イラスト:タラノキ(たらの芽)

タラノキ(たらの芽)

特徴

最盛期:4月、促成栽培の最盛期:2月~3月

  • やや乾燥した日当たりのよい場所を好み、荒れ地や開墾地に根差す。枝は鋭い棘があるので見つけやすい。
  • あまり枝を出さないので、葉芽をすべて採ってしまうと枯れてしまうので、2番芽を採ったらその年の採取は終わりにする。
  • 幹の先端の1番芽が6㎝ほど伸びたころもぎ取る。はかまを除き天ぷらやフライ、和え物にする。

食べ方

タラノメの天ぷら(4人分)

材料

タラノメ、しいたけ、にんじん、エビ等 500g
衣/小麦粉 カップ1、卵 1/2個+水 カップ1
天ぷら油 適量

作り方
  1. タラノメは袴を外し根本の固いところは切り落として(バラバラにしない)よく洗い、水気をきる。
  2. 衣を混ぜ、1個ずつ170℃の温度で約1~2分間程揚げる。
  3. 天つゆを作る(だし汁180cc、醤油50cc、みりん50cc を混ぜ合わせ一煮立ちさせる)。

タラノメのごま和え(4~5人分)

材料

タラノメ 500g
ごま醤油/すりごま 40g、薄口醤油 大さじ2、砂糖 大さじ2

作り方
  1. タラノメは、袴を外し根本の固いところは切り落として大きい物はバラバラにする。茎の長いのは切って使う。
  2. 塩少々入れた湯で歯ごたえが少し残る程度に茹で、水にとって冷まし、水気をきる。
  3. ごま醤油を作り、①を和える。

タラノメのサラダ

材料

タラノメ、レタス、トマト、ハム、わかめ、ゆで卵等 適量
マヨネーズやドレッシング

作り方
  1. タラノメは、袴を外し根本の固いところは切り落として大きい物はバラバラにする。塩少々入れた湯で、歯ごたえが少し残る程度に茹で、水にとって冷ます。水気をきる。
  2. その他のサラダの材料と彩りよく盛り合わせ、マヨネーズやドレッシングを添える。

» 関係者ページ