イラスト:モミジガサ(しどけ)

モミジガサ(しどけ)

特徴

最盛期:5月

  • 雪解け水が染み出した山地の樹陰や沢沿いなどに生える。モミジに似た葉をつける。
  • 太めの茎は暗紫褐色を帯び、葉は光沢がある。茎は70~80㎝になり、花は白く細長く目立たない。
  • 茎が自然に折れるところから採る。手の温もりで硬くなるので、カゴや袋にすぐに入れる。料理をする頃には、茎の下のほうが硬くなるので、取り除く。天ぷらやお浸し、和え物などで食べる。