能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へ農業で活躍している人たち輝け!新農業人「スギヨファームが一番おいしい」そう言われるような野菜を育てたい 今村 仁志((株)スギヨファーム:七尾市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「スギヨファームが一番おいしい」そう言われるような野菜を育てたい 今村 仁志((株)スギヨファーム:七尾市)

就農しようと考えた理由

 実家は水稲を育てている農家なのですが、私はまったく興味がなく、大学進学時に県外に出てそのまま社会人となり、10年以上経理関係の仕事をしていました。しかし、いつからか地に足がついていないような、自分の居場所ではないような感覚を覚えるようになり、Uターンを考え始めました。実家に戻ってできる仕事は何かと考えた末、新しいことに挑戦する意味も込めて出した答えが農業だったのです。帰郷してまず普通免許を取得し、それから就職活動をスタートさせました。

現在担当している内容

 当ファームでは、人参、じゃがいも、かぼちゃ、かぶ、さつまいもといった野菜を育てており、キャベツやたまねぎなどはスギヨの練り製品の原料として使われます。私は、春から夏までは主に育苗を担当。畑では2人いるリーダーの1人として種まきや肥料設計、収穫といった栽培管理を行っています。育苗を担当したのは今年が初めてだったのですが、形の揃い方や収量は苗次第ということを痛感。均一な苗を作れるようになることが今の課題です。

将来の目指している農業

 栽培技術を向上しながら、収量アップを図りたい。そして何よりおいしい野菜を作って、スギヨ本体やお客様から「ファームの野菜でないと」と言われるくらいの信頼を得ていきたいです。出荷期間中、常に質のいいものを安定して出荷できるようになれば、収益にも繋がります。そうすれば、未経験の私に農業という素晴らしいチャンスをくれたファームやスギヨに少しは恩返しができるのかなと思っています。

 農業は体力的な厳しさがよく取り上げられます。確かにきついですが、学生の頃からずっと体育が苦手だった私ができるのですから、あまり深刻に考えすぎることはないと思います。作物が育って頑張った結果を手に取れるという農業でしか味わうことができない喜びをぜひみなさんにも味わってほしいです。

胸を張って出荷できるもの育てたい

 Uターン後の仕事に経験のない農業を選んだのは、今後も必要とされる職業だと考えたから。未経験のうえ事務職からの転職だったので、慣れるまでには時間がかかりましたが、研修のスタートが4月からで少しずつ体を慣らしながらできたのがよかったと思います。覚悟はしていましたが、やはり夏のきつさは想像以上。炎天下のキャベツ畑は暑さと湿気との戦いでしたが、熱中症にならないようにと気を配ってくれた周囲の方々のおかげでなんとか乗り切ることができました。とはいえ、研修中は週1回いしかわ耕稼塾で講義を受けさせてもらい、そこで学んだことを畑で生かし、畑での疑問を講義で質問するという勉強ができたので、私にとってはとても充実した時間でした。
 スギヨという"お得意様"があり、規格外の野菜でも引き取ってもらえるという点ではまだまだ助けてもらっていることが多く、品質と収量の向上は急務だと感じています。農業は大変だけれど毎日学ぶことや発見がありとても楽しい仕事。家族や大切な人に安心して食べさせられる野菜作りをこれからも続けていきたいです。

研修内容・改善点・事業の成果・今後の方針など

 研修用の作業というものは特にはなく、他のスタッフと一緒に畑に出てもらいました。必ず行ったのは、特別難しい作業でなくても、最初は必ず手順と何のためにするのかを説明するようにしたことくらい。未経験ということで体力がもつか心配していましたが、自分なりのアイディアを出すなど前向きに頑張ってくれていました。定性的な報告が多い中、仕事を進めながら上げてくれた定量的な報告は、売る側、使う側それぞれにとても有益な情報で、連携が取りやすくなりました。畑も当初の20haから現在26haになり、規模拡大にも貢献してくれたと思います。

研修中の教育方針、方法、工夫など

 人を見てその人にできる仕事、合う仕事を割り振るようにしています。幸い当園には十分な数のスタッフがいるので、それができるのかもしれません。研修生にはいろいろなタイプの人がいます。せっかく縁あって来てくれたのですから、ただ毎日作業をして疲れて終わりという形にはしたくない。最低限のことは学べる場所でありたいと思っています。
 当園はスギヨという本体があり、育てた野菜が商品になるところまで見ることができるので、やりがいを持って仕事ができる環境です。

研修生へのエール

 今村さんは自分で勉強して吸収できる人だと思います。引き続き力を発揮してもらい、ゆくゆくは栽培の責任者になってくれたらと願っています。

株式会社 スギヨファーム
◆代表者名/杉野 哲也
◆連絡先/七尾市府中町員外11番2の2
◆経営概要/キャベツ8ha、じゃがいも1.5ha、たまねぎ2ha、にんじん2haなど
 

 

今村 仁志((株)スギヨファーム:七尾市)【PDF:1436KB】

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ