能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へ経営発展のために多角化・6次産業化
このエントリーをはてなブックマークに追加

多角化・6次産業化

 最近、「6次産業」という言葉がよく使われています。第一次産業である農林水産業に、第二次産業(食品加工など)と第三次産業(流通・販売)が加わった状態、つまり農業経営などの多角化を、「1+2+3=6」にちなんで"6次産業化"と呼んでいるのです。

 石川県はもともと稲作が盛んで、米作りひとすじ農家の比重が他県に比べて多い地域でした。しかし、消費者ニーズが多様化し、食生活の欧米化が進んだことなどから、米の生産だけで安定した農業経営を維持することが困難になってきています。

 そこで、事業を多角化することで経営の安定をめざす「第6次産業」の取り組みに、熱い視線が注がれているのです。生産物をそのまま原材料として出荷するよりも、加工したり、販売や流通も手がけるなどすれば、そこに付加価値が生まれ、加工賃や流通マージンも獲得できて収入が増加します。

 実際に農業法人では、半数近くが関連事業を行っているようです。農業が第一次産業の枠を超えて多角経営を行う場合は、食品製造業や観光業などとの異業種連携が大変重要になりますし、マーケットニーズの把握やITの活用なども必須要件です。

 直売所や農家レストランの経営、作物のブランド化、消費者への直接販売などをきっかけに元気になった農業者の例を、あなたも最近よく目にしているのではないでしょうか。

 多角化によって経営を発展させたいとお考えなら、いしかわ農業総合支援機構にご相談ください。個別のご相談はもとより、「いしかわ耕稼塾」で経営多角化のための特別研修を行っています。

●いしかわ耕稼塾

「経営革新スキルアップコース」 、「6次産業化研修」ほか

■もっと情報が欲しいときは

 

直接ご相談になるときは

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ