イラスト:ゼンマイ

ゼンマイ

特徴

最盛期:5月

  • 沢沿いや薄暗い林床、林縁、明るい草地に根差し、まばらに群生する。
  • 薄茶色の綿帽子をかぶって発生する。
  • 葉は栄養を吸収する裸葉といい、胞子をつくる実葉は茶色と分けて出てくる。食べるのは裸葉。基部をかるくひねって折れるところで採る。
  • 塩を入れた熱湯でよく茹で、一度茹でこぼしてから新しい熱湯でゆでなおし、重曹を入れて火を止め、一晩おいてアクを抜く。何度か水を替えてアクを完全に切る。その後、煮物やお浸し、ナムルなどで食べる。

塩蔵

» 関係者ページ