能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を始めてみたい方へ就農してからのこと美味しくて安全な農産物の生産を目指して(堀田 敦)
このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しくて安全な農産物の生産を目指して(堀田 敦)

堀田敦写真

堀田 敦 (ほりた あつし)

Profile

広島県福山市生まれ
石川県農業短期大学農業工学科卒業後、建設会社に勤務
平成12年 妻の実家の羽咋市で就農
農業青年やJAの青壮年部などに参加し、交流の輪を広げている

<栽培品目>
 水稲 5.2ha
 大麦 1.8ha
 だいこん 3.0ha
 ブドウ 0.7ha
 馬鈴薯 0.1ha
 その他野菜 1.0ha

就農のきっかけから就農まで

 もともと中学時代から農業に興味があり、といっても栽培ではなく品種改良や遺伝子工学だったのですが、大学進学時に縁あって農業短大に入学、卒業後は東海地区で、主にトンネルなどの地下工事で現場管理や設計など農業とはかけ離れた仕事をしていました。
 その後、農業短大時代の同級生だった妻と1999年に結婚しました。
妻は3姉妹の長女で、結婚時には実家で就農しており、自分も将来的には就農するよう義父母に言われていました。
 ただ、しばらくは会社勤めを続ければとも勧められたのですが、非農家でほとんど農業とは無縁で育ち、農作業といえば農業短大の実習をしただけだったので、少しでも早く仕事を覚えようと決意し、結婚と同時に就農しました。
 今、振り返ると、早い時期に農業の世界に飛び込んだことで、比較的すんなりと順応することができたのではないかと思います。

就農してから現在まで

 就農当時は、農作業全般で右も左もわからない状態で、とにかく義父母や妻の仕事を見て覚えるしかなく、また、農作業以外にも町内の人や田畑の場所、地主、土地の境界など覚えることが多く大変でした。
 現在は、農作業の技術はそれなりに向上したと思いますが、感覚的な技術(作物の葉色をみての追肥量の増減など)はまだまだ技術の向上に精進しなければと感じています。特に、農薬使用に関係する技術は、消費者にとって一番関心の高いことなので重点的に取り組みたいと思います。
 また、就農してすぐに羽咋郡市農業青年青雲会に参加したことで、先輩会員の皆さんからのアドバイスや、色々と相談に乗って頂くことができ、とても助かりました。今では青雲会でもベテランの域になりましたが、今まで受けてきた恩を新しい人たちに少しでも返せるようにと考えています。

将来はこんな農業をめざします!

 味にこだわり、消費者から堀田農園の農産物は美味しいと言われるよう、土づくりなどの栽培技術を鍛えていきます!

今後就農をめざす人へ

 新規に参入する方は、就農=起業だという事を認識しましょう。開業資金の準備もなく就農したいという人が多いように感じます。少なくとも3年間は収入がなくても生活できるだけの資金は必要だと私は思っています。
 農業は天候との戦いです。いかに天候に左右されることない、強い農業をするかが勝ち残れる農家の条件だと思います。お互い切磋琢磨しながら頑張りましょう。

農林総合事務所所長よりひとこと

 コンクリート現場から農業の世界へ飛び込んだ堀田さんです。
 農業青年などでの幅広い交流の輪をもとに、精力的に水稲、野菜、果樹の複合経営に取り組んでいます。
 経験も必要な世界ですが、技術向上に一層磨きをかけ、安全で美味しいこだわり農作物づくりを目指して頑張ってください。
 トンネル工事も土作りも地下から始まります。
 美味しい農産物はきっと消費者に歓迎されますよ。

中島農林総合事務所長

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ