HOME農業総合支援機構からのお知らせ

農業総合支援機構からのお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年4月27日

平成29年度「農業インターンシップ」研修生募集中!

1.趣 旨
 都市生活者の石川県能登地域での就農・定住に向けたきっかけづくりとして、能登での農作業研修を体験したい方を募集します。
 まずは10日間程度の「事前研修」を体験していただき、その後、面談等を経た上で、6~9ヶ月間程度の「本研修」への切り替えや、現地での移住・就農に向けたサポートを受けられます。

2.対象者
原則、石川県外居住の方で、石川県での新規就農を志向する方

3.研修概要
◆◆◆[STEP1]事前研修◆◆◆
日程:平成29年6月6日(火)~15日(木)(10日間)
内容:農家での農作業体験、視察研修 等
※事前研修に参加した方のみ、本研修に参加することができます
応募締切:平成29年5月19日(金) ※詳しくはお問い合わせください
◆◆◆[STEP2]本研修◆◆◆
日程:平成29年7月上旬~平成30年3月下旬(6~9ヶ月)
内容:農家での農作業体験、視察研修、座学 等
※事前研修に参加した方のみ、本研修に参加することが出来ます

4.募集人数
10名程度

5.参加費
◆事前研修
[参加者負担]JR金沢駅または能登空港までの往復交通費
[主催者負担]現地での宿泊費(食事代含む)、傷害保険等
◆本研修
[参加者負担]研修中の宿泊、食事、移動に要する経費
[主催者負担]研修実費、傷害保険等

6.申込方法

募集ちらしもご覧になった上で、以下どちらかの方法でお申し込みください。

(1)研修参加申込書をメール、FAX又は郵送により、(公財)いしかわ農業総合支援機構まで送付して下さい。

(2)農林漁業専門求人サイト「第一次産業ネット」内の募集ページからお申し込みください。

http://www.sangyo.net/job/detail/4690/


7.募集締切

平成29年5月19日(金) ※詳しくはお問い合わせください


8.研修生の決定

書類審査、面談を行った上で、受入農家を決定します。

※面談の際には履歴書をご準備ください。


9.問合せ先

(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:小森、八田(はった)

石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階

Tel 076-225-7621 Fax 076-225-7622

Mail info@inz.or.jp URL http://www.inz.or.jp/


 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年4月24日

いしかわ耕稼塾「6次産業化研修・トライアルコース」募集中!

 1 趣 旨
昨今、1次産業としての農業から2次、3次産業への事業拡大が注目されている。
そこで、農産物加工品開発におけるマーケティングや商品コンセプト等の6次産業化における基本知識を習得し、専門家等の評価や需要者のニーズを踏まえた商品開発及び改良を行い、6次産業化を実践できる農業者等を育成するとともに、アンテナショップなど首都圏で販売できる加工品ラインアップの充実を図る。

2 対象者
所有する農産物加工品(既存商品)を改良したいと考えている、または新たな加工品を開発し、アンテナショップなど首都圏で販売したいと考えている、農業者、農業法人等従業員、JA職員等10名程度

3 研修の概要(別添カリキュラム参照)

研修期間 平成29年6月7日(水)~平成30年3月中旬
研修日 全10回程度(13:00~17:00)
研修内容(予定)

商品づくりのノウハウを学び、既存商品の改良・試作・販売まで行う
「農産物加工品づくりの実践的な研修カリキュラム」

○講義:マーケティング・商品戦略・衛生管理・食品表示について
○演習:市場調査、商品の分析手法について
○演習:既存商品の改良または商品開発
(※専門家派遣の利用可、改良費は実費負担)
○調査:専門家による商品の評価
○実践:改良品の店頭販売(モニター調査)
販売店舗 カジマートエムザ店(金沢市)
いしかわ百万石物語・江戸本店(東京都)

研修場所 地場産業振興センター、i-BIRD ほか

  トライアル研修カリキュラム(案)  研修ちらし

4 留意事項
1)商品の改良費用は、受講者の実費負担となります。
2)現在、既存商品のない方も、研修で自社商品の開発に取り組んで頂きたいので、研修参加申込書の「新たに作りたい農産物加工品」欄に、構想案をご記入下さい。

5 申込手続き
研修参加申込書を平成29年5月29日(月)までに、郵送、FAX、E-mailにより担当(畝、青木、小森)まで、提出願います。  

  開催要領申込み書(WORD)

6 問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:畝、青木、小森
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail info@inz.or.jp

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年4月21日

いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』募集中!

ためしてナットク!
いしかわ耕稼塾『駅前アカデミー』受講者募集について
~農業入門 楽しくおいしく農業を学ぼう!~

1 趣旨
「いしかわ耕稼塾」では、プロ農家の育成研修をはじめ、新規就農希望者の基礎研修、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための体験会など、様々なカリキュラムを実施しています。
平成23年度より開講した「駅前アカデミー」は、農業に興味や関心があるものの気軽に学ぶ機会のない方や、日中は働いているため時間が取れない方などを対象に、平日の夜に駅前で行う農業入門講座です。本年度は以下のとおり開講します。

2 参加者
農業に興味や関心があり、知識や情報を得たい方
日中は働いているが農業を学ぶ機会がほしい方 など
定員:各講座50名

3 内容

  開催日 講座名 講師
第1回 6/7(水) 野菜をおいしく食べよう! つぐま たかこ 氏(野菜ソムリエPro)
第2回 6/14(水) この虫なんの虫? 八尾 充睦 氏(石川県農林総合研究センター 主任研究員)
第3回 6/21(水) 知ってる?野菜のおもしろさ 小田桐 悌二 氏(元いしかわ耕稼塾講師)
第4回 6/28(水) 品種改良のふしぎ 村濱 稔 氏(石川県農林総合研究センター 研究主幹)
第5回 7/5(水) 農業の基本は土づくり! 塩口 直樹 氏((株)JAアグリライン石川 技術顧問)
第6回 7/12(水) 作物の病気を知ろう! 森川 千春 氏(石川県農林総合研究センター 主幹)


※講義には、簡単な実習や実験などを取り入れることにより、講義内容を十分納得して学んでいただきます。

 

4 時間 午後7時~午後8時30分(1時間30分)
         (※初回と最終回はオリエンテーションのため午後9時頃まで)

5 会場 石川県女性センター2階 大会議室  (金沢市三社町1-44)     

6 受講料 無料

7 主催 石川県、公益財団法人いしかわ農業総合支援機構

8 申込方法等
駅前アカデミー申込書
受講申込書を提出。6回全ての講座を受講する方を優先しますが、6回の講座の中から好みの講座を選択しての受講も可能です。

 (2)募集期間 平成29年4月21日(金)~5月19日(金)

 (3)申込み・問い合わせ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:八田、小森、山際
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F
 TEL:076-225-7621  FAX:076-225-7622
E-mail:info@inz.or.jp URL:http://www.inz.or.jp/

 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年4月17日

いしかわ農業学ぼうコース~8日間コース~募集中!

 

1 趣旨

 いしかわ農業総合支援機構では、農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼうコース」を開催しております。
今回は、土づくり・育苗管理・施肥・防除等、野菜栽培の基礎技術について、8日間の講義と実習で学んでいただく「いしかわの農業学ぼう8日間コース」を開講するにあたり、参加者の募集を行います。

2 募集対象者及び定員

 農業の基礎的な知識と技術を習得し、本格的に野菜栽培に取り組もうと考えている方  

 25組(1組につき2人まで)

※8回全てに参加できる方に限ります。
※これまで「学ぼう8日間コース」に参加された方はご遠慮下さい。
※農薬等を使用するので小さなお子様の参加はご遠慮下さい。

3 コースの概要

(1)場所  河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)
                   ※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。
(2)時間  9時30分~11時30分
(3)内容  土づくり、育苗、施肥、防除技術などの講義と実習
(4)日程

  開催日 研修内容
講義 実習
第1回 5月28日(日) 播種、定植について コマツナ播種、トウモロコシ定植など
第2回 6月11日(日) 野菜づくりについて① 夏野菜の栽培現地講習会
第3回 6月25日(日) 防除について コマツナ収穫、トウモロコシ畑の除草など
第4回

8月6日(日)

土づくり、施肥について トウモロコシ収穫、エダマメ収穫
第5回 8月20日(日) 育苗管理について ハクサイ播種、定植準備
第6回 9月3日(日) 被覆資材について ホウレンソウ播種、ダイコン播種など
第7回 10月8日(日) 野菜づくりについて② ホウレンソウ収穫、ハクサイ追肥など
第8回 11月12日(日) 堆肥づくりについて

ダイコン収穫、ハクサイ収穫

※開催日・内容は、気象条件・生育状況等により変更となる場合があります。
※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。
※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。
 

4 参加料

    1組 2,000円(第1回の受付時にお支払いください。)

5 申込み

  (1)申込方法
          いしかわ農業総合支援機構までFAXまたは葉書でお申込みください。
          FAX 076-225-7622
 

    8日間コース申込書(PDF)

   ※郵便番号、住所、氏名、年齢、連絡先をお知らせください。
 

     (2)申込み期間  4月17日(月)~5月16日(火)
 

お問い合せ先
(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:窪田(くぼた)、八田(はった)、浅沼(あさぬま)
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
Tel 076-225-7621  Fax 076-225-7622
Mail:info@inz.or.jp  URL:http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年4月17日

いしかわの農業学ぼうコース~夏期コース~ 募集中!

1 趣 旨

 農作物の種まきから収穫までの様々な農作業体験を通して農作物を作る喜びや苦労を実感することにより、県民の方々に農業に対する関心と理解を深めていただくため、河北潟干拓地において、「いしかわの農業学ぼう夏期コース」を開催します。


2 募集対象者及び定員

農業に関心を持ち、農業を理解しようとする県民の方々

50組×2人程度(100名程度)

※3回の日程すべてに参加可能の方に限ります。

※1人での参加、1組3人以上(ご家族など)でも参加可能です。

※これまでに、夏期コースに参加された方はご遠慮ください。

※応募者多数の場合は、予定より早く募集を締め切らせていただくこともあります。


3 コースの概要

1)場所 河北潟干拓地内いしかわ耕稼塾圃場(津幡町字湖東395(地図はこちら)

※「石川県農林総合研究センター河北潟農業研修館」の看板が目印です。

2)時間 午前9時30分~11時30分

3)内容 種まきや収穫などの農作業体験

4)日程

1回目 5月28日(日) コマツナ播種、トウモロコシ播種、エダマメ定植など

2回目 6月25日(日) コマツナ収穫、トウモロコシ畑の除草など

3回目 8月 6日(日) トウモロコシ収穫、エダマメ収穫

※開催日及び内容は、気象条件や生育状況等により変更となる場合があります。

※参加者ごとに作業区画を割り付けします。その区画内で、作業体験・収穫体験をし、収穫物はお持ち帰りいただきます。

※天候に応じ、農作業ができる服装、長靴、軍手、雨具、飲み物を各自ご用意ください。


4 参加費  1組 1,000円(第1回の受付時にお支払いください。)


5 申込手続

1)申込方法

いしかわ農業総合支援機構までFAXまたは葉書でお申し込みください。

FAX番号 076-225-7622

夏期コース参加申込書

2)申込期間  4月17日(月)~5月16日(火)


お問い合わせ先

公益財団法人いしかわ農業総合支援機構

担当 窪田(くぼた)、八田(はった)、浅沼(あさぬま)

〒920-8203  石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F

TEL (076)225-7621 FAX (076)225-7622 

URL http://www.inz.or.jp/

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ