能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をビジネスに活かしたい方へ食品の適正な表示JGAP認証制度
このエントリーをはてなブックマークに追加

JGAP認証制度

 時代は今、農業に対して、農産物の安全性の確保や自然環境への負荷低減を求めています。そのための手段として世界に広がっているのが、「適正農業規範GAP」(Good Agricultural Practice)という農場管理の手法です。
 GAPでは、農業者自らが次のような一連の農業生産工程管理を行います。

<実施内容>

①農作業の点検項目を決定する
②点検項目に従って農作業を実施・記録する
③記録を点検・評価して改善点を見出す
④次回の作付けに活用する

 GAPの目的は、現場を検証して適切な管理を行うことで、農産物の安全を確保し、より環境にやさしい農業をめざそうとするものです。農場の取り組みが認められると、GAP農場であるという認証が取得できます。
 JGAP(ジェイギャップ:Japan Good Agricultural Practice)は、そのGAPの日本版にあたります。ヨーロッパを中心に開発されたGAPの手法を日本向けにしたもので、ヨーロッパの標準GAPであるGLOBAL GAPとほぼ同等のレベルにあり、次の4つのテーマに沿った農場管理システムが用意されています。

<目的>

①農産物の安全
②環境への配慮
③生産者の安全と福祉

 JGAPは、「適切な農場管理を効率的に行う」手法であると同時に、「農場管理の良さを農産物販売に生かす」手法でもあります。つまり、JGAP認証農場であることは、信頼性の高い生産管理体制を持ち、より安全性の高い農産物を生産・出荷できる農場だというお墨付きが与えられていることになるわけです。
 農場管理の新たなスタンダードとして、また食品ビジネスにおける信頼性の高い評価ツールとして、JGAP認証制度は普及し始めています。

直接ご相談になるときは

■もっと情報が欲しいときは

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ