能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へ農業で活躍している人たち石川のがんばる農業人外の世界を見たあとで農業に専念 石川のホウレンソウのトップ農家に(有限会社 池口農園)
このエントリーをはてなブックマークに追加

外の世界を見たあとで農業に専念 石川のホウレンソウのトップ農家に(有限会社 池口農園)

ikeguchi_01.jpg

池口農園

代表: 池口 大樹

経営規模 ホウレンソウ(ハウス面積102a)、アスパラガス25a
所在地 輪島市町野町鈴屋コ-8-5

中山間地でのハウス栽培 品種が決まるまでの迷い道

 輪島市町野町の市街地から鈴屋川にそって上流へ8kmほど。細い林道を登った何もない山間地に、突然32棟ものハウス群が現れる。それがホウレンソウでは石川トップの『池口農園』だ。以前はここに家族が暮らす住まいもあったそうだが、いま自宅は町野町の市街地に構えている。
代表の池口 大樹さんは農業が嫌いではなかったものの、町野に生まれて町野に育ち、一度も外を見ないで農業ひと筋に一生をかけることに疑問を抱き、高校卒業後、農業は必ず継ぐという約束で4年間だけ金沢に出た。 これまでとは違う空気を存分に満喫し22歳で帰郷。親が続けてきた農業を手伝うと同時に、将来の生活を見据えて農業経営の勉強も始めた。
当時は、米、シイタケ、ホウレンソウ6棟の規模だったが、池口さんが農業に入ったことをきっかけに、周辺の農地を開墾。ハウスを増やしていった。
「当初はホウレンソウのほか、ミズナや大根菜も栽培していたが、種類が多いとロスが出やすくコスト高になりやすい。また、ミズナは袋詰めの選別がパートの方によってまちまちになり、思うように良い結果が出なかった。それに栽培しやすいミズナは単価もどんどん落ちてきた」。
それなら池口農園が得意とするハウス栽培のホウレンソウ1本に絞ろうと、3年前から本格的にシフトした。

ikeguchi_03.jpg

夏場でもホウレンソウを出荷できる池口農園の強み

 32棟のハウスは、冬は深い雪で覆われる標高約300m地点にある。 知らない方も多いと思うが、石川県内でホウレンソウを栽培する農家は意外に少ない。池口農園がホウレンソウ1本に的を絞ったのは、マーケットとしてそのすき間を狙ったものである。 夏場は特にホウレンソウの出荷が少なくなることに目をつけた。池口農園のハウスは、県の北に位置した中山間地。夏の気温はいくらか低く、盛夏でもホウレンソウが育つ条件が揃っていた。夏の強い直射日光は葉にダメージを与えるため、寒冷紗をかける手間があるものの、近くに池もあり水の確保もできる好立地だったこともある。
これまでの苦労といえば、ホウレンソウ農家が少ないため、栽培の相談先がなかったこと。それでも経験を繰り返すうちに自然と体で覚えていった。 ホウレンソウづくりは、水やりと土づくりが最も大切。収穫をすべて終えた12月、ワラやカヤなどを刻んだ有機物を土に入れて鋤き込む。ハウスのビニールもすべて外して一度自然に戻すことにしている。 そうすると冬の間に有機物や微生物が働き、土が回復してくれるのだ。

ikeguchi_04.jpg

安定したホウレンソウ収穫 次なる舞台はどこへ

 ホウレンソウの収穫期の朝は早い。早朝4時30分に自宅を出発。収穫は両親やパートのおばさんたちの仕事だが、池口さんはハウスに残り、水やりや種まきをする。32棟あるので1日1棟収穫のサイクルを計算し、1ヵ月でほぼひと回りする合理的さだ。 ハウスの周辺には民家もないため、日が沈むと作業は終了だ。「明るくなると家を出て、暗くなると自宅に帰る。昔の生活と同じだね」と笑う池口さん。そんな池口さんに、農業をしていて一番の思い出は?と尋ねてみた。「嫁さんが見つかったことですかね」と、ちょっと照れながら答えてくれた。県の「農業インターンシップ制度」の受入農家として、農業をめざす県外の若者を受け入れていた。その時、たまたま見学にきてくれたのがきっかけでお付き合いが始まり、ゴールインされたとか。農業を続けていたからこそ結ばれた縁なのだ。
人生の伴侶を得て、新たなことにチャレンジしたいと考えている池口さん。この山間地ではハウスが建つ土地はもうないため、昨年から自宅近くの平地でアスパラガスの栽培を開始した。今は露地物だが今年はハウスを1棟建てた。池口さんの次の舞台は、もう始まっている。

ikeguchi_06.jpg

池口農園(石川県輪島市)【PDF:918KB】

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ