HOME農業総合支援機構からのお知らせ

農業総合支援機構からのお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月18日

「いしかわ百万石マルシェ2020冬」出店者募集

首都圏等の需要者(レストランや百貨店バイヤー等)へ、石川県産食材の魅力を伝える機会として「いしかわ百万石マルシェ2020冬」を下記のとおり開催します。本企画は、著名なシェフによる出展食材の調理、試食提供もあり、来場者から好評を得ているイベントです。
出展を希望する方は出展申込書を11月20日(水)までにファックスにて、当機構へお申し込み下さい。

「いしかわ百万石マルシェ2020冬」
・開催日時 令和2年2月7日(金) 13:00~16:00
・開催会場 東京ステーションホテル 1階「鳳凰」
      (東京都千代田区丸の内1-9-1)
・申込締切 令和元年11月20日(水)
・留意事項 出展申込書の記載内容をご確認下さい

出展申込書

<お申込・お問合せ>
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:森本・須沼・濱高
〒920-8203金沢市鞍月2-20(地場産業振興センター新館4階)
TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年9月18日

「第4回おいしい!いしかわレシピコンテスト~石川の郷土料理をもっと気軽に食べよう~」レシピ募集!

石川県にはたくさんの郷土料理があることをご存知ですか。
地域の祭りや伝統行事とともに古くから受け継がれてきた郷土料理。最近では郷土料理を食べる機会が減りましたが、そんなちょっぴり地味な郷土料理をあなたのアイディアで新しい料理に変身させてみませんか?

●テーマ●
石川県の郷土料理を現代風にアレンジしたオリジナル料理であって、家庭で気軽につくれる料理
(どの郷土料理をアレンジするかは自由)

●応募対象●
石川県内の調理専門学校、高等学校、短期大学、大学の学生 
※グループまたは個人の募集とします。

●条件●
① 石川県産の食材を使用するように努めること
② 材料は4人分で2,000円以内であること
③ 60分以内に作れる料理であること

●審査●
① 一次審査:書類選考(1月上旬)
② 二次審査:審査員による試食(1月下旬) ※事務局でレシピを再現します。

●審査基準●
・ 県産食材の良さが生かされていること
・ 手軽に効率よく短時間で作れる工夫がされているか
・ アイデア、オリジナリティがあるか
・ 郷土料理と新しいアイデアがうまく融合しているか

●応募方法●
応募用紙に必要事項をご記入の上、「おいしい!いしかわレシピコンテスト」実行委員会までメール(info@inz.or.jp)または郵送にて送付ください。
応募用紙は(公財)いしかわ農業総合支援機構のホームページ(http://www.inz.or.jp/)からダウンロードできます。

●応募締切日●
令和元年11月29日(金) 当日消印有効

レシピ募集チラシ

レシピ応募用紙

●お問合せ・お申込み先●
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
(公財)いしかわ農業総合支援機構  担当:青木、畝、森本
TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622 E-mail:info@inz.or.jp
URL:http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年9月12日

いしかわ耕稼塾「6次産業化研修・初級コース」研修生の募集について

1 趣 旨
 昨今、農業者の加工・販売分野への進出や商工業者との連携など、いわゆる農業の6次産業化が注目されていますが、継続した取り組みを実現するためには、農業者自らが流通・販売や取引等に関する知識やリスク等を理解しておく必要があります。
 この度、当機構では、昨年度に引き続き、農業経験が比較的浅い農業者や就農希望者等を対象として、流通・販売やマーケティング等に関する基礎知識や取組事例等について、座学や現地視察により体系的に学ぶ研修を行うこととし、その研修生を募集します。

2 研修の概要(詳細は募集チラシを参照)

【研修日時】
 令和元年10月15日(火) 9時30分~17時30分
【研修内容(予定)】
 ・講義:6次産業化の基礎知識、農業者のマーケティング
 ・現地講義:本田農園(小松市)、風来(能美市)
【募集対象】
 ・6次産業化に関心のある農業者(新規就農者を含む)
 ・県、市町、JA等関係機関・団体の指導者等
【募集人数】
 30名程度(参加希望者が多い場合は、抽選となります)
【集合場所】 
 石川県庁11階1104会議室(金沢市鞍月1丁目1番地)
【その他】
 受付は石川県庁11階1104会議室前で9時から行います。
 現地講義には中型バスで移動します。
 昼食は移動の車中となりますので、ご自身で準備をお願いします。なお、現地講義のみの受講はお断りします。

3 申込手続き
【申込書類】:参加申込書
※お手数ですが、上記ファイルをダウンロードの上、必要事項をご記入ください。
【申込期間】:令和元年10月4日(金)まで
【申込方法】:郵送、FAXまたはE-mailにより事務局まで提出願います。
【事務局】:(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:畝(うね)、湊(みなと)
 〒920-8203金沢市鞍月2丁目20番地石川県地場産業振興センター新館4F
 TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622
 URL:http://www.inz.or.jp/ E-mail:info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年9月10日

石川県農地中間管理事業規程に基づく借受希望者の公募状況の公表について

石川県農地中間管理事業規程に基づき、令和元年8月1日~8月31日に公募を行った借受希望者の公表を行います。

農地中間管理機構について(http://inz.jpn.org/nouchichukankanri/)
借受希望者一覧(PDF)

問い合わせ先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 農地活用推進グループ
<TEL>076-225-7621 <E-mail>nouchi@inz.or.jp

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年7月22日

【参加者募集】石川県能登地区農業インターンシップ短期研修

募集の目的:現在石川県外在住で、石川県での移住就農を考えている方を対象に、能登地区の受入農家での水稲・野菜・果樹の栽培体験を通じて農業の魅力に触れてもらうため、能登地区農業インターンシップ短期研修を開催いたします。研修終了後能登の農業のことをより深く知りたい方には、数ヶ月単位で行う長期のインターンへの切り替えや現地の農業法人へ就職するためのサポートが受けられます。

能登地区について:世界農業遺産に認定された豊かな里山・里海が広がる自然豊かな地域です。また、能登地区で伝統的に栽培されてきた金糸瓜などの「能登野菜」や甘えびや能登カキなどの魚介類など、食資源の豊富さも魅力です。

期間:参加者の希望と受入農家の都合とを調整した上で日程を決定します。
研修場所:能登地域の農業法人・農家・受入先の一覧はこちら

募集期間:随時募集
募集対象者:60歳未満(2019年4月時点)、石川県で移住就農を検討されている県外在住の方、経験不問、運転免許があるのが望ましい(応相談)
費用:研修中の食費・宿泊費 基本無料
宿泊先:現地の宿泊先を事務局が手配

応募~参加決定までの流れ
① 応募(氏名・住所・連絡先を記載のこと) 申込書の様式はこちら
② 履歴書の提出 履歴書の様式はこちら
③ 面接(会場は石川県、東京都、大阪府) ※随時開催
④ 受け入れ農家と日程調整の上、参加決定

問い合わせ先:(公財)いしかわ農業総合支援機構 耕稼塾・新規就農相談グループ
八田・小森 <TEL>076-225-7621 <E-mail>info@inz.or.jp
URL http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ