能登山菜のページへ 6次産業化のページへ

HOME農業を始めてみたい方へ就農Q&A農業法人に関する質問

就農Q&A

農業法人に関する質問

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q 農業法人で働く場合、どうやって法人を選べばいいですか?

A いずれは自立経営したいけれどまだ準備不足な方や、農業はしたいけれど自立経営を望んでいない方には、農業法人で働くことをおすすめします。農業法人に関する情報はいしかわ農業総合支援機構で得られますし、インターネットの求人情報などでも入手できます。また、農業法人が参加する就農説明会に出席して、経営者や従業員から直接話を聞いてみることも大切です。

→もっと詳しく知りたい方は「農業法人で働くには」へ

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q 農業法人で働くのに技術はどのぐらい必要ですか?

A 農業法人で仕事をしながら学ぶことももちろん可能ですが、できれば就職前にある程度、技術や知識を習得しておいた方がいいでしょう。就農前に農業法人で研修したり、県や市町の研修を受けたり、農業のアルバイトや知り合いの農家の手伝いなど、実際に農業を実体験する機会をたくさん持つことをお勧めします。また、わからないことは積極的に聞くことも技術習得の早道です。いしかわ農業総合支援機構が運営する「いしかわ耕稼塾」ではレベルに応じた研修指導を行っていますのでご利用ください。

→もっと詳しく知りたい方は「いしかわ耕稼塾」へ

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q 農業法人で自分のやりたい農業ができますか?

A 農業法人に就職したら、その法人の経営方針に従って働くことが原則です。就職後に後悔することのないよう、就職前に就職希望先の経営方針や経営状況などをきちんと調べ、自分が働いて満足できるところかどうかをよく考えましょう。経営者と直接会ってみることも大切です。農業法人内で信頼されるような存在になれれば、自分の考えを経営に反映させることも可能かもしれません。
 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q 農業法人で働きながら自立経営をめざすことはできますか?

A 農業法人は、将来自立をめざす新規就農者の第一ステップとしての役割も担っています。自立して農業経営を行うには、農地や農業機械、農業施設などを用意しなければならず、まとまった資金が必要になります。そこで比較的実現しやすい方法として、農業法人で働きながら農業経営に必要な技術・知識を身につけ、資金を用意するという道があります。独立の際は、農業法人で雇用されていた方も就農支援資金を利用することができます。

→もっと詳しく知りたい方は「農業法人で働くには」へ

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q 農業法人で給料はどのぐらいもらえますか?

A 農業法人の給料は、地元の役所やJAなどの給与水準を参考にして決められることが多いようです。全国新規就農相談センターの経営者アンケートによると、初任給が高卒で月14.5万円、大卒で17.3万円となっています。会社の経営状況によって差があり、全体的には全産業の平均よりやや低いといえるでしょう(全職種平均初任給:高卒15.6万円 大卒19.6万円)。低いからといって悲観することはありません。農業は、経営者の努力と工夫次第で儲かるビジネスだということを忘れないでください。
 

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q 農業法人で困ったことが起きたらどうすればいいですか?

A 困ったことが起こったら自分だけで抱え込まず、上司、同僚、家族、友人、知り合いの農家など必ず誰かに相談しましょう。就職した当初は、農作業や栽培技術などわからないことが多いのは当たり前です。また、就職前に漠然と抱いていた農業へのあこがれと現実とのギャップに悩むこともよくあります。決して一人で悩まず、すぐ誰かに相談することが大切です。農業法人で相談しにくい場合は、いしかわ農業総合支援機構や農林総合事務所などに相談してみましょう。
 

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ