能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を始めてみたい方へ就農してからのこと加賀藩は百万石、俺は一万石を目指す(和多 真智)
このエントリーをはてなブックマークに追加

加賀藩は百万石、俺は一万石を目指す(和多 真智)

和多真智写真

和多 真智(わだ まさと)

Profile

石川県能美市山田町生まれ
幼少の頃から父の農業を手伝う一方、中、高校ではバスケットに熱中
発想の豊かさや幅広い見識を求めてあえて農業関係以外の理科系大学で経営工学を学ぶ
卒業と同時に実家の(農)和多農産に就職。同年アグリ塾体験コース受講
現在は(農)和多農産の常務理事
平成19年から小松能美地区農業青年グループの会長として活躍

(農)和多農産の経営概要  水稲60ha、大麦10ha、大豆10ha

就農のきっかけから就農まで

 小学生のとき、学校から帰ってから親の手伝いをしていたが、中学、高校は部活動で手伝いができなかった。
 最初のきっかけは、高校時代に親父から我が家の経営内容を教えてもらったとき。電卓で収益や経費の額を示しながら、「農業もやり方次第で大きな夢を持てるぞ」という話を聞いた。そういう話の中で当時は「漠然とした感じで農業をしよう」と思っていた。
 その後、東京で暮らしていたときに、実家から送られてきた米を食べて、その美味しさに感動し、米作りをやろうと強く決心した。
 在京時代は、これからの人生に必要な見識と生涯の伴侶の獲得に努めた。学生結婚し、愛する嫁さんには田舎で農業をやろうと正直(?)に話し、了解を得た。
 大学卒業後アグリ塾を受講したとき、技術だけでなくアグリ塾の同期である小松市の阿戸さん、新田さん、田淵さんと出会ってその後の農業青年グループにつながる仲間づくりができた。
 実家では、2世帯で暮らせるよう住宅をリフォームするなど、受け入れの支援をしてくれた。そんなことから就農に対する苦労と言えるものはなかったと思う。

就農してから現在まで

 就農当初、米づくりは「仏草」と言われるように、隣の真似をしていれば誰でも出来ると思っていた。
 当時我が家では規模拡大が必要で、その手段として直播栽培が将来役立つと考えていたため、親父にやりたいと相談したら、18haの水田を提供してくれた。しかし、水管理や除草剤の使い方が未熟であったため、3haが発芽しないという惨めな結果を味わった。試行錯誤を繰り返し、今では出芽苗立も安定し、20haまでの面積拡大は容易となった。
 生産物の販売では、バイヤーを通じて顧客の声を聞き、消費者が求める品種の作付け、エコ農業に取り組むなど米づくりに反映させている。
 最近では販売管理にも関わるようになり、顧客やバイヤーとの会話などを通じて今後の和多農産の方針を示唆する情報を収集することに努めている。
 「和多農産のお米は美味しい」と言われることが一番うれしく、これからも米作りを続けていこうという気持ちになる。

将来はこんな農業をめざします!

 安全で美味しい米を提供、地域の宝(農地)を守る。

今後就農をめざす人へ

 いきなり自営に挑戦するよりもしっかりした法人で技術や経営を学んでから自立したほうがいいと思う。その中で2~3年かけて作業を進めながら技術を習得してほしい。
 また初心を忘れず、目先のお金や些細なことにとらわれず農業で生きてゆくといく夢を持ち続けることも大事だと思う。

農林総合事務所所長よりひとこと

 和多君は、両親が大規模稲作経営者で、親の姿を見て育ち、早くから農業で生きていく決意を固めていたという話を聞き、大変頼もしく感じました。
 また、見上げるような大男でありながら優しい気持ちの持ち主で、大地を愛し、地域を愛し、農業に夢を託している好青年でありました。
 地域農業のリーダーとして一万石の経営目指して頑張れ!

中山農林総合事務所長

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ