能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を始めてみたい方へ就農してからのこと若者が生き生きと働ける農業を目指して(濱田 友紀)
このエントリーをはてなブックマークに追加

若者が生き生きと働ける農業を目指して(濱田 友紀)

濱田友紀写真

濱田 友紀 (はまだ ゆき)

Profile

東京都生まれ
農業者大学校で学んでいた羽咋市の農家の長男と知り合い結婚
その後、羽咋市に在住し、就農を開始
まず、水稲育苗ハウスを利用したメロン、ネギ等の栽培を習得した。現在は販売部門に力を入れている
就農直後から様々な活動に積極的に取組み、全国農業青年グループの副会長に就任したほか、県内の若手女性農業者の会「I♥I(アイアイ)スマイルの会」を立ち上げ、中心的な役割を果たしている

就農のきっかけから就農まで

 東京で生まれ育ち、田舎が無かったので、子供の時から田舎暮らしに憧れていました。たまたま農業者大学校に修学していた夫と知り合い、羽咋に住むことになったのですが、思い描いていた田舎のイメージとぴったりでした。実家が共働きであったこともあり、サザエさん一家のような食卓を家族で囲むような団らんがあるのが嬉しいですね。
 他の人は農業はきついとか汚いとか悪いイメージがあるかもしれませんが、私はそのイメージが全く無く、ゼロからのスタートだったので、見るもの、聞くことすべてが新鮮で抵抗なく受け入れることが出来ました。
 まず、メロン栽培から教えてもらったことが、収穫の喜びを感じることが出来て良かったと思います。
 農作業日誌をつけて毎日の記録を残したことが、失敗した時に原因を調べることが出来るので便利でしたよ。

就農してから現在まで

 実際、何年かやってみるといろいろ壁にぶつかりましたね。まず、地元に同年代の人がいなくて、子育てしている時も話し相手がいない。また、家とハウス・田んぼの往復となり、他に友達が出来ない。農業青年グループに入ったけど、男性だけの会でおもしろくなかった。
 そんなこともあり、一時期農業を離れ、外で勤めることにしました。その中で友達も増え、農産物を買ってもらえるようにもなりました。また農業青年グループも夫婦で入れるようになりました。そのような中で全国農業青年グループの副会長の話が回ってきて、全国各地のいろいろな農作物を作っている友達もたくさん出来ました。
 また、外に出づらい若手女性農業者が集まり、問題点を話し合ったり、活動をすることでお互いに研鑽するため「I♥I(アイアイ)スマイルの会」を立ち上げて、ネットワークを広げるように頑張っています。

将来はこんな農業をめざします!

 加工所を作って、生産・加工・流通までを行いたいです。
 もっともっと力を付けて、農業を志す若者が生き生きと働ける職場環境を作りたいです。

今後就農をめざす人へ

 私のように農家へ嫁に入ったら、家の人に言いづらいかもしれません…が、自分の言いたいことははっきり言う。その方が結果的に良い結果になる場合が多いです。
 夫や家の人について圃場に行き、分からないことは聞いて率先して覚える。そうすれば、家族の会話にも入れ、溶け込めると思います。
 壁にぶち当たることもあるかもしれませんが、一緒に頑張りましょう!

農林総合事務所所長よりひとこと

 東京生まれの東京育ち、都会の感性と持ち前の明るさや行動力で、若手女性農業者の交流を深め、ほっとなネットワークをもっともっと広げ、全国区の活躍を期待しています。
 また、理想とするサザエさん的な明るく楽しい家族や、濱田さんの苦労が苦労でないと思う前向きなプラス思考で目標とする農業を目指し頑張ってください。

中島農林総合事務所長

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ