イラスト:アサツキ

アサツキ

特徴

最盛期:4月、促成栽培の最盛期:1月~2月

  • 水はけ、日当たりがよい所に群生し、広い環境下に根差し生命力が非常に強い。
  • 葉は細かいストロー状でネギの小形型をしている。
  • 鱗茎はラッキョウに似た楕円形で、淡紫色の薄い外皮に包まれている。
  • 夏に30~50㎝の花茎を出し、先端に紅紫色のネギ坊主状の花が咲く。
  • ネギ特有のにおいがし、若い葉や鱗茎を食用とする。酢味噌和えなどネギと同等の食べ方をする。

食べ方

アサツキのぬた(酢味噌和え)(4人分)

材料

アサツキ 200g
魚(イカ、鰯、鯵等) 100g
わかめ 50g
味噌 大さじ3
酢 大さじ1・1/2
砂糖 大さじ1・1/2
酒 大さじ1・1/2
カラシ お好みで

作り方
  1. アサツキはサッとゆで、3㎝の長さに切る。
  2. 魚介類は塩を振って30分、サッと洗って酢に浸して30分置く。横に細く切る(イカの場合は、サッとゆでて細く切る)。
  3. 味噌、酢、砂糖、酒は加熱しながらよく混ぜ合わせ、冷ます。
  4. わかめは細く切る。
  5. 器に材料を盛り合わせ、(3)の酢味噌をかける。好みでカラシを入れてもよい。
    ※ アサツキだけでもよい。

アサツキの卵とじ(4人分)

材料

アサツキ 300g
生しいたけ 50g
卵 2個
しょうゆ 大さじ2・1/2
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ1
だし汁 カップ1/2

作り方
  1. アサツキは塩少々入れた湯でさっと茹で、水にとって冷まし、3㎝長さに切ってよく絞る。生しいたけは細切りにする。
  2. (1)を鍋に入れ、だし汁、醤油、砂糖、みりんを加えて一煮させ、溶き卵を流し入れ、蓋をする。卵が半熟状になったら出来上がり。

アサツキの酢の物(4人分)

材料

アサツキ 250g
生わかめ 50g
三杯酢/酢 大さじ2・1/2、塩 小さじ1/4、しょうゆ 小さじ1・1/2、砂糖 大さじ1、だし 大さじ1

作り方
  1. アサツキは塩少々入れたお湯でさっと茹で、水にとって冷まし、3㎝程に切って絞る。
  2. 生わかめは食べやすい大きさに切る。
  3. 三杯酢を作り、(1)と(2)を和える。

» 関係者ページ