能登山菜のページへ 6次産業化のページへ

HOME農業を始めてみたい方へ一般企業が農業に参入するには農業参入の進め方

農業参入の進め方

■参入を成功させるポイント
■参入の形態
■参入の手順
このエントリーをはてなブックマークに追加

参入を成功させるポイント

1)成功のポイント

 参入を成功させるために、ぜひとも実施したいポイントがあります。

①専門家と相談

 

 ビジネスチャンスが見込めるかどうかだけで品目や営農計画を決めてしまうと、参入地域で栽培しにくい品目を選んでしまったり、無理な計画を立ててしまうおそれがあります。また、販売まで含めたトータルな収支計画の作成も欠かせません。品目選びや営農計画などは、県農林総合事務所などの専門家とよく相談してから決めましょう。加えて参入地域に足を運び、地元の農家から農地の条件や慣習(農業用水の利用法など)について情報収集する努力も必要です。
 

②技術習得と人材確保

 

 成否の鍵は、農業に精通した人材をいかに育成し確保できるかにあります。いしかわ農業総合支援機構が開催する新規就農者向け研修会に積極的に参加したり、農家を直接雇用するなど、農業に明るい人材の確保に努めましょう。
 

③地域との協調

 

 農業は、農道や農業用水といった施設を共同で利用し、周辺の農家と深く関わりあいながら取り組んでいく産業です。農業参入を計画する際は、行政機関だけでなく、JAや生産組合、地元農家との関係づくりも積極的に進めましょう。
 

2)支援制度

 公的な支援を有効に活用しましょう。支援を受けるには一定の要件を満たすとともに、事業ごとに審査を受ける必要がありますのでご注意ください。
 

①農業機械購入への支援

 

 参入する際に必要な機械・設備の整備に要する経費の1/3以内の補助が受けられます。ただし、3年以内に農業を辞めた場合は、補助金を返還しなければなりません。
 

ビジネスモデル構築への支援((公財)石川県産業創出支援機構(ISICO))

 

 農業生産に必要な技術の習得や農産物の販路確保、農産物を活用した新商品の開発等に取り組む経費の2/3以内の補助が受けられます。ただし、補助金額の上限は、1件につき3年間で200万円です。
 

建設業複業化への支援(石川県商工労働部産経営支援課)

 

 新分野に進出する建設業者に対して、初期投資にかかる経費の2/3以内の補助が受けられます。ただし、補助金額の上限は、1件あたり500万円です。
 

④資金の調達について

 

 農業近代化資金(JA)や経営体育成強化資金(日本政策金融公庫)が利用できます。
 

3)農業参入サポートデスク(石川県農業政策課農業参入・経営戦略推進室)

 石川県では、ワンストップ型「農業参入サポートデスク」を開設して、企業と農業・農村との連携をお手伝いしています。

 「農地を借りるための制度や手続きが知りたい」「受け入れを希望している市町の情報が欲しい」「作物の栽培方法が知りたい」など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

4)建設業サポートデスク(石川県土木部監理課)

 より気軽に利用してもらうため、建設業者にとって相談しやすい土木部内に相談窓口が設けられています。

 建設業の抱える課題(本業の経営継承、新分野進出、元請・下請間のトラブルなど)に対し、ワンストップで相談に応じてくれます。

直接ご相談になるときは

■もっと情報が欲しいときは

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

参入の形態

 実際に参入するには、さまざまなパターンがあります。

参入パターンについての説明図 

直接ご相談になるときは

■もっと情報が欲しいときは

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

参入の手順

 参入までの手順は次のとおりです。県内どこでも農地の賃借ができます。

参入までの手順説明図
 

直接ご相談になるときは

■もっと情報が欲しいときは

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ