能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を始めてみたい方へ就農してからのこと子供たちにもやさしい野菜作りを目指して(垣田 雅彦)
このエントリーをはてなブックマークに追加

子供たちにもやさしい野菜作りを目指して(垣田 雅彦)

垣田雅彦写真

垣田 雅彦 (かきた まさひこ)

Profile

京都府出身
地元で建築関係の会社に勤めていたが、農業に興味を持ち、京都府が行う就農農家研修を受講
その後、夫婦で能登島キッズランドの農園管理者のアルバイトを始めた
平成16年度から七尾鹿島農業青年協議会に加入。アグリ塾(月1回コース)を受講しながら、技術を学び、本格的に就農
現在、約4haの農地を管理し、無農薬有機栽培でじゃがいもやトマト、さつまいも等を栽培

就農のきっかけから就農まで

 祖父が専業農家だったこともあって、子供の頃から農業は身近に感じていました。今も伯父が祖父の後を継いで農業をしています。
 京都にいる時は建築関係の仕事に就いていたのですが、その頃から体を使う仕事が好きで、だんだん農業をしたい気持ちが大きくなってきました。
 それで仕事を退職して、京都府の就農農家研修を受講しながら就農する場所を探していたのですが、義兄が能登島キッズランドで野外体験活動の講師をしていたことから、農園管理者として能登島町(現七尾市)に就農しました。大きな決断でしたが、妻は特に反対もせず、ついてきてくれて、一緒に頑張ってくれて、本当に感謝です。
 始めはわからないことだらけで大変でした。周りの勧めもあって妻と七尾鹿島農業青年協議会に入って仲間を作りながら、アグリ塾にも通いました。講義が中心のアグリ塾はあまり面白くなかったのですが、同じく農業を志す人たちと知り合えたことが一番の収穫です。

就農してから現在まで

 平成17年から本格的に就農したのですが、最初の2年間はひどかったですね。キッズランドの農地は荒れ放題だったので、畑にするところから始めたのですが、無農薬有機栽培でやっていこうとしていたので、雑草との戦いで、思うように収穫がなくて大変でした。
 今はそれなりに収穫もあがるようになってきました。キッズランドの農園管理者も卒業して、一農家としてキッズランドの経営母体である(株)成基学園さんに野菜を販売しています。
 キッズランドには、成基学園の生徒さんが夏休み中に800人くらいやってきて、農業体験を行っています。僕たちの作った野菜を収穫したり、料理して食べたり。食育というと少し気恥ずかしいですが、そんなお手伝いもしています。
 他にもスーパーの直売コーナーでも販売しているのですが、最近のガソリン代高騰はきついですね。毎日のように配達に出るのですが、運送代がかかって本当に厳しいです。

将来はこんな農業をめざします!

 無理をせず、自分たちの背丈に合った農業をしていきたいです。でも、無農薬有機栽培にはこだわっていきます。

今後就農をめざす人へ

 自分のスタイルを持ち続けて欲しいですね。いろいろな人に話を聞いて、でもそれに流されないよう、やりたい農業を貫くことが大切だと思います。そして自分の思いを県や市、地域の方にぶつけてサポートしてもらうこと。
 僕は農薬を使わない農業を選んだのですが、周囲の理解や協力があったからできたと思っています。

農林総合事務所所長よりひとこと

 かきたファームを経営する垣田夫妻、京都育ちのやさしい農家が育てる野菜は徹底して有機肥料を使った体にやさしく、安全でおいしい野菜。
 この無農薬有機栽培野菜を思い出深い能登島農道橋を使って出荷していると聞いて、大変うれしく思った。
 もっともっとこの橋を使って安全でおいしい野菜を石川の子供達に。そして、いつまでも心のこもったキッズ農園、かきたファームを大切にしてください。

藤田農林総合事務所長

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ