能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へ農業で活躍している人たち輝け!新農業人宝達志水を全国有数のトマト産地に!地域活性にも貢献したい 畠中 勉((有)西村農園:金沢市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

宝達志水を全国有数のトマト産地に!地域活性にも貢献したい 畠中 勉((有)西村農園:金沢市)

就農しようと考えた理由

 宝達志水町という自然の多い町で生まれ育ったからか、高校生の頃から漠然と環境を壊さない仕事をしたいと思っていました。農業系の短大に進み2年間勉強。しかし、農業関連の仕事は求人が少なく、焦りもありまったく違う業種に就職しました。5年たって、仕事について改めて考えた時、「原点に戻って農業をしたい」という想いが再燃。たまたま案内が届いていた(財)いしかわ農業人材機構主催の合同就業面談会に参加し、(有)西村農園での研修を決めました。加賀野菜の一つであるさつまいもやすいかなどを作っており、特徴的な作物と多品種の栽培を経験できることが決め手でした。

現在担当している内容

 1年間の研修の後、(財)いしかわ農業人材機構の紹介を経て、金沢市で中古車両や中古部品の輸出などを行っている会宝産業(株)の企業農園に就職。農園は宝達志水町にあり、廃油をボイラーに再利用する5棟のハウスでアイコなど3種のトマト栽培を行っています。担当しているのは、種まきから収穫、出荷、撤去など栽培管理全般。天気予報は欠かさずチェックするようになりましたし、仕事が終わって自宅にいても風が出てくれば気になって農園まで駆けつけることもあります。

将来の目指している農業

 「定年に関係なく働く場を提供する」というのが、カイホウ農園が目指すところの一つ。農業はこれからの日本にとって大切な産業。だからこそ私も一生ここで農業をしたいと思っています。そのためにはまず規模拡大。この農園で質の良い作物を安定的に作れるようになること、販路拡大をすることが目下の課題です。ゆくゆくは、宝達志水町を愛知県や熊本県と肩を並べるくらいの有名なトマト産地にしたい。そうすれば、地域も活性化し企業が新規就農する際のビジネスモデルも確立できるはずです。

 楽してたくさんお金を稼ぎたいという人には向かない仕事。ただ、興味がある人には、面白い仕事だよと伝えたいです。手をかければかけるほどいいものができるので、自分がやってきたことや頑張りの結果が見える。それがまた気持ちを高めてくれやりがいに繋がります。「育てる」って本当に奥深いです。

研修で知った農業の奥深さと楽しさ

 (有)西村農園で学んだ1年間はとても貴重な時間でした。短大は2年間という限られた時間しかなく、かいつまんだ勉強しかできなかったため、どんな作業も初めての体験。毎日畑に出て、少しずつ大きくなっていく作物を見たり、収穫の喜びを味わったり。お手伝い程度のことしかできませんでしたが、とても充実していました。覚悟のうえで入ったとはいえ、農業のきつさや大変さも改めて認識。いろいろな経験をさせてもらったうえで決心できたから、一生したいと思える農業という仕事に就くことができたのだと思います。
 独立して農業を始めるという方法もありますが、私には今の企業農園というスタイルが合っているようです。資材調達や販路の確保・拡大などは農業を続けるうえで不可欠なことですが、一人でやろうとするとどうしても負担が大きくなってしまいます。その点、企業ならある程度の資本と人脈があるので有利。そして何より、さまざまな経験や考えを持った人が集まり、協力しながら仕事ができることが魅力です。

研修内容・改善点・事業の成果・今後の方針など

 研修といっても定期的にいしかわ耕稼塾で講義を受けてもらうくらいで、あとは現場での単純作業が主でした。雇用事業を活用したのは、父や母が年齢を重ね人材確保について考えなければいけない時期に差し掛かっていたから。1人従業員が増えることで何ができるのかという可能性を探る一方で、何が足りないのかを知り準備を進めるきっかけになればと考えたのです。残念ながら継続雇用はできませんでしたが、人を育てること、通年の仕事を確保することの難しさを痛感。近い将来に向けてのシミュレーションができ良い勉強になりました。

研修中の教育方針、方法、工夫など

 人それぞれ考えがあり、できることが違うという想いからあえて細かい指示は出さず、ポイントを的確に伝えあとは自分の意思で動いてもらいました。畠中さんと年齢が近く、10年以上のキャリアを持つスタッフと一緒に動いてもらったことも質問や相談がしやすく良かったようです。ベテランばかりの職場に何も分からないまま一人で入ってきて不安もあったと思いますが、よくやってくれたと思います。白かった肌が1年の終わりには真っ黒になっていましたね。1年では農業の技術的なことは学べなかったでしょうが、作物を育てて収穫する喜びを知り、面白いと思ってくれたならうれしいです。

研修生へのエール

 どんな仕事も同じだと思いますが、特に農業は"自分次第"。気を抜かず、頑張ってください。これから積み重ねていく農業人としてのキャリアの中で、(有)西村農園での経験が少しでも役に立てば光栄です。

有限会社 西村農園
◆代表者名/西村 浩一
◆連絡先/金沢市粟崎町ホ110-1
◆経営概要/さつまいも300a、小玉すいか150a、大根100a、ハウス葉ボタン1a
 

 

畠中 勉((有)西村農園:金沢市)【PDF:1452KB】

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ