能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へ農業で活躍している人たち輝け!新農業人トマト栽培で独立、自立!みんなに喜ばれるおいしいものを 橋本 拓朗(本田農園:小松市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

トマト栽培で独立、自立!みんなに喜ばれるおいしいものを 橋本 拓朗(本田農園:小松市)

就農しようと考えた理由

 これまではコンビニでのアルバイトをしつつ、実家の葉たばこ栽培の手伝いもしていました。ところが実家が葉たばこを辞めることになり、その空農地で私が親から完全に独立して新しい作物を育てることに。品目を考えてみたところ、地元で盛んに作られているトマトならJAのサポートも充実しており、経験のない私でもできるのではないかと思い新たに取組を決心しました。ただ、何の知識もないままで始めることはできないと思い、これまでも独立予定の研修生を受け入れていた本田農園で1年間勉強させてもらうことにしました。

現在担当している内容

 本田農園では、トマトを始め、ほうれんそう、イチゴなど季節ごとに栽培する作物の定植から収穫まで管理全般を行っています。今回の研修後は独立することが決まっているので、特にトマトに関しては茎葉の写真を撮って気付いた点を書き込むなど細かい点まで注意しながら作業をしました。

将来の目指している農業

 トマト農家として自立するために、まずは1作目をうまく作ることが目標。まずは5棟のビニールハウスから始め、地域の平均的な収量を取れるところまで早く持っていきたい。そして、5年後位までには7棟に増やせたらと考えています。正直、今は不安の方が大きいのですが、「農業で食っていく」という覚悟は揺らいでいません。

 独立するとシーズン中は休みなしで朝も早い。そのうえ、夏のビニールハウスの暑さは並大抵ではありません。やるんだという相当な覚悟がないと農業で暮らしていくことはできないと思います。確かに大変な仕事だけれど、作物が実った時や収穫時の喜びはその比ではありません。苦労なんて吹き飛びますよ。

喜ばれるものを作る喜び

 新しい作物として野菜を選んだのは、喜んで食べてもらえるものだから。それまで作っていたたばこは嗜好品で、残念ながら多くの人に歓迎されるものではなかったからそう思ったのかもしれません。また、1年に何度か作付けできる=勉強の機会が多いということで未経験者の私に向いているとも感じました。もの作りが好きなことと、いつかは農地を継ごうという気持ちがあったので、本格就農に迷いはありませんでした。
 研修中は種まきから収穫まで一年を通してトマト作りを経験。畑以外ではハウスの建て方や配管、水回りなど施設園芸を始めるのに最低限必要なことをたくさん教えてもらいました。また出荷や資材調達など生産者しか知らないようなこともいろいろ話してくれました。特にJAだけでなくレストランなどに直接出荷していると知った時は目からウロコ。自分では考えもしなかったことだったのでよい刺激になりました。
 本田さんは私にとって先生のような存在。いつか追いついて肩を並べる存在になれたらいいなと思っています。

研修内容・改善点・事業の成果・今後の方針など

 私も新規就農者なので、特別な技術はないけれど1年間を通しての作業内容を知ってもらえたら独立してからの動きに少しは役立つのではないか。また当園ではJAの他に県外にも直接出荷しており、そのような取り組みも参考になればという気持ちで受け入れました。橋本さんは身動きが軽く、黙々と作業をする集中力も十分。ちょうどトマトの作付面積を20a拡大したところだったので、作業効率が上がりそれに伴って売り上げも増加。当園にとっても雇用事業を活用した成果は大きかったです。

研修中の教育方針、方法、工夫など

 1年間という限られた期間だったので、実際に畑で作業しながらその流れを覚えてもらうことを優先しました。技術的なことはトマト作りを始めてからいろいろな人に教えを乞い、自分に合うものを選択していく方がいいと思ったからです。農業は自分でやってみないと分からない。ただ漠然と「農業がやってみたい」という状況では質問さえ浮かんでこないのではないでしょうか。そういう意味では目的がはっきりしている橋本さんのような人が雇用事業を使って研修するのは意味があることだと思います。

研修生へのエール

 新規生産者の星としてまた若い農家として、小松のトマト産地を盛り上げる存在になってください。研修は終わりましたが、これからは同じ生産者。私が教えてもらうこともあるかもしれません。お互い切磋琢磨していきましょう。

本田農園
◆代表者名/本田 雅弘
◆連絡先/小松市古府町亥104
◆経営概要/トマト80a、きゅうり10a、ほうれんそう30a、 アスパラガス10a

 

橋本 拓朗(本田農園:小松市)【PDF:1825KB】

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ