イラスト:ハマダイコン

ハマダイコン

特徴

最盛期:4月

DSC_7867-2.JPGDSC_7871-2.JPG

  • 砂と土が混ざった場所に多く生える。肥大して立派な根になるものもある。
  • 紫色の縁取りをした白い花を咲かせる。野生のだいこん。花後は5~8cmの細いさやに種子が数珠つなぎにしてできる。
  • ロゼット状の葉を持ち、根ごと抜き取る。若い実も摘む。根は千切りにして塩をふり、葉はゆでて細かく刻んで一緒に一夜漬けにする。みそ漬け、粕漬けもよい。実は塩ゆでにして食べる。

» 関係者ページ