能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を始めてみたい方へ一般企業が農業に参入するには農業参入で活躍する企業食材基地能登への挑戦(HARUSA)
このエントリーをはてなブックマークに追加

食材基地能登への挑戦(HARUSA)

株式会社HARUSA(はるさ)

企業のプロフィール

代表取締役松川 篤裕
設立年月平成16年4月
所在地石川県金沢市駅西本町
資本金2,000万円
事業内容1生産 2生産管理 3地域、企業再生事業
従業員数15人 県内2名

農業参入状況

参入年月平成19年12月
参入場所能登町合鹿地区
借入農地面積380a
主な作物じゃがいも、ブロッコリー、ネギなど
担当部署名生産管理部
業務執行役員松川 篤裕
業務執行役員数1人
農業従事者数12人 うち臨時雇用9人

企業理念

 我が社は、生鮮食品流通を通じて消費者の食生活の安定と向上を図り、もって社会の繁栄に寄与するため、衆知を結集して社業の発展と社員の幸福を追求する。

農業に対する思い

 我が社単独ではなく、地域を巻き込んで地域と一緒に地域を明るくする農業を行っております。

きっかけから実際の営農開始まで

 弊社は、全国に13ヶ所の契約と資本参加農場(自社農場含む)を持ち、レタスの生産をベースに農業と地域活性化を行っております。弊社は卸会社 (株)あきお がグループの中核であるために営業基盤があり、受注した農産品を計画生産する農業のため、お客様の顔・ニーズ・販売ロット・品質・規格を作る前に明確化しております。また、同時に食品加工工場 (株)畑のシェフを自社グループに持っておりますので、作るものすべてを無駄なく・効率良く・継続的に提供するエンドレスビジネスモデルづくりを構築しております。グループ会社設立からの13年間の経験を踏まえ、能登での立ち上がり、能登での販売スピードが速く構築でき、現在は加賀地区へと踏み込んでおります。

参入してから現在まで

 弊社は能登の地の利を生かした農業を、欲を持たず分相応に営んでおります。能登の人達ができる価格訴求ではなく品質訴求を、お年寄りでも参加できる農業をさせて頂いております。大手量販店様・生協様のプライベートブランド商品、コンプライアンスの厳しい商品など、ねぎ・じゃがいも・ブロッコリーに特化して、安定した収入のもと、生産面積の拡大・雇用の拡大が計画的にできることから、毎年グループ参加の農家様の数は増えてきております。それと同時に後継者もできつつあります。

参入を目指す企業へアドバイス

 我が我がでなく、地域を一緒に巻き込んで頂ければ成功すると思います。

将来はこんな農業をめざします!

 欲のない持続可能な安定した農業
後を継ぐ考え方の持てる農業・苦しいけれどやりがいのある農業・自信をもって自分たちのやっていることを誇れる農業

農業分野の担当者から一言

 農業は、日々が戦いです。子供を育てるように手間暇が多くかかります。その為やるべきことは必ずやらないと収穫したものが、気を抜いた品質として現れますので、農業経験の少ない方が始める場合は、手間暇惜しまずにできる事はすべてやる事がコツです。また、買う人が決まらないのに生産をしないことです。

農林総合事務所所長より一言

 (株)HARUSA は、食品関連企業の農業参入であるところが、当事務所管内の他の参入企業とは異なる点です。「買う人が決まらないのに生産しない」という市場を見据えた上での姿勢は、これまで農業関係では欠けていた点であり、見習っていきたいところであります。
 また、地域を巻き込んで進めていくという点でも地域の活性化へ貢献が期待され、今後の取組みを、農林総合事務所も応援していきます。

菅野農林総合事務所長

株式会社HARUSA(金沢市)【PDF:1.5MB】

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ