能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を始めてみたい方へ就農してからのことじっくりと考えて、準備して選んだ農業への道(廣瀬 敦士)
このエントリーをはてなブックマークに追加

じっくりと考えて、準備して選んだ農業への道(廣瀬 敦士)

廣瀬敦士写真

廣瀬 敦士 (ひろせ あつし)

Profile

石川県金沢市生まれ
石川工業高等専門学校へ進学。進路相談で農業への憧れを告白したところ、金沢市の園芸農家での就業体験を紹介され、その夏の経験が「憧れ」から「職業」へと農業の見方を変えさせた
金沢市農業センターの研修、農林水産省農業者大学校の卒業後、白山市のトマト農家で実習しながら就農の準備を始め、祖父の農地を借りて野菜栽培を開始
現在は、ハウス4 棟を含む60aでトマトやさつまいもを生産し、直売所を中心に販売

就農のきっかけから就農まで

 幼い頃の記憶では、祖父が耕作する水田で田植えや稲刈りの傍らで遊んでいた覚えがあるがそれほど農業に特別な思いはなかった。
 農業について真剣に考えたのは高専の4年生となって進路を考えたときのこと。担任の先生に相談したところ「先生も農業はよくわからないからとりあえず体験してみろ!」と、夏休みを利用した体験実習として金沢市打木町の野菜園芸農家にお世話になった。とにかく暑く、忙しく、厳しい作業であったがご家族との楽しいひとときが忘れられず、農業への憧れがいっそう強くなった。
 実習先では将来のことを心配してくれ、農林総合事務所を訪ねて相談するよう教えられた。農林事務所には技術や研修、資金などいろいろな情報があり、若いこともあって農業者大学校への進学を勧められた。
 当時の農業者大学校は農業系高校卒が条件であったため、金沢市農業センターで1年間研修を積んで、入学することができた。
 農業者大学校の卒業後は農林総合事務所の勧めで白山市(旧松任市)のトマト農家で実務研修をしながら就農の準備を進めた。
 現在は、祖父の農地を借りてトマトやきゅうり、なすを栽培し、内灘町で借地した砂丘畑ではさつまいもやかぼちゃを栽培してJA直売所へ出荷している。

就農してから現在まで

 とにかく最初はすべて農林総合事務所に頼った。狭い農地で所得を上げるために「何を作るか」「どうやって金に換えるか」。研修や学校で学んだはずだったが、いざ始めるとなると途方に暮れた。初めてなすを作るときも植え付けの手伝いや市場へ出荷のお願いに同行してもらったり、栽培管理が悪いと本気で怒られた。当時の担当普及員には本当に感謝している。
 初めて市場に出荷した時は大赤字だった。やむなく自宅前に並べておいたら無人販売で売れた。これが直売所へ出荷する契機となった。今の直売所はきゅうりとなすは安売り競争になっているのでトマトを主体に出荷している。また、かぼちゃなども変わった品種をつくって競合しないように工夫している。
 大きな転機となったのは、内灘町の畑を借りることができたこと。部会員が減少するすいか産地で、先輩農家が「空いた農地があるから一緒にやらないか」と声をかけてくれた。その人には今もなんでも相談にのってもらっている。
 農業青年の仲間にもいろいろ助けられている。パイプハウスの廃材を譲り受けたり、温室でトマトの苗を育ててもらったり、収穫のアルバイトに雇ってもらったりした。
 苦労したことといえば格納庫と作業場が無いこと。新築するとなると多額の資金が必要で、今も悩みの種である。
 今年から妻が手伝ってくれている。妻とは農業者大学校で知り合った。2人分の収入を得るのは厳しいが1人の時の2倍以上の仕事ができる。これからは協力して頑張っていきたい。。

将来はこんな農業をめざします!

 100年続けていけるような農業を見つけて実践したい。

今後就農をめざす人へ

 ・毎年、泣きながらやっている(笑)
 ・計画はしっかり立てること。当面の計画と長いスパンでの計画が必要。
 ・計画どおりにならないのが当たり前、目的を決め、計画と違ってもあきらめないこと。
 ・自分はたくさんの人にお世話になっている。
  相談できる人を持つことが一番重要で、同世代の仲間も大切です。

農林総合事務所所長よりひとこと

 自宅の周りは住宅が建ち並び、少し離れた所にあるハウスの周りは商業施設で囲まれていた。
 トマトをメインに栽培し、販売は直売が中心である。
 おいしい野菜を沢山作りたいが、その技術が未熟であることから、農業青年グループの仲間や先輩農家との情報交換をとおして自分にあった技術を確立して欲しい。
 そして、立地条件を活かした直売主体の都市型農業経営を目指して下さい。応援します。

高農林総合事務所長

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ