷し、積極的に販路開拓を試みている。自らが「楽しんで」「まじめに」育てた「健全な」生産物を提供することを大切にしている。
写真12_アグリスター代表.png
写真11_アグリスター2.jpg


(2)アジア農業株式会社(能登町:米、麦、大豆、蕎麦、野菜等)
日本最大規模で有機栽培に取り組む金沢農業(代表:井村辰二郎氏)が、耕作放棄地を再生するため平成21年に設立した農業法人。生産した有機農産物は、グループ会社の株式会社金沢大地で加工し、ネットや直営店等で販売。食育支援を目的としたコミュニティ活動も積極的に展開。千年後も豊かな農地を残す責任感に共感できる仲間を求めている。
写真22_アジア農業代表.jpg
写真21_アジア農業.JPG


(3)有限会社北海道ワイン能登ヴィンヤード(穴水町:果樹(ワイン用ブドウ))
平成12年に創業し、穴水町内と北海道のワイン工場に出荷するための醸造用ブドウを専業的に生産している。ブドウ栽培に適した穴水町の丘陵地にて、年間を通じて2万本近くのブドウの木を管理・栽培している。農業にチャレンジしてみたいと考えている仲間を求めている。
写真32_ヴィンヤード代表.png
写真31_ヴィンヤード.png

4 応募締切  平成29年2月22日(水)

5 募集定員  25名程度

6 応募資格  概ね40歳未満、農業経験不問

7 申込方法  下記の参加申込書をファックスまたはメールにて提出ください。表示できない方は直接お電話ください。
説明会チラシおよび申込書(PDF)

または第一次産業ネットの申込フォームによりお申し込み下さい。

8 お問合せ・お申込み先
 (公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:小林(こばやし)、小森(こもり)
  TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622 E-mail:info@inz.or.jp

【参考】
以下は昨年10月29日(土)に開催された第1回目の説明会の様子です。
お米や野菜、加工品など、農家渾身の逸品を試食しながらお話を伺いました。
前回写真.jpg
(参加者の声)
 ・農業法人の方の生の声を聞くことが出来て良かった。(25才女性)
 ・就農に向けての方向性を考える大変良い機会になりました。(40才男性)

また、以下にて、そのほかの石川県の農業法人を紹介しています。ご参考ください。
石川県内の農業経営体紹介」(YouTubeサイト)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年1月16日

【次回2月7日@金沢】ハローワークにて就業相談会を開催します

○内容:

農林漁業への就業を希望する方を対象に、「農林漁業に興味があるけど、どんな仕事なのか良くわからない」、「農林漁業に就きたいけど、何から準備すればよいかわからない」などの疑問にお答えする就業相談会を下記日程で開催します。農業、林業、漁業の専門の相談員が対応しますので、ぜひお気軽にお越しください。

○場所:

ハローワーク金沢(金沢市鳴和1-18-42)
ハローワーク小松(小松市日の出町1-120 小松日の出合同庁舎)
ハローワーク七尾(七尾市小島町西部2 七尾地方合同庁舎)
ハローワーク輪島(輪島市鳳至町畠田99-3 輪島地方合同庁舎)
ハローワーク白山(白山市西新町235)

○日時:

場所 開催日 時間
ハローワーク金沢
 
平成28年5月30日(月)

 

 



13:30~15:30






 

平成29年2月7日(火)
ハローワーク小松 平成28年10月19日(水)
ハローワーク七尾 平成28年8月9日(火)
ハローワーク輪島 平成28年7月20日(水)
ハローワーク白山 平成29年1月13日(金)

 


○問い合わせ先:

【全般】石川県農業政策課農業参入・経営戦略推進室
TEL 076-225-1613
【農業】(公財)いしかわ農業総合支援機構
TEL 076-225-7621
【林業】(公財)石川県林業労働対策基金
TEL 076-237-0121
【漁業】(一財)石川県水産振興事業団
TEL 076-234-8819

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月25日

(農業経営体向け)いしかわ農林漁業就業合同面談会の開催について

 石川県での農林漁業への就業に関心のある方を対象に相談会を開催し、雇用を考えている農業法人等を募集します。

1.目的
県内での農業への就業を希望する方と、雇用を考えている農業法人等が個別に面談を行う場を提供し、就業希望者と農業法人等を結びつけることで、新規就農者の育成・確保および県内農業の発展を図る。あわせて、農林漁業への就業に関心のある方を対象として、広く情報提供や就業全般の相談に応じることにより、農林漁業への就業促進・理解の向上を図る。

2.日時・場所
・平成29年3月5日(日) 13:00~16:00
石川県地場産業振興センター本館1階大ホール(金沢市鞍月2-1) 

3.募集対象・定員
求人を考えている農業法人、認定農業者、農業参入企業等50経営体程度

4.募集締切
平成29年1月27日(金)

5.申込等
申込書と求人情報をHPからダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXまたはメールにてお申込下さい。
申込先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 FAX 076-225-7622   e-mail info@inz.or.jp

申込書(WORD) 申込書(PDF)

求人情報(EXCEL) 求人情報(PDF)

<お問い合わせ先>
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 TEL 076-225-7621
石川県地場産業振興センター新館4階(石川県金沢市鞍月2丁目20番地)
URL http://www.inz.or.jp/

 

  

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月25日

(求職者向け)いしかわ農林漁業就業合同面談会の開催について

 石川県での農林漁業への就業に関心のある方を対象に相談会を開催します。


1.目的

県内での農業への就業を希望する方と、雇用を考えている農業法人等が個別に面談を行う場を提供し、就業希望者と農業法人等を結びつけることで、新規就農者の育成・確保および県内農業の発展を図る。あわせて、林業・漁業への就業に関心のある方を対象として、広く情報提供や就業全般の相談に応じることにより、農林漁業への就業促進・理解の向上を図る。

2.共同主催
(公財)いしかわ農業総合支援機構、石川県

3.後援
(一社)石川県農業開発公社、石川県農業会議、石川県森林組合連合会、(公財)石川県林業労働対策基金、石川県漁業協同組合

4.日時・場所
・平成29年3月5日(日) 13:00~16:00

石川県地場産業振興センター本館1階大ホール(金沢市鞍月2-1) 

5.対象者
石川県での農林漁業への就業に関心のある方

6.内容
(1)雇用を考えている農業法人等との個別面談ブースでの相談コーナー

(2)農林漁業への就業全般に関する総合相談コーナー

 ①農業を始めるための農地取得等の個別相談

 ②林業・漁業に就業するための個別相談  等


7.申込等

申込不要、入場無料、服装自由

案内チラシ(PDF)




<お問い合わせ先>

公益財団法人いしかわ農業総合支援機構

石川県地場産業振興センター新館4階(石川県金沢市鞍月2丁目20番地)

TEL 076-225-7621

URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月21日

平成29年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集(二次)について

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

2 募集対象・目的
県内で就農を希望する方で入塾時(平成29年4月1日時点)に59歳未満の方
(但し、予科は64歳未満まで)

【予科】
就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します。
(募集人数:20人程度)
【本科】
就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します。
(募集人数:10人程度)
【専科】
自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者)を対象に、研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します。
(募集人数:若干名)
※研修の詳しい内容や日程については、H29募集要項(2次募集).pdfを参考にして下さい。
※本科生および専科生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。(詳しくは当機構の担当者までお問合せ下さい。)

3 申込について
(1)申込書類
①入塾申込書(写真を添付したもの)
②作文(題:「私が目指す農業経営」 800字以内)
申込書類のダウンロードはこちらから
H29申込書(二次募集).doc
H29申込書(二次募集).pdf
(2)申込期限:平成29年1月25日(水)必着
(3)申込方法:下記まで郵送またはお持ち下さい。
(4)申込先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 (いしかわ耕稼塾 担当:金森、窪田、小林)
       〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F

4 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成29年2月初旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成29年2月上旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

5 お問い合わせ先
不明な点などは、(公財)いしかわ農業総合支援機構へお問合せ下さい。
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構(いしかわ耕稼塾 担当:金森、窪田、小林)
TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
HP:http://www.inz.or.jp/  E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月14日

【募集中】いしかわ耕稼塾「開放セミナー」の開催について

1 趣旨
いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、平日の夜間に駅前で農業を気軽に学ぶための入門講座、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など様々なカリキュラムを実施しています。
今般、一般県民や就農希望者の方々に農業をもっと知っていただく、関心を持っていただく、あるいは職業としての農業について理解を深めていただくためのセミナーを開催しますので、お気軽にご参加ください。

2 主催
石川県、(公財)いしかわ農業総合支援機構

3 日程
平成29年1月14日(土)~2月11日(土)毎週土曜日(全5回)
14:00~16:00(受付13:30~)

4 場所
石川県庁 行政庁舎19階展望ロビー 交流コーナー(石川県金沢市鞍月1丁目1番地)  県庁へのアクセス・駐車場
※無料駐車場があります。

5 詳細日程 (詳しくは「いしかわ耕稼塾開放セミナーチラシ」をご覧下さい)

日時 演題 講師

 

1月14日(土)

 

14:00~16:00

すべてはひとつの出会いからはじまる

~醸造用ぶどうの可能性~

(株)OkuruSky

代表取締役 村山 智一 氏

 

1月21日(土)

 

14:00~16:00

身は一代、名は末代

~イネを育て、イネに育てられ~

(有)たけもと農場

専務取締役 竹本 彰吾 氏

 

1月28日(土)

 

14:00~16:00

想いをカタチに

~農業女子からのメッセージ~

畑の国のアリス 農業女子いしかわ

 

2月4日(土)

 

14:00~16:00

白山麓白峰の恵みと食文化

白山ろく民俗資料館

館長 山口 一男 氏

 

2月11日(土)

14:00~16:00

誰かのためではなく、あなたのために

 

~小規模だからこそ出来ること~


(有)川端鮮魚

取締役 川端 海富理 氏

6 その他
参加無料、定員各100名(先着順)
※セミナー当日は、先着順で席についていただきます。参加者が多いときは、立ち見になる場合がありますので、ご了承ください。 

7 申込み
準備の都合がありますので、参加ご希望の方は、参加用紙に必要事項をご記入の上、FAX又はEメールにていしかわ農業総合支援機構まで送付してください。(当日の追加参加も可)

 

参加申込書(PDF)

  

参加申込書(WORD)

 


8 問い合わせ先
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構  担当:金森、廣田、田畠
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月10日

【募集終了】労務管理や人材育成について学ぶセミナーを開催します

 1 趣旨

 経営の多角化や規模拡大を目指す農業経営体にとって、雇用労働力は必要不可欠である。しかし多くの経営体は雇用経験が浅いため、雇用主として必要な人事・労務管理の知識や、人材育成にかかる手法の習得などが喫緊の課題となっている。

 このため、「いしかわ耕稼塾」では、農業経営体の幹部及び管理者を目指す方を対象に、雇用をする上で必要となる保険制度や、年間雇用を目指した労務管理や就業規則、被雇用者のモチベーション向上方法などを学ぶ「企画管理力向上セミナー」を開催する。

 

2 募集対象・定員

  規模拡大・多角化等を目指す農業経営体の幹部又は管理者を目指す方

   定員:各会場とも15名程度  ※ 過去に受講・修了した方も対象

   ※ 各会場とも申込みが5名を下回った場合は中止とします

 

3 研修概要

 (1) 金沢コース(場所:地場産業振興センター新館第13研修室)

 

日程 内容
第1回

1月17日(火)

13~16時

被雇用者のモチベーション向上研修(1)

場の空気を作る方法や、若手とのコミュニケーションをとり、やる気にするための会話について学びます。

第2回

1月24日(火)

13~16時

被雇用者のモチベーション向上研修(2)

外発的動機付けと内発的動機付けの違い、燃える集団、フロー集団の理解とそれに導く手法について学びます。

第3回

1月31日(火)

13~16時

被雇用者のモチベーション向上研修(3)

やる気をなくしたとき、落ち込んだときの対処方法について学びます。

第4回

2月7日(火)

13~16時

被雇用者のモチベーション向上研修(4)

シンプルでかつモチベーションの基本である、ほめる/任せる/承認する、を学習します。

第5回

2月14日(火)

13~16時

労務管理の理論と実務(1)

労働法、労働契約、就業規則の基本を学びます。

第6回

2月21日(火)

13~16時

労務管理の理論と実務(2)

入社から退職までの労務管理について、理論と具体的な実務を学びます。

第7回

2月28日(火)

13~16時

経営者・指導者向けマナー研修

ビジネスは良好な人間関係を築くことが大切です。ビジネスマナーをはじめ、コミュニケーション力や効果的な話し方など、人間関係力を身につけます。

 
(2) 能登コース(第1回のみ金沢開催なので注意)
 
日時場所内容
第1回

2月28日(火)

13~16時

地場産業振興センター新館

第13研修室

経営者・指導者向けマナー研修

ビジネスは良好な人間関係を築くことが大切です。ビジネスマナーをはじめ、コミュニケーション力や効果的な話し方など、人間関係力を身につけます。

第2回

3月7日(火)

10:30~

16:30

奥能登行政センター(能登空港)3階

農林会議室

被雇用者のモチベーション向上研修

・若手とコミュニケーションするための会話について学びます。

・外発的動機付けと内発的動機付けの違い、燃える集団であるフロー集団の理解とそれに導く方法について学びます。

・権限委譲と承認の効果について学びます。

第3回

3月14日(火)

10:30~

16:30

奥能登行政センター(能登空港)3

農林会議室

労務管理の理論と実務

・労働法、労働契約、就業規則の基本を学びます。

・入社から退職までの労務管理について、理論と具体的な実務を学びます。

 
(3) 講師
  被雇用者のモチベーション向上研修・・・・・(株)人材情報センター 奥野 肇 氏
  労務管理の理論と実務・・・・・・・・・・・・・・・・吉田社会保険労務士事務所 吉田 純一 氏
  経営者・指導者向けマナー研修・・・・・・・・・オフィスワン 中川 真由美 氏
 
4 受講料  無料
 
5 申込手続き
(1) 提出書類:参加申込書(wordファイルです。うまくダウンロードできない場合はご一報ください。)
(2) 締め切り:平成28年12月20日(火)まで(定員に達し次第、締め切ります)
(3) 提出方法:郵送、FAX、E-mailのいずれかにより事務局まで提出願います。
(4) 事 務 局:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:廣田、金森、加藤
        〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 県地場産業振興センター新館4階
        TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622  
        URL:http://www.inz.or.jp/  E-mail:info@inz.or.jp
 

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月15日

【11/23】次世代農業人交流大会2016を開催します!

次世代農業人交流大会とは、石川県内の次世代を担う農業者が一堂に会し、地域を越えた情報交換や仲間づくりを行う企画で、本年度で3年目を迎えます。本年は、若手農業者の中心組織である農業青年グループ連絡協議会の50周年という節目の年であり、ベテラン農業者と次世代農業人との世代間交流を図る目的もあります。また、節目の年にふさわしく、株式会社三越伊勢丹の大西社長をお招きし、記念講演を行います。
大変貴重な機会となりますので、興味のある農業者の方は、是非ご参加下さい。



1.日 時 平成28年11月23日(水・祝) 13:00~16:30

2.会 場 ホテル金沢 4階 エメラルド(金沢市堀川新町1番1号)

3.内 容

 (1)挨  拶(石川県知事 谷本 正憲)

 (2)石川県農業青年グループ連絡協議会50周年記念式典

 (3)記念講演 「価値の高い商品の創造のために」

   講  師 株式会社三越伊勢丹ホールディングス

        代表取締役執行役員  大西 洋 氏

 (4)交流会(テーマ別分科会)

   テーマ 「収益性の向上」 「売れる商品づくり」 「担い手育成」


次世代農業人交流大会2016


【申込み・問い合わせ】

  石川県農林水産部農業政策課 担当:上垣(うわがき)、清水

 TEL 076-225-1613 E-mail uwagaki@pref.ishikawa.lg.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月 8日

【募集終了】平成29年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

2 募集対象・目的
県内で就農を希望する方で入塾時(平成29年4月1日時点)に59歳未満の方
(但し、予科は64歳未満まで)

【予科】
就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します。
(募集人数:40人程度)
【本科】
就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します。
(募集人数:16人程度)
【専科】
自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者)を対象に、研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します。
(募集人数:8人程度)
※研修の詳しい内容や日程については、募集要項を参考にして下さい。
※本科生および専科生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。(詳しくは当機構の担当者までお問合せ下さい。)

3 申込について
(1)申込書類
①入塾申込書(写真を添付したもの)
②作文(題:「私が目指す農業経営」 800字以内)
申込書類のダウンロードはこちらから
ワードファイル
PDFファイル
(2)申込期限:平成28年11月30日(火)必着
(3)申込方法:下記まで郵送またはお持ち下さい。
(4)申込先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 (いしかわ耕稼塾 担当:金森、窪田、小林)
       〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F

4 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成28年12月上旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成28年12月中旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

5 お問い合わせ先
不明な点などは、(公財)いしかわ農業総合支援機構へお問合せ下さい。
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構(いしかわ耕稼塾 担当:金森、窪田、小林)
TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
HP:http://www.inz.or.jp/  E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月31日

11月26日@東京★農業女子へのStart Up!~女性のための農業 トーク&カフェ~

田舎暮らしや就農を希望する女性が増えています。そうした女性の方を対象に、石川へ移住後、農業に携わっている女性3名を講師に招き、それぞれの移住のきっかけや農業に携わるまでの経緯、地方での生活で感じたギャップなどをお話しいただきます!

161126nougirl.jpgのサムネール画像

◎開催概要

 日程:11月26日(土)

 場所:パソナグループ東京本部

 時間:14時00分~16時00分

 定員:20名 

詳しくはチラシをご覧下さい

あるいはこちらのサイトをご覧下さい

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年9月26日

【募集終了】いしかわの農業法人見学会(10月10日開催)

【石川県の農業法人を知るチャンス!!】
 農業法人で働くことの魅力を感じてもらうため、いしかわの農業法人見学会を開催します。
 企業から話を直接聞けるだけでなく、実際の現場で農作業等を体験・見学できる内容となっております。
 農業法人への就職や石川県農業に関心のある方は、是非、この機会にご参加ください。

1 開催日時  平成28年10月10日(月・祝)8:50~17:00

2 訪問先
(1)春蘭の里(能登町)
平成8年、集落の過疎化に悩んでいた地元の有志7人が「春蘭の里実行委員会」を結成し、翌年には農家民宿「春蘭の宿」を開業。『若者が帰ってくる農村』を目指し、修学旅行の受入やグリーンツーリズムなどに取り組んでいる。今では年間1万人を超える利用客数を誇り、海外からも1700人を受け入れている。
160830春蘭.JPG


(2)株式会社 ミスズライフ(穴水町)
きのことベビーリーフの生産・販売を手がける長野県の(株)ミスズライフが、中京・関西方面への生産拠点として平成26年に設立。きのこ収穫後の培地は、独自に再処理し、有機肥料としてベビーリーフの農地に還元する循環型農業を実現している。また、有機肥料を利用した、能登の気候に適した野菜栽培を目指している。
160830.JPG


(3)能登ワイン株式会社(穴水町)
平成18年、地元資本による醸造・販売会社として設立。能登で収穫したぶどうのみを原料とした生ワインにこだわり、醸造開始わずか6年目の平成23年に日本ワインコンクールで銀賞を受賞。、平成25年には金銀銅の3賞に輝いた。平成21年からは自社農園でもぶどう栽培を開始し、現在では一帯の契約農家も含めて約20品種が栽培されている。
160830能登ワイン.JPG

3 当日のスケジュール
 8:50 金沢駅集合
 9:00 金沢駅出発
11:00 春蘭の里【昼食、野菜の収穫体験】
13:00 (株)ミスズライフ【ほ場・工場見学】
14:00 能登ワイン(株)【ほ場・工場見学、試飲]
17:00 金沢駅到着・解散

4 応募締切  平成28年10月3日(月)※少し延長しています

5 募集定員  15名程度

6 応募資格  概ね40歳未満、農業経験不問

7 申込方法  下記の参加申込書をファックスまたはメールにて提出ください。表示できない方は直接お電話ください。
バス見学会申込書.pdf

8 お問合せ・お申込み先
 (公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:廣田(ひろた)、窪田(くぼた)、小林(こばやし)
  TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622 E-mail:info@inz.or.jp

【参考】
以下にて、そのほかの石川県の農業法人を紹介しています。ご参考ください。
石川県内の農業経営体紹介」(YouTubeサイト)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年9月26日

【募集終了】10月29日(土)に石川県農業法人就農説明会を開催します!

【石川県の農業法人を知るチャンスです!!】
 農業法人で働くことの魅力を感じてもらうため、経営者等が取組みを紹介する説明会を開催します。
 農業法人への就職や石川県農業に関心のある方は、是非、この機会にご参加ください。

1 開催日時  平成28年10月29日(土)13:30~16:30

2 開催場所  パソナ東京本社(東京都千代田区大手町2-6-4)

3 参加農業法人

(1)有限会社 川原農産 (輪島市:水稲、果樹、加工)
田園風景が広がる奥能登山あいの町にて水稲栽培を営む。『奥能登米』の美味しさを知ってもらうため、東京の青空市場や輪島朝市に出店し、積極的にPR。生き物である農作物と真摯に向き合える仲間を求めている。
1_(有)川原農産.jpg


(2)農事組合法人 きずな (珠洲市:水稲、野菜)
耕作放棄地が増えつつあった集落農業を守るべく設立。希少なゲンゴロウと共生する水稲栽培を中心に展開する集落営農組織。地域の農業を受け継いでくれる担い手を求めている。
2_(農)きずな.jpg


(3)株式会社 OkuruSky (穴水町:果樹、野菜、加工)
町内にワイン工場が設立されたのを機に、建設業からワイン用ぶどう農家へ転身。能登の農作物を原料とした加工品製造や、農業体験イベントなどを展開。次世代に地域の良さを伝えていきたい仲間を求めている。
3_(株)OkuruSky.jpg


(4)株式会社 滝川組 (津幡町:水稲)
建設業から農業参入。大型機械の操作技術といった建設業の強みを活かし、地域の信頼も相まって、順調に経営規模が拡大。県内有数の白鳥飛来地を守りながら、共に米作りをする仲間を求めている。
4_(株)滝川組.jpg


(5)有限会社 安井ファーム (白山市:野菜、水稲)
水稲中心の経営から露地野菜を大規模に導入し、事業を拡大。現在では県内一のブロッコリー栽培面積を誇る。楽しい農業をモットーに、お客様と社員の幸せを追求できる仲間を求めている。
5_(有)安井ファーム.jpg

4 応募締切  平成28年10月27日(木)

5 募集定員  25名程度

6 応募資格  概ね40歳未満、農業経験不問

7 申込方法  下記の参加申込書をファックスまたはメールにて提出ください。表示できない方は直接お電話ください。
説明会チラシおよび申込書(PDF)

8 お問合せ・お申込み先
 (公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:小林(こばやし)、窪田(くぼた)
  TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622 E-mail:info@inz.or.jp

【参考】
以下にて、そのほかの石川県の農業法人を紹介しています。ご参考ください。
石川県内の農業経営体紹介」(YouTubeサイト)

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年8月25日

いしかわ耕稼塾「需要対策型野菜づくり研修」(第2回) の開催について

市場動向や需要者のニーズに応える農産物生産を推進するため「需要対応型野菜づくり研修」を開催いたします。
講師は、流通のプロや市場ニーズに対応した農産物づくりを行っている篤農家が務め、実需者が求める野菜や品種など最新のニーズについて伝授してもらいます。興味がある方は、是非、ご参加下さい。

(1)日 時 平成28年10月27日(木)13:15~16:30

(2)会 場 木村農産(白山市木津町)
      福来園(野々市市中林)

(3)テーマ 「市場ニーズや消費者を意識した商品づくり」

(4)講 師 ①木村農産 木村 博美 氏
       ・市場ニーズを捉えた品目での野菜栽培や農産物加工に取り組む
      ②福来園 福田 康浩 氏
       ・都市近郊の消費者ニーズに応える農業経営

(5)定 員 20名

(6)集合場所・出発時間 石川県地場産業振興センター新館前 13:15出発
           (研修は、バスでの移動になります)

(7)受講料  無料

(8)参加申込 申込書に必要事項をご記入の上、10月17日(月)までに、機構へ提出願います。

開催要領
2需要対応型野菜づくり研修(開催要領).docx

申込書
申込書(野菜づくり第2回).docx

旅程表
旅程表(野菜づくり第2回).docx

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年7月18日

【募集終了:定員に達しました】いしかわの農業法人見学バスツアー(7月31日)

【石川県の農業法人を知るチャンス!!】
 農業法人で働くことの魅力を感じてもらうため、いしかわの農業法人見学バスツアーを開催します。
 企業から話を直接聞けるだけでなく、実際の現場で農作業等を体験・見学できる内容となっております。
 農業法人への就職や石川県農業に関心のある方は、是非、この機会にご参加ください。

1 開催日時  平成28年7月31日(日)9:30~16:00

2 訪問先
(1)有限会社 中本農園(白山市)
 100棟を超えるハウスと露地で、こまつなやほうれんそうなどを栽培している。有機質肥料をたっぷり使用した土づくりを行い、使用する農薬の量は通常の3割減。冬季は和歌山県でも小松菜を栽培し、通年出荷できる体制を整えている。
中本農園(表紙・決め手).jpg
(2)株式会社 ぶどうの木(金沢市)
レストラン経営、洋菓子類製造販売、ブライダル事業などを手がける。ただしその原点は、昭和25年に植えられた1本のぶどうの木から。6千坪の葡萄園のなかにたたずむケーキショップや雑貨店、レストランはひとつの街並みを成し、夏から秋にかけては50数種類の多彩なぶどうを求める多くの人で賑わう。
160731budounoki.jpg

(3)農事組合法人 河北潟ホリ牧場(内灘町)
 約80年前から、金沢近郊で乳牛を飼育してきた地元密着のホリ牧場は、美味しく、安全な牛乳作りを目指している。同牧場の直営店「夢ミルク館」では、ソフトクリームなど、搾りたての新鮮なミルクをたっぷり使った美味しい乳製品を味わうことができ、その他、動物たちとのふれ合いなどを楽しめる。
160731hori.jpg

3 当日のスケジュール
 9:30 金沢駅集合
 9:45 金沢駅出発
10:20 (有)中本農園【野菜の収穫体験】
12:00 (株)ぶどうの木【販売店の見学・昼食】
14:30 河北潟干拓地【大規模ほ場の見学】
14:00 (農)河北潟ホリ牧場
16:00 金沢駅到着・解散

4 応募締切  平成28年7月20日(水)

5 募集定員  15名程度

6 応募資格  概ね40歳未満、農業経験不問。ただし石川県外からの移住希望者を優先します

7 申込方法  下記の参加申込書をファックスまたはメールにて提出ください。表示できない方は直接お電話ください。
参加申込書

8 お問合せ・お申込み先
 (公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:小林(こばやし)、廣田(ひろた)、窪田(くぼた)
  TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622 E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年6月19日

6月17日(金)に平成28年度「いしかわ耕稼塾」開講式を開催しました!

6月17日(金)に、「いしかわ耕稼塾」8期生の開講式が行われました。

はじめめに、いしかわ耕稼塾名誉塾長である谷本正憲石川県知事と、丸山利輔いしかわ耕稼塾塾長より激励の言葉を賜りました。
160617知事挨拶.JPGのサムネール画像
160617塾長激励.JPGのサムネール画像


研修生を代表して本科生の中野聖太さんが誓いのことばを述べ、決意を新たにしました。
160617誓い.JPG

開講式後、研修生代表と知事及び塾長が、研修にむけての意欲や目標について懇談しました。
最後に、各コース研修生と知事及び名誉塾長と記念撮影を行いました。

スキルアップコース研修生
160617スキル.JPG

マネジメントコース研修生
160617マネジ.JPG

専科・本科研修生
160617専科本科.JPG

実践科研修生
160617実践科.JPG

予科研修生
160617予科.JPG

一年間の講義を通じて、技術・知識の習得だけでなく、仲間づくりにも励んでもらえればと思います。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年5月26日

【募集終了しました】平成28年度「農業インターンシップ」研修生を募集します!

1.趣 旨
 都市生活者の石川県奥能登地域での就農・定住に向けたきっかけづくりとして、能登での農作業研修を体験したい方を募集します。
 まずは10日間程度の「事前研修」を体験していただき、その後、面談等を経た上で、約6~9ヵ月間の「本研修」への切り替えや、現地での移住・就農に向けたサポートを受けられます。

2.対象者
原則、石川県外居住の方で、石川県(特に能登地域)での新規就農を志向する方

3.研修概要
◆◆◆[STEP1]事前研修◆◆◆
日程:2016年6月14日(火)~23日(木)(10日間)
内容:農家での農作業体験、視察研修 等
※事前研修に参加した方のみ、本研修に参加することができます
応募締切:2016年6月上旬 ※詳しくはお問い合わせください
◆◆◆[STEP2]本研修◆◆◆
日程:2016年7月上旬~2017年3月下旬(6~9ヶ月程度)
内容:農家での農作業体験、視察研修、座学 等
※事前研修に参加した方のみ、本研修に参加することが出来ます

4.募集人数
10名程度

5.参加費
◆事前研修
[参加者負担]JR金沢駅または能登空港までの往復交通費
[主催者負担]現地での宿泊費(食事代含む)、傷害保険等
◆本研修
[参加者負担]研修中の宿泊、食事、移動に要する経費
[主催者負担]研修実費、傷害保険等

6.申込方法

募集チラシもご覧になった上で、以下どちらかの方法でお申し込みください。

(1)研修参加申込書をメール、FAX又は郵送により、(公財)いしかわ農業総合支援機構まで送付して下さい。

(2)農林漁業専門求人サイト「第一次産業ネット」内の募集ページからお申し込みください。

http://www.sangyo.net/job/detail/3926/


7.募集締切

平成28年6月上旬 ※詳しくはお問い合わせください


8.研修生の決定

書類審査、面談を行った上で、受入農家を決定します。

※面談の際には履歴書をご準備ください。


9.問合せ先

(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:小森、廣田

石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階

Tel 076-225-7621 Fax 076-225-7622

Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/


 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年5月26日

【募集終了しました】平成28年度いしかわ耕稼塾「実践科」研修生を募集します

1 趣 旨
 近年、新規就農者数は増加傾向にあるものの、非農家出身が約9割を占めており、農業に関する基礎的な知識や技術の習得機会を経ずに就農し、営農定着に苦慮する場合が見受けられる。
 このため、就農後1年程度以下の経験の浅い者を対象に、農業に関する基礎的な知識を幅広く習得することを目的とした研修を実施し、実践的な能力を高めることにより、農業の担い手の育成・定着を促進する。

2 受講対象
農業教育を受けていない就農後1年程度以内の農業経験の浅い者
(農業法人・参入企業の栽培担当者、農家子弟も含む)

3 研修の概要 

目 的 農業に関する基礎的な知識を幅広く習得し、今後の営農・業務に活かす
募集人員 金沢会場、能登会場  各30名程度
研修期間

平成28年6月~29年3月 全57コマ(能登は55コマ)
1コマ=3時間(午前9:00~12:00、午後13:00~16:00)
※各回、2コマ(9~16時)を基本に実施

研修日 (金沢会場)原則・毎週火曜日、
(能登会場)原則・毎週火または金曜日
研修内容

【作物栽培基礎】栽培学基礎(水稲、野菜)、栽培管理実習(果樹、ほか)
【病害虫・土壌】病害虫防除基礎、土壌肥料学基礎
【農業機械】農業機械整備・実習、大型特殊免許(農耕車限定)取得、刈払機
【経営】農業簿記基礎
【加工・6次化】6次産業化研修(初級)、農産加工実習
【その他】日本農業技術検定3級受験、開放セミナー、県内農家視察研修 等

参考

研修場所 ・金沢会場:石川県農林総合研究センター、河北潟農業研修館など
・能登会場:石川県農林総合研究センター、(同左)能登駐在など
その他

・教材等の実費を徴収することがあります
・過去に実践科を受講した方は「農業即応技術研修」にお申し込みください

※ 研修日程は以下を参照ください。調整中の講義もあります、ご了承ください。
実践科【金沢】研修予定
実践科【能登】研修予定

4 申込手続き
(1)申込書類: 受講申込書
(2)申込締切:平成28年6月上旬頃まで
(3)申込方法:郵送またはFAX、メールにて受講申込書を下記までご提出ください
(4)申込先:
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (担当:廣田、金森 )
TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年5月 2日

【募集終了しました】平成28年度いしかわ耕稼塾「農業即応技術研修」研修生の募集について

1 趣 旨
 近年、新規就農者数は増加傾向にあるものの、非農家出身が約9割を占めており、農業に関する基礎的な知識や技術の習得機会を経ずに就農し、営農定着に苦慮する場合が見受けられる。
 このため、就農後5年程度までの経験の浅い者を対象に、生産現場で直面する課題に適切に対応できる技術の習得を目的とした研修を実施し、即応能力を高めることにより、農業の担い手の育成・定着を促進する。

2 受講対象
農業教育を受けていない就農後5年以内の農業経験の浅い者
(農業法人・参入企業の栽培担当者、農家子弟、実践科・予科修了生も含む)

3 研修の概要 

目 的 各農場・農園で問題となっている生育不良や病害虫等に対応できる農業者の育成を目指す
募集人員 金沢会場、能登会場  各10名程度
研修期間

平成28年6月~2月 全54コマ(能登は55コマ)
1コマ=3時間(午前9:00~12:00、午後13:00~16:00)
※各回、2コマ(9~16時)を基本に実施

研修日 2~3日/月の講義・実習
研修内容

Ⅰ 必修講座 14コマ(能登15コマ)
(1)実習4コマ(能登5コマ)
【金沢会場】 以下のうち、1作目を選択して受講[2コマ×2日]
・水稲栽培の基礎実習(穂肥・刈取診断など)
・野菜栽培の基礎実習(生育診断・試験栽培など)
・果樹栽培の基礎実習(収穫・剪定など)
【能登会場】 野菜栽培の基礎実習[1コマ×5日]
(2)講義10コマ[2コマ×5日]

Ⅱ 選択講座 40コマ(希望者のみ受講)
大型特殊(農耕車限定)免許取得、農業簿記、農業経営力養成講座、
次世代農業人交流大会、農産加工実習、県外先進経営体視察 等

研修場所 ・金沢会場:石川県農林総合研究センター、河北潟農業研修館など
・能登会場:石川県農林総合研究センター、能登駐在所研修館など
その他

教材等の実費を徴収することがある

※日程などの詳細は下記カリキュラムを参照ください

■「農業即応技術研修」カリキュラム【金沢会場】
■「農業即応技術研修」カリキュラム【能登会場】

4 申込手続き
(1)申込書類: 受講申込書
(2)申込締切:平成28年5月27日(金)まで
(3)申込方法:郵送またはFAX、メールにて受講申込書を下記までご提出ください
(4)申込先:
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (担当:金森、廣田 )
TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年2月18日

(求職者向け)いしかわ農林漁業就業合同面談会の開催について (出展予定経営体一覧を追加しました)

 石川県での農林漁業への就業に関心のある方を対象に相談会を開催します。


1.目的
県内での農業への就業を希望する方と、雇用を考えている農業法人等が個別に面談を行う場を提供し、就業希望者と農業法人等を結びつけることで、新規就農者の育成・確保および県内農業の発展を図る。あわせて、林業・漁業への就業に関心のある方を対象として、広く情報提供や就業全般の相談に応じることにより、農林漁業への就業促進・理解の向上を図る。

2.共同主催
(公財)いしかわ農業総合支援機構、石川県

3.後援
(一社)石川県農業開発公社、石川県農業会議、石川県森林組合連合会、(公財)石川県林業労働対策基金、石川県漁業協同組合

4.日時・場所
・平成28年2月28日(日) 13:00~16:00
石川県地場産業振興センター本館1階大ホール(金沢市鞍月2-1) 

5.対象者
石川県での農林漁業への就業に関心のある方

6.内容
(1)雇用を考えている農業法人等との個別面談ブースでの相談コーナー
(2)農林業業への就業全般に関する総合相談コーナー
①農業を始めるための農地取得等の個別相談
②林業・漁業に就業するための個別相談  等


7.申込等
申込不要、入場無料、服装自由

案内チラシ


出展予定経営体一覧(PDF)(2月18日現在)



<お問い合わせ先>
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
石川県地場産業振興センター新館4階(石川県金沢市鞍月2丁目20番地)
TEL 076-225-7621
URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年2月17日

「石川県産食材の販路開拓研修会」参加者募集!

石川県産食材の新たな販路開拓を希望する方、食材の各種展示会や商談会へ出展しようと思っている方々を対象に、首都圏等における流通動向や実需者の目を惹くディスプレイ方法などを学ぶ機会として「石川県産食材の販路開拓研修」を開催いたします。研修は、ブース出展をイメージしたディスプレイ演習等、実践を想定した内容となっています。
参加を希望される方はチラシをご覧の上、3月7日(月)までに当機構へ申込み下さい。

研修: 石川県産食材の販路開拓研修会
     ~首都圏等での流通動向と魅力的なディスプレイ~

日時: 平成28年3月9日(水)13:30より
       
場所: 石川県庁 8階 802会議室(金沢市鞍月1-1)

※詳細はチラシをご覧下さい。

販路開拓研修会チラシ.pdf

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年1月18日

いしかわ耕稼塾「第3回 特別講座~市場ニーズに応える農産物生産~」参加者募集!

金沢市中央卸売市場と連携し、市場動向や需要者のニーズに応える農産物生産を推進するため「特別講座」を開催いたします。
講師は、金沢市中央卸売市場の第一線で活躍している流通のプロが務め、実需者が求める野菜や品種など最新のニーズについて伝授してもらいます。
ニーズに応える野菜づくりの事例として、白山市の黒澤農場さんへ視察にいきます。興味がある方は、是非、ご参加下さい。


(1)日 時  平成28年2月19日(金)14:00~16:00

(2)会 場  株式会社マルエー元菊店(金沢市元菊町)
         有限会社黒澤農場(白山市黒瀬町)

(3)テーマ  「買い手を意識した商品づくり」

(4)講 師  ①株式会社マルエー 店舗ご担当者様
          ・顧客ニーズに対応した商品提案
         ②有限会社黒澤農場 取締役専務 黒澤 与典 氏
          ・市場との連携によるニーズに応える野菜づくり

(5)定 員  45名

(6)集合場所・出発時間  石川県地場産業振興センター新館前 13:45出発
                  (研修は、バスでの移動になります)

(7)受講料  無料

(8)参加申込 申込書に必要事項をご記入の上、2月12日(金)までに、機構へ提出願います。


開催要領   申込書   旅程

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月21日

平成28年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について (2次募集)

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

 2 募集対象・目的
県内で就農を希望する方で入塾時(平成28年4月1日時点)に59歳未満の方(但し、予科は64歳未満まで)  

区 分 対象および目的 募集人員
予 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します。 20名程度
本 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します。 10名程度
専 科 自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者)を対象に、研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します。 若干名

  ※研修の詳しい内容や日程については、下記の「募集要項」を参考にして下さい。
※本科生および専科生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。(詳しくは当機構の担当者までお問合せ下さい。)

3 申込手続
(1)申込書類:①入塾申込書(写真を添付したもの)
        ②作文(題:「私が目指す農業経営」 800字以内)
(2)申込期限:平成28年1月22日(金)必着
(3)申込方法:下記まで郵送またはお持ち下さい。
(4)申込先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 (いしかわ耕稼塾 担当:金曽、小林、金森)
       〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F

募集要項(PDF) 募集チラシ(PDF).pdf

申込書類(PDF版) 申込書類(WORD版)

4 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成28年1月下旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成28年2月上旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

5 お問い合わせ先
不明な点などは、(公財)いしかわ農業総合支援機構へお問合せ下さい。
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構(いしかわ耕稼塾 担当:金曽、小林、金森)
TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
HP:http://www.inz.or.jp/  E-mail:info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月18日

(農業経営体向け)いしかわ農林漁業就業合同面談会の開催について

 石川県での農林漁業への就業に関心のある方を対象に相談会を開催し、雇用を考えている農業法人等を募集します。

1.目的
県内での農業への就業を希望する方と、雇用を考えている農業法人等が個別に面談を行う場を提供し、就業希望者と農業法人等を結びつけることで、新規就農者の育成・確保および県内農業の発展を図る。あわせて、農林漁業への就業に関心のある方を対象として、広く情報提供や就業全般の相談に応じることにより、農林漁業への就業促進・理解の向上を図る。

2.日時・場所
・平成28年2月28日(日) 13:00~16:00
石川県地場産業振興センター本館1階大ホール(金沢市鞍月2-1) 

3.募集対象・定員
求人を考えている農業法人、認定農業者、農業参入企業等50経営体程度

4.募集締切
1月6日(火)

5.申込等
申込書と求人情報をHPからダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXまたはメールにてお申込下さい。
申込先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 FAX 076-225-7622   e-mail info@inz.or.jp

申込書(WORD) 申込書(PDF)

求人情報(EXCEL) 求人情報(PDF)

<お問い合わせ先>
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 TEL 076-225-7621
石川県地場産業振興センター新館4階(石川県金沢市鞍月2丁目20番地)
URL http://www.inz.or.jp/

 

  

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月16日

いしかわ耕稼塾「開放セミナー」の開催について 参加者募集

1 趣旨
いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、平日の夜間に駅前で農業を気軽に学ぶための入門講座、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など様々なカリキュラムを実施しています。
今回は、一般県民や就農希望者の方々に農業をもっと知っていただく、関心を持っていただく、あるいは職業としての農業について理解を深めていただくためのセミナーを開催しますので、お気軽にご参加ください。

2 主催
石川県、(公財)いしかわ農業総合支援機構

3 日程
平成28年1月16日(土)~2月13日(土)毎週土曜日(全5回)
14:00~16:00(受付13:30~)

4 場所
石川県庁 行政庁舎19階展望ロビー 交流コーナー(石川県金沢市鞍月1丁目1番地)  県庁へのアクセス・駐車場
※無料駐車場があります。

5 詳細日程 

日時 演題 講師

1月16日(土)

14:00~16:00

「地域に根ざした新たな農業経営を目指して」

~奥能登地域での内浦アグリサービスの挑戦~

(有)内浦アグリサービス

取締役 瀬爪 忠 氏

1月23日(土)

14:00~16:00

「加賀野菜の産地をつなぐ」

松本農園

松本 充明 氏

1月30日(土)

14:00~16:00

「能登のうちごはんを次世代に伝える」

農家レストランむろたに

室谷 加代子 氏

2月6日(土)

14:00~16:00

「加賀・能登の食文化」

北陸大学

教授 長谷川 孝徳 氏

2月13日(土)

14:00~16:00

「農家に出来ること 農家だから出来ること」

(有)のむら農産

常務取締役 野村 佳史 氏

6 その他
参加無料、定員各100名(先着順)
※セミナー当日は、先着順で席についていただきます。参加者が多いときは、立ち見になる場合がありますので、ご了承ください。 

7 申込み
準備の都合がありますので、参加ご希望の方は、参加用紙に必要事項をご記入の上、FAX又はEメールにていしかわ農業総合支援機構まで送付してください。(当日の追加参加も可)

 

参加申込書(PDF)   参加申込書(WORD)

 

8 問い合わせ先
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構  担当:平谷、寺西、山﨑
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月11日

いしかわ耕稼塾「コマツのノウハウを活用した課題発見研修」研修生募集について

1.目 的

近年、農業法人の経営規模の拡大が進む中、客観的な分析に基づき経営目標を立て、実現するための経営体制の構築が必要とされています。
こうした中、製造業では従来から、経営目標の達成に向け、現状把握のためのデータ収集、問題点の把握、対策立案等のノウハウが蓄積されています。
本研修では、コマツから講師を招き、農業者がこれらのノウハウを習得することで、経営の効率化等につながる課題発見力の向上を目指します。

2.開催日  【第1回】平成27年12月18日(金)13:00~17:00
       【第2回】平成28年 1月25日(月)13:00~17:00

3.会 場  石川県地場産業振興センター(金沢市鞍月2丁目20番地)
       【第1回】新館5階 第13研修室
       【第2階】本館2階 第2会議室

4.対象者  農業法人等の代表者・従業員
       ※2回の研修のいずれも参加できる方

5.内 容  【第1回:講義】
        ・現状把握、問題点の把握、対策立案の進め方
        ・データの取扱い方法
       【第2回:ワークショップ】
        ・各自社内の課題発見の演習、発表

        ※研修生の課題発見の一例
         のとてまりの規格外の発生原因(サイズが小さい、変形等)別に発生割合をデータ化し、発生割合の多い
         原因について優先的に根本原因を検討

6.講 師  コマツ コマツウェイ総合研修センター講師

7.定 員  12名程度

8.受講料  無料

9.締 切  11月20日(金)必着

10.お問い合わせ、お申込み先

 (公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:加藤、北間、横山
 〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
 TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
 URL  http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

コマツ課題発見研修参加申込書

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月11日

いしかわ耕稼塾「第2回 特別講座~市場ニーズに応える農産物生産~」参加者募集!

金沢市中央卸売市場と連携し、市場動向や需要者のニーズに応える農産物生産を推進するため「特別講座」を開催いたします。
講師は、金沢市中央卸売市場の第一線で活躍している流通のプロが務め、実需者が求める野菜や品種など最新のニーズについて伝授してもらいます。
今回は、市場の見学と篤農家の米林利榮氏のほ場視察を行います。興味がある方は、是非、ご参加下さい。

(1)日 時  平成27年12月2日(水)5:30~10:00

(2)研修先  ・丸果石川中央青果株式会社 市場見学・春野菜市場ニーズ

        ・久米農園 米林 利榮氏 秋冬野菜ほ場視察

(3)受講料  500円(朝食代 当日徴収)

(4)対 象  いしかわ耕稼塾専科・本科・予科生、いしかわ耕稼塾修了生等

(5)定 員  40名

(6)集合場所・時間  石川県地場産業振興センター西高グラウンド横駐車場 5:15出発

            (研修は、バスでの移動になります)

(7)参加申込 申込書に必要事項をご記入の上、11月24日(火)までに、機構へ提出願います。


開催要領   申込書   日程表   集合場所

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月 9日

平成28年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

 2 募集対象・目的
県内で就農を希望する方で入塾時(平成28年4月1日時点)に59歳未満の方(但し、予科は64歳未満まで)  

区 分 対象および目的 募集人員
予 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します。 40人程度
本 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者を対象に、月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します。 16人程度
専 科 自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者)を対象に、研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します。 8人程度

  ※研修の詳しい内容や日程については、下記の「募集要項」を参考にして下さい。
※本科生および専科生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。(詳しくは当機構の担当者までお問合せ下さい。)

3 申込手続
(1)申込書類:①入塾申込書(写真を添付したもの)
        ②作文(題:「私が目指す農業経営」 800字以内)
(2)申込期限:平成27年12月1日(火)必着
(3)申込方法:下記まで郵送またはお持ち下さい。
(4)申込先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 (いしかわ耕稼塾 担当:金曽、小林、金森)
       〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F

・募集要項(PDF)
・申込書類(PDF版)
・申込書類(WORD版)

4 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成27年12月上旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成27年12月中旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

5 お問い合わせ先
不明な点などは、(公財)いしかわ農業総合支援機構へお問合せ下さい。
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構(いしかわ耕稼塾 担当:金曽、小林、金森)
TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
HP:http://www.inz.or.jp/  E-mail:info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月 6日

いしかわ耕稼塾「特別講座~市場ニーズに応える農産物生産~」参加者募集!

金沢市中央卸売市場と連携し、市場動向や需要者のニーズに応える農産物生産を推進するため「特別講座」を開催いたします。
講師は、金沢市中央卸売市場の第一線で活躍している流通のプロが務め、実需者が求める野菜や品種など最新のニーズについて伝授してもらいます。
市場への出荷に興味がある方は、是非、ご参加下さい。

(1)日 時  平成27年10月14日(水)13:30~15:30

(2)会 場  農林総合研究センター 1階 第1、2会議室(住所:金沢市才田町戊295-1)
       
(3)講 座  テーマ:「地場野菜に期待すること」

        講 師:丸果石川中央青果株式会社 営業開発部 部長 山本智氏

(4)受講料  無料

(5)対 象  いしかわ耕稼塾専科・本科・予科生、いしかわ耕稼塾修了生等

(6)参加申込 申込書に必要事項をご記入の上、10月9日(金)までに、機構へ提出願います。


※詳細は開催要領をご覧下さい。

開催要領   申込書

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年9月17日

首都圏の有名シェフに会える「石川の農業が主役2015」参加者募集!

首都圏で食材にこだわった料理を提供している料理人との意見交換会を開催します。
レストラン「ジャン・シュルピス」料理長を始め、「ザ・ペニンシュラ東京」荒木料理長、「ジュエルロブション」渡辺料理長、「銀座レカン」高良料理長といった有名店のシェフが勢揃いします。
この機会を利用し、首都圏への販路開拓を目指してみてはいかがでしょうか?

・日時:10月5日(土)11:00~14:00

・会場:プレミナンス(金沢市北安江4-8-31)

・内容:話題提供「フランスの農業とレストランの関わり方」 料理長 ジャン・シュルピス

    意見交換「生産者のこだわりとシェフの求める食材」 シェフ3名と生産者4名

・注意:送迎バスをご利用下さい。お車は指定駐車場(別添の車線部分)に止めて下さい。

・申込:9月30日(水)清水まで



※詳細は開催要領をご覧下さい。

農業が主役開催要領   駐車場位置

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年9月10日

「FCP展示会・商談会シート作成研修会」 参加者募集

 「商品を売りたい」そんな思いは誰しも持つもの。そのためには、商品を買いたいと思わせる事ができる資料として、「FCP展示会・商談会シート」を用意することが重要になってきます。
 そこで、商談等の際に活用される「FCP展示会・商談会シート」の作成研修会を開催します。このシートは、首都圏等で開催される展示会や商談会でも多く採用されております。県内でも「地産地消受注懇談会」や「いしかわ百万石マルシェ」、「県産食材の加工品評価会」のエントリーシートに採用されております。
 今回は、希望された方(先着12名)には、個別指導を実施いたしますので、この機会を利用し、バイヤー等の目を惹く魅力的なシートを完成させて下さい。
 参加を希望される方は、チラシを一読の上、FAXまたはメールにて10月2日(金)までに、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構へお申込み下さい。

【チラシ】FCP展示会・商談会シート作成研修会


○問い合わせ先
いしかわ食のモデル地域育成協議会(事務局:(公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:清水、林)
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年8月21日

いしかわ耕稼塾「6次産業化研修・初級コース」研修生の募集について

1 趣 旨

 昨今、農林水産業者の加工・販売分野への進出や商工業者との連携など、いわゆる農林水産業の6次産業化が注目されていますが、継続した取り組みを実現するためには、農林水産業者自らが流通・販売や取引等に関する知識やリスク等を理解しておく必要があります。
 この度、当機構では、昨年度に引き続き、農業経験が比較的浅い農業者等を対象として、流通・販売やマーケティング等に関する基礎知識や取組事例等について、座学や現地視察により体系的に学ぶ研修を行うこととし、その研修生を募集します。

2 募集対象及び募集人数

  6次産業化に関心のある農業者(新規就農者を含む)
   県、市町、JA等関係機関・団体の指導者
     募集人数:20人程度(募集が多い場合は、抽選となります)

3 研修の概要(別添カリキュラム(案)を参照)

研修期間

平成27年10月 ~ 平成27年11月(計4回)

研修内容
(予定)
○講義:6次産業化の意義、流通・販売の現状と課題、マーケティングの必要性 ほか
○視察:6次産業化事例、流通・販売事例 ほか
研修場所 石川県農林総合研究センター ほか 

カリキュラム(案)

4 受講料

     無料 (ただし、事例視察等で参加費が必要となる場合があります。)

5 申込手続き

    (1) 申込書類: 研修参加申込書    ※様式は当機構HPからダウンロードできます。

    (2) 申込期間:平成27年8月21日(金)~9月17日(木)まで

    (3) 申込方法:郵送、FAX、E-mailにより事務局まで提出願います。

    (4) 事 務 局:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:平谷、北間、松本
            920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
            TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
            URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

6 受講者の決定

  9月下旬までに受講者を決定し、カリキュラムの詳細とともに通知します。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年6月25日

【いしかわ×ながの共同移住イベントの御案内(7月18日~19日)】

案内チラシ.jpg

石川県・長野県に移住をお考えのあなたへ。
石川県・長野県の農ある暮らしの魅力について、先輩移住者がご案内します。
当機構も就農相談や特産品物販を行いますので、移住・就農に興味がある方は是非ご参加下さい。


1 開催概要

(1)開催日時
   2015年7月18日(土)~7月19日(日) 各日11:00~16:00

(2)開催場所
  移住・交流情報ガーデン(東京都中央区京橋1丁目1-6越前屋ビル1階)

(3)プログラム
  11:00~16:00個別相談会 石川県・・・金沢市、かほく市、七尾市、珠洲市
  11:00~16:00おいしいマルシェ
  13:00~16:00先輩移住者とのトークセッション


2 申込方法

 移住トークセッションに参加を希望される方は、下記の申込書に必要事項記載の上、FAXもしくはメールで送付いただくか、お電話でお申し込みください。

 ・案内チラシ

   ・参加申込書


3 お問合せ・お申し込み先

 いしかわ「第二のふるさと」推進実行委員会(石川県企画振興部地域振興課内)
  担当:伊藤、松山
  TEL :076-225-1312 FAX:076-225-1328 
  E-mail:iju@pref.ishikawa.lg.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年6月 2日

「FCP展示会・商談会シート作成研修会」参加者募集

 販路開拓や商品開発を目指す方を対象に「FCP展示会・商談会シート」の作成研修会を開催します。このシートは、近年、首都圏等で開催される食材の展示会や商談会でエントリーシートに採用されております。県内でも「地産地消受注懇談会」や「アンテナショップへの出展」、「県産食材の加工品評価会」のエントリーシートになっています。
 研修でバイヤー等の目を惹く魅力的なシートを完成させて下さい。
 参加を希望される方は、チラシを一読の上、FAXまたはメールにて6月18日(木)までに、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構へお申込み下さい。

【チラシ】FCP展示会・商談会シート作成研修会


○問い合わせ先
いしかわ食のモデル地域育成協議会(事務局:(公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:清水、林)
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年6月 2日

平成27年度いしかわ耕稼塾「農業即応技術研修」研修生の募集について

<趣旨>
近年、新規就農者数は増加傾向にあるものの、非農家出身が約9割を占めており、農業に関する基礎的な知識や技術の習得機会を経ずに就農し、営農定着に苦慮する場合が見受けられる。
このため、就農後5年程度までの経験の浅い者を対象に、生産現場で直面する課題に適切に対応できる技術の習得を目的とした研修を実施し、即応能力を高めることにより、農業の担い手の育成・定着を促進する。

<受講対象>
農業教育を受けていない就農後5年以内の農業経験の浅い者
(農業法人・参入企業の栽培担当者、農家子弟も含む)

<研修の概要>

        
目的

各農場・農園で問題となっている生育不良や病害虫等に対応できる農業者の育成を目指す

   
募集人員

金沢会場、能登会場   各10名程度

研修期間    

平成27年6月~12月 全30コマ(予定)
※1コマ3時間単位
(午前9:00~12:00、午後13:00~16:00)
※各回、2コマ(9~16時)を基本に実施

   
研修日    

2~3日/月の講義・実習

   
研修内容

【共通講座】
病害虫防除の基礎、土壌・肥料の基礎、農業機械の安全操作やメンテナンス、
農業簿記(経営分析含む)、県外先進経営体視察 等

<選択講座> 最低1科目を受講
①水稲栽培の基礎(実習:穂肥・刈取診断など)
②野菜栽培の基礎(実習:生育診断・試験栽培など)
③果樹栽培の基礎(実習:収穫・剪定など)
※能登会場は「野菜栽培の基礎」のみ実施

◆上記の講義・実習の他、研修生の栽培作物の持込やほ場巡回等を実施予定

研修場所

(金沢会場)石川県農林総合研究センター、河北潟農業研修館など
(能登会場)石川県農林総合研究センター、(同左)能登駐在など

その他 教材等の実費を徴収することがある

  ※日程などの詳細は別紙カリキュラム参照 

「農業即応技術研修」カリキュラム(案)【金沢会場】

「農業即応技術研修」カリキュラム(案)【能登会場】

<申込み手続き>
(1)申込書類 : 農業即応技術研修申込書
(2)募集期間 : 平成27年6月1日(月)~6月24日(水)
(3)申込方法 : 郵送又はFAX、メールにて受講申込書を下記までご提出下さい。
(4)事務局 : (公財)いしかわ農業総合支援機構 担当 金森、金曽
〒920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年5月27日

ハローワークにて就業相談会を開催します!

○内容:農林漁業への就業を希望する方を対象に、「農林漁業に興味があるけど、どんな仕事なのか良くわからない」、「農林漁業に就きたいけど、何から準備すればよいかわからない」などの疑問にお答えする就業相談会を下記日程で開催致します。

○場所:ハローワーク金沢(金沢市鳴和1-18-42)
     ハローワーク小松(小松市日の出町1-120 小松日の出合同庁舎)
     ハローワーク七尾(七尾市小島町西部2 七尾地方合同庁舎)
     ハローワーク輪島(輪島市鳳至町畠田99-3 輪島地方合同庁舎)
     ハローワーク白山(白山市西新町235)

○日時:

場所 開催日 時間
ハローワーク金沢
 
平成27年5月29日(金)

 

 



13:30~15:30






 

平成28年2月10日(水)
ハローワーク小松 平成27年10月16日(金)
ハローワーク七尾 平成27年8月10日(月)
ハローワーク輪島 平成27年7月22日(水)
ハローワーク白山 平成28年1月12日(火)

 

詳しくはこちらのチラシをご覧下さい。


○問い合わせ先:【全般】石川県農業政策課農業参入・経営戦略推進室
               TEL 076-225-1613
           【農業】(公財)いしかわ農業総合支援機構
               TEL 076-225-7621
           【林業】(公財)石川県林業労働対策基金
               TEL 076-237-0121
           【漁業】(一財)石川県水産振興事業団
               TEL 076-234-8819

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年2月24日

平成26年度いしかわ耕稼塾「6次産業化研修トライアルコース」に係る試験販売会のお知らせ!

1 趣 旨
  当機構では、6次産業化の取組を実践できる農業者の育成を目的に、消費者ニーズを踏まえた商品の開発・改良に実践的に取り組む研修として"いしかわ耕稼塾「6次産業化研修トライアルコース」"を開催しており、この度、研修を通して開発・改良した農産加工品等の販売会を開催いたします。

2 試験販売会の概要
 (1) 会 期:平成27年2月25日(水)から3月6日(金)までの10日間
         ※うち2月28日(土)、3月1日(日)は研修生による試食販売会を実施

 (2) 場 所:カジマートめいてつエムザ店(金沢市武蔵)

 (3) 出 品:県内事業者9社19商品(※別添チラシ参照)
         ※その他、昨年度の研修で開発・改良した商品も数点取り扱っております。
         
あぐりケーションチラシ

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月25日

いしかわ耕稼塾「開放セミナー」の開催について 参加者募集終了

1 趣旨
いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、平日の夜間に駅前で農業を気軽に学ぶための入門講座、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など様々なカリキュラムを実施しています。
今回は、一般県民や就農希望者の方々に農業をもっと知っていただく、関心を持っていただく、あるいは職業としての農業について理解を深めていただくためのセミナーを開催しますので、お気軽にご参加ください。

2 主催
石川県、(公財)いしかわ農業総合支援機構

3 日程
平成26年1月17日(土)~2月14日(土)毎週土曜日(全5回)
14:00~16:00(受付13:30~)

4 場所
石川県庁 行政庁舎19階展望ロビー 交流コーナー(石川県金沢市鞍月1丁目1番地)  県庁へのアクセス・駐車場
※無料駐車場があります。

5 詳細日程 

日時 演題 講師

1月17日(土)

14:00~16:00

「能登とワインとのめぐり逢い」

~能登半島をブドウ半島に・・・~

能登ワイン(株)

代表取締役 村山 隆 氏

1月24日(土)

14:00~16:00

「米の消費拡大を目指して」

(有)ばんば

代表取締役 番場 睦夫 氏

1月31日(土)

14:00~16:00

「食生活の中の郷土食」

北陸学院大学短期大学部

教授 新澤 祥恵 氏

2月7日(土)

14:00~16:00

「新幹線開業に期待する」

(有)わくわく手づくりファーム川北

代表取締役 入口 博志 氏

2月14日(土)

14:00~16:00

「新規就農者の挑戦!」

本田農園

代表 本田 雅弘 氏

6 その他
参加無料、定員各100名(先着順)
※セミナー当日は、先着順で席についていただきます。参加者が多いときは、立ち見になる場合がありますので、ご了承ください。 

7 申込み
準備の都合がありますので、参加ご希望の方は、参加用紙に必要事項をご記入の上、FAX又はEメールにていしかわ農業人材機構まで送付してください。(当日の追加参加も可)

 

参加申込書(PDF)    参加申込書(WORD)

 

8 問い合わせ先
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月19日

平成27年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について(2次募集) 募集終了

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

2 募集区分・目的 

区 分 目 的
予 科 週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します
本 科 月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します
専 科 研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します

 3 募集対象・人員
県内で就農を希望する方で就農時に60歳未満の方(但し、予科は65歳未満まで) 

区 分 対 象 者 募集人員
予 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者 25名程度
本 科 10名程度
専 科 自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者) 若干名

 4 研修の概要
【予 科】 

区 分 予 科
研修期間 平成27年4月~平成28年3月
研修日

毎週水曜日か土曜日のいずれか(それぞれ 9:00~15:00頃) 約40回

研修部門 野 菜
研修内容

実習:(1)共同作業による研修用ほ場(ハウス、露地)における栽培実習
(2)個別作業による研修用ほ場(露地)での栽培実習
講義:実習作物についての栽培方法及び就農に必要な基礎知識の講義
その他:流通・販売に関する講義や就農希望者を対象としたフォローアップ研修

研修場所 石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

無料 但し、テキスト等は自己負担(3,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

  【本 科】  

区 分 本 科
研修期間 平成27年4月~平成28年3月
研修日 月~金曜日(8:30~17:15) 約240日間
研修部門 野菜・花き・果樹・水稲・畜産
研修内容

実習:(1)石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」での共同作業による栽培技術等の実習(野菜)
(2)石川県農林総合研究センター・畜産試験場等での栽培(飼養)技術等の実習(花き・果樹・水稲・畜産)
(3)農家派遣研修
(4)農業機械研修
講義:作物栽培、土壌肥料、営農計画作成、農業簿記等の農業経営に必要な基礎知識の講義(毎週水曜日)
その他:先進農家視察、流通・販売に関する講義 

研修場所

実習:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町) 花き・水稲・果樹
"  いしかわ耕稼塾研修ほ場(河北郡津幡町字湖東) 野菜
"  砂丘地農業研究センター(かほく市内日角) 果樹(ぶどう)
"  畜産試験場(羽咋郡宝達志水町坪山) 畜産
講義:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町)

費用負担

無料 但し、テキスト、トラクター研修費用等は自己負担(20,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

※本科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。

(詳細は別紙参照)

 

【専 科】 

区 分 専 科
研修期間

平成27年4月~平成28年3月

研修日 毎日(ただし、自己の経営判断による)
研修部門 野菜
研修内容 実習:(1)ハウス1棟(6m×40m)及び露地(20a)における栽培実習
(2)直売所等での販売実習
その他:流通・販売に関する講義(希望者のみ)
研修場所 石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

10,000円/月の負担金(農業機械のリース料等相当分)
小農具(鍬など)、種苗、肥料、資材等は自己負担

※専科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。

(詳細は別紙参照)
※専科研修生は、本科の講義が受講できます。

 

5 申込手続
(1)申込書類:①入塾申込書(写真を添付したもの)1通、②作文(題:「私が目指す農業経営」800字以内)
(2)申込期限:平成27年2月3日(火)必着
(3)申込方法:下記まで郵送または持参
(4)申込先:〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:吉田、清水、東谷 )

募集要領・入塾申込書 

募集要項(PDF)

青年就農給付金(準備型)

申込書類(申込書及び作文(PDF))

申込書類(申込書及び作文(WORD))

 

6 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成27年2月上旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成27年2月中旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

 

7 お問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:清水、東谷、吉田)
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月18日

いしかわ耕稼塾 特別講座 「経営継承と事業展開のヒント」受講者募集 募集終了

1 目 的
 経営者として、経営を持続させていくためには「経営継承」と「事業展開」の2つの視点が不可欠となってきます。そこで、農業者及び中小企業者において、スムーズな経営継承を実践するために事前にやっておくべき事や、農商工連携などによる新たなサービスや商品開発の取組事例を学び、参加者らの経営能力の向上を目指します。

2 日 時 平成27年1月7日(水) 13:00~

3 場 所 石川県地場産業振興センター 新館4階 第11研修室(金沢市鞍月2-20)

4 対象者 「後継者や担い手確保」「新たな事業展開」に興味がある農業者や中小企業者(定員50名)

5 内 容
  13:05~13:25 講義「いざという時、もめないために」~様々な継承事例を踏まえて~
                 講師:畠&スターシップ税理士法人 山下 慎一 さん
 
  13:25~13:50 講義「二代目を引き継いで」
                 講師:石川県中小企業青年中央会会長(石川県菓子工業組合青年部)
                     谷口製菓有限会社 代表取締役 谷口 義則 さん
 
  13:50~14:10 講義「地域資源の活用や農商工連携ビジネスについて」
                   (いしかわ産業化資源活用推進ファンド活用事例の紹介)
                 講師:石川県産業創出支援機構 地域振興部
                     農商工連携推進課 中野 久恵 さん

  14:20~15:50 ワークショップ「自己資源を活かしたビジネスプランを考えよう」
                 ○1班5~6名程度の班に分かれ、農業者、中小企業者が持っている強み
                 (「技術」や「伝統・歴史」、「ブランド」など)を活かした「新たなビジネスプラン」を構築します。

6 申 込  申込書をダウンロードし必要事項を記入の上、FAX又はメール等で1月5日(月)までに担当へ連絡下さい。

        申込書(PDF) 申込書(WORD)

7 主 催 (公財)いしかわ農業総合支援機構

8 後 援 石川県中小企業青年中央会

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月18日

(求職者向け)いしかわ農林漁業就業合同面談会の開催について

 石川県での農林漁業への就業に関心のある方を対象に相談会を開催します。


1.目的
県内での農業への就業を希望する方と、雇用を考えている農業法人等が個別に面談を行う場を提供し、就業希望者と農業法人等を結びつけることで、新規就農者の育成・確保および県内農業の発展を図る。あわせて、林業・漁業への就業に関心のある方を対象として、広く情報提供や就業全般の相談に応じることにより、農林漁業への就業促進・理解の向上を図る。

2.共同主催
(公財)いしかわ農業総合支援機構、石川県

3.後援
(一社)石川県農業開発公社、石川県農業会議、石川県森林組合連合会、(公財)石川県林業労働対策基金、石川県漁業協同組合

4.日時・場所
・平成27年2月15日(日) 13:00~16:00
石川県地場産業振興センター本館1階大ホール(金沢市鞍月2-1) 

5.対象者
石川県での農林漁業への就業に関心のある方

6.内容
(1)雇用を考えている農業法人等との個別面談ブースでの相談コーナー
(2)農林業業への就業全般に関する総合相談コーナー
①農業を始めるための農地取得等の個別相談
②林業・漁業に就業するための個別相談  等


7.申込等
申込不要、入場無料、服装自由

案内チラシ(PDF)



<お問い合わせ先>
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構
石川県地場産業振興センター新館4階(石川県金沢市鞍月2丁目20番地)
TEL 076-225-7621
URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月18日

(農業経営体向け)いしかわ農林漁業就業合同面談会の開催について

 石川県での農林漁業への就業に関心のある方を対象に相談会を開催し、雇用を考えている農業法人等を募集します。

1.目的
県内での農業への就業を希望する方と、雇用を考えている農業法人等が個別に面談を行う場を提供し、就業希望者と農業法人等を結びつけることで、新規就農者の育成・確保および県内農業の発展を図る。あわせて、農林漁業への就業に関心のある方を対象として、広く情報提供や就業全般の相談に応じることにより、農林漁業への就業促進・理解の向上を図る。

2.日時・場所
・平成28年2月28日(日) 13:00~16:00
石川県地場産業振興センター本館1階大ホール(金沢市鞍月2-1) 

3.募集対象・定員
求人を考えている農業法人、認定農業者、農業参入企業等50経営体程度

4.募集締切
1月15日(金)

5.申込等
申込書と求人情報を以下からダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXまたはメールにてお申込下さい。
申込先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 FAX 076-225-7622   e-mail info@inz.or.jp

申込書(WORD) 申込書(PDF)

求人情報(EXCEL) 求人情報(PDF)

<お問い合わせ先>
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 TEL 076-225-7621
石川県地場産業振興センター新館4階(石川県金沢市鞍月2丁目20番地)
URL http://www.inz.or.jp/

 

  

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月18日

(農業経営体向け)いしかわ農林漁業就業合同面談会の開催について 募集終了

 石川県での農林漁業への就業に関心のある方を対象に相談会を開催し、雇用を考えている農業法人等を募集します。

1.目的
県内での農業への就業を希望する方と、雇用を考えている農業法人等が個別に面談を行う場を提供し、就業希望者と農業法人等を結びつけることで、新規就農者の育成・確保および県内農業の発展を図る。あわせて、農林漁業への就業に関心のある方を対象として、広く情報提供や就業全般の相談に応じることにより、農林漁業への就業促進・理解の向上を図る。

2.日時・場所
・平成27年2月15日(日) 13:00~16:00
石川県地場産業振興センター本館1階大ホール(金沢市鞍月2-1) 

3.募集対象・定員
求人を考えている農業法人、認定農業者、農業参入企業等50経営体程度

4.募集締切
1月6日(火)

5.申込等
申込書と求人情報をHPからダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXまたはメールにてお申込下さい。
申込先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 FAX 076-225-7622   e-mail info@inz.or.jp

申込書(WORD)  求人情報(EXCEL)  申込書(PDF)  求人情報(PDF)

<お問い合わせ先>
公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 TEL 076-225-7621
石川県地場産業振興センター新館4階(石川県金沢市鞍月2丁目20番地)
URL http://www.inz.or.jp/

 

  

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月17日

農業インターンシップ本研修の閉講式を開催(12月16日)

 12月16日(火)に石川県奥能登行政センターで、「農業インターンシップ本研修」の閉講式を開催しました。
 7月にスタートした奥能登地域での約6ヶ月にわたる農業研修の終了となります。
 閉講式では、東京都などから参加した研修生の皆様から、能登での生活の感想、農業の楽しさや難しさ、農業との今後の関わり方などについてそれぞれの思いを発表いただき、その後、受入農家・関係機関の皆様から激励のことばをいただきました。

20141217.jpg
研修修了証書の授与

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月28日

平成27年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について 募集終了

1 趣 旨
「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

2 募集区分・目的  

区 分 目 的
予 科 週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します
本 科 月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します
専 科 研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します

 3 募集対象・人員
県内で就農を希望する方で就農時に60歳未満の方(但し、予科は65歳未満まで)  

区 分 対 象 者 募集人員
予 科 就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者 40人程度
本 科 16人程度
専 科 自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者) 8人程度

 4 研修の概要
【予 科】  

区 分 予 科
研修期間 平成27年4月~平成28年3月
研修日

毎週水曜日か土曜日のいずれか(それぞれ 9:00~15:00頃) 約40回

研修部門 野 菜
研修内容

実習:(1)共同作業による研修用ほ場(ハウス、露地)における栽培実習
(2)個別作業による研修用ほ場(露地)での栽培実習

講義:実習作物についての栽培方法及び就農に必要な基礎知識の講義

その他:流通・販売に関する講義や就農希望者を対象としたフォローアップ研修

研修場所 石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

無料 但し、テキスト等は自己負担(3,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

  【本 科】  

区 分 本 科
研修期間 平成27年4月~平成28年3月
研修日 月~金曜日(8:30~17:15) 約240日間
研修部門 野菜・花き・果樹・水稲・畜産
研修内容

実習:(1)石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」での共同作業による栽培技術等の実習(野菜)
(2)石川県農林総合研究センター・畜産試験場等での栽培(飼養)技術等の実習(花き・果樹・水稲・畜産)

(3)農家派遣研修

(4)農業機械研修

講義:作物栽培、土壌肥料、営農計画作成、農業簿記等の農業経営に必要な基礎知識の講義(毎週水曜日)

その他:先進農家視察、流通・販売に関する講義 

研修場所

実習:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町) 花き・水稲・果樹
"  いしかわ耕稼塾研修ほ場(河北郡津幡町字湖東) 野菜

"  砂丘地農業研究センター(かほく市内日角) 果樹(ぶどう)

"  畜産試験場(羽咋郡宝達志水町坪山) 畜産

講義:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町)

費用負担

無料 但し、テキスト、トラクター研修費用等は自己負担(20,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

※本科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。
(詳細は別紙参照)

【専 科】 

区 分 専 科
研修期間

平成27年4月~平成28年3月

研修日 毎日(ただし、自己の経営判断による)
研修部門 野菜
研修内容 実習:(1)ハウス1棟(6m×40m)及び露地(20a)における栽培実習
(2)直売所等での販売実習

その他:流通・販売に関する講義(希望者のみ)
研修場所 石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

10,000円/月の負担金(農業機械のリース料等相当分)
小農具(鍬など)、種苗、肥料、資材等は自己負担

※専科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。
(詳細は別紙参照)
※専科研修生は、本科の講義が受講できます。

5 申込手続
(1)申込書類:入塾申込書(写真を添付したもの)1通、作文(題:「私が目指す農業経営」800字以内)
(2)申込期限:平成26年12月2日(火)必着
(3)申込方法:下記まで郵送または持参
(4)申込先:〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:吉田、清水、東谷 )

募集要領・入塾申込書

募集要項(PDF)
青年就農給付金(準備型)
申込書類(申込書及び作文(PDF))
申込書類(申込書及び作文(WORD))

6 研修生の決定
第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成26年12月上旬に郵送で通知します。
第二次審査:平成26年12月中旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

7 お問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:清水、東谷、吉田)
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年9月 4日

いしかわ耕稼塾「6次産業化研修・初級コース」研修生の募集について 募集終了

1 趣 旨

  昨今、農林水産業者の加工・販売分野への進出や商工業者との連携など、いわゆる農林水産業の6次産業化が注目されていますが、継続した取り組みを実現するためには、農林水産業者自らが流通・販売や取引等に関する知識やリスク等を理解しておく必要があります。
この度、当機構では、昨年度に引き続き、農業経験が比較的浅い農業者等を対象として、流通・販売やマーケティング等に関する基礎知識や取組事例等について、座学や現地視察により体系的に学ぶ研修を行うこととし、その研修生を募集します。

2 募集対象及び募集人数

  6次産業化に関心のある農業者(新規就農者を含む)
   県、市町、JA等関係機関・団体の指導者
     募集人数:20人程度(募集が多い場合は、抽選となります)

3 研修の概要(別添カリキュラム(案)を参照)

研修期間

平成26年10月 ~ 平成26年11月(計4回)

研修内容
(予定)
○講義:6次産業化の意義、流通・販売の現状と課題、マーケティングの必要性 ほか
○視察:6次産業化事例、流通・販売事例 ほか
研修場所 石川県農林総合研究センター、石川県健康の森 ほか 

6次産業化研修・初級コースカリキュラム 

4 受講料

     無料 (ただし、事例視察等で参加費が必要となる場合があります。)

5 申込手続き

    (1) 申込書類: 研修参加申込書    ※様式は当機構HPからダウンロードできます。

    (2) 申込期間:平成26年9月4日(木)~9月25日(木)まで

    (3) 申込方法:郵送、FAX、E-mailにより事務局まで提出願います。

    (4) 事 務 局:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:平谷、吉田
              〒920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
              TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
             URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

6 受講者の決定

  9月下旬までに受講者を決定し、カリキュラムの詳細とともに通知します。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年7月24日

「地産地消受注懇談会2014夏」を開催しました(7月23日)

7月23日(水)に金沢市の地場産業振興センター新館で、「地産地消 受注懇談会2014夏」を開催しました。販路開拓を求める農林漁業者とこだわりの地元食材を求める商工業者とのマッチングの場として、開催している本懇談会も今回が通算10回目となりました。

今回は、39団体の出展者が、青果品や水産加工品、お菓子等の多種多様の商品を来場者にアピールして来場者と懇談、商談をおこないました。

20140725_1.jpg
出展および来場で約170名に参加いただきました。

20140725_2.jpg
出展者がそれぞれ趣向を凝らした商品PRを行っていました。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年7月 1日

機構の名称変更について(7月1日)

 平成26年7月1日に、いしかわ農業人材機構は、農地中間管理事業等の追加により、いしかわ農業総合支援機構に生まれかわりました。

 今後も農業参入から定着まで一貫した「農業の総合支援窓口」の役割を担っていきます。

 農業に関することは何でもお気軽にご相談下さい。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月23日

【新・農業人フェアに参加いたします!】(7月5日(土)・東京)

 石川県での就農にご興味ある方、是非参加しませんか?
 当日は人材機構スタッフが石川県における就農に関する相談ブースを設けております。
 関西近辺にお住まいの方、是非ご参加の上、石川県の就農について検討してみませんか?

◆ 日 時/平成26年7月5日(土)10:30~16:30

◆ 場 所/東京国際フォーラム 展示ホール(1) (東京都千代田区丸の内3丁目5-1

◆ 参加費/無料

◆ その他の詳細については、こちら(http://shin-nougyoujin.hatalike.jp/)をご覧下さい。


皆様のご参加、心よりお待ちしております。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月17日

農林水産加工品のアドバイスを受けたい農林漁業者を大募集!【随時受付中】

 

  picture130826.png  

 

 6次産業化の取組が進んでいる中、県内農林漁業者が主体となって作る農林水産加工品が増えています。しかし、商品として販売するにはもう一歩改良が必要であったり、まだ試作中であったりと、専門家による評価やアドバイスが必要とされています。
このため、いしかわ農業人材機構では、専門家による評価を実施し、より魅力ある農林水産加工品づくりを支援します。

【いしかわ農林水産加工品アドバイザー委員会】
北村 歩 (株式会社六星取締役、6次産業化プランナー)
近藤 哲史(6次産業化プランナー)
松蔵 高子(mandeeneマーケティングコーディネーター、6次産業化プランナー)
山岸 万寿美(株式会社RETUS代表取締役)
濱田 利幸(株式会社フルーツむらはた顧問)
清水 常春(株式会社鍛冶商店めいてつエムザ店店長)

【評価の流れ】
お申込は随時受付けております。当機構のホームページなどでもご案内します。評価会は、月1回開催する予定です。評価は無料で受けられます。また、必要に応じて、専門家派遣の制度等が活用できます。
①専門家による評価・アドバイスを受けたい

②下記申込用紙に必要事項を記入し、当機構へ送付

③評価会の日程や必要書類などについて当機構から連絡

④評価を受ける農林水産加工品、商品紹介シート(別途様式)、10名分の試食を原則、評価会の前日までに当機構へ送付

⑤評価終了後、結果を当機構から送付

⑥結果をもとに、改良などを実施
 

【注意】
県内の農林漁業者が主体となって製造や販売をしている農林水産加工品に限ります。

【お申込み】
申込書を以下からダウンロードし、必要事項をご記入の上、メールまたはFAXにてお申し込み下さい。
申込書(PDF)  申込書(WORD) 

【お問い合わせ・お申込み先】 
(公財)いしかわ農業人材機構 担当:林
〒920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月13日

就業面談用ビデオを制作しませんか?(募集)

雇用をお考えの皆様へ
 就業面談会等において、来場者に自社をPRするためのビデオを制作しませんか。
 ビデオは、制作会社が取材・制作します。約2分間のビデオに、経営内容や就農希望者に向けたメッセージ等を織り込みます。
 なお、制作に係る費用として、1社・経営体当たり約5万円をご負担いただきます。 納品は9~10月の予定をしています。
 制作を希望する方は、別添チラシをご覧の上、6月23日(月)までに当機構へお申し込み下さい。お待ちしております。

 詳細や申込方法については、こちらのチラシをご覧下さい。


<お問い合わせ先>
(公財)いしかわ農業人材機構  担当:岡部
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622 
URL http://www.inz.or.jp/  E-mail  info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月13日

平成26年度いしかわ耕稼塾「農業技術力向上研修」研修生の募集について募集終了

<趣旨>
近年の新規就農者(農家子弟や雇用就農者を含む)の中には、農業に関する基礎的な知識や技術の習得機会を経ずに就農し、営農定着に苦慮する場合が見受けられる。
そこで、就農後5年程度までの経験の浅い者を対象に、営農に直結した基礎知識や技術習得研修を行うことにより農業の担い手としての定着を図る。

<受講対象>
(1)新規に就農して5年未満程度の農業経験の浅い者(農家子弟を含む)
  ※ただし、いしかわ耕稼塾「本科」及び「実践科」修了生は除く。
(2)「農の雇用事業」など、雇用事業を活用する農業経営体に雇用されている従業員

<研修の概要>

研修内容

 就農を開始して間もない者が直面する、病害虫や生育障害などの課題解決に向け、営農に直結した基礎知識や技術の習得を目指す。また、経営の多角化に向けた、6次産業化、農商工連携の取組事例などについて視察・研修する。

<共通講座>
病害虫防除の基礎------現地で病害虫の発生がある場合は持参
土壌肥料の基礎---------現地より土壌をサンプリングして持参
農業機械の安全操作やメンテナンス------実際にトラクターの耕起や農機のメンテナンスを実施
農業簿記(経営分析含む)-----農業簿記と経営分析の手法などを習得
社会人としてのマナー-----上司や顧客対応時に必要なマナーなどを習得

<専門講座>最低1科目を受講
水稲栽培概論(穂肥、刈取の摘期など)
野菜栽培概論(生育診断、接ぎ木など)
果樹栽培概論(収穫、剪定など)
※講義の他、稲体や野菜の持ち込みや農林総合研究センターの圃場にて生育診断や管理実習を実施

<選択講座>
日本農業技術検定受検、6次産業化の基礎、県立大学特別講座 など

研修期間

平成26年7月から平成27年2月まで  計30~50回程度(選択内容による)

募集人数 20人程度
研修日 2~6回/月の講義・演習(現地視察)
研修場所 石川県農林総合研究センター、石川県地場産業振興センター など
その他 教材等の実費を徴収することがある

  ※日程などの詳細は別紙カリキュラム参照 

「農業技術力向上実践ゼミ」カリキュラム(案)

<申込み手続き>
雇用事業を活用して雇用を行っている農業経営体及び研修を希望する農業経営体は、研修受講申込を(公財)いしかわ農業人材機構へ提出する。
(1)申込書類 : 農業技術力向上研修申込書
 ※様式は当機構HPからダウンロードできます。
(2)申込期間 : 平成26年6月13日(金)~6月27日(金)まで
(3)申込方法 : 必要事項を記入の上、郵送又はFAXで事務局あてに提出願います。
(4)事務局 : (公財)いしかわ農業人材機構 担当 清水、前田
〒920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月10日

【新・農業人フェアに参加いたします!】(6月14日(土)・大阪)

 石川県での就農にご興味ある方、是非参加しませんか?
 当日は人材機構スタッフが石川県における就農に関する相談ブースを設けております。
 関西近辺にお住まいの方、是非ご参加の上、石川県の就農について検討してみませんか?

◆ 日 時/平成26年6月14日(土)10:30~16:30

◆ 場 所/マイドームおおさか(大阪府大阪市中央区本町橋2-5

◆ 参加費/無料

◆ その他の詳細については、こちら(http://shin-nougyoujin.hatalike.jp/)をご覧下さい。


皆様のご参加、心よりお待ちしております。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年5月22日

(農業経営体向け)いしかわ農林漁業就業合同面談会の開催について 募集終了

 石川県での農林漁業への就業に関心のある方を対象に相談会を開催し、雇用を考えている農業法人等を募集します。

1.目的
県内での農業への就業を希望する方と、雇用を考えている農業法人等が個別に面談を行う場を提供し、就業希望者と農業法人等を結びつけることで、新規就農者の育成・確保および県内農業の発展を図る。あわせて、農林漁業への就業に関心のある方を対象として、広く情報提供や就業全般の相談に応じることにより、農林漁業への就業促進・理解の向上を図る。

2.日時・場所
・平成26年6月22日(日) 13:00~16:00
石川県地場産業振興センター 本館1階 大ホール 
石川県金沢市鞍月2丁目1番地

3.募集対象・定員
求人を考えている農業法人、認定農業者、農業参入企業等50経営体

4.募集締切
5月30日(金)

5.申込等
申込書と求人情報をHPからダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXまたはメールにてお申込下さい。
申込先:(公財)いしかわ農業人材機構 TEL 076-225-7612 FAX 076-225-7622
e-mail info@inz.or.jp

申込書(WORD)  求人情報(EXCEL)

申込書(PDF)    求人情報(PDF) 

<お問い合わせ先>
(公財)いしかわ農業人材機構
石川県地場産業振興センター新館4階(石川県金沢市鞍月2丁目20番地)
TEL 076-225-7621
URL http://www.inz.or.jp/

 

  

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年5月22日

(求職者向け)いしかわ農林漁業就業合同面談会の開催について

 石川県での農林漁業への就業に関心のある方を対象に相談会を開催します。


1.目的
県内での農業への就業を希望する方と、雇用を考えている農業法人等が個別に面談を行う場を提供し、就業希望者と農業法人等を結びつけることで、新規就農者の育成・確保および県内農業の発展を図る。あわせて、林業・漁業への就業に関心のある方を対象として、広く情報提供や就業全般の相談に応じることにより、農林漁業への就業促進・理解の向上を図る。

2.共同主催
(公財)いしかわ農業人材機構、石川県

3.後援
(社)石川県農業開発公社、石川県農業会議、石川県森林組合連合会、石川県漁業協同組合

4.日時・場所
・平成26年6月22日(日) 13:00~16:00
石川県地場産業振興センター 本館1階 大ホール 
石川県金沢市鞍月2丁目1番地

5.対象者
石川県での農林漁業への就業に関心のある方

6.内容
(1)雇用を考えている農業法人等との個別面談ブースでの相談コーナー
(2)農林漁業への就業全般に関する総合相談コーナー
①農業を始めるための農地の取得等の個別相談
②林業・漁業に就業するための個別相談  等


7.申込等
申込不要、入場無料、服装自由

いしかわ農林漁業就業合同面談会(チラシ)

<お問い合わせ先>
(公財)いしかわ農業人材機構
石川県地場産業振興センター新館4階(石川県金沢市鞍月2丁目20番地)
TEL 076-225-7621
URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年3月12日

6次産業化セミナー 軽くて、旨くて、保存できる!「乾燥野菜・果物」の魅力(3月10日)

 3月10日(月)13:30~16:30に石川県行政庁舎19階展望ロビー交流ホールで6次産業化セミナー 軽くて、旨くて、保存できる!「乾燥野菜・果物」の魅力を開催しました。
 まず、東海学園大学の西堀すき江教授を講師に、乾燥野菜・果物についての基礎や活用事例について、ご講義していただきました。
 その後、西中農園販売・加工担当の西中宏美さん、有限会社鮮の会坂本営業課長から自らの取組や課題などについて先進事例紹介をしていただきました。
 会場からの質問や意見も大変活発で、セミナー終了後も名刺交換などが続き参加者の高い関心に驚きました。


20140310_1.jpg
月曜にも関わらず、100名を超えるみなさんに参加していただきました。

20140310_2.jpg
髙山専務より開会のあいさつ

20140310_3.jpg
TVでもおなじみ、西堀教授

20140310_4.jpg
能登町の西中さん

20140310_5.jpg
(有)鮮の会の坂本さん

20140310_6.jpg
西堀教授からの補足 豆知識ももりだくさん!

20140310_7.jpg
会場との情報交換

20140310_8.jpg
西中さんが製造している商品

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年3月 5日

平成25年度 石川なないろ~I☆M☆J~第3回情報交換会の開催について

 3月3日(月)に石川なないろ~I☆M☆J~の第3回情報交換会を開催致しました。
 今回は加賀から能登まで19名の女性農業者の皆様にご参加いただきました。
 今回は研修会、情報交換会の2本立ての情報交換会となり、研修会では株式会社RETUS 山岸万寿美さんから「デザインのあれこれ?!~消費者に選ばれる商品づくりに必要なこと~」として講義をいただき、情報交換会ではメンバーの自己紹介、新商品や開発中の商品のPRなどを行っていただきました。


20140303_1.jpg
専務の挨拶から始まりました!

20140303_2.jpg
株式会社RETUSの山岸さんからデザインに関する講義を受けました。
事例の中には、見たことある!やそうだ!!などの気づきがいっぱいあった様子でした。
そして、質問も活発に飛び出ます。

20140303_3.jpg
研修会後は自己紹介です。初参加の方もおり、皆様少し緊張しながら自己紹介をされました。

20140303_4.jpg
そして、自身の商品について皆さんPRされました。
商品のPRポイントや皆さんにコメントを貰いたい所など、多くのことを説明しておりました。

20140303_5.jpg
PR後は皆さんで試食&コメントタイムです。
皆さんから自由な意見が沢山飛び出ておりました。
山岸講師からのコメントも直接聞くことができ、とても役だったという意見を沢山頂きました。

ご参加いただいた皆様、お疲れ様でした。

石川なないろ~I☆M☆J~では会員を随時募集中です。
加入希望の方は人材機構まで申込書を送付頂くか、人材機構まで直接お問い合せください。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年3月 4日

平成25年度 産地(経営)継承研修の第2回を開催しました!

2月27日(木)に地場産業振興センターにて、平成25年度産地(経営)継承研修第2回を実施しました。
当日は農業者、農業関係者を含め、40名程度の研修生の皆様にご参加いただきました。

第2回の今回は、「経営継承の進め方について」をテーマとして、中央農業総合研究センターの迫田様から講義を受けました。
また、講義の前には研修生の皆さんから「第一回の研修を受けて実施したことは?」をテーマにアンケートの実施に関すること、現在の課題点などをお話ししていただきました。


20140227_1.jpg

20140227_2.jpg
第一回目の研修生から発表をして貰いました。

20140227_3.jpg
中央農業総合研究センターの迫田様より、「経営継承とは?」についての基礎を講義いただきました。

20140227_4.jpg
最後は専務の閉講の挨拶で終了です。

今年度の研修は終了しましたが、今後も人材機構は動き出した皆様の活動を支援させていただきます!
お気軽に各農林総合事務所やいしかわ農業人材機構に産地(経営)継承に関することについてお尋ねいただければと思います。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年2月24日

平成25年度 女性農業者のためのキャリアサポートセミナー第6回の開催について(金沢会場2月18日、能登会場2月20日)

 女性農業者のためのキャリアサポートセミナー第6回を開催いたしました!
 今回のテーマは、「コミュニケーション・ビジネスマナー」と題して、講師は株式会社ジーアンドエス 代表取締役社長の荻原扶未子さんにお願いしました。
 今回の研修では、グループワークを行いながら女性経営者に必要なビジネスマナー講座を中心に講義を進めていきました。
 研修生からは、改めてマナーの大切さが分かったや、自分だけではなく、家族と共有して活かして行きたいなど、とても前向きな言葉を沢山頂きました!


20140218_1.jpg
萩原先生からの講義がスタートしました。(金沢会場)

20140218_2.jpg
グループに分かれてこんな時はどうする?を考えます。(金沢会場)

20140218_3.jpg
名刺交換も必須ですよね?(金沢会場)

20140218_4.jpg
研修後は情報交換会を開催しました!(金沢会場)

20140220_1.jpg
能登会場では人数が少ないというメリットも活かし、先生との距離感が更に縮まった講義となりました。(能登会場)

20140220_2.jpg
一定以上の参加者に対し、専務理事から履修証書が渡されました。(能登会場)

20140220_3.jpg
最後は髙山専務理事からのご挨拶です。(能登会場)


今回が女性農業者のためのキャリアサポートセミナーの最終回と言うこともあり、最後は当機構髙山専務から一定以上の参加者に対し、履修証書が渡され、最後の挨拶となりました。
今回参加頂いた方、お疲れ様でした。そして、セミナーに参加された皆様、ありがとうございます。


次回女性農業者の皆様を対象とした情報交換会を3月3日に開催します。参加申込書(PDF)
日時:3月3日(月)13:30~16:00
場所:地場産業振興センター新館第11研修室
内容:①研修会「デザインのあれこれ?!~消費者に選ばれる商品づくりに必要なこと~」
   <内容> 商品デザインの考え方、デザインに関する演習
   講師:株式会社RETUS 代表取締役 山岸 万寿美氏
   ②情報交換会「自己紹介、商品PR、情報提供」
この情報交換会に関する詳細は人材機構HPをご覧頂くか、人材機構までお気軽にお問い合せ下さい。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年2月14日

6次産業化セミナー 軽くて、旨くて、保存できる!「乾燥野菜・果物の魅力」の参加者募集について 募集終了

sppuly20140214.png

 

 

 

 1 趣 旨
    日本では、古くから野菜や果物が多く取れたときなどに、乾燥野菜を作って料理に活かしたり、乾燥することで甘みや旨味が生まれる干柿などの保存食品が作られたりしてきました。乾燥野菜は、農家にとって、農産物の最もおいしい旬を保存でき、家庭においては、常温で保存できる、安定的に手に入れることができるなどの利点があります。
    このため、6次産業化の意向がある県内農林漁業者と食品事業者や消費者等が交流する場を設け、乾燥野菜・果物の種類や適する農産物などの基礎的な知識の向上や積極的な情報交換を促すことで、新商品開発など新たな6次産業化の取組につなげることを目的に開催します。

 2 募集対象及び募集人数
   県内農林漁業者、農産加工グループ、農林漁業関係機関、食品製造業者等商工業者、一般消費者 など80名程度

 3 概 要
   (1)日時:平成26年3月10日(月)13時30分~16時30分
   (2)場所:石川県庁行政舎19階展望ロビー交流コーナー
   (3)セミナー:東海学園大学健康栄養学部 西堀すき江教授
      内容・・・乾燥野菜・果物の概要(歴史、種類、特徴)、メリット・デメリット、製造事例、使用事例など
   (4)事例紹介:農林漁業者 西中農園 西中宏美さん【干柿、一味、七味】
            商工業者 有限会社鮮の会営業課長 坂本秀八さん【野菜・果物の低温乾燥】
      内容・・・現在の取組紹介や課題、今後の可能性について
   (5)意見交換会・情報交換会

 4 参 加 費
     無料

 5 申込手続き
   (1)申込書類 : 参加申込書(PDF)※様式は当機構HPからダウンロードできます。
   (2)申込期限 : 平成26年3月5日(水)まで
   (3)申込方法 : 郵送、FAX、E-mail等により事務局まで提出願います。
   (4)事務局 : (公財)いしかわ農業人材機構 担当:松原、荒井
            〒920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
            TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
            URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年2月 4日

平成25年度 石川なないろ~I☆M☆J~第3回情報交換会の開催について

 【趣 旨】
 近年、女性ならではの「感性」を生かし、新たな事業展開や商品開発、販路拡大等を目指す女性農業者が増えております。また、昨年度、石川県内の女性農業者が中心となり、情報の共有化をはかるネットワーク、「石川なないろ~I☆M☆J~」が設立されました。設立後、ネットワーク会員を中心とした、経営や簿記に関する自主的な勉強会が開催されております。
 この度、ネットワーク会員を中心とした女性農業者を対象とし、消費者に選ばれる商品づくりの一環として、デザインの基礎を学ぶ研修会を開催いたします。また、女性農業者同士の連携を深めるため、情報交換会も同時開催いたします。

 【開催概要】
(1)募集対象・定員 : 石川なないろ~I☆M☆J~会員、県内の女性農業者等 20名程度
(2)開催日時 : 3月3日(月)  13:30~16:00
(3)会場 : 石川県地場産業振興センター 新館 第11研修室
(4)①研修会(13:30~15:00) 
    題名 : 「デザインのあれこれ?!~消費者に選ばれる商品づくりに必要なこと~」
          <内容> 商品デザインの考え方、デザインに関する演習
    講師 : 株式会社RETUS 代表取締役 山岸 万寿美氏
          <講師プロフィール>
           石川県内の各種企業のシンボルマーク・ロゴタイプなど、数々のデザインを担当してるほか、石川県内の中小企業及び団体のデザイン指導も行っている。農業関係ではいしかわ農林水産加工品アドバイザー委員の就任、石川なないろ~I☆M☆J~のロゴマークデザインも担当している。
   ②情報交換会(15:00~16:00)
     ・自己紹介、商品PR、情報提供など
(5)その他 : 臨時保育室を開設します  ※詳細は希望者に後日送付します
(6)参加費 : 無料
(7)その他 : 自身の商品や新商品のPRを行う方を募集します。また、商品等を研修サンプルとして活用させて頂ける方がいましたら、申込書の該当欄にご記入下さい。

 【申込方法】
以下の参加申込書に記入の上、FAX、E-mailで事務局まで提出もしくは、電話にて受付します。

イベント参加申込書(WORD)

イベント参加申込書(PDF)

 【締切】
2月26日(水) 

 【お問い合せ先】
(公財)いしかわ農業人材機構 担当:西野、松原
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622  E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年1月15日

平成25年度 女性農業者のためのキャリアサポートセミナー第5回の開催について(1月10日)

女性農業者のためのキャリアサポートセミナーの現地視察を開催いたしました!
今回の視察先は、(有)中本農園、JA根上加工部会さんの2箇所です!
(有)中本農園さんでは、大規模農家の事例、JA根上加工部会さんでは、加工事業に取組む事例を勉強しました。


20140110_1.jpg
中本農園の取組みについて説明を受けます。

20140110_2.jpg
ハウスの中など、現地見学もさせていただきました。

20140110_3.jpg
JA根上加工部会さんの施設の中を案内していただきました。

20140110_4.jpg
合わせて加工部会のこれまでの取組事例などを説明していただきました。


普段他の事例を見ることのない女性の皆様にはとても勉強になったとの感想を沢山いただきました。
次回第6回セミナーで最終回となります。次回も楽しみですね!

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年1月 8日

平成26年度「いしかわ耕稼塾」予科・本科・専科研修生の募集について(2次募集)募集締切

1 趣 旨
  「いしかわ耕稼塾」では、農業の担い手不足解消を目指し、県内での就農を希望する方を対象に、就農に必要な技術や知識を習得する予科・本科・専科の研修生を募集します。

2 募集区分・目的 

区 分目 的
予 科週一回、就農に必要な基礎的な技術や知識を習得します
本 科月曜から金曜まで、自立経営に必要な基礎的な技術や知識を本格的に習得します
専 科研修用ほ場(ハウス、露地)で模擬経営を行い、自立経営に必要な技術を習得します

 3 募集対象・人員
   県内で就農を希望する方で就農時に60歳未満の方(但し、予科は65歳未満まで) 

区 分対 象 者募集人員
予 科就農に必要な基礎的な技術や知識を学びたい者20人程度
本 科若干名
専 科自立経営による就農を目指す者(就農に必要な基礎的な知識・技術を習得している者)若干名

 4 研修の概要
【予 科】 

区 分予 科
研修期間平成26年4月~平成27年3月
研修日

毎週水曜日か土曜日のいずれか(それぞれ 9:00~15:00頃) 約40回

研修部門野 菜
研修内容

実習:(1)共同作業による研修用ほ場(ハウス、露地)における栽培実習
    (2)個別作業による研修用ほ場(露地)での栽培実習
講義:実習作物についての栽培方法及び就農に必要な基礎知識の講義
その他:流通・販売に関する講義や就農希望者を対象としたフォローアップ研修

研修場所石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

無料 但し、テキスト等は自己負担(3,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

  【本 科】  

区 分本 科
研修期間平成26年4月~平成27年3月
研修日月~金曜日(8:30~17:15) 約240日間
研修部門野菜・花き・果樹・水稲・畜産
研修内容

実習:(1)石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」での共同作業による栽培技術等の実習(野菜)
    (2)石川県農林総合研究センター・畜産試験場等での栽培(飼養)技術等の実習(花き・果樹・水稲・畜産)
    (3)農家派遣研修
    (4)農業機械研修
講義:作物栽培、土壌肥料、営農計画作成、農業簿記等の農業経営に必要な基礎知識の講義(毎週水曜日)
その他:先進農家視察、流通・販売に関する講義 

研修場所

実習:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町) 花き・水稲・果樹
     "  いしかわ耕稼塾研修ほ場(河北郡津幡町字湖東) 野菜
     "  砂丘地農業研究センター(かほく市内日角) 果樹(ぶどう)
     "  畜産試験場(羽咋郡宝達志水町坪山) 畜産
講義:石川県農林総合研究センター(金沢市才田町)

費用負担

無料 但し、テキスト、トラクター研修費用等は自己負担(20,000円程度)
作業に必要なハサミや長靴、カッパ等は各自で用意

※本科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。
(詳細は別紙参照)

【専 科】 

区 分専 科
研修期間

平成26年4月~平成27年3月

研修日毎日(ただし、自己の経営判断による)
研修部門野菜
研修内容実習:(1)ハウス1棟(6m×40m)及び露地(20a)における栽培実習
    (2)直売所等での販売実習
その他:流通・販売に関する特別講義(希望者のみ)
研修場所石川県農林総合研究センター河北潟試験地内「いしかわ耕稼塾研修ほ場」及び「河北潟農業研修館」(河北郡津幡町字湖東)
費用負担

10,000円/月の負担金(農業機械のリース料等相当分)
小農具(鍬など)、種苗、肥料、資材等は自己負担

※専科研修生は【青年就農給付金(準備型)】の給付対象となる見込みです。
(詳細は別紙参照)
※専科研修生は、本科の講義が受講できます。

5 申込手続
 (1)申込書類:①入塾申込書(写真を添付したもの)1通、②作文(題:「私が目指す農業経営」800字以内)
 (2)申込期限:平成26年2月5日(水)必着
 (3)申込方法:下記まで郵送または持参
 (4)申込先:〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
          (公財)いしかわ農業人材機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:吉田、東谷、清水 )

募集要領・入塾申込書

募集要項(PDF)
青年就農給付金(準備型)
申込書類(申込書及び作文(PDF))
申込書類(申込書及び作文(WORD))

6 研修生の決定
  第一次審査:入塾申込書及び作文による書類審査を行い、その結果を平成26年2月上旬に郵送で通知します。
  第二次審査:平成26年2月中旬に面接を実施し研修生を決定します。その結果は、郵送で通知します。

7 お問い合わせ先
  (公財)いしかわ農業人材機構 (「いしかわ耕稼塾」担当:吉田、東谷、清水)
  〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
  TEL 076-225-7621  FAX 076-225-7622
  URL http://www.inz.or.jp/  E-mail info@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年1月 6日

(農業経営体向け)いしかわ農林漁業就業合同面談会の開催について募集締切

 石川県での農林漁業への就業に関心のある方を対象に相談会を開催し、雇用を考えている農業法人等を募集します。

1.目的
  県内での農業への就業を希望する方と、雇用を考えている農業法人等が個別に面談を行う場を提供し、就業希望者と農業法人等を結びつけることで、新規就農者の育成・確保および県内農業の発展を図る。あわせて、農林漁業への就業に関心のある方を対象として、広く情報提供や就業全般の相談に応じることにより、農林漁業への就業促進・理解の向上を図る。

2.日時・場所
  ・平成26年2月11日(祝・火) 13:00~16:00
    金沢流通会館 1階大ホール・パルス 
        (石川県金沢市問屋町2-61

3.募集対象・定員
  求人を考えている農業法人、認定農業者、農業参入企業等50経営体

4.募集締切
  1月31日(金)

5.申込等
  申込書と求人情報をHPからダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXまたはメールにてお申込下さい。
  申込先:(公財)いしかわ農業人材機構 TEL 076-225-7612 FAX 076-225-7622
                          e-mail info@inz.or.jp
  

  申込書(WORD)  求人情報(EXCEL) 

  申込書(PDF)  求人情報(PDF) 

<お問い合わせ先>
 公益財団法人いしかわ農業人材機構
  石川県地場産業振興センター新館4階(石川県金沢市鞍月2丁目20番地)
  TEL 076-225-7621
  URL http://www.inz.or.jp/

 

  

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年1月 6日

(求職者向け)いしかわ農林漁業就業合同面談会の開催について

 石川県での農林漁業への就業に関心のある方を対象に相談会を開催します。


1.目的
  県内での農業への就業を希望する方と、雇用を考えている農業法人等が個別に面談を行う場を提供し、就業希望者と農業法人等を結びつけることで、新規就農者の育成・確保および県内農業の発展を図る。あわせて、林業・漁業への就業に関心のある方を対象として、広く情報提供や就業全般の相談に応じることにより、農林漁業への就業促進・理解の向上を図る。

2.共同主催
  (公財)いしかわ農業人材機構、石川県

3.後援
  (社)石川県農業開発公社、石川県農業会議、石川県森林組合連合会、石川県漁業協同組合

4.日時・場所
  ・平成26年2月11日(祝・火) 13:00~16:00
    金沢流通会館 1階大ホール・パルス 
        (石川県金沢市問屋町2-61

5.対象者
  石川県での農林漁業への就業に関心のある方

6.内容
  (1)雇用を考えている農業法人等との個別面談ブースでの相談コーナー
  (2)農林業業への就業全般に関する総合相談コーナー
    ①農業を始めるための農地の取得等の個別相談
    ②林業・漁業に就業するための個別相談  等


7.申込等
  申込不要、入場無料、服装自由

   案内チラシ(PDF)
  
<お問い合わせ先>
 公益財団法人いしかわ農業人材機構
  石川県地場産業振興センター新館4階(石川県金沢市鞍月2丁目20番地)
  TEL 076-225-7621
  URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ