能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を大切に思っている方へ食品の表示を見るJAS法に基づく品質表示
このエントリーをはてなブックマークに追加

JAS法に基づく品質表示

 JAS法とは、正式には「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(昭和25年法律第175号)」のことです。この法律は、飲食料品等が一定の品質や特別な生産方法で作られていることを保証する「JAS規格制度」(任意の制度)と、品質に関する一定の表示を義務づける「品質表示基準制度」(義務の制度)の二つからなっています。

1)JAS規格

 JAS規格制度は、JAS規格を満たしていることが確認(格付という。)された製品に「JASマーク」を付けることができる制度です。JAS規格とは、「日本農林規格(Japanese Agricultural Standard)」の略称です。JASマークの付いた製品は、一定の品質や特色をもっているので、消費者が買い物をするときや商取引などの際の目印となります。農林水産大臣の登録を受けた登録認定機関が製造施設、品質管理、製品検査、生産行程管理などの体制が十分であるとして「認定事業者」に認定すると、製品にJASマークを付けることができます。
 認定事業者は、製造施設の維持管理や品質管理、生産行程管理の実施状況などが、認定後もずっと維持されているかについて、登録認定機関の定期的な監査を受けます。製品にJASマークを付けるには、常にJAS規格が満たされている必要があります。
 JAS規格には、2種類があります。

①一般JAS規格
 製品ごとに品位、成分、性能その他の品質についての基準を定めたもの

②特定JAS規格
 特別な生産や製造方法、特色ある原材料などの生産の方法についての基準を定めたもの

JASマークの種類
一般JASマーク画像
特定JASマーク画像
有機JASマーク画像
生産情報公表JASマーク画像
一般JASマーク
特定JASマーク
有機JASマーク
生産情報公表JASマーク

※格付けを受けるかどうかは、製造業者等の自由となっています。JASマークの付いていない製品も自由に流通、販売できます。(ただし、有機農産物類のJASを除く。)

2)食品の表示

 食品の表示は、消費者にとって大変重要なものです。このため、一般消費者向けのすべての飲食料品には「品質表示基準」が定められています。品質表示基準は、生鮮食品を対象とした「生鮮食品品質表示基準」と、容器包装された加工食品を対象とする「加工食品品質表示基準」に大別されます。
 生鮮食品の場合は、名称や原産地を、加工食品の場合は名称、原材料名、内容量、賞味期限または消費期限、保存方法、製造者の氏名・住所などを表示することが義務付けられています。玄米や精米、水産物、遺伝子組換え食品などは、個別の食品に適用される品質表示基準が設けられています。また、食品の表示は JAS法による表示以外にも、食品衛生法に基づく期限表示やアレルギー表示、計量法に基づく内容量表示など、さまざまな法律で定められているので、JAS法以外の法律による表示も必要になる場合があります。

→消費者庁「知っておきたい食品の表示」

直接ご相談になるときは

■もっと情報が欲しいときは

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ