イラスト:ワサビ(葉わさび)

ワサビ(葉わさび)

特徴

最盛期:5月

  • 深山の清水が湧き出した流れの縁に生える。環境さえ良ければ、畑栽培も可能。山菜では、葉茎や花のことを言う。
  • つやのある丸いハート形の葉を根元から長い柄を束にして出し、こんもりとしている。伸びた花茎の苞葉の先に白い花をつける。根茎はごく小さくヒゲ根が目立つ。
  • 決して根を引き抜かない。種子ができ始めていたら採取をやめる。
  • 葉と茎は根際から摘み取り、よく洗ってから3~4㎝大のざく切りにしておき、粗塩を振ってやや水分が出る程度にもんでおく。水気を切ってからザルにあけて、上から熱湯を手早く回しかける。その後サッと冷水に浸して水気を素早く切り、冷蔵庫で半日程度寝かせておく。かつお節と酢しょう油をかけて食べる。サラダでもよい。

食べ方

葉わさび漬け

材料

葉わさび 300g
塩(3%) 大さじ1/2
しょうゆ 大さじ2強

作り方
  1. 葉わさびは塩を振ってよくもみ、70~80℃のお湯に8~10秒程浸し、すぐに冷水にとって冷ます。
  2. (1)を3~4cmに切り、水気を絞ってポリ袋に入れ、しょうゆを加えて密封し、半日以上置く(密封容器に入れる時は空気が入らないように一杯に詰め込んで蓋をする)。

葉わさびお浸し(5人分)

材料

葉わさび 300g
塩 大さじ1/2
しょうゆ又はポン酢又はめんつゆ 適量
削り節 適量

作り方
  1. 葉わさびは、塩を振ってよくもみ、70~80℃のお湯に8~10秒程浸し、すぐに冷水にとって冷ます。
  2. (1)を3~4cmに切り、水気を絞る。ポリ袋に入れ、空気を抜いて密封し半日以上置く。
  3. (2)をボールに入れ、醤油又はポン酢又はめんつゆなどの調味料で味付けして器に盛り、削り節をかける。

葉わさびの粕漬け

材料

葉わさび 200g
塩(3%) 6g
板粕 200g
みりん 30g
砂糖 大さじ1
ぬるま湯 30cc

作り方
  1. 葉わさびは、70~80℃のお湯に10秒程浸し、すぐに冷水にとって冷ます。
  2. (1)の水気を絞り、1㎝程に切り、塩を振ってよくもみ、ポリ袋に入れ、空気を抜いて密封し一晩置く。
  3. 板粕は30秒ほど電子レンジで温めて軟らかくし、みりん、砂糖、ぬるま湯をよく混ぜ、なめらかにする(すり鉢で擂ると良い)。
  4. わさびと(3)を混ぜ合わせ、密封容器に入れて1日置く。
  5. 少量のしょうゆをかけていただくと、よりおいしい。

» 関係者ページ