能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を始めてみたい方へ就農してからのことルビーロマンの将来と共に発展を期す(坂本 省一)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ルビーロマンの将来と共に発展を期す(坂本 省一)

坂本省一写真

坂本 省一 (さかもと しょういち)

Profile

石川県宝達志水町(旧志雄町)生まれ
大学卒業後にアグリ塾(通年コース)を受講し、就農。実家の経営に参画
経営規模は葉タバコ200a、ぶどう200a(デラウエア100a、ルビーロマン等大粒品種100a)
主にぶどうの直売部門を任されており、消費者に喜ばれる品質・販売方法等を日々研究
就農当初から羽咋郡市農業青年青雲会に加入、会長等の役職を歴任し、現在は会の頼れる兄貴的存在

就農のきっかけから就農まで

 子供の頃から父が経営するぶどう畑を手伝いながら育ち、長男ということもあり、将来的には経営に参画するつもりでした。
 一度は就職しましたが、母の病気を期に会社を辞めて経営に参画しました。基本的な技術は父のもとで修得したものが主で、アグリ塾に入講しましたが、農作業の忙しい時期にはあまり行けませんでした。今から思えば、農業系の学校で学んでおけば良かったと思いました。
 また、家業に就業と同時に羽咋郡市農業青年青雲会に加入し、農業をしている同年代の人達といろいろ刺激しあえたのは良かったです。
 ぶどう農家と比べてタバコ農家の繋がりは強く、仲間意識が高いので、ぶどう農家も見習うところはあると思います。

就農してから現在まで

 直売所の経営を任されるようになり、切り盛りが大変です。昔はテントでの販売でしたが、結婚を機に、直売所兼自宅を建設し、しっかりやらないとという気持ちが強くなりました。消費者との直接やりとりのため、消費者のニーズに合った品種の選定を行うようになりました。
 大粒の新しい品種(ルビーロマン等)を積極的に取り入れています。直売に合わせた品揃えが大事ですし、例えば3色揃えた箱詰めなどを行っています。さくらんぼの栽培も行い、好評を得ています。
 ぶどう作りはおもしろいけど、手間がかかって大変です。1本ずつ、1房ずつ手をかけて栽培しているつもりですが、失敗することも多々あり、まだまだ修行が足りないと思います。特にルビーロマンは栽培年数が少ないこともあり、難しいですね。
 農作物は何でもそうでしょうけど、自分で売る力を付けていかないとやっていけない、販路の開拓が大事です。僕はパソコンは苦手だけど、何とかホームページが作れるよう頑張ってます。

将来はこんな農業をめざします!

 大粒の新しい品種(ルビーロマン等)をもっと取り入れ、消費者に喜んでもらえるようなブドウ農家を目指したい。

今後就農をめざす人へ

 自分の作っている農作物を好きになるのが一番です。好きになればやる気もわいてくるし、真剣に取り組んで行けると思います。
 農業は楽に出来るものではないし、手をかけなれば良い物は出来ない。良い物を作らないと売れないので、日々の観察の積み重ねが大切だと思います。

農林総合事務所所長よりひとこと

 はちまきがよく似合い、目がキラキラと輝きテキパキと仕事をこなす行動的な好青年の印象です。
 坂本さんの熱い気持ちでブドウ生産に取り組み、また、工夫しながら消費者に喜ばれる大粒品種の品質向上に努められ、ルビーロマンの将来と共に発展することを期待しています。
 是非、苦手なパソコンをこなしHPを開設してください。

中島農林総合事務所長

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ