能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を始めてみたい方へ就農してからのこと周囲とのつながりを大切に、地域の農業を守りたい(山森 篤)
このエントリーをはてなブックマークに追加

周囲とのつながりを大切に、地域の農業を守りたい(山森 篤)

山森篤写真

山森 篤 (やまもり あつし)

Profile

石川県金沢市生まれ
専門学校卒業後、就農
現在、すいか2.1ha、だいこん1.3ha、メロン10a、ストック50a、水稲10aを栽培
出荷は農協を通じて県内及び関西へ出荷
現在、農業青年グループの事務局長を務めている

就農のきっかけから就農まで

 自分の家が専業農家であり、小学生の時から農作業の手伝いをしていた。当時は、農業は重労働で大変だと思っていたが、自分が手伝わなければ親はもっと肉体的にもきつくなり、大変だろうと子供ながらにも感じていた。
 農業に興味を持ったのは、自分が所属している町内の自警団に同年代で農業をしている人がいて、その人から農業の話をいろいろ聞いていたからである。就農のきっかけは、親の体力的なこともあったし、結婚することになったので、それを機に自分がもっとしっかりしなければと思い、就農することに決めた。
自分は長男で、他に農業を継ぐ人もいなかったので、いずれは自分が農業を継ごうと思っていた。親は農業を継ぐよう言わなかったが、自分が農業をすれば親が喜ぶのは分かっていた。
 就農するまでの悩みとしては、一旦就農すると農業中心となるため、その他の経験ができなくなると思ったので、就農までに、やりたいことを目一杯やった。例えばスキー場で毎シーズン泊まり込みで働くなど、いろいろな経験を積んだ。

就農してから現在まで

 農業をやろうと思ってからは、周囲の若手農業者からの誘いもあり、下安原の部会に入った。部会は組織体制がしっかりしており、栽培技術については、部会活動や飲み会の中で先輩方から話を聞き、参考にしている。また、それでも分からないことは普及指導員から関連資料をもらい勉強している。栽培技術は、以前に比べるとレベルアップしてきていると思う。就農したからには「やるしかない」という気持ちで日々取り組んでいる。
 現在の悩みは、部会組織がしっかりしているだけに役員会、懇親会、マスコミの取材対応、市場関係者との懇親など組織としてのつきあいが頻繁にあり、また、その他にも町内の自警団や農業青年活動もあるため、家にいる時間が短く、妻に寂しい思いをさせていること。そんな妻のためにも、もっとお金を稼いで、昔自分一人で行ったニュージーランドにいつか家族で旅行したい。

将来はこんな農業をめざします!

 新たな栽培技術や機械導入により規模拡大を図り、今後10年間で増加するであろう地域の不作付地を減らしたい。

今後就農をめざす人へ

 農業に対するこだわりはもちろん大切ですが、まずはいろいろな人の話を素直に聞くことが重要です。そして、ある程度栽培技術など農業というものが身についてきたら、次のステップとして自分のやりたいようにすればいいと思います。

農林総合事務所所長よりひとこと

 山森さんは、良い物づくりを目指し、すいか、だいこんの栽培技術、中でも灌水技術を習得したいと考えている。また、経営への参画についても意欲を持っており、パソコンを使った集計・分析について前向きである。
 農業に積極的な山森さんは地域農業のたくましい担い手である。
 ただ、何かと忙しく夕食をゆっくり取れない時があるとのことなので、健康に留意し、すばらしい笑顔で頑張ってほしい。

高農林総合事務所長

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ