能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を始めてみたい方へ就農してからのこと「おいしかったね」と言われたい!(西本 いずみ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「おいしかったね」と言われたい!(西本 いずみ)

西本いずみ写真

西本 いずみ (にしもと いずみ)

Profile

平成19年に金沢農業大学校へ入校。2年間野菜栽培の技術を学ぶ
平成21年に千木町の夫の実家の農地30aと無量寺町の借地20aにおいて栽培開始
金沢市御所町慈姑出荷生産組合、JA金沢中央大徳甘藷部会への参加のほか、自身で金沢春菊などの加賀野菜を栽培し市場出荷
その他、焼き肉店との契約栽培としてサンチュの栽培などを行っている
また、夫も現在農業大学校生であり、2人で協力し作業を行っている

就農のきっかけから就農まで

 小さい頃から農業のあるところで育ったわけではありませんでした。夫の実家が米農家だったので、田植え、稲刈り時に手伝いをしたくらいです。
 就農するきっかけとなったのは、食品加工業者でパートをしていた頃、添加物が身体に良くないということを知ったことです。しかし、スーパーで買い物しようとすると、添加物の含まれていない食品と言えば生鮮野菜しかなく、それなら自分で野菜を栽培しようと思ったのです。
 野菜栽培を始めようと思った頃、ちょうど金沢農業大学校の研修生募集の記事が目に止まり、農業大学校へ入校しました。
 大学校へ入る前は有機栽培をやってみたいと思っていましたが、農薬散布もある程度は必要だということを大学校で学びました。そのため、なるべく使わないようにはしていますが、必要最小限の農薬散布と化成肥料の施肥を行っています。また、今後も必要最小限は使用しなければいけないと考えています。
 就農するときは大学校の支援と自己資金でハウスを建てました。夫の実家の農地があったため、探して借りる必要がなかったのは良かったのではないかと思います。

就農してから現在まで

 私が大学校を卒業したのと入れ替わりに、以前から農業に興味があった夫も、会社を退職し、大学校へ入りました。2人で作業を行うのは気分的に楽なのですが、初めて経験する農作業ばかりなので、毎日が一杯一杯になっています。
 栽培品目については、大学校で学んでいる時から、金沢春菊を栽培していましたが、それ以外は卒業してから、親戚の市場関係者から話を聞いたり、大学校の先輩から誘いを受けたりして、いろいろ試しながら取り入れています。
 また、大学校で出荷先を相談したところ、部会への加入を勧められました。
 部会員の皆さんにはさつまいもの機械を借りたり、お世話になっております。
 さらに空いた農地を借り、面積を拡大しないか?という話を部会の皆さんからもらっています。今すぐに面積を増やせる状態ではないですが、技術を習得し、面積を拡大する実力をつけたいと思っています。

将来はこんな農業をめざします!

 おいしい良いものを栽培し、食べたみなさんから「おいしかったね!」と言われたい!

今後就農をめざす人へ

 初心者が農業で自立経営を目指すには、学校などに通って基礎的技術を学ぶことが大切だと思います。
 技術の習得はもちろんですが、ともに学んだ仲間と卒業後も情報交換ができることはとても大事なことだと思います。
 また、農地や資金などの自己資産を持っていても、新しく農業を始めるときには、各関係機関に相談し、いろいろな支援を利用することをお勧めします。

農林総合事務所所長よりひとこと

 ご主人と一緒に話をしてくれました。それによれば就農1年目にもかかわらず、営農計画をしっかり持っておられると感心しました。
 作る種類・量によって販売方法を決めたとのこと。さつまいも、くわいについては量が多く、既存の各部会に入り、市場へ、また、金時草、春菊を個人で市場出荷、その他、量が少ない物については契約栽培や直売所へ出荷する計画である。計画に沿ってお二人で良い物をたくさん作ってください。

高農林総合事務所長

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ