能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へ農業で活躍している人たち輝け!新農業人地域にとけ込み支え合いながら理想の農業を極めていきたい 今村 裕((農)上畠農業機械利用組合:七尾市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

地域にとけ込み支え合いながら理想の農業を極めていきたい 今村 裕((農)上畠農業機械利用組合:七尾市)

就農しようと考えた理由

 電機メーカーでエンジニアとして働きながら横浜市で13年間生活しました。都会暮らしが長くなる中、家族を持ったこともあり環境や食の安全に対する意識が高まり、「いずれは」と考えていた実家がある中島町へのUターンや就農が現実のものとなり、「どうせなら体力のある若いうちに」と決断しました。実家は米を作る兼業農家ですが、私は変化があって通年収穫できる野菜に興味があったので、(財)いしかわ農業人材機構の前身である石川21世紀農業育成機構に相談。園芸作物の研修ができる受入農家として(農)上畠農業機械利用組合を紹介してもらいました。

現在担当している内容

 独立を念頭に置いて研修を行い、1年間ではまだ経験不足だということで引き続き(農)上畠農業機械利用組合で畑作を中心に担当。中島菜や小菊かぼちゃなどを栽培し、3年目に自分用の畑を借り独立しました。とはいっても、組合の園芸部門兼任という形をとっており、私は組合と自分、両方の畑で野菜を作り、組合からは機械や資材、販路開拓、時には人手も援助してもらうという協力体制をとっています。

将来の目指している農業

 現在自分の畑は路地50aと30mのハウスが1棟。そこで中島菜、小菊かぼちゃ、じゃがいも、かぶ、ミニトマトを作っています。独立すると日々の作業に加えて栽培計画、資材発注、利益の確保といった経営者の仕事も発生します。プレッシャーは大きいですが、自分のセンスで仕事を進められるところが楽しさでありやりがいです。慣行栽培でしっかり技術を身に付けたら、環境保全型農業である有機栽培に挑戦したいです。里山で環境に配慮した農業が私を中心に広がれば地域貢献にもなると信じています。付加価値の高い商品という点では6次化も模索していきたいです。

 目的意識を持って研修に入ってください。農業は、地味できつい仕事の繰り返し。なぜ今この仕事をするのか、なぜ必要なのかを普段から考えないと目標を見失ってしまいます。しかし、自然の中で体を動かしもの作りができる農業はとても魅力的な仕事。私は就農して本当に良かったと思っています。

ふるさとで共存共栄の農業を

 中島町のような中山間地で農業をやっていこうと考えるなら、周囲との協力は不可欠。例えば販売先や販売ルートの確保一つとっても、毎日何時間もかけて市場まで売りに行く訳にはいかないように、どんなにいい作物ができても一人では農業で生計を立てることはできません。私は能登で農業をしようと覚悟して帰って来たので、(農)上畠農業機械利用組合だけでなく近隣農家とのおつきあいも密にし、祭りを手伝うなど地域との繋がりを大切にすることを心がけています。
 組合での研修はとても有意義でした。なかでも貴重だったのは、組合員になっているいろいろな農家の方から栽培法や加工品の作り方などを教えてもらったことです。独立1年目の今年は予定していた収量があげられないなど失敗もありましたが、これもいい経験。毎年1品目づつ増やして柱になる作物を決定し、組合と共同で収量を確保できる体制作りを進め、お互いに共存共栄できるベストな形を模索したいと思っています。

研修内容・改善点・事業の成果・今後の方針など

 これまで水稲が中心だったため、組合としても何か新しいことに取り組まないといけないと感じていた時に園芸志望の今村さんが来てくれ、本格的に野菜作りに力を入れました。白ねぎは現在も今村さんが主として栽培してくれており、雇用事業の成果でもあります。今後は販路開拓も含めていろいろな試みをしながら3年間を目途に基幹作物を育てていこうと考えています。また、近いうちに近隣4集落で新組織を作ることにしており、今村さんを人・農地プランの担い手農業者に据えました。大々的に動くことで若い農業者が増えるきっかけになってくれればと願っています。

研修中の教育方針、方法、工夫など

 独立したいという意思を聞いていたので、基盤になる作物を探す意味も込めて今村さんが作りたいものを一緒に栽培する方法をとりました。人を預かった者の責任として、適性がない人には転職を勧めることもあるのですが、今村さんの場合は最初から常にノートを持ち歩いてメモを取り、病害虫の写真を撮って記録するなど積極的な姿勢が見られたので、独立した今でもできる限りのサポートをしています。

研修生へのエール

 地域の農業を引っ張っていってくれる人としても期待しています。これからも精一杯の応援をするので、柱となる作物を早く見つけて頑張ってください。ぜひ、UターンやIターンでも能登に根付いて農業ができるというモデルになってほしいです。

農事組合法人 上畠農業機械利用組合
◆代表者名/米谷 庄市
◆連絡先/七尾市中島町上畠3の168
◆経営概要/水稲20ha、大豆1.6ha、かぼちゃ20a、白ねぎ20a、そば50a
 

 

今村 裕((農)上畠農業機械利用組合:七尾市)【PDF:1459KB】

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ