能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へ農業で活躍している人たち輝け!新農業人商品規格に合ったおいしい野菜をたくさん出荷して黒字化を目指す 西田 正人((株)四十萬谷本舗:金沢市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品規格に合ったおいしい野菜をたくさん出荷して黒字化を目指す 西田 正人((株)四十萬谷本舗:金沢市)

就農しようと考えた理由

 「自分にもできるかな」という軽い気持ちで始めた前職の花苗生産で、ものを育てる楽しさを知りました。会社都合で退職することになった時も、引き続き農業関係で働きたいと思い業種を絞ってハローワークで探したところ、(株)四十萬谷本舗を発見。忙しい時期だけの短期アルバイトではなく通年の募集だったことと、雇用事業を活用して1年間研修が受けられると知り迷わず応募しました。

現在担当している内容

 5年前に新設された農事部で栽培を担当。(株)四十萬谷本舗で販売する漬物やかぶら寿しの材料になるきゅうりやなす、かぶらなどを作っています。現場を任されているのは私一人なので、経験がないなりにも上司や契約農家の方々に教えてもらい試行錯誤しながら栽培しています。加工部門がある企業の農事部なので、作物は商品にすることが前提。畑での作業がない冬は、工場でかぶら寿し作りを手伝っています。作物が商品になるところを見ることも勉強です。

将来の目指している農業

 収穫が少なかったり、たくさん収穫できたのに規格に満たないものが多かったり。加工工場からオーダーされた量の野菜を納められず、なかなか思うように売り上げに結びつけられていないのが現状。来年度は水やりや病気の予防と対処といった管理面を強化して収穫量を増やし、少しでも農事部門を黒字化の方向に持っていきたいです。またきゅうりやなすなど同時期にたくさんとれる品目については、加工工場以外への販売も行って少しでも売上アップを図ります。

 夏の暑さや冬の寒さなど、季節や天候に影響されるという点で農業は体力的にきつい仕事です。でも、作物が実って収穫する時の喜びや達成感は他の仕事では味わえないもの。最初は厳しいと感じることもあるでしょうが、諦めずに続けてください。その先にきっとやりがいが見えてくるはずです。

いつか、最高級品専用のかぶらを

 今年で3年目になりますがまだ収量が少なく、加工工場からのオーダーに応えきれていません。野菜は商品作りの要なので、責任の重さを日々感じています。冬の加工工場での仕事は、契約農家のかぶらを見ることができるのでとても勉強になります。肌がきれいで傷一つなく形が揃ったものは作り方が気になって、生産者を訪ねて教えを乞うことも。これまでのトライ&エラーの経験から問題点はなんとなく見えてきたので、来年度はそれを一つひとつ解決してより規格に合った野菜をたくさん収穫できるようにしていきたいです。
 畑ではいつも、実った作物が商品になるのかを気に留めながら作業をしています。理想的な形の野菜が鈴なりに実を付けている光景を見る時と収穫の時が一番うれしい。気分爽快とはまさにこのことです。
 当社には厳選素材を使った「匠のかぶら寿し」という商品があるのですが、これには名人級の農家のかぶらしか使いません。肌、形、味すべての最高級のかぶら。いつか私も作りたいです。
 研修生としての1年間でトラクター免許を取得したり、いろいろな畑を見学したり、農業をするための最低限の準備ができました。当社とは長いお付き合いのベテラン農家の方々にもたくさん教えていただきました。この恵まれた環境を生かし、今後も交流を深めながら、野菜作りに取り組んでいくつもりです。

研修内容・改善点・事業の成果・今後の方針など

 お客様に安心・安全な商品をお届けしたいと農事部を立ち上げました。これまで当社を支えてくれた契約農家の平均年齢が70歳を超え、後継者もいないことへの危機感から、現役のうちにアドバイスを受けながら自社で野菜作りができないかと考えたのも理由の一つです。西田さんは野菜栽培の経験はありませんでしたが、土作りから取り組みたいという気持ちを持っている人だったので採用しました。ゆくゆくはファームの責任者として採算面も含めて農事部の舵取りをお願いしたいと考えています。

研修中の教育方針、方法、工夫など

 当社にとっても野菜作りは初めてのことなので、技術面の研修は(財)いしかわ農業人材機構をはじめ県や市の講習などを活用。西田さんはまじめにコツコツ仕事ができる人なので、あとは自主性に任せました。畑以外の面では作業の合間に契約農家を訪ねたり、畑を見に行ったりする時間をとって先輩方と交流を深め、これから何かあった時に相談できる環境作りを行いました。

研修生へのエール

 地道に仕事に打ち込む姿勢がとても素晴らしい。かぶらも年々質、収量ともに向上しています。これからはリーダーになるべく自ら農園の外に出てコミュニケーションを取り情報を持ち帰る積極性も必要。当社の商品の未来は西田さんにかかっているといっても過言ではありません。大いに期待しています。

株式会社 四十萬谷本舗
◆代表者名/四十万谷 正久
◆連絡先/金沢市弥生1丁目17-28
◆経営概要/きゅうり・なす10a、かぶら45aなど
 

 

西田 正人((株)四十萬谷本舗:金沢市)【PDF:1512KB】

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ