能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へどんどん売ろう流通・販売について
このエントリーをはてなブックマークに追加

流通・販売について

 農産物の流通ルートは、おおむね「市場流通」と、卸売市場を通らない「市場外流通」とに分けられます。「市場流通」は卸売市場を経由するルートで、農産物の大部分はこちらのルートで消費者に届けられます。生産者はJAなどの出荷団体を通して卸売市場に出荷するか、もしくは自ら直接、卸売市場に出荷します。野菜・果物・鮮魚などの生鮮食料品を扱う卸売市場は、商品を適正価格で安定供給することや公正・迅速な取引の実現を目的に設置されており、卸売市場の中でも、農林水産大臣の許可を受けて地方公共団体が開設する拠点的な市場を「中央卸売市場」といいます。石川県では「金沢市中央卸売市場」がそれにあたります。

 一方、最近は卸売市場を通さない「市場外流通」も増えてきました。ネット販売や宅配便を利用した直接販売などがその例ですが、このところ特に注目を集めているのが「直売所」です。直売所では、生産者が何でも自由に好きな価格で売ることができます。これまでの流通規格からはずれた規格外品を出荷することもできますが、シーズンによって供給過剰になる場合もあります。

 いしかわ農業総合支援機構では、流通・販売の経験が浅い農業者や若手の指導者を対象に、「いしかわ耕稼塾 6次産業化研修」を開いています。「農産物を売るとはどういうことなのか」「どんな売り方があるのか」などを現場視察も交えて学習します。よりよいルートを開拓して、販売拡大に努めてください。

→いしかわ耕稼塾

直接ご相談になるときは

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ