能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を始めてみたい方へ就農してからのこと農業に新風を巻き起こす人★見参!!(古賀 勝)
このエントリーをはてなブックマークに追加

農業に新風を巻き起こす人★見参!!(古賀 勝)

古賀勝写真

古賀 勝 (こが まさる)

Profile

佐賀県久保田町生まれ。佐賀県立東高等学校を卒業
渡米し、マネーマーケットを視察
明光商品(株)〔現エイチ・エス・フューチャーズ(株)〕に入社し、株・債券・ファンド・先物etcの業務を遂行。その後、(株)名古屋証券取引所TIP(名証テクニカル・インベストメント・プランナー)に認定
平成18年 HS証券グループ会社取締役退任
〔現澤田ホールディングス(株)・エイチ・エス・フューチャーズ(株)〕
平成20年 就農

就農のきっかけから就農まで

 金融市場にて資産運用業務に携わってきました。 これから先も投資の世界で活躍するのかそれとも違う分野でチャレンジするのか人生設計をしてみました。
 亡父がよく私に語ってくれたことがあります。「農業はいいぞ」と。私の実家は米麦を中心とした専業農家でした。農業を誇りにしていた父の仕事を継ぐ決意をしたのが始まりでした。いわゆる家業を継いだことになります。
 金融業界に携わって初赴任した地が石川県であり、ずっと第二の故郷と思っていた石川県に戻り、県庁を訪ねました。県庁からアグリ塾そして21機構さらには農業法人研修と行動を起こしました。今は白山市の下吉野地区にてトレーナーのご指導の下、トマト栽培に取り組んでいます。

就農してから現在まで

 現在、トマト栽培に取り組んでいます。
 ビニールハウス12棟(20a)で5,400本作付けしています。
 労力分散のため、夏秋と抑制の作型を導入し、定植時期を4段階にずらして栽培しています。品種は新品種りんか409でチャレンジしています。
 もともと稲作に取り組みたいと考えていましたが、アグリ塾にて方向転換を図りました。石川県の農業関係者がとても真剣で、まさに私の仕事哲学に共通するものがあり、今もパッションを失っていません。しかも就農する以前に関わった関係団体、個人そしてその知り合いが今でも応援してくれています。
 このことも今の私の支えになっています。唯、個人での作業なだけに仲間とのかかわりの時間がとても少ないことにストレスを感じる時があります。

将来はこんな農業をめざします!

 5年計画を立てて行動しています。目標設定したアクションプランを考案し、実行することで達成する。
  1年目(2007) ― 農業に携わり(農作業を体験し今後を決定する判断にする)
  2年目(2008) ― 現場実践(現場に入り、地元と関わる事により農業人になる)
  3年目(2009) ― 栽培作物拡大(トマト、葉菜類、根菜類、その他)
  4年目(2010) ― 採算(バランスシート、キャッシュフロー等にて対応する)
  5年目(2011) ― 研修制度、人材育成(企業は人材なり企画あり)

今後就農をめざす人へ

 思ったことは行動してみる。それが一番大切なこと。目の前にある場面は色々と変化します。ならば、その場面を自分で作り出したほうが人生は2倍楽しめると私は考えます。
 但し、思いつきや興味半分で行動をとるものとするならば、その業種の先人に礼をなさないし、自分の為にならない事を理解しておくことである。

農林総合事務所所長よりひとこと

 投資の世界に生きてきた人らしく5年後を見据えたアクションプランをさらりと作り、ステップバイステップで課題を克服していくやり方は流石。お会いした時はトマトが病気に罹り少々意気消沈気味でしたが、エジソン曰く「失敗は成功の母」の精神と持ち前のポジティブな性格で乗り越えていくことと信じています。
 目標は古賀塾?で多くの若者が集まり農業研修をやっている姿。
 夢実現に向かってレッツ・ゴー!!

中川農林総合事務所長

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ