能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を始めてみたい方へ就農してからのこと人との結びつきを重視した水田経営を目指して(向瀬 正芳)
このエントリーをはてなブックマークに追加

人との結びつきを重視した水田経営を目指して(向瀬 正芳)

向瀬正芳写真

向瀬 正芳 (むこせ まさよし)

Profile

石川県羽咋市生まれ
専門学校(非農業系)卒業後、金沢の民間会社に就職
平成13年、結婚後に妻の実家の羽咋市で就農
就農時から羽咋郡市農業青年青雲会に加入し、会長等の役職を歴任し、現在は監事に就任
現在は、消費者に安全・安心の作物を作るため農業を勉強しています

<栽培品目>
 水稲20ha

就農のきっかけから就農まで

 専門学校卒業当時は実家が兼業農家であったため、農業に興味はあったものの、就農までは考えておらず、漠然と測量関係の会社に就職しました。
 妻の実家が専業農家をしていたので、結婚した当初から就農するつもりでいました。就農に対しては、元々実家が兼業で農業をしていたことから違和感はありませんでした。
 田植えや稲刈りは実家でも今までやってきたので、思っていたとおりスムーズに出来ましたが、それ以外の播種・育苗や田植え後の管理は、今まで手伝った事があまりなかったこともあり、毎日が勉強でした。
 特に、畦の除草管理等は農家によってそれぞれやり方があり、実家とやり方が異なっていたため、多少戸惑いましたが、父から丁寧に教えてもらいながら、なんとか作業することができました。

就農してから現在まで

 今のところ、義父が中心となり経営を行っていますが、将来のために現在、経営・販売方面に力を入れて勉強しています。
 平成7年の米販売自由化に伴い地元の専業農家5名と販売グループを結成し京都・大阪・東京を主に小売りの米屋に直接販売しています。
 米屋のニーズに応じた栽培品目を作付けし、消費者ニーズに応じた安全・安心の作物を提供することを心がけています。
 就農当時は10ha程度でしたが、圃場整備の工事も終わり、現在は20haと作付面積も増え、大規模農業にやりがいを感じています。
 自分の周りには農業の大先輩がたくさんいるので、昔からの栽培方法を学ぶとともに、それらを現在の農業に活かしながら技術の向上に励んでいます。
 現在は今の水稲経営をいかに安定させていくかを考えています。

将来はこんな農業をめざします!

 先人達の技を受け継ぎ現在の農業に活かしていきたい。

今後就農をめざす人へ

 農業は人と人を結びつける仕事だと思っています。
 自分は始め、農業青年グループに入るなんて面倒くさいと思っていました。
 しかし、今では経営・栽培の相談をしたり、流通の情報交換などをして力強い味方です。
 就農した暁には、ぜひ農業青年グループに入る事をオススメします。

農林総合事務所所長よりひとこと

 結婚を機に離職し、奥さんの実家の農業を始めた向瀬さんです。
 当面は、水稲で直播を導入しながら面積拡大を考え、今はまだオペレーター的な作業が中心ですが、今後、経営・販売面を勉強していきたいということです。
 将来は経営継承し、水稲を主体に22年度から導入される戸別所得補償制度を活用し、儲かる農業を目指して頑張ってベンツに乗ろう。

中島農林総合事務所長

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ