能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を始めてみたい方へ就農してからのこと果樹王国を目指して(金曽 新太郎)
このエントリーをはてなブックマークに追加

果樹王国を目指して(金曽 新太郎)

金曽新太郎写真

金曽 新太郎 (かねそ しんたろう)

Profile

石川県宝達志水町(旧志雄町)生まれ
大学(非農業)卒業後、実家の経営に参画し就農
就農時から羽咋郡市の農業青年グループ青雲会に加入し、他の会員と切磋琢磨しながら、経営全般を勉強
りんごのもぎ取り体験など、消費者との交流を大事にしている
栽培品目は、もも、くり、りんご

就農のきっかけから就農まで

 大学を卒業してから、実家に就農したのですが、きっかけは良い就職口が無かったことと、両親が戻ってきたらと言ったことからです。
 もちろん、長男なので、将来的に後を継ごうかなと漠然と考えていました。
 小さい時から農作業の手伝いをしていたので、だいたいの作業は分かっていました。ただ、こういう時期にこういうことをするという、タイミングというか、いつやれば良いかは、まだ分からないので、父親に習っているところですね。

就農してから現在まで

 父親の指導を受け、専門書で基礎知識を勉強しているところなので、技術的なところはまだまだですが、早く身に付けて一人前の農家になりたいです。
 今後は販売面にもっと力を入れたいです。
 今までは直売が主で、知り合いに頼ったり、顧客の予約販売が多かったのですが、来年には、農園の前の農道も完成し、車の通行量が多くなると思うので、自分の作った生産物をもっともっとPRして、販売を拡大していきたいです。
 今は、まだ自分があまり戦力になっていないので、栽培本数を増やせず、果樹のもぎとりは、一部の知人だけにしか開放していないですが、自分に力が付いて戦力となったら、栽培本数をもっと増やして、本格的にやっていきたいと思っています。

将来はこんな農業をめざします!

 消費者に喜ばれる生産物がたくさん売れるような経営をしたいです。

今後就農をめざす人へ

 就農する前に農業の基礎知識を学んでおいた方が良いです。最近は異常気象とかも多いので、気象について学んでおくと役に立つと思います。

農林総合事務所所長よりひとこと

 就農して3年目、父親に技術を学びながら、専門書で基礎知識を勉強している向上心豊かで勉強熱心な金曽さんです。
 これからもご努力され自分の目指す農業に向け前進してください。農園前の広域農道の開通が来年に予定されており、それが追い風になり、生産物が沢山売れるといいですね。!

中島農林総合事務所長

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ