能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へ農業で活躍している人たち輝け!新農業人"研修"があったから未経験でも挑戦できた。そして、続けたい仕事に出合った 本殿 政彦((農)北辰農産:白山市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

"研修"があったから未経験でも挑戦できた。そして、続けたい仕事に出合った 本殿 政彦((農)北辰農産:白山市)

就農しようと考えた理由

 「これから若い力が必要とされる」、「長く続けられる」。これらを条件に仕事を探していた時、農業が浮かびました。ハローワークで農業関連の仕事を探したところ、(農)北辰農産の募集を見つけました。1年間は研修生として受け入れてくれるということで、未経験でもやってみようという気持ちになったことと、期間は1年間で繁忙期だけの"お手伝い"的な存在ではなく農家の仕事を体験できることが応募の決め手でした。

現在担当している内容

 当社は地元畜産農家の牛ふんとモミガラを堆肥にした循環型の農業を行っています。除草剤は1回のみ。殺虫剤や化学肥料は使わないうえ田んぼの面積も広いので、堆肥を運んだり草を刈ったりという下仕事が多く、スタッフ総出で行っています。1年目は補助的な仕事がほとんど。2年目の今年からは田植え後の田んぼ約1.5haの水の管理を任されるようになりました。また作業の少ない冬季は米を洗ったり蒸したりして餅などの加工品作りを手伝っています。

将来の目指している農業

 まだまだ慣れない段階で、責任ある仕事を任せてもらうまでには達していないので、まずはできることを一つずつ増やしていきたいです。農業機械に乗れるようになれば作業の幅も広がるので、まずはトラクターの免許取得を考えています。最初はできるかどうか不安もありましたが、今はこれから先もずっと農業をしていこうと思っています。

 屋外での仕事が主なので、やはり体力は必要です。私は体を動かすのが好きで、今でも趣味でランニングをしているのですが、それでも真夏の暑さはこたえました。でも、つらいことばかりではありません。丹精込めて育てた作物が立派に実った光景や収穫の時の達成感は一瞬で苦労を忘れさせてくれます。

3年間は勉強。一歩ずつ成長したい

 雇用事業がなかったら、農業に挑戦する気持ちにはなれなかったかもしれません。「"研修"ならいろいろ教えてもらえるだろうから未経験でも大丈夫だろう」、「自分にできるかどうか一度やってみよう」そう思い(農)北辰農産に入社しました。
 正直、真夏の炎天下での作業など体力的に厳しいと感じたことはありました。でも何事も経験。3年間は頑張ろうと自分に言い聞かせて迎えた初めての収穫で、農業の楽しさややりがいを知り、ずっとこの仕事をしようと決めました。
 1年目は指示されたことをこなすのに精一杯でしたが、2年目になると「昨年は稲が倒れていたのに今年は違う」など自分なりに変化を感じたり理由を考えたりするようになってきました。今はまだ5年、10年先を考える余裕はありませんが、少しずつでも着実に仕事を覚えて、早く一人前になりたいです。

研修内容・改善点・事業の成果・今後の方針など

 春から研修をスタートし、育苗準備、苗を運ぶなど田植えの下作業、草刈り、収穫など一通りの田んぼ仕事を、体を動かしながら覚えてもらいました。当社は作付面積が広く、田植えや収穫の時は朝早くから夜遅くまで毎日休みなしで働きます。冬も年末は餅作りで大晦日までフル稼働。その代わり、時間がある時期に休みを取ったり早く終業したりして年間トータルで労働時間を調整するのですが、そういった事情を理解し文句も言わずまじめに仕事をしてくれたのでとても助かりました。ちょうど加工部門が軌道に乗ってきたところで、本格販売に向けての戦力になってくれました。

研修中の教育方針、方法、工夫など

 未経験者とのことでしたが、農作業にはいろいろな手順や方法があり、先入観がない方がすんなり当社のやり方を受け入れてもらえるのでその点については気になりませんでした。ただ、作業前には何をするのか注意点も含めて細かく説明。これまではベテラン揃いで必要なかった作業予定を口頭でしっかり確認することも、本殿さんのためにと始めてみると改めてその大切さに気付きました。当社は有機質肥料で作物を育てており、草刈りなどどうしても力仕事が多くなって大変なのですが、研修終了後も引き続き働きたいと言ってくれた時は本当にうれしかったです。

研修生へのエール

 農業の高齢化が進む中、私たちには地域の担い手という役割もあるので、一緒に頑張っていきましょう。何事もまじめにコツコツ取り組んでくれる本殿さん。会社の中だけに限らずもう少し積極性を持って自ら取り組む気持ちを持ってくれたら、もっと成長できると思います。

農事組合法人 北辰農産
◆代表者名/舘 喜洋
◆連絡先/白山市行町131
◆経営概要/水稲30ha、大麦5ha、大豆70a、露地野菜(キャベツ、ブロッコリーなど)30a、その他4ha
 

 

本殿 政彦((農)北辰農産:白山市)【PDF:1524KB】

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ