能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へ農業で活躍している人たち輝け!新農業人いつか奥能登で顔が見える野菜を作って全国に発信したい 田邉 大樹((有)前田農園:穴水町)
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつか奥能登で顔が見える野菜を作って全国に発信したい 田邉 大樹((有)前田農園:穴水町)

就農しようと考えた理由

 大学では工学部で遺伝子やバイオサイエンスを専攻。興味を持って学んでいましたが、仕事にするとまでは考えていませんでした。4年生になって就職という人生の岐路に立った時、就きたいと思える具体的な目標がなく学校のアドバイザーや親に相談。これまでの知識を生かすことよりも、やりがいを見いだせることを探した方がいいとアドバイスを受け、自分が一生できる仕事は何かをいろいろと模索した結果、人が生活するうえでなくてはならない仕事=農業にたどり着きました。

現在担当している内容

 すいか、かぼちゃ、じゃがいも、にんにくといった作物の管理をはじめ、種まき、収穫など季節ごとの仕事を他のスタッフと一緒に行っています。3年目に入る今年は、春から同年代の若手スタッフ3人で育苗が終わったハウスでのトマト栽培を任されました。今は各自で勉強したり、3人で情報交換をしたりしながら準備を進めている最中。プレッシャーもありますが、せっかくもらった貴重なチャンスなのでお客様に喜んでもらえる立派なものを作りたいです。

将来の目指している農業

 世界農業遺産に指定された環境と、いしかわ耕稼塾を始めとするサポート体制が充実している能登でこれからも農業をしたいと考えています。できれば奥能登で、自分でまかなえる広さの土地を借り、生産者の顔が見えて安心して食べられる野菜を作って名前を売り、基盤を固めていつかは独立したいと思っています。今の私には大きすぎる位の夢。実現するためにもまだしばらくは(有)前田農園でしっかり勉強させてもらいます。

 農業をやることを悩んでいる人は、考えたり調べたりするより体験してみることをおすすめします。石川県には私も利用した農業インターンシップ制度を始めさまざまなサポートがあるので積極的に利用してみては?経験したうえで決意したことならきっと頑張れるのではないでしょうか。

「流通の先端にいる」というやりがい

 最初に能登に来たのは大学4年生の夏。6カ月間のインターンシップに参加した時でした。大学で研究に明け暮れていた日々から一転、炎天下での作業はきつく言葉の壁もありましたが、不安になる暇もなくただ必死で、「農業をやりたい」という気持ちだけが支えでした。しかし、(有)前田農園には歳の近いスタッフが多くて雰囲気がよく、社長も質問すれば丁寧に教えてくれるのでどんどん仕事が楽しくなり、インターンシップ終了時には「農業を仕事にしよう」と決心。一度実家に戻って親や祖父母を説得し再び戻って研修生としてスタートさせてもらいました。
 きちんと世話をすれば作物は必ず応えてくれる。これが農業の面白いところ。畑では、「作物は光合成をして大きくなるのだから光を遮る背の高い草は刈ろう」など野菜の身になって仕事をするようにしています。そして「おいしくなってくれ」と願います。市場へ出荷に行った時などに、この作物がどこかの家庭に届くのだなと思うと流通の先端にいるというやりがいと同時に身が引き締まる思いがします。
 今は、収穫した作物を実家に送り、親や祖父母から「おいしかったよ」と言われることが一番の喜び。農業を始めてから、白くて細かった手が色黒のゴツゴツに変わりました。でも社長と比べるとまだまだ"味"がありません。いつかあのかっこいい手に追いつきたいと思っています。

研修内容・改善点・事業の成果・今後の方針など

 人が増えればできることも増えます。昨年は宝達志水町で約60a今年も富来町で1haの農地を借り、人参やさつまいもの試作を始めました。田邉さんがもう1年経験を積みある程度仕事を任せられるようになれば栽培品種も増やせるでしょう。試作はその準備であり、雇用事業の成果でもあります。作物が充実すれば販路開拓も必然。昨年末から関東への出荷も行っており、今後少しずつ拡大していくつもりです。能登で農業をする若い人が増えればうれしいし、できる限り手助けもしたい。分社化という形でサポートしながら力をつけて独立するといった仕組み作りも考えています。

研修中の教育方針、方法、工夫など

 私は仕事には厳しかったと思います。仕事が遅いと作業が遅れ、その分作物が育ってしまい結局は自分の手間が増えるだけ。つまり「早くしろ」というのは本人のためなのです。ただ、頭ごなしに言われことをやるのでは身にならないので、今この作業をする意味をきちんと説明するようにしました。春からトマト栽培を任せるのは、次のステップとして自覚と責任感を持ってもらうため。自分でスケジュールを組み、考え、知恵を絞ってトマトの実と一緒に自らも成長してくれることを願っています。

研修生へのエール

 まったく経験のないところからここまで来たのだから、今後もぜひ農業を続けてください。いずれ独立する時がきたら、土地や農機具のことなどしっかりフォローするつもり。能登で、みんなで農業ができれば地域活性化にも繋がるので、いいことではないかなと思っています。

有限会社 前田農園
◆代表者名/前田 忠男
◆連絡先/鳳珠郡穴水町字大郷ろの26番地
◆経営概要/野菜苗20万本、すいか4ha、露地野菜16ha、観光農園40a
 

 

田邉 大樹((有)前田農園:穴水町)【PDF:1779KB】

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ