イラスト:ヤブレガサ

ヤブレガサ

特徴

最盛期:5月

  • 木の木陰のあちこちに生えている。絹毛に全身を覆われている。
  • 若葉が少し開き出すと絹毛は取れる。1m近く茎を伸ばし、小さな白い花をつけ、葉は直径22~23㎝の大形となる。1本の茎に葉が1枚しかつかない。
  • 採取時に温もりで茎が硬くなるのはモミジガサと同様であるので、採取時は注意する。
  • モミジガサ同様、葉が少し開き始めた若茎を摘む。茹で過ぎに注意し、和え物や炒め物、おひたしなどで食べる。