イラスト:オランダガラシ(くれそん)

オランダガラシ(くれそん)

特徴

最盛期:4月、12月

  • 流れが穏やかな小川のよどみや湖沼、側溝などに根差す強靭な植物である。オランダからの外来種。環境汚染の指標的な役割を果たし、河川の浄化作用もある。
  • 茎が長く這って白い根を出し、その先が30~50㎝の高さに立ち上がる。よく枝を出し、初夏に白い4弁花を咲かせる。
  • 肉料理の付け合せなどの生やお浸し、炒めものにして食用する。

» 関係者ページ