イラスト:シュンラン

シュンラン

特徴

最盛期:4月

  • 早春、山の麓の乾いた林内などに咲く野生のラン。
  • 細いざらざらした葉には、茎がなく色も暗緑色である。薄い透けるような膜に包まれた花茎を根元から出し、淡い黄緑色の花を開く。花の下側の花弁に赤い斑点がある。
  • 株を絶やさないために、絶対に根ごと掘り上げてはいけない。
  • 柄のはかまを除き、軽く洗い、ゆでる。古い花は酢の物や汁物、開きたての若い花は塩漬けにする。

食べ方

シュンランのおひたし

材料

シュンラン 適量
しょうゆ 適量

作り方
  1. シュンランの花はサッとお湯に通し、冷水に取る。
  2. 水気を絞り、器に盛り。しょうゆをかけて頂く。

シュンランの酢の物(4人分)

材料

シュンランの花 300g
酢 大さじ2
塩 小さじ1/4
しょうゆ 小さじ1・1/2
砂糖 小さじ2
だし 大さじ1

作り方
  1. シュンランの花はサッとお湯に通し、冷水に取る。
  2. 調味料を混ぜ合わせ三倍酢を作る。
  3. 水気を絞り、器に盛り、三杯酢をかける。

シュンランの塩漬け(保存)

材料

シュンランの花 適量
塩 適量

作り方
  1. 春蘭の花は5%位の塩水に5~6日漬ける。浮かないように軽い重しをしておく。
  2. 水気を絞り、真っ白に塩をまぶし、瓶などに詰めて冷蔵庫で保管する。
  3. 使用方法は、塩気を洗い流し、湯飲みにお湯を注いで飲む(桜茶のように)。また、塩気を洗い流し、日本酒を注いで飲む。

» 関係者ページ