能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を始めてみたい方へ就農してからのことかほく市のブランド品目を作る責任と誇りを胸に!(中 外喜雄)
このエントリーをはてなブックマークに追加

かほく市のブランド品目を作る責任と誇りを胸に!(中 外喜雄)

中外喜雄写真

中 外喜雄 (なか ときお)

Profile

平成17年 建設会社を退職
平成19年 就農準備校「アグリ塾」通年コースを受講し、大崎の農家で研修
平成20年 大崎園芸生産組合及び大崎甘藷生産組合に加入し、営農を開始
 

就農のきっかけから就農まで

 長年、農業とは関係の無い仕事をしていました。会社を退職し、雇用保険受給時に内灘町のふれあい農園で野菜を栽培したのが第一歩でした。
 50平方メートル程の農地に所狭しと、じゃがいも、だいこん、すいか、きゅうり、トマト等を栽培しました。農園の周りの皆さんから色々教えていただいて、とてもおいしい野菜を収穫することができました。
 その中でもすいかは特においしく出来上がり、格別の喜びでした。第2の人生を始めるのに「農業もいいかな」と思い始めました。
 そんな状況の中、ハローワークで石川21世紀農業育成機構の方からアグリ塾のことを教えていただきました。また、アグリ塾へ入るまでの研修先として白山市の農業法人も紹介していただき、葉物の栽培を主体とした半年間の研修を行いました。
 アグリ塾も後半に入り、砂丘地農業試験場の場長、担当課長から大崎園芸生産組合を紹介されました。
 しばらく今まで色々やってきたことを考え、思い切って組合に加入して、皆さんのお世話になろうと決心しました。

就農してから現在まで

 大崎園芸生産組合及び甘藷生産組合に加入したことで、先輩組合員やJA石川かほく及び津幡農林事務所から色々大切な指導を受けることができました。経営は自己責任ですが、播種から収穫、出荷に至るまで周囲の組合員の皆さん(雲の上の人・・・)に良いお手本となっていただいています。
 就農1年目、2年目と、欲を言えばきりがありませんが、なんとか満足できるものでした。小さな失敗はたくさんありましたが、大きな失敗が無かった事が良かったと思います。春から就農3年目に入りますが、今年はもっともっと周囲の先輩組合員の圃場を見せてもらいながら学びたいと思っています。
 大崎園芸生産組合では、すいか、秋冬だいこんを栽培しています。また、甘藷生産組合では、さつまいも「かほっくり」を栽培しています。「かほっくり」については、喜綿代表理事のリーダーシップのもとで、昨年から「ソフトクリーム」、「かほっくりペースト」、「干しいも」等加工品の開発・生産拡大を積極的に進めています。
 二つの組合の一員として、皆さんの指導を受けながら、また迷惑をかけないように夫婦二人で頑張っていきたいと思っています。

将来はこんな農業をめざします!

 消費者の皆さんから「収穫は、まだ?」と言われるようなおいしい野菜を作っていきたいと思います。

今後就農をめざす人へ

 就農を目指す人とひと口に言っても、色々な状況、また条件の違いで千差万別だと思います。
 初めは農業研修、インターンシップ、その他色々な支援・施策がありますので、経験してみるのも良いことと思います。そうしている中で自分の目指す農業像を少しずつイメージしていき、就農に結びつけていって下さい。
 一歩ずつでも前進して下さい。

農林総合事務所所長よりひとこと

 長く会社勤めをされた中さんから見た農業の魅力は、「トラクターに乗っている時の開放感、作物の生長を見る感動、収穫の喜び等」である。反対に辛いことは「かみさんの愚痴を聞くこと」と言う明るい方であった。
 そして、今後の望みは「喜びが感じられて夫婦2人で仕事を続けられること」と話していただいた。

高農林総合事務所長

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ