イラスト:アシタバ

アシタバ

特徴

最盛期:4月

  • セリの仲間で温暖な林などに生える。生命力が非常に強い。摘んでも摘んでも明日新たな葉を展開することからこの名前がついている。
  • 1m 以上になることもあり、厚く光沢のある葉が茂る。茎を傷つけると黄色の汁を出す。
  • 夏から秋にかけ、枝分かれした茎の先に薄黄色の花を咲かせる。
  • さわやかな香味があり、芽出したばかりの若芽を利用するのが一般的である。葉は天ぷらに、茎は軽くゆで、おひたしは和え物、炒め物に使う。