能登山菜のページへ 6次産業化のページへ
HOME農業を始めてみたい方へ農業法人で働くには農業法人とは
このエントリーをはてなブックマークに追加

農業法人とは

 農業法人とは、法人の形態で農業を営んでいる経営体のこと。つまり、企業のような農業経営を行っている組織的農家のことをいいます。家族中心で行っている小規模なものから従業員を数百人抱えて売上も億を超えるものまで、実にさまざまな法人があります。農業法人は年々増加しており、農業法人の従業員として就職するかたちで農業を始める人も増えています。

1)農業法人の活動

 農業法人には、農地法で農地を取得する権利が認められている「農地所有適格法人」とそれ以外の「一般農業法人」とがあり、全国にはおよそ14,000もの農業法人が存在しています。最近は、経営規模を拡大するところや、経営の複合化・多角化を進めるところが多く、従業員を雇って経営を行う「雇用型経営」がどんどん増えています。

 農業法人の事業は、もちろん農業生産が主軸で、農地の借り入れを行って経営規模を拡大している法人がたくさんありますが、同時に複合化・多角化にも積極的で、農産物の加工・販売から観光農園などの観光・交流事業、農村レストランの経営まで、多彩な事業を展開しています。

2)農業法人への就職

 将来は独立して農業経営を行いたいが、当面は技術や知識の習得に励みたいという方、あるいは農業を仕事にしたいが自立経営は望んでいないという方には、農業法人への就職がお勧めです。

 農業法人は、一般の会社と同様に就業規則が整備されており、社会保険や福利厚生が整った環境で安心して働くことができます。独立までの技術習得の場として活用するもよし、サラリーマンとして農業をするもよし。比較的安定した職場で農業を学びながら、じっくりと将来設計を考えることができます。

 農業法人に就職するのは、一般企業に就職するのと同じことですので、就業時間や休日、給与体系、労働保険の加入状況、経営状況を調査しておきましょう。研修制度を設けている法人もありますから、正式に雇用契約を結ぶ前に研修体験するのもいいでしょう。就農説明会やインターネットなどで情報収集し、十分に検討することが大切です。

3)石川県の農業法人

 石川県には300を超える農業法人があり、地域特性を生かした先駆的な農業を行っています。中には経営規模拡大や多角化により、求人を行っているところもあります。いしかわ農業総合支援機構の求人情報をチェックしたり、農林総合事務所や市町の窓口などに問い合わせましょう。

4)石川県農業法人協会

 農業経営の向上と農業経営法人の地位向上、地域農業の発展に寄与することを目的に、石川県内の農業法人が自主的に設立した協会です。
会員数は59法人(平成26年8月)で、日本農業法人協会の石川県支部でもあります。
農業関係団体との意見交換や経営改善のための調査研究、消費者や異業種との交流、人材の確保と育成などに関する事業を行っています。

□事務局
〒920-8203
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F (公財)いしかわ農業総合支援機構内
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
mail info@iaca.jp
URL http://www.iaca.jp/

直接ご相談になるときは

■もっと情報が欲しいときは

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ