能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業をもっと頑張りたい方へ経営基盤を強化する認定農業者になる
このエントリーをはてなブックマークに追加

認定農業者になる

 後継者不足の農業では、意欲も実力もある担い手の育成が渇望されています。「認定農業者」制度は、農業者の経営基盤の支援を通じて頼もしい担い手を育てよう、そして農業者のみなさんの生活もレベルアップさせようという制度です。やる気いっぱいの農業者のみなさん、ぜひ「認定農業者」になりましょう。

1)認定農業者とは

 強くて元気な農業者を育てるために、国や県は今、支援を重点的に行っています。その一つが、認定農業者制度です。対象は、経営を改善してもっとパワフルな農業をしたいという意欲ある農業者(農業経営者や農業法人など)。認定を受けたい方は、経営改善のためのプランを作って市町村に提出します。それが認定されると、経営指導や農地の利用、融資などさまざまな支援を受けることができます。

2)認定農業者になるには

 認定農業者になるためには、農業者は下記の内容を記載した「農業経営改善計画書」(5年後の農業経営の目標)を市町村に提出しなければなりませんが、計画書の作成はそれほど難しいものではありませんし、市町、JAなどの各支援機関が作成のお手伝いをしています。

<計画書に記載する目標>

  1. 経営規模の拡大に関する目標(作付面積、飼養頭数、作業受託面積)
  2. 生産方式の合理化の目標(機械・施設の導入、ほ場の連担化、新技術の導入など)
  3. 経営管理の合理化の目標(複式簿記での記帳など)
  4. 農業従事の態様等に関する改善の目標(休日制の導入など)

 一方、市町村から認定を受けるためには下記1~3の要件を満たす必要がありますが、この制度は将来性や意欲も重視されていますので、現在の経営規模などに関わらず、専業農家でも兼業農家でも申請できます。

<要件>

  1. 計画が市町村基本構想に照らし適切なものであること
  2. 計画が農用地の効率的かつ総合的な利用を図るために適切なものであること
  3. 計画の達成される見込みが確実であること

3)認定農業者のメリット

 認定農業者になると国から重点的な支援が受けられます。各制度には一定の要件がありますが、それを満たせば大きなメリットが得られます。多様な支援策が揃っており、主なものは次のとおりです。
 

<メリット>

①農地の確保

 優先的に農地を借りたり買ったりできます。
 

②資金の融資

 「スーパーL」「スーパーS」をはじめ、さまざまな制度融資を利用することができます。
 

③税制の優遇

 青色申告をしている方が一定規模の事業拡大を行った場合、割増償却制度により、期間限定で所得税・法人税が軽減されます。
 

④農業者年金の助成

 国庫から年金保険料の助成があります。

 

直接ご相談になるときは

■もっと情報が欲しいときは

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ