イラスト:ギョウジャニンニク

ギョウジャニンニク

特徴

最盛期:3月

DSCF3051-2.JPG

  • 山深い林内、薄暗さの少ない林縁あたりに根差す。高い山では比較的日当たりのよい所にも生える。群生するが、繁殖力が弱い。芽出しが毒草のコバイケソウやスズランと似ているので注意が必要。
  • やわらかく楕円形の葉を細い茎から抱き合って出ている宿根草である。ニンニク以上に強いニンニク臭がする。繁殖力が弱いため、地上部だけを食べるようにする。
  • 若い芽や葉の開かないうちに摘む。つぼみも利用できる。お浸しや和え物などで食べる。

食べ方

ギョウジャニンニクのおひたし(4人分)

材料

ギョウジャニンニク 250g
しょうゆ 大さじ1
削り節 適量

作り方
  1. ギョウジャニンニクは塩少々入れた湯でさっと湯がいて、水にとって冷ます。
  2. 茎の赤い皮の部分を取り除き、5㎝程に切る。
  3. 削り節をかけてしょうゆで頂く。

ギョウジャニンニクのぬた(酢味噌和え)(4人分)

材料

ギョウジャニンニク 300g
味噌 大さじ3
砂糖 大さじ2
酢 大さじ2
みりん 大さじ1
酒 大さじ1
練り辛子 適量

作り方
  1. ギョウジャニンニクは塩ゆでし、水にとって冷まし、3㎝長さに切る。よく絞っておく。
  2. 味噌、砂糖、みりん、酒を火にかけてよく練ってから冷まし、酢と練り辛子を混ぜる。
  3. (1)を(2)で和える。

ギョウジャニンニクの卵とじ(4人分)

材料

ギョウジャニンニク 350g
卵 2個
油 大さじ1・1/2
しょうゆ 大さじ1・1/2
砂糖 小さじ1
みりん 大さじ1

作り方
  1. ギョウジャニンニクは水洗いし、3~4㎝に切る。
  2. 油で炒め、醤油、砂糖、みりんで味付けし、溶き卵を流し入れ、蓋をする。
  3. 卵が半熟状になったら出来上がり。

» 関係者ページ