能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へ農業で活躍している人たち輝け!新農業人自慢の商品をもっと多くの人に知ってもらい会社発展に繋げたい 安達 大((株)ぶった農産:野々市市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

自慢の商品をもっと多くの人に知ってもらい会社発展に繋げたい 安達 大((株)ぶった農産:野々市市)

就農しようと考えた理由

 自分が作ったものを食べて暮らすスローライフに憧れ、農業系の専門学校に進学。専門課程ではいくつかのコースの中から実習が充実していた畜産を専攻しました。(株)ぶった農産を知ったのは、就職活動中に見たテレビ。私の実家は非農家で後を継ぐ必要がなかったため、全国のさまざまな企業に目を向けていた矢先のことでした。これからは作物を作るだけの農家は生き残れないと感じていたので、(株)ぶった農産が作物を漬物など付加価値の高い商品に変えて販売する流れができていることに感動。次の日には社長宛てに手紙を添えて履歴書を郵送しました。

現在担当している内容

 1年目は生産部で水稲とカブ、大根などの栽培を担当。2年目から販売事業部に移籍し、営業や商品管理を行っています。販売事業部には先輩社員が退社するタイミングで所属になったので頼れる人もなく、営業の経験ゼロから手探り状態でスタート。企業に対するセールスや催事、在庫管理と不慣れながらも自分らしく体当たりでやってきました。4年目の今、やっと少し余裕ができ、お客様の後を追うのではなく先回りして仕事ができるようになった気がしています。

将来の目指している農業

 当社の商品はどれも付加価値の高いものだと自信を持っています。これからは、(株)ぶった農産の商品を一人でも多くの人に知ってもらい、ファンを増やすことに力を入れていきたいです。これから先、生産者や販売者など今と立場が変わることがあっても、価値のある商品に目を向け、強い信念を持って自分らしく農業と関わっていたいと考えています。

 自然相手の仕事は楽ではありません。逃げ出したいと思うこともあるでしょう。しかし、そこであきらめたらいいものは作れません。作物ができた時の喜び、自分が育てたものが加工品になって評価された時のうれしさは農業でしか味わえないものだと思います。

畑での経験がすべての基本

 販売事業部に移った今も、田植えや収穫などの繁忙期にはスーツから作業着に着替えて畑に出ます。現場での仕事はとても好きで、今でも手伝えることがあれば何でもしたいと思っています。
 分からないことだらけで農作業と加工場の手伝いに追われた1年目。冬の曇り空からあられが降る中、広くて寒い畑で一人カブを収穫していた時、「俺は何をやっているんだろう」と落ち込んだことがありました。入社前に何があっても3年は頑張ろうと決めていたので何とか耐えることができましたが、最初の誓いがなかったら農業をあきらめていたかもしれません。しかし、商品を販売する立場になって思うのは、畑に専念したあの1年間があるから今があるということ。お客様に商品の説明をする時、単に「おいしい」ではなくどこでどんな風に育ち、どのような加工をしているのかを実体験としてきちんと説明することができます。また、現場の苦労が分かるから商品への愛着がわき、作ってくれる人に感謝もできます。作物だけでなく私も畑に育ててもらったのでしょうね。

研修内容・改善点・事業の成果・今後の方針など

 研修期間中は生産部で稲作と加工品に使用するカブや大根作りを行ってもらいました。労働力としての一人ではなく、"安達大"という個性と巡り合い、会社にいてくれることが今事業の成果。社員は家族や子供と同じだと思い、責任を持って育てるのが当社の考え方です。地域の担い手として今後さらに会社が成長していくためにも、そして日本の農業ためにも必要な人材だと考えています。

研修中の教育方針、方法、工夫など

 1年目はあまり声をかけず細かい指示も出さなかったので、本人にとってはつらい時期だっただろうと思います。放任主義ともいえますが、実は初めての環境や仕事の中でどう動き壁を乗り越えていくのか、安達さんの持っている力を見ていました。それは、会社にいてもしっかりと自分を持った人になってもらいたいという願いがあってのこと。仕事は個性と役割のかけ算です。その個性を引き出すのは経営者の役目。人から命令されないと動けないような社員を作らないためにあえて指示を出して作り込むようなことはせず、時間をかけて育てるようにしています。

研修生へのエール

 入社して4年目。そろそろ「農業をやりたい」というところからステップアップして、「自分がリーダーになって次の時代を牽引していく」という気持ちを持つ時期に来ているように感じます。農業従事者から農業管理者へ。さらなる飛躍に期待します。

株式会社 ぶった農産
◆代表者名/佛田 利弘
◆連絡先/野々市市上林2丁目162番地1
◆経営概要/水稲28ha、なす5a、きゅうり3a、カブ50a、大根3a
 

 

安達 大((株)ぶった農産:野々市市)【PDF:1488KB】

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ