イラスト:ヤマモモ

ヤマモモ

特徴

最盛期:7月

  • 暖地の山中や海岸沿いの山林に自生する常緑樹である。雄木と雌木がある。
  • 雌木には暗赤色の実をびっしりつける。水分を多く含み、甘酸っぱさと松ヤニのような香りがする。
  • 生食するには十分熟したものが良い。果実酒や砂糖漬けにするには熟しかけを利用する。実の中に虫が入っている場合が多いので、塩水につけるか、硬めの実は摺り込むようにしてから水に放し虫を出す。

食べ方

果実酒

作り方

水気をよく拭き、砂糖、皮をむいたレモンとともに焼酎に漬ける。実とレモンは6カ月で取り出す。

» 関係者ページ