能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へ農業で活躍している人たち石川のがんばる農業人「献穀田」に選ばれた誉れを胸に この地域の農業の未来を、家族で守る(有限会社 嵐農産)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「献穀田」に選ばれた誉れを胸に この地域の農業の未来を、家族で守る(有限会社 嵐農産)

arashi_01.jpg

有限会社 嵐農産

代表 : 嵐 俊樹

経営規模 水稲35ha、大麦13.5ha、大豆3.3ha
所在地 小松市河田町二199-4

地域農業と故郷を想い 50歳を過ぎて専業農家に

 「この辺りは土がいいし、水もいい。だから昔から、いい米が穫れる。すべては白山の恵み。ありがたいことだ」そう目を細める嵐 俊樹さん。豊かな水田が広がる小松市河田町で〝地域を支える米づくり〟を実践する嵐農産の代表である。白山水系の宮竹用水と鍋谷用水が注ぎ込み、稲作に適した粘土質の土に恵まれている県内有数の米どころ。嵐さんはこの地で代々農業を営む家に生まれ、50歳を過ぎてから水稲を軸に専業農家の道を選んだ。
 『天田餅』で知られるこの一帯は、古代より稲作が盛んに行なわれていた由緒ある地域。かの白河上皇に餅米を献上したという史実も、伝承されている。しかし近年は高齢化が進み、離農する人が増えてきた。一旦、田んぼが遊休地として放置されれば、再生させるのは大変な労力。また農家が減少すると、農業中心に古くから営まれてきた祭りや歳時など、故郷の伝統文化も衰退していく。このままで、いいのか。
 「よし、田んぼは俺が引き受けよう」平成6年、嵐さんは腹を括った。家具職人と農業の二足のわらじを履いていたが、故郷の農業を考え専業農家になる決意を固めたのだ。以来、請負の話は後を絶たない。平成18年には法人化し、特定農業法人の認定を受けた。
現在、嵐農産は町の水田面積の4割以上にあたる35haを耕作し、地区最大規模の営農を展開している。

arashi_02.jpg

田んぼも畦も大切な財産 いつも清潔に、美しく

 「ゴミひとつ落ちてない」そう驚かれるほど、嵐農産は掃除が行き届いている。奥さんの玲子さんが日に何度も掃除を徹底し、ほ場も畦も作業所も、周辺の道路でさえ美しいと評判だ。
そこには、ご夫妻の揺るぎない信念がある。地域の方々から預かった〝田んぼという財産を守っている〟農業人としての誇りと責任がある。
 「人様からお預かりしている大切な田んぼだからこそ、いつでも美しくがモットー。預けている方にも喜んで頂けるでしょうから」と笑顔のお二人。どんな事情で離農する方でも、田んぼを大切に思う気持ちに変わりはない。それが分かるから、丁寧に心をこめて耕作し、あぜ塗りも必ず毎年行なう。嵐農産に預ければ安心と、近隣農家からの信頼は年々高まっている。
 「農業は、地域の皆さんに喜んでもらえるのが一番」と口を揃える嵐さんご夫妻。小学校や保育園に餅米を提供して餅つきをし、小学生に米づくりを教える農業体験にも尽力している。
昨今では、地元の史実を掘り起こし、京都の白河天皇陵に『天田の餅米』を献上するなど、農業のリーダー役として地域活性にも意欲的だ。

arashi_03.jpg

「献穀田」に選ばれた この地の農業を未来へ

 「この上ない名誉だが、責任も重い」
平成21年、地域の農業を牽引する立場となった嵐農産は大役を仰せつかる。宮中新嘗祭『献穀田』に選ばれたのだ。優れた栽培技術、農業への真摯な姿勢、小学校の農業体験学習など、これまでの取り組みが認められた証でもあった。農業人としては名誉な話であり、地域としても大きな誉れだが、その分、責任の重さを感じていた。
 春の御田植式では紺の絣に赤いたすき姿の早乙女が、古式にのっとって田植えを行なった。秋の御抜穂式も農業関係者だけでなく、知事を始め多くの来賓で賑わいをみせた。
一連の儀式が滞りなく進み『献穀』が無事終了した時の安堵感と達成感。その感動は、いまも忘れていない。
 「この国に脈々と流れる、農業の歴史的な神事に参加できた経験は、農業人として大きな意味があった」以来、次の世代に農業を伝えるという役目を、より強く意識するようになった。
今日の嵐農産は、俊樹さんと奥さんの玲子さんが二人三脚で築いた地域農業の砦だ。後継者として長男の俊博さんが育っている。その次の世代のお孫さん達も農業に興味津々だ。
献穀者を務めた嵐さんの農業は、歴史を重ね、未来へと受け継がれてゆく。

arashi_04.jpg

有限会社 嵐農産(石川県小松市河田町)【PDF:1,213KB】

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ