能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へ生産力を高める環境保全型農業
このエントリーをはてなブックマークに追加

環境保全型農業

 農業は、洪水や土壌浸食の防止などの国土保全、水資源のかん養など公益的かつ多面的な機能を通じて、緑豊かな国土や環境の維持形成とその保全にも貢献してきました。ところが、一部における化学肥料や農薬の乱用によって、環境への悪影響を及ぼす場面も生じてきています。消費者の環境に対する関心や食品に対する安全・安心志向が高まる中で、自然をなるべく損なわず、農業が本来持っている循環機能を活かして行う「環境保全型農業」が、今注目を集めつつあります。
石川県では、環境保全型農業を「土づくりを行い、化学肥料・化学農薬を通常の栽培より減らして環境への負荷を軽減することにより、安心・安全な農産物を生産する持続的な農業」と定義しています。具体的には、無農薬・無化学肥料で行う「有機農業」や、通常農業よりも農薬や化学肥料を5割減らした「特別栽培」などを指します。環境保全のために農業者が最低限取り組むべき規範として農林水産省が定めた「環境と調和の取れた農業生産活動規範」を守っていないと、助成や補助事業などが受けられない場合もあります。石川県では、「エコ農業者認定制度」を作り、人と環境にやさしい農業者への支援を行うほか、「エコ農産物表示制度」や「有機農産物認定制度」などを通して環境保全型農業の浸透をめざしています。

直接ご相談になるときは

■もっと情報が欲しいときは

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ