能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へ農業で活躍している人たち輝け!新農業人みんなで力を合わせて安井ファームを大きくしたい 畑中 健太郎((有)安井ファーム:白山市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなで力を合わせて安井ファームを大きくしたい 畑中 健太郎((有)安井ファーム:白山市)

就農しようと考えた理由

 農業を職業として考えたことは一度もなく、以前は派遣社員として主に製造業に従事していました。初めて畑に入ったのは、景気が悪化し仕事が減り、知人の紹介で(有)安井ファームにアルバイトに来た時。収穫したブロッコリーを食べてみてそのおいしさに衝撃を受け、次第に農業に興味を持ちました。食べるものを作るという仕事は、誰からも必要とされるだけに今後さらに伸びて行く職業だろうと感じたことも就農を決めた大きな理由です。

現在担当している内容

 入社して3年目。今は畑での作業全般に加え、ブロッコリーの品質をチェックする選果係と注文に応じて収穫や在庫の量を調整する出荷係も担当しています。悪天候や寒い日が続くとうまく作物が育たないこともあり、安定して注文に対応するのが難しいところ。市場の人や畑で収穫作業をしてくれる人、いろいろな立場の人とコミュニケーションを取る必要があるので、常に笑顔で接するように心がけています。

将来の目指している農業

 出荷・選果というこれまで社長が行っていた畑以外の仕事も手伝えるようになったので、まずは注文受けから出荷数や価格の決定まですべて一人で責任を持ってできるようになりたいです。社長の仕事分担が減れば、その分販路拡大などに時間を割くことができ、出荷時期や農薬、堆肥を工夫した付加価値の高い作物を育てることも考えられます。いいものを作って、(有)安井ファームを大きくすることが目標です。

 天候や気温など条件によって毎日作業が違います。1年に1回しか作物を育てることができないので、勉強できるのも1年に1回。どんな作業でも考えながら進めないと何も身に付きません。どれだけやっても完璧がなく、正解も終わりもない。でもそこが農業のやりがいでもあります。

自分に適した職業に出合えた

 田んぼや畑に囲まれて育ったのに農業や食について深く考えたことはなく、実は野菜もあまり好きではありませんでした。(有)安井ファームで働くようになって、採れたてのブロッコリーをもらって食べてみたところ、初めてのおいしさにびっくり!そこで初めて収穫した作物が小売店の店頭に並ぶまでの流通の仕組みを教えてもらい、鮮度や価格の違いが生まれることを知りました。このような体験は一つや二つではなく、覚えることもたくさんありましたが、未知の世界だったから興味を持って取り組めたのだと思います。農業は種が芽を出したところから、食べる人に届けるまでを見ることができるのもおもしろいところ。私の子どもの好物はブロッコリー。自分が作ったものを家族が喜んで食べてくれると本当にうれしいです。
 現在野菜を担当している社員は3人。皆同じ年齢なので、話がしやすくいいものを育てて農園を大きくしようという共通の想いを持っているのでとても仕事がしやすいです。
 農業は単純作業も多く根気強さが必要。少し作物に触ったくらいでは何も分かりません。作物は1年に1度しか作れないので、繁忙期だけ短期で働くのではなく1年間通して研修できたことはとても貴重な経験になりました。偶然のような出合いで始めた農業ですが、体を動かし頭で考えながら仕事を進めるところがこれまで経験したどんな仕事よりも自分に合っていると感じています。

研修内容・改善点・事業の成果・今後の方針など

 最初から、将来会社の中枢を担う社員にという気持ちで育成にあたりました。畑で補助的作業をメインに鍬の使い方といった基本中の基本から指導。経験豊富なパートさんにも先生になってもらいました。少しずつ作業を任せられることが増えたおかげでブロッコリーの畑を毎年面積を拡大することができ、それに伴い売り上げも伸びました。米とブロッコリーという農園の主力作物に続く新たな作物をさらに増やすための試験栽培も始めています。

研修中の教育方針、方法、工夫など

 少しずつでも常に成長できるよう、その時々のレベルに合った課題を与えるようにしました。目の前に目標があったほうが努力もしやすいと考えたからです。現在は選果と出荷を担当できるまでになっているので、今後は販売にも力を入れ、ゆくゆくは農園全体を見られるところまでレベルアップしてくれることを期待しています。

研修生へのエール

 当園を石川県の露地栽培農家として定着するために、生産部門の強化を図りたいと考えています。そのために米とブロッコリーに続く柱となる作物を増やし、その一つについて栽培から販売まですべてを任せられるようになって欲しい。これからも1年1年を大切に学んでいけば畑中さんならきっとできると信じています。

有限会社 安井ファーム
◆代表者名/安井 善成
◆連絡先/白山市七郎町15番地
◆経営概要/水稲30ha、大豆10ha、ブロッコリー50ha、ネギ30a、キャベツ2ha
 

 

畑中 健太郎((有)安井ファーム:白山市)【PDF:1847KB】

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ